2017.06.27

たかが・・・という発想をもつ

みなさん、こんばんは

社会に生きていく場合は自分がやっていることにある程度の自信や誇りを持つ必要がありますが自信過剰や過剰評価はいけません。例えば私はコンサルタントをやっていますが、自分で資金を投下してビジネスを展開していません。(コンサルタントもビジネスといえばビジネスですが)

経営をやっている人が気が付かないリスクを指摘して将来落とし穴に落ちることを避けることができれば自分の中では目的達成ですが、世の中これだけでは回っているわけではありません。場合によっては小賢しい時があります。

仮に私がこれで実績を積み重ねて評価がうなぎ上りだとしても(現実はそんなことはありませんが(^_^;))そこで勘違いしてコンサルは必要不可欠なんだ。私はこれをやっているからある程度の事は許されるなどと思うのは思い上がりも甚だしいです。

仕事のように自分がやっていることに自信を持つことはいいですがその中でも

「たかがコンサル」

という自分自身の思い上がりを防ぐような考え方も必要だと考えています。

他人の仕事を

「たかが〇〇のくせに」

と揶揄するのは良くないですが自分自身がいくらうまくいっていても思い上がることがなく

「たかが・・〇〇だから世の中に必要なことってもっとあるんだよな~」

と発想は必要になるでしょう。

自分自身でたかが(決して自分を卑下するという意味ではないです)ということで思い上がりを封印することは大切です。

私たちは誰も思い上がりはよくないということは知っていますが自分が思い上がっている時は気が付かないものです。

ということで私はたかが微粒子コンサルタントで思い上がるほどのようなものは持ち合わせていません(^_^;)

| | コメント (0)

2017.06.26

当たり前のことですが・・・・

みなさん、こんばんは
当たり前だと思うことで実は当たり前ではないということってけっこうありますしこういうことは普段あまり意識することはありません。

例えばお腹がへると食べ物を食べるしのどがかわくと水分を飲みます。

これって普段意識することはありませんが結構大変なことになります。

私は以前3週間点滴だけで飲まず食わずだったときがありました。不思議なことに点滴を打っている時は喉の渇きは感じることはなく空腹感もありませんでした。3週間口から食べ物や飲み物を入れていない状態が続きました。

3週間ぶりに水分を飲んだ時に飲み込む時に細心の注意を払いました。一口の水分を飲み込むのはけっこう大変でした。物を飲み込む時に必要な筋肉が毎日飲食することによって鍛えられるので飲み込むことはそれほど意識しないですし水分をガブガブ飲むことができますが、ここの筋肉が衰えたまま物を飲み込むと下手すると誤飲してしまい肺炎になってしまいます。

普段意識することはありませんが物を飲み込むというのはけっこう大変なことだと思いますし、これを意識しないでできることは幸せなことなのだと思います。

| | コメント (0)

2017.06.23

トヨタはいい会社ですが・・・

みなさん、こんばんは
トヨタは我が国のメーカーの雄であり高収益会社です。業績は減収減益ですがそれでも業績そのもののレベルがとても高いです。今日の終値は5820円で4月14日につけた5670円に接近中です。安いです。

こんな高収益会社の株がこの値段というのは割安だと考えます。

今は100株から買えますから安くはないですが無理すれば買えない株ではありません。

今年の1月は6875円までありましたし7000円をつけても不思議ではありません。

では買ったほうがいいのでしょうか?

答えは残念ながらNoです。

かつての私であれば今のトヨタは魅力的です。買って下がったらさらに買い増すという戦術をとるでしょう。

でもこの方法はトヨタに関してはダメです。

その理由はチャートが全て下向きです。日足、25日平均線、75日平均戦が下向きです。

これはどういうことかというと仮にトヨタが騰がった場合に被害者が戻ったら売ろうと待ち構えているのでたちまち止められてしまいます。

今買っても未来永劫利益がでないとはいえませんが今トヨタを買わなくても他にもっとキラキラした銘柄がありますしこっちのほうがいいです。

トヨタ自体は素晴らしい会社ですし高収益会社ですがいい株ではありません。

もちろん投資スタイルは人それぞれで今バーゲンセール中のトヨタを買ってこれ以上下がればさらに買い増してという戦術もありえますがこの考え方は取らないが安全かもしれません。

私はこういう投資スタンスは捨てました(^_^;)

| | コメント (0)

2017.06.22

来週はアレですね~

みなさん、こんばんは
いよいよ来週はアレな日がやってきます。

これは何かというとヘッジファンドの中間決算日です。ヘッジファンドは利益を確定させようとするのである程度ポジションを縮小してくると思います。さらに死ぬほど利益を出して死ぬほど税金を払うのを好みませんから損が発生しるものも損失を確定させて利益を圧縮します。

そこでですね、日本株で損をしているとすると今冴えないものがさらに地獄にたたきつけられるように下げる場合があります。今はこれは安いから・・・などと思って下手に買うとやばいことがあります。弱い銘柄は徹底的に売り込まれます。

で中間決算が終わると今度は新たにポジションを作るのでどうなるかわかりません。物色対象が変わる可能性があるので6月末より前に買われていたものが見向き模されないケースとそのまま継続されるケースとがあります。

さらにさらに7月上旬は都議会銀選挙があるのでお金がないセンセイ候補の方々は株で資金を作ろうとする人が出てきます。値段の安い(500円未満とか)今まで見向きもされないものが級に騰がってきた場合はこれかもしれません。

ということで結論は何がなんだかわかりません(^_^;)

| | コメント (0)

2017.06.20

ある部長〔笑)

みなさん、こんにちは
10年くらい前の話ですが、このときに私が某社のERPを導入するプロジェクトマネージャーに任命されたことがありました。ERPは販売、購買、生産管理、経理が有機的に結びついたシステムで私はこれらの全部の知識があるわけではくそれなりの要員がいました。

その中の一人がこの会社のお客さんから出向してきたAという元部長がいました。AはERPを実際に導入したことがある専門家という触れ込みでした。私に会った事がある人はご存じだと思いますが仕事をする場合には頼り亡く見えます。このAは当然ERPの知識は私なんかよりも彼の方が遙かに上なのでリーダーシップを取ろうとしていました。自分の方が経験があるし、私の方が若いし、頼りないし当然だと思います。

私は彼には現状の業務分析をしてもらいこれに基づいたベストプラクティスを立案してもらいたいと思い彼にそれを依頼しました。ところが〔私の想像ですが)彼は口だけでこのERP導入の基本的なことができませんでした。

当時ERPのパッケージは日本に導入実績がないものでこれの研修のために私を入れて5人くらいで一週間オランダに行く予定でした。

少しして経理から連絡がありAも俺の切符を手配してくれという依頼がきました。

???

と思い社長とプロジェクトオーナーにAは最初オランダに行く人数には入れていない(英語できないし〔笑))のですが行くことになったのか?と質問すると

えー知らないよ~

ということでAの独断で俺のオランダ行きのチケット取ってくれといったようでした。

ERPの会議の時にAの仕事が進んでいないことを議題にするとAは俺は仕事はできるけど私が仕事をやらしれくれないので成果が上げられないという趣旨の反論をしていました。

私は成果第一なのでこんな言い訳聞くわけではなくしかも独断でオランダに行こうとしたのでこれはダメだなと判断して社長にAは不要ということで元の巣に戻ってもらうことを検討してもらい元の巣に戻ってもらいました。

10年経ってもまだ鮮明に覚えていますがよほど強烈な印象だったのでしょう。

しかし英語全然できないのにオランダに行ってどうするつもりだったのでしょうね(笑)

この部分が謎です(^_^;)

| | コメント (0)

2017.06.19

転職してきたマネージャー

みなさん、こんにちは
転職はある程度の年齢になるとそれなりの責任を持った仕事をやることになり人によって個人差が激しいです。

以前ある会社の社長を経験した人がクライアントに転職してきました。入社した頃に少しこの人と話したのですが即

失敗したな・・・

と思いました。こういうタイプはけっこういると思いますが以前自分が勤務した会社がいかに素晴らしいかをいうのですね。

話を聞くほどに

だったらそこに勤務し続ければいいのに・・・

と思いました。

あるレベルのポジションに転職した人は直ぐに結果を出せない人って時間おいても結果を出せない事が多いです。また失敗しても失敗の仕方というのがあり場合によっては失敗は成功の素ということもあります。

色々なケースがありますが以前自分が勤務していた会社を自慢する人で仕事ができる人と出会ったことは私はありません。

私的にはこういう人は要注意ですね~

| | コメント (0)

2017.06.18

メールアドレス

みなさん、こんにちは
今では名刺にメールアドレスを入れるのは普通ですよね。

私はまず名刺を配るということ自体しません。特に仕事と関係ない場所では名刺はもともと持っていきません。

もともと仕事と関係がないので私がどこの誰々なんてことはそこで知り合う人達には何の関係もありませんしそれほど存在感があるわけではないので興味もないと思います。

仕事の帰りに集まりなどがあったときには名刺は持っています。先日中国人のITの会社の社長と名刺交換しました。

彼は私の名刺を見て

あなたの名刺にメールアドレスないね・・・

といいました。

私が・・・

あなたとビジネスするとは限らないし基本的には関係ない人にメールアドレスは知らせないので・・・

といって終わり(笑)

ちなみこの人とはビジネスはしていません(^_^;)

先日名刺がなくなったので発注したのですがメールアドレスか・・・これ以上クライアント増やしてもウザイし、そんなに仕事する気はないし、なしでいいや~

ということでいまだにメールアドレスありません。

名刺にメールアドレスなくても必要な時は繋がるものですね~

| | コメント (0)

2017.06.17

異様な団結

みなさん、こんにちは
みなさんが勤務している会社の財務の状況が非常にまずく資金繰りが厳しい時にどのような行動を取るでしょうか。

信じられないのはこういう状況で異様にテンションが上がって団結する場合があります。

実際にあった例では失業保険をもらって生活費に補填し、無給で頑張るという選択です。

無給ですが失業保険をもらっているので当面の生活は心配がいらないのですがこれはまずいです。

特定の社員が無給で頑張ったくらいでは会社を立て直すことは難しく頑張っても残るのは疲労だけになります。

その後会社がなくなり(大抵なくなります(^_^;))本当に失業保険もらいたいときにもう既にもらってしまったので
新たにもらうことができません。

ほんの一瞬(せいぜい1ヶ月くらい)テンションが上がって続けることができますが終わった後は疲労と社長に対する恨みしか残りません。

こういうケースでベストな選択はたとえ冷たい奴だと思われても自分の生活を安定させることを優先させることになります。さっさと見切って新たな転職先を探すのがベストです。

ちなみにこういう死にかけた会社にかかってくる電話は仕事の電話はほとんどなく大半は滞納している料金催促なのでこの電話を受ける経理の人は疲弊してしまい退職してしまいます。

経理がよく退職する会社はアブナイかもしれませんね~

| | コメント (0)

2017.06.16

システムトレード

みなさん、こんにちは
最近ネットをみるとシステムトレートという言葉をよくみます。
システムトレードというとなんかカッコでよくシステムトレードに対するものとして裁量トレードというのがあります。

私が今やっているのは裁量トレードです。システムトレードは自分で売買ルールを作りそれに基づいて機械的に売買するというものです。

例えば朝晴れたら株を買い晴れなかったら買わない、雨が降ったら保有している株を売る

というのも意味があるルールとは思えませんがシステムトレードです。

想像ですが、例えば買いのルール

25日平均線が75日平均線を抜いた時(GC ゴールデンクロス)
現在の株価が25日と75日平均線を抜いた時
25日平均線が上向きの時

手仕舞いのルール

上記の逆

というイメージでこれらにMACDとかRSI辺りを組み合わせて作るのだと思っています。

システムトレードの方法はある意味一理あると思います。

株は欲と恐怖に支配されますしステムトレードはルールに従って淡々と売買するので本人が欲と恐怖を持っていても売買にはそれは反映されません。

しかしながら最適な売買ルールをみつけるのは大変なことです。

投資家は株が騰がっても下がっても不安になります。

騰がればそろそろ天井でここから下がるかも
下がればまだまだ下げ止まらなくてもっと暴落するかも

です。これは私も同じでこういう仕組みを売買している業者は

ほら~、裁量トレードだとこういうことに対応できないでしょう。これを防いで利益を挙げるためにうちのトレードルールが予め組み込まれたこのツールを使えば・・・

というプロモーションが多いです。

これは株だけではなくどんなビジネスでもそうですが、私は今月数千万円の利益を挙げました。私のこの手法を公開します。会費は年間(たったの)10万円です。

みたいなものも目にしますが一月数千万円の利益を挙げることができればそれで利益を挙げ続け、たった10万円の会費をもらってそれを公開することなどありえないと思います(笑)

詐欺とは思いませんが必要以上に傷ついた投資家の期待を煽るようなプロモーションはどうかと思います。

自分の売買ルールを確立することは大切で必須だと思いますがこれがあればシステムトレードなど必要ではないというのが今の私の認識です。

| | コメント (0)

2017.06.15

敵を知り己を知っても百戦あやうからずということはないですが

みなさん、こんにちは
株式投資をする場合の私たちの敵って誰なんでしょうか?

私たち以外の投資家になりますがこれでは抽象的なのでもう少し具体的にいうと

機関投資家〔特にヘッジファンド)が敵として挙げることができると思います。

私たちが彼らよりも持っているアドバンテージは相場に参加したくなければ参加しない

ということです。彼らはいつも相場に参加していなければなりませんしそれが仕事です。

彼らは具体的にはゴールドマンサックスとかブラックロックとかアムロバンクとかです。

私たちのような個人投資家と彼らを比べると

資金量
 私たちはショボイ(^_^;)
 彼らは数千億単位のお金を運用している場合がある

 資金量が違うと私たちは自分たちの資金で相場を動かすことはできませんが彼らはこの膨大な資金を使った
 場合は相場を騰げたり下げたりすることなど簡単なものだと思います。これは株だけを売買するのではなく
 為替を攻め、為替や株などに関係するオプションを攻め全体として仕上げます。私にはこれをやっている人は  いるかもしれませんが相場に影響を与えるレベルになるのか難しいでしょう。しかしながら最近はヘッジファンド の運用パフォーマンスは低いようなので彼らもかなり苦労したり首になるファンドマネージャーがかなりいるの  ではないでしょうか・・

サポートツール
 私達は伝統的なチャート分析とかシグナルの定点観測を行いますがこの定点の要素に影響するようなこと(例え ば円安にしたり米国10年債の利回りを騰げたり下げたり)はできません。

 彼らはそれができますし、さらにコンピューターに取引のトリガーをたたき込んで自動的に発注します。例えば 円高になったら日本株だと自動車株は売りとか言うような指令ですね。またこういうシステムの投資に驚くべ  き金額を投資しています。私たちのようにせいぜいパソコン買うようなものとは違います。

ということで私たちと彼らとは天と地ほどの差がありこういう連中を敵に回して勝つのはかなり大変です。

少なくとも無防備に株を売ったり買ったりすると彼らのかっこうの餌食になります。

大変な世界ですね~

| | コメント (0)

より以前の記事一覧