« 2017年7月 | トップページ

2017.08.17

試し買い

みなさん、こんにちは
株式投資をする場合に目をつけた銘柄があります。ところが株価が25日平均線を下回っている場合は私の場合は基本的には投資の対象にはなりません。

本当は株価が25日平均線を越えたところを確認してから投資すればいいのですが、株式投資を本業にしていないとしょっちゅう株価を見ることができる環境にいないのでチャンスを逸する場合があります。

たとえば今目を付けた銘柄が上昇中ですがまだ25日平均線に届かない場合は

最終的には届いて超えるよね

という期待をもって少しだけ買います。

これを試し買いといいます。この場合何を試すのか明確にしておく必要があります。この例の場合は25日平均を超えることを試していることになります。

この後25日を超えてきたら買い増しをすればいいですしもし超えることができなければその後滑落する可能性があるので利益が出ていようが損が出ていようが撤退ということになります。

試すことは色々あります。例えば25日平均線がまだ上向きになっていないのでもうちょっとで上向きになるのであればこれを試すために試し買いというのはありえると思います。

私は最近2銘柄を試し買いをしました。1銘柄は順調に上昇したのですがそれでも25日平均線を越えることができませんでした。この平均線は越えられないと抵抗線になってこれに近づくと打ち返される事が多くなりますが反対にクリアーすると25日平均線が下値サポートになる場合があります。下値サポートとは株が下がった時に25日平均線の値段になると買いものが入り反発するという意味です。

必ずこうなるわけではないですが基本として25日平均を下回った状態だと25日平均値が抵抗線になり打ち返される可能性が高くこれをクリアーすると下値サポートになる可能性が高い

ということを覚えておいたほうがいいかもしれません。

試しの条件を満たすことができないときに頑張ってホールドすると・・・・

滑落のリスクが高くなります。

| | コメント (0)

2017.08.13

全身麻酔

みなさん、こんにちは
全身麻酔ってしたことありますか?

全身麻酔は手術するときに完全に意識がなくなり(多分痛みも感じないように)なり患者からはなんの痛みもなく気が付いたら手術が終わっているというとても都合が良いものです。薬を脳に作用させるそうです。

しかしながらそうそう全部がOKで問題ないというものは世の中に多くは存在しません。

全身麻酔が聴いている時は呼吸ができません。

全身麻酔のまま放置だと死んでしまいます。そこで口から空気を得るための管を加えてそこに全身麻酔中に空気を送り続けます。

薬を吸い始めた時はまだ意識がありますがいつのまにか寝てしまいます。

同意書にサインさせられますから死亡事故もあるようで合併症も発症する可能性もあるのでリスクなしとはいえないようです。

私は5年前の6月と8月に2回全身麻酔を受けていますが幸い障害がありませんしこうして現在ブログを書いているので命を落とすこともありませんでした。

知らないと意識がないまま手術するというのは何となく分かっていましたが呼吸が出来ない状態だとかいうことは知りませんでした。

手術に全身麻酔を行う場合は専門の医者が必ず説明にきてくれると思います。

| | コメント (0)

2017.08.11

利益って・・・・<毒吐く独白シリーズ>

みなさん、こんにちは。

例えば私がスマホを自分で作っていてこれの原価(本当は何を以て原価というかという議論はありますがとりあえずは自分のコストという考え方で・・・)50円だとします。50円で製造したものを100円という製造したコストの2倍で売るとそれって非難されることでしょうか・・・

以前団地の説明会で団地を管理している会社が下請けに仕事を出しその下請けで仕事をしている人に団地のジジイがこっそりと聞いたようです。そうしたら団地はこの管理の会社に50払っていて下請けの会社はこの作業をしている人に25払っていたそうです。

そうしてこのジジイは説明会でこれってピンハネ分が大きいので問題だというような類のことを言い始めました。

世の中の事を何もしらない若者であればわからないこともありませんが既に社会人を終えて第二の人生に入った年齢のこのジジイがこういうことをいうのは理解できません。50と25だけでピンハネと決めつけるというのは論外になりますしこれを鬼のクビをとったようにいのは情けないです。

一般論ですが、売上が100あると30は人件費、30は会社経費、30は利益になります。10余りますがまあ細かいことは気にしないように・・・

ということで人件費に30払うとすると100の売上が必要になります。

とはいうもののこのジジイが現役時代にもらっていた給与はこのピンハネの分から出ているわけです。

この30ずつ分配するのは個々には当てはまらないかもしれませんが考えとしては間違っていません。

基本的にそれなりのキャリアがあると思われる年代でこういうことをいうと(言うのは勝手ですが)基本的に経営的なことは議論できないですね~

| | コメント (0)

2017.08.07

ある意味常識がないです

みなさん、こんばんは
私は今はしがないフリーランスですがそれでも勤務時代はありました。
そこは外資系の会社で勤務したのはこの一社だけです。

ようするに日本の資本の会社に勤務した経験がありません。

また学生時代に大抵の人は就活をすると思いますが私は就活は全くしませんでした。

ということで社会人の環境としては一般的な日本人とかなり違う環境にいました。

(外国語はできませんが(^_^;))

勤務時代は有給は毎年100%取っていました。繁忙期を除いては有休取得を阻害するようなことはありませんでした。また残業はやった分だけ請求できました。今で言うサービス残業はなかったですが自分が失敗したせいで残業する場合は残業代の請求はしませんでした。

また退職時には有休をフルに使うことが出来ました。

例えば8月末に退職するとすると、8月1日が最終出勤日でその後有休を使って退職日は8月末ということは当然のようにできました。

退職するのに有休を全部つかうのか・・・
ボーナスもらってから辞めるのか・・・

ということはありませんでした。

従業員が獲得した権利を使うのは何の制限も遠慮も不要でした。

こういう環境にいたので不思議なことはボーナスは支給日までいないともらえないということです。
専門外なので正しいかどうかわかりませんが、このことは就業規則に書いてあるそうですが、今の夏と冬のボーナスはボーナスではなく給与の後払いなので支給日までいないともらえないということと、退職するときにボーナスもらって辞めると非難される傾向があるようです(会社によるでしょうが)

本来ボーナスは給与の後払いではなく利益の分配とか各人の目標やミッションの達成率で支給されるものでこんな給与の後払いはボーナスではありませんが、支給日に在籍していないともらえないというのは???です。

サービス残業とボーナスの支給日にいないと出ないのは理解できません。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ