« 全身麻酔 | トップページ | <毒吐く独白シリーズ>監事の役割 »

2017.08.17

試し買い

みなさん、こんにちは
株式投資をする場合に目をつけた銘柄があります。ところが株価が25日平均線を下回っている場合は私の場合は基本的には投資の対象にはなりません。

本当は株価が25日平均線を越えたところを確認してから投資すればいいのですが、株式投資を本業にしていないとしょっちゅう株価を見ることができる環境にいないのでチャンスを逸する場合があります。

たとえば今目を付けた銘柄が上昇中ですがまだ25日平均線に届かない場合は

最終的には届いて超えるよね

という期待をもって少しだけ買います。

これを試し買いといいます。この場合何を試すのか明確にしておく必要があります。この例の場合は25日平均を超えることを試していることになります。

この後25日を超えてきたら買い増しをすればいいですしもし超えることができなければその後滑落する可能性があるので利益が出ていようが損が出ていようが撤退ということになります。

試すことは色々あります。例えば25日平均線がまだ上向きになっていないのでもうちょっとで上向きになるのであればこれを試すために試し買いというのはありえると思います。

私は最近2銘柄を試し買いをしました。1銘柄は順調に上昇したのですがそれでも25日平均線を越えることができませんでした。この平均線は越えられないと抵抗線になってこれに近づくと打ち返される事が多くなりますが反対にクリアーすると25日平均線が下値サポートになる場合があります。下値サポートとは株が下がった時に25日平均線の値段になると買いものが入り反発するという意味です。

必ずこうなるわけではないですが基本として25日平均を下回った状態だと25日平均値が抵抗線になり打ち返される可能性が高くこれをクリアーすると下値サポートになる可能性が高い

ということを覚えておいたほうがいいかもしれません。

試しの条件を満たすことができないときに頑張ってホールドすると・・・・

滑落のリスクが高くなります。

|

« 全身麻酔 | トップページ | <毒吐く独白シリーズ>監事の役割 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全身麻酔 | トップページ | <毒吐く独白シリーズ>監事の役割 »