« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018.07.20

お金足りていますか?

みなさん、こんにちは
タイトルは余計なお世話だ!って感じですが・・・
テレビをみると人生100年時代という言葉を耳にすることが多くなりました。
定年が65歳だとすると人生100年時代なのであと35年色々なことができますがそれでお金が足りていますかという感じで私たちの不安をあおります。
そこで老後をストレスなく過ごすには3000万円の貯金が必要です。(この金額にどの程度の根拠があるかわかりませんが)
そこで不安な人は私(こういうコンサルティングをビジネスにしている人で私ではありません(^_^;))に相談してください。良い方法を提案します
ということになります。
ビジネスを発生させる手法はいろいろありますが不安を煽るという手法はあります。
たとえば今年の2月に東京市場は急に下がりました。株式投資をやっていた人でこの時の恐怖を覚えている人は多いと思います。
そこで我が投資顧問の会員になれば下げても利益がとれます。
みたいな感じの登場の仕方ですね。
お金だけではなく人生には不安は必ずありますがお金に関しては基本を押さえておいたほうがいいと思います。
今は低金利なので銀行にお金を預けただけではわずかな金利しかもらえないのでこれでは資産形成にはなりません。(防衛にはなると思います)
では日本の国債はどうでしょうか?
10年債で0.5%の金利なので預金に比べたら高いですが資金が10年間拘束されるか換金しても市場価格で換金することになり損失が発生することになります。
これらがダメであればリスクをとって投資をするしかありません。
投資には
アメリカ国債
利率が高い外国の国債
FX
マンション経営
などがありますが必勝法はありません。
この中で個人的には比較的安全だと思われるのはアメリカ国債ですがこれは3%弱の金利を得ることができますがドル建てなので為替リスクがあります。償還されるときに円高になっていれば利息が吹っ飛ぶくらいの為替差損が出る可能性があります。10年後の為替レートなんて誰もわかりません。
また投資によっては預金や国債に為替リスクを組み合わせ一見利率が良く見える商品もあります。
簡単にいうとリターンが高くみえるものでリスクがないものはありません。(もしあれば金融機関はもっといい決算数値を出しているはずです)
要するに人生100年時代を迎えて足りないお金を補填しようとするとリスクがある投資しかありません。
どうアドバイスするんでしょうね。
あまり不安をもつことなく冷静に対処するのが大切でしょう。
(100年も生きられる人ってそれほど多いとは思いませんけど・・・(^_^;))

| | コメント (4)

2018.07.15

流動性って大事ですね~

みなさん、こんにちは。
多いか少ないかは別にしてみなさんは何らかの資産を持っていると思います。(もっていないで負債だけだとやばいっすよ(^_^;))
色々な金融関係者の立場で色々な意見があります。
キャッシュはこれからインフレになると段々と目減りするので投資して一定以上のリターンを得るべきだ
これからはシェアーハウスの時代なので少額から投資できる不動産投資はリターンがいいです。
みたいな話です。
どれほど資産をもっていてもそれは最終的にはキャッシュにならなければなりません。
たとえば不動産ですが不動産というくらいですからなかなか動きませんし簡単に不動産→キャッシュにはなりません。
身近な例だと買い換えなどが考えられます。
現在我が家の隣人の部屋が売りにでていて隣人はすでに引っ越しました。しかしながら
2カ月以上新たな入居者が入ってこずにまだ売却できていないようです。
そこで販売価格を下げましたがそれでも買い手がつかず現在リフォームをやっています。
おそらくリフォームして現在の値下げ後の価格で売却したいという意向があると思います。
思ったような価格で資金化できずにしかもリフォーム費用分入金額が目減りしてしまいます。
不動産の場合は高価なので簡単に買い手がみつからず買い換えのように自分が資金的に逼迫してきたときに足下を見られて値下げさせられることがあります。
いくら資産を多くもっていてもそれが不動産のようになかなかキャッシュ化するのが難しいと思ったようにキャッシュ化することができないリスクがありかつキャッシュが欲しい時に得ることができない場合があります。
では運用的にはどうでしょうか?
確かに預金でもっていると笑っちゃうくらいに低金利なので話になりませんがかといって信用度の低い(利率が高い)国債だとデフォルトされるとヤバいです。
今だとアメリカの10年国債が利回りが3%弱なので悪くないと思いますがそれでも為替リスクがあります。運用利回りを得ようとするとそれに伴い資金が減るリスクがあります。
インフレになるとキャッシュの価値が目減りするリスクがあるのは正しいと思いますがまだ我が国ではインフレではないのでそれはインフレになってから考えましょう(笑)
株も運がいいと短期間に多額の利益を得ることができますがこれも資金が減るリスクがあります。
余裕がある人は全資産の30%くらいまではリスクのある投資をしてもいいと思いますがそれでも安全が一番だと思います。キャッシュかキャッシュに近い形で持っているのが一番安全だと思います。この場合は運用利回りという言葉に惑わされないことですね~

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »