« 意味不明 | トップページ | 手仕舞いルールの変更 »

2018.06.10

ホールドする理由

みなさん、こんにちは
将来の利益を期待して株を買い、それが騰がって利益を得ることができればハッピーですが残念ながらそれが下がって買値を下回った場合はあまり気持ちがいいものではありません。今では定期預金に預けても金利が年1%にはるかに満たないしょぼいものが株式投資だと1日で投資額の1%以上の利益が実現することはそう珍しいことではないので魅力を感じる人がいても当然だと思います。
ただし値下がりのリスクはあります。
そこで不幸にも値下がりした場合に損切りしないでホールドすることがあります。多少理屈っぽい言い方になりますがホールドしている場合に自分なりの理由があるかないかで全然結果が違ってきます。
株式投資では最も避けることは、買った銘柄がいつの間にか買値の半分以下になって身動きがとれない(塩漬けとか化石化とかいいます)ということです。ただしお金と時間に制限がない人の場合は下がったら死んでも売らないというのもありかもしれません。
ホールドする理由が損したくないから・・・だけだとあまりよろしくないです。
理由はいくつか思いつきます。
日足ベースだと
5日平均を割っていないから
25日平均を割っていないから
週足ベースだと
今の週足がまだ26週平均を上回っているから
くらいでしょうか・・・
いくつか例を挙げましたがどれが正しくてどれが間違っているということはありません。
それは未来のことをわかる人間はいないからです。
たとえ投資した銘柄が値下がりしていてもホールドする合理的な理由をもってホールドしたいものですね~

|

« 意味不明 | トップページ | 手仕舞いルールの変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意味不明 | トップページ | 手仕舞いルールの変更 »