« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018.04.13

爽やかな季節になると・・・・

みなさん、こんにちは
段々と爽やかというか新緑のシーズンになってきました。おそらく寒くもなく熱くもなく風は爽やかで
この季節が好きな人は多いのではないでしょうか。

私は季節自体は爽やかだと思いますが自分の中で好ましからざることが起こったのがこのタイミング(特にGW前後)が多いのでこの爽やかさを感じるとともにその時の出来事を思い出してしまいますのであまりこの季節は好きではありません。

そんなこと個々にアップしてもそれほど興味があることではないと思いますが、最近では6年前に入院したことを思い出します。心臓の冠動脈が全部詰まってしまい心臓のバイパス手術を受け退院したのですがその2週間後の感染症にかかってしまい再び病院送りになりました。その時に最初の症状が炸裂したのかこの爽やかな時期でした。

私はそれほど詳しくはなかったのですが二度目の入院はかなりやばかったようで、ICUに3週間いました。その間ずっと点滴で(飲まず食わずでしたが空腹感も喉の渇きも全くないんですね)過ごしていました。テレビもなく新聞もよまないと今日が何日かわからなくなるものです。

ICUから一般病棟に移動するときに師長さんが私のところにきて

あなたが諦めなかったからここまで改善したんですよ・・・

と声をかけてくれました。

私は呑気にすごしていましたが病院側では私がICUで死ぬ可能性も考えていたのだと思います。

退院して6年経ちますがそれなりに気をつけて過ごせば不自由なく過ごすことができるし、この時期の心地良い風を感じることができます。

生きていると色々なことがありますが、色々な管に繋がれて不自由な生活をするよりも管がなく自由に動けることは何をおいても素晴らしいと思いますしこれができれば後はどうでもいいやとも思います。

今年はこの爽やかな季節は何事もなく通り過ぎますように・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.04.07

銘柄は当たらない

みなさん、こんにちは
株式投資では銘柄を選ぶのが大事になりますが儲かる銘柄を見つける方法があるのかというとありませんというか私は知りません。

もしこの方法があれば株で損をする人は誰もいないでしょう。

株式投資をする前提として

自分は大当たりする銘柄を見つけることはできない

です。

大当たりのイメージですが例えば100円から1000円まで毎日騰がり続けるということはないと思った方がいいです。

100円→130円
130円→120円
120円→150円
150円→130円
130円→180円

みたいな感じの値動きを繰り返し時間をかけて1000円まで行くというイメージです。

100円で買って180円まで持っていてもその後140円まで下がったら持っていられるでしょうか・・・

仮に100円から1000円になる銘柄に投資できたとしても投資した時点ではそんなことわからないので1000円
まで持っていられる人はいないと思いますし1000円まで持っている必要はないと思っています。

自分が今持っている銘柄で大当たりするものない。

のが普通です。

 

ではどうやって銘柄を選ぶのでしょうか。

それはスクリーニングするしかありません。以下私見なのでこれが正しくそれ以外は間違っているということではありません。

75日平均線が右上がり
25日平均線が右上がり
現在の株価が25日平均線よりも高い
株価の位置が

株価>25日平均>75日平均

もちろん200日平均よりも現在の株価が上である。

のものを買う。

その銘柄が元気がいいものであれば上記に加えて5日平均線を上回っているものを買う

決して買ってはいけないものは

現在の株価が25日平均を下回っている
現在の株価が200日平均を下回っている

です。こういうのを買ってもいい人は資金と時間がたっぷりあるという人に限られます。

これで銘柄を選択して実際に買ったら後はメンテナンスだけです。

元気がいい銘柄もそのうちに元気がなくなります。

手仕舞いのルールを決めるのが大事です。これは人によって色々あると思うので詳細は避けますが私は基本は5日平均を割り込んだら手仕舞い候補にしています。

| | コメント (0)

2018.04.04

敗北感の中で

みなさん、こんばんは
株式投資で手仕舞いってどうやっていますか?

私は簡単にいうと弱くなったら手仕舞いします。例えば勢いよく騰がっているような銘柄は5日線を割り込むのが1つの手仕舞いのルールです(いつもとは限りませんが5日線が重要な指標になります)

従ってどんなに利益が上がろうが買った瞬間に5日線を割ろうが割りそうな銘柄が手仕舞い候補になります。

実際に手仕舞いをするとけっこうショボ~~ンとします。

利益が出ていようがでていなかろうがショボーンとするし敗北感があります。利益が出たか損を被ったとというのは手仕舞いには関係ありません。

今日は私のポジションの中でメインの銘柄に2つ異変があり手仕舞いしました。それなりに利益は出ていたのですがちょっとショボ~~ンですし残念です。

ところがその後この2銘柄立ち直ってきたので再び買い直しました。普通は手仕舞いした銘柄をその日のうちにまた買い直すというのはあまりないのですが例えば5日線を越えてきたとかいう場合はこういうことは躊躇なくやります。

また以前にポジション管理が大切だといったと思いますが今はまだ強気はダメでせいぜい資金の50%以下でポジション組成するようにしています。

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »