« 面接 | トップページ | 面倒なパターン(^_^;) »

2017.08.21

ビジネスの掟

みなさん、こんばんは
少し嫌な話になりますがビジネスには掟があります。

たとえば私がある会社のコンサルティングをやるとします。その会社からコンサルティングのオファーがきました。

もし今の私が目先お金がものすごく必要な状況であればお客さんから理不尽な内容であったり大幅な報酬の値引きを要求されるかもしれません。

普通の状況であれば、そういうアホな話がでたら即終了になりますが私の経済的立場が弱く今この仕事でお金を得ることがものすごく大切であればそう簡単に終了というわけにはいきませんしある程度の無理は受け入れなければならないかもしれません。

自分が思うようなビジネスを展開するためにはある程度お金に対して自由度がなければなりません。

これは私にそれなりの蓄えがありこの仕事無理にやらなくても良いという環境を作るのが大切になります。顧客がコンサルティングを依頼してくるというのはその必要性があるので
仕事の範囲、報酬など基本的な条件が合わなければ別に今やらなくてもという思いが出てきます。

ではどのくらいの蓄えがあれば自由であるといえるのでしょうか・・・・

これは人によって違うので〇〇円だったら自由とは画一的にいえるものではありませんが、一つの目安として実現するのに大変な金額だったり或いは簡単に実現できたりするレベルだと意味がありません。

以前ビジネスマンのバイブルといわれるナニワ金融道という漫画(もう一つのビジネスマンのバイブルはゴルゴ13だと思っています)の作者の本を読んだら500万円といっていました。私もこのくらいが良いレベルで500万円というと簡単にできるレベルではなく、そうかといって絶対に無理というレベルではありません。

世の中お金だけではありませんがビジネスではお金をある程度得ることができるのは大きなファクターになります。まずは蓄えが500万円になるまでは基礎を作るまで不本意な仕事も割り切ってやる必要があるかもしれません。

もっとも500万円という数字は普遍的なものではなくそれぞれの環境によって簡単に実現できないレベルの額を設定しておけばいいと思います。

不本意な仕事をやらないというのが基本になりますよね~

|

« 面接 | トップページ | 面倒なパターン(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 面接 | トップページ | 面倒なパターン(^_^;) »