2017.03.25

不穏な足音

みなさん、こんにちは
アメリカではトランプ大統領がオバマケアーの代替法案を採決前に撤回しました。

これはトランプ氏の選挙の公約でした。

アメリカ議会は日本と違って共和党員だから政府の方針に反するのは許さんということはなく議員が自身の裁量で投票できるそうです。

このオバマケアー代替法案は当初の予想で下院はギリギリ通過するだろうけど上院は共和党は不利なので通過はむずかしいということでした。

またこれが通らないとトランプ大統領が掲げた大幅なインフラ投資や減税は議会は通らない可能性があります。

今まではアメリカはトランプ氏のこの投資の約束でシクリカル〔景気敏感)銘柄が上昇していました。

去年の11月からトランプラリーといわれる酷い言い方をすると誰が買っても利益が出た状態でヘッジファンドや機関投資家が利益を積み上げました。ところがトランプ氏が掲げた減税の恩恵をうけるためにまだ利益を実現化させていません。

テレビなどでこれをいう評論家がいないのが不思議なのですがこのオバマケアー代替法案が結果として通過しないことを口実に利益確定がドバッとでたらえらい下げになります。〔垂れ流され口実をさらに垂れ流す輩がテレビに出てもっともらしいことをいっているのには少し驚きますが(^_^;))

そこでキーポイントとなるダウ輸送株指数は昨日も下落して8,928ドルでした。これを割ったらアブナイといわれる水準は25日平均線(アメリカでは50日平均だそうです)を下放れしているようです。25日平均値は8976ドルなのでたったの50ドルしか下回っていませんがこわいのは下放れしはじめたということです。

リスクに敏感はジャングボンドETFも昨日は横ばいでしたが50日平均を割り込んだままです。

また日経平均も以前として25日平均割り込んだままです。

11月以降のトランプラリーの逆戻しに陥っているように感じます。

しかしながら今はアメリカは個人の税の還付金があり資金の環境としては悪くはありませんが悪くなくてこの程度ですから薄ら寒いです。

また海外の投資家は現在の何とか学園の問題でアベノミックスが吹っ飛ぶことを懸念しておりこれも相場が冴えない原因になっているかもしれません。

ということなので今は優良株が安いですが安いからといって全力でいくとコワイ目に遭うかもしれません。

もちろん私は未来を見通す力はないので結果として何もなかったということもありえると思いますが頭の片隅に入れておいたほうが退場するリスクは減ると思います。

ちなみに昨日は東京が騰がりましたがこれは単なるショートカバーなので信用できません。この 場合のショートカバーは機関投資家から株を借りて空売りしていた人達が期末に向かって借りた株を返さなければならないので空売りを手仕舞って(買って)株を返すという行動に出ただけで相場に力が戻ってきたわけではありません。

| | コメント (0)

2017.03.20

金利でお金を増やそうと思わないほうがいいです

みなさん、こんばんは
まとまったお金があると普通預金は金利が低いので定期預金を組んで良い利息でお金を増やすことができることがかつてありました。

平成元年くらいの厚生年金の利回りが5.5%だった時代がありました。これは当時はどんなにトホホな運用担当者がやっても5.5%で回るという時代でした。一年ものの定期でも5%くらいの利息が付いていたと思います。

ところが今では一年ものの定期で0.125%で高金利といわれています。

これは100万円をこの定期に一年間預けると利息は1,250円(笑)です。

こんなものでお金を増すことはできません。

ただしたまにもっと高い金利の定期預金があります。

例えば為替のオプションなどと組み合わせてオプションが思い通りにいけば
1%(これは仮定の金利です)の金利が得られますがそれと引き替えにはずれたら為替リスクをかぶり元本を割れるかあるいは異常に低い金利しか得ることができないというものがあります。仕組み預金といいます。

仕組み預金の仕組みは複雑で一度説明を受けたくらいでは理解できません。

仕組み預金の金利は1%を超えるものは多くはないようです。

これは簡単にいうと預金者がリスクを背負うことによって一般的な定期預金よりも高い金利が実現するということになります。リスクを背負うということは損をする可能性があるということになります。

リスクを取りたくないから預金を考えるのであり預金で損失を被る可能性がある預金は論外だと思っています。

しかも私達はリスクを背負いながらもうまくいっても1%の金利を得ることができないというのはがっかりですね。

預金はお金の保管として利用するのはいいと思いますが金利でお金を増やそうという考えは止めたほうがいいと思います。

ただし金利は低いですが毎月少しずつ積み立てる定期積立は気が付いたらまとまったお金になっている時があるので侮れないものがありますね~

3流フィナンシャルプランナーみたいな書き込みになってしまった・・・・・・(^_^;)

| | コメント (0)

毒吐く独白シリーズ 和服のご婦人達

みなさん、こんにちは
先日電車に乗っていたら途中の駅で着物を着た年配の女性が(おばあさんです)5~6人の団体で電車に乗ってきました。

今回は目に余るということではないのでババアという言葉は使いませんしその呼び名は相応しくありません。

私は座っていたので席を譲ろうかと思ったのですが立っていられない人であれば着物着て外出できるわけがないしけっこう元気にお話していたのでそのままスマホでゲームをしていました。

おばあさん達は香水を身にまとっていらっしゃるのですが残念ながらこれらの香水が混じり合った臭い(香りではない)はなんともいえないテイストで私は一駅持ちませんでした。

おそらく香水は(つけたことないのでわかりませんが(^_^;))香りになれてくるので段々と強烈になってくるのでしょう。

もうすこし香りが薄いといいのですが・・・・

タチケテクレって感じでした。

さすがに着物の集団は迫力がありました。

| | コメント (0)

知らないことは恥ではありません

みなさん、こんにちは
世の中は色々な知識や現象、歴史など多くのものがあります。

その中には今解明されていることもあればまだ解明されていないこともあります。

私達には知らないことが死ぬほどあります。

では知らないことは恥ずかしいのかというとそうではないと考えています。

知らないことということを知ることは面白いです。

ちなみにネットで調べた程度のことは私は直ぐに忘れるので自分の中では知識という認識はありません。

また知っている人から教えてもらうと時々ハッとすることがあります。

物知りの人もいますが地球の何十億年という長い時の流れに関する事柄をせいぜい100年位しか生きることが出来ない人間がそんなに多くを知ることはできません。

この限られた中で当然個人差というか優劣が発生しますがそれを比べたり優越感を持ったり劣等感を持ったりするこあまり意味のないことだと思います。

これは一般的なことはもちろんですが専門分野でもこういうことがあり、未知というほどのことではありませんが苦手なこととかあまり興味が湧かないことは知らいことがあります。

実は数年前ですが会計ソフトの構築を外部のコンサルタントに依頼したことがあります。このコンサルタントはシステムはもちろんですが会計も詳しいという触れ込みでした。

以下少し簿記的な知識が必要になりますが・・・

・・・・出来た試算表をみると・・・・

期末商品棚卸高が貸借対照表にはいっていました。

パッと見て

なんじゃああああ・・・これはぁぁぁぁぁ~

簿記3級ではこれは貸借対照表項目ではなく損益計算項目なのでこのコンサルタントは混乱したのでしょう。

自分だったらということになりますが私がこのコンサルタントだったらクライアントの期末商品棚卸高は貸借対照表の項目なのか損益計算書の項目なのか混乱したのでとりあえず今は貸借対照表の項目に設定しておきます。

とういうことで後日チェックします。

無知だと思われても最終的にはキチンとしたものがスケジュール内でできれば無問題です。

もっとわかりやすくいうと例えば給料という項目がありこれは損益計算の費用になりますがこれが資産になっていたという感じです。

これでは試算表を見ても今月の利益はいくらだったがわかりません。

試算表では金額は一応でていますが全く使えません。

知らないことがあるのは恥ではないですしビジネスで分からない部分があれば確認するとか注意をしておくのは当然だと思いますしこれができないことは恥だと思いますね~

| | コメント (0)

2017.03.18

国家に貢献しない奴(^_^;)

みなさん、こんにちは
私達は色々な税金を払っています。

真っ先に思いつくのは所得税(住民税含む)、消費税ですがそれ以外にも税金払っています。

お酒を飲むと酒税、たばこを吸うとたばこ税、車を持つと自動車税ガソリン税

です。

それなりの年月に渡ってお酒飲んだりたばこ吸ったり、或いは車買い換えたりするとそれなりの税金の額になると思います。

私の全くの思い込みですが普通の大人は

車はある
酒は飲む

という人は多いのだと思います。

自分を証明する書類として運転免許証は当然のように要求されます。

ところがですね・・・・

私は

車はない〔免許もない)
お酒は飲まない(飲めない)
たばこは吸わない

です。ですから所得税(住民税)と消費税以外の税金はほとんど払っていません(その代わり固定資産税をちょっぴり払っています)

スーパーに買い物に行くと駐車券のことを聞かれます。買い物をすると駐車場の料金は無料になるらしい(車持っていないのでよくはわからない(^_^;))ですが、

いや~ 車持っていないっす

です。

余談ですが・・・
我が家の子供達が小さかった時に車がない家は私だけだったらしく肩身が狭い思いをしたみたいで我が家はかなり貧乏だと思っていました。

私はオーディオ機器に凝っていますが多くの人がやっている上記の消費をほとんどやっていないのでオーディオ機器につぎ込むのは許されるのではないかと思っています。

しかも固定資産税のようなオーディオ税がないのでいいですね~(笑)

結論(^_^;)<オーディオにバカやったことの正当化か〔笑)

| | コメント (0)

間の悪い人(笑)

みなさん、こんにちは
世の中には間の悪い人っていますよね。

これはバカとかそういう意味ではなく本人は間を悪くしてやろうという意図は全くないのに巡り合わせで思いっきり外すということです。人によってはこの外しの回数が多い人はいると思っています。

一昨日は団地の管理組合関係の来期の予算を作るために今期の駐車場維持費の明細を管理事務所の人にお願いしたのですが休暇取っていました。これは管理事務所の人がいいとか悪いとかいえるものではなく間が悪いです。

この駐車場維持費の予算の話くらいであればいいのですが間の悪い人が重要なことで外すとエライ(このエライは偉いではなく中国地方で使われるエライという意味です)ことになります。

で前振りはこのくらいで・・・

東芝を追い詰めたとされるアメリカの子会社のウエッチングハウス(以下WH)ですがこれは原子力関連の事業で発注者との間に一定の原価以上のものがかかった場合は全額WHが負担するという契約をしたために大幅な赤字に陥り今後も赤字が発生するそうです。

WHに対して内部統制上が全く機能していなかったのではないかとか色々な考えがありますがこれを言うと長くなるので省略(^_^;)

そこで東芝幹部が取ったトホホの手段としてWHを破産させてしまおうという方法があります。これは破産させれば損失は確定し、確定した以上の損失は出ないという考えだと思います。愚策だと思いますが〔もう一つWH株の売却という案もあるようですが誰がこんなもの買うのかと思いますがここでは省略)

愚者は常に愚策を選ぶ

という自分自身の経験則があります。愚策というのは一番楽に見えるのでしょう。

重荷は切り捨てて自分たち(これは東芝という意味ではなく東芝を経営しているといわれる愚者集団を指します)だけ助かろうという方法ですね。これが簡単にできれば一番楽に見えます。

切り捨てた後は知らん・・・って感じです。

ところがトランプ政権の公約は雇用確保です。

WHを破産させると数千人の雇用が失われるそうです。そういう経緯があるのでアメリカ政府はWHの破産には反対ですし、今アメリカに行っている日本の高官にその旨を伝えたそうです。

これはどういう意味かというと公的な資金を使っても東芝を支えろ

という意味だと思います。

愚者に加えて間が悪いんです

私が気になっていたのはニュースで記者会見の時の東芝の社長が画面にでますが苦渋の表情ではありませんし当事者の表情ではありません。

東芝の経営に全く関係ない役人が色々なことをしゃべっているように見えます。

こんなレベルの人しか人材がいないようです。

当事者意識がない人がこういう立場になって愚策を検討していることになります。

こんな連中よりも最前線で業務を行っている人達は一生懸命だと思いますしこの人達がかわいそうだと思っています。可能であれば変な義務感は捨てて、早めに次の活躍の場を探すほうがいいでしょう。自分の上司にこんなのがいたらツライです。

銀行に積極的に貸すように圧力をかけそのお金は政府が保証するとかなら内容に祈りたいですね~ 先日発表されたメインバンクの三井住友の話と合致するような気がします。

愚者は世にはばかる

です。

東芝は潰すよりも有能な経営者を迎え入れて再建を図ったほうがいいと思っています。

孫さんとかゴーンさんとか・・・(異論がある人もいると思いますが・・)

| | コメント (0)

2017.03.16

毒吐く独白シリーズ 新人類発見(笑)

みなさん、こんばんは
昨日は新人類を発見しました。

まず最寄りの駅ですが電車に乗ろうとして改札を通ろうとしたら見知らぬババアが改札口を横切っていました。駅は自動改札が7~8連ありこれの入り口辺りをずっと横断していました。

ところがこれだけではなく、普通人って歩く時は前を見て歩きますよね。それがこのババアは顔を90度横に向けて歩いていました。要するに前を向いて歩いていませんでした。

ただし歩くといってもすごいスピードで歩いていました。

想像ですがコウモリのように超音波を出して歩いているので前を向いて歩く必要がない

ということになり、歩くスピードは尋常な早さではありません。

見た目は60歳を超えていますが新人類の中ではまだまだ若いのかもしれません、

この後改札口は横切っていませんが顔を90度横に向けて歩いている人をあと2人見ました。

あの~超音波を放射して障害物を感じる能力がない人は
前を向いて歩いて欲しいっすね〔笑)

| | コメント (0)

2017.03.15

東芝はもう転ばない

みなさん、こんにちは
東芝が崖っぷちに立たされています。
今の東芝の株価は15円安の200円です。

昨日はテレビを全く観ていないのですが今朝ニュースで東芝の記者会見の模様を放映していました。

社長らしき人の顔をよく見ると苦難の表情は全くありません。

私には

俺関係ないもん
俺のせいじゃないもん

という感覚を持っているように見えました。

企業がアブナイのは危機感がない場合です。

今の東芝は決算発表が出来ない状態で決算発表の再延期です。

関係者が

東芝が潰れるわけないじゃん
東芝が上場廃止になるわけないじゃん

と思っているとかなりのピンチです。

たしかに腐っても鯛で東芝が持っているリソースは魅力があります。

東芝の時価総額は9000億円を少しでたくらいなので、私が投資資金をもっていれば東芝を買いますね(現経営陣は退陣&変な債務保証を切り離して・・・)

この期に及んで問題のアメリカの子会社の株を売って・・・・

ですが誰がそんなもの買うねんという感じでこの程度のことしか思いつかないのかと経営陣の無能さにあきれかえります。

多分経営陣はお勉強ができた人ばかりなのかもしれません。

鴻海介入直前のシャープのようです。

今日は東芝に投資された資金がシャープに逃げているという感じです。

ちなみに東芝はもうこれ以上転ばないでしょう。

死んだものがこれ以上転ぶことはありませんからね~

| | コメント (0)

2017.03.14

株式投資で食っていけるか・・・

みなさん、こんばんは
株式投資で食っていけるか或いは生活できるかということは多くの人が考えることだと思いますし興味がある話題だと思います。私は去年からマネーの流れとか株式投資を割合本格的に勉強しました。

とはいっても株式投資は勉強したからといって利益を多く得ることができるとは限りません。
今年に入って日経平均は力強くはないですがまあ堅調だと思ってます。

以下私見です。

1)株式投資は面白くないです。
キチンとマネーについて要点を押さえれば競馬や競輪よりは遙かに勝率がいいと思いますがいつも2倍、3倍とかいうことは夢ですがありません。ヘボイ私の経験ですが20%以上の利益を得るのはなかなか難しいです。手仕舞いは買った銘柄が弱くなってからなので利益が出てもでなくても手仕舞いするときには敗北感がつきまといます。

やった!

という爽快感はありません。

2)負ける時もある
これも私の最近の感覚ですが勝率は30%くらいです。
ということは10回買っても7回は損をします。3回の利益が出るものの中で強いものに徹底的についていって7回の負けを3回の勝ちの利益でカバーします。
淡々として作業しますが負けが続くと精神的に追い詰められると思います。

3)資金量
これは人それぞれですが株式投資で生活するのであれば100万円とかではとても足りません。これは言い換えるともっと大きなお金をリスクにさらすことになります。

ということで

爽快感はない
勝っても敗北感はつきまとう
それなりの資金を用意しなければならないしリスクにさらされる

です。

仕事をする場合は

資金は用意しなくてもいい
必ず収入になる

ですからよほど才能がある人以外は株式投資で生活しようなんて思わないほうがいいかもしれません。

え・・・・私はどうかって?

才能あるのであればこんなことブログに書いていません(笑)
2)

| | コメント (0)

2017.03.13

終末の人材

みなさん、こんにちは
企業は発展するも消えてなくなるのも人材次第です。当然ですが・・・

人材は素晴らしい人がいても人は年齢を重ねると機能しなくなるときがあり、人材は新陳代謝をすることになります。企業が発展するための人材は

企業の方向性を考える人
それを遂行する人
手足になって動く(好きな言葉ではありませんがいわゆる兵隊ですね)

がバランス良く必要になります。

実は上に行くほど得がたい順番になります。

企業はいつも同じものを売っているだけでいいわけではなく(稀にそういう会社もありますが)社会の需要を把握する必要がありますが、これは誰でもできるわけではないですし職位に関係ありません。

以前某大手食品メーカーのある工場で新製品を作り、取締役会にかけたところある役員がこんなの売れるはずがないということで足下に叩きつつけたそうです。

(食べものたたきつけるなんてお育ちがわかりますね~(^_^;))

ところがそれを売ったらそれだけで年間500億円に売上になりました。

これはこの役員は社会の需要を把握する能力がなかったわけで能力がないものがシャシャリでるとこういうことになります。この製品名をいうと分かる方が多いと思いますのでこの程度にしておきます〔笑)

ところがどんなにすごい会社でも兵隊レベルの人とか執行するレベルの人が企業の方向性を考える職についたりするとエライことになります。しかも兵隊レベル執行レベルといってもバカではなくそれなりに優秀で頭が良い人が多いのでマッチしないということがわかりません。

バカではなし頭がいいのですがただ企業の方向性を決める能力がないだけなんですね。

こういうミスマッチが連続すると企業が段々と元気がなくなってきて資金的に追い詰められ最終的にはXデーを迎えることになります。

企業だけではなくどんな組織でも人材の適性な新陳代謝を行ってそれなりの人材を入れ替えていくのは大変なことです。

歴史はあまり詳しくはありませんがローマ帝国は今はそういう国家はなくその名残が残るだけですが、大きな組織だとそれなりの人材を新陳代謝させるのは大変です。また、いない場合はXデーは分裂から始まるようですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧