« 老税理士の自慢(笑) | トップページ | 投資やっていない人も注意したほうがいいです »

2017.07.10

お金について

みなさん、こんばんは
私は社会人になってからですがお金にものすごく興味があります。

といってもお金儲けに興味があるというわけではなくお金との向き合い方です。

日本の教育はお金のことを教育しなかったために、保証などのような基本的なことを知らない大人が多いですしお金を稼ぐ行為を卑下する傾向があります。

お金は購買力なのでないよりもあったほうがいいに決まっています。

また全くお金がないとものを食べることすらできず生命に危機が訪れるのでお金を稼ぐ行為というのは大人には大切な行為になります。

じゃあ、お金があるから無問題なのかというとそうではないのですね。

例えば私たちが何かの特許を持っていて毎日5億円(50億円でも5兆円でもいいです)の入金が必ずあるとします。これは(実際にそうなっていないので想像しかできないのですが(^_^;))生きているのは退屈だと思います。

ありすぎても人生はつまらないでしょうし全くない場合には人生が危うくなります。私見ですが今の私たちのお金の状態が望む状態と比べて少し足りないというのが一番良いポジションのような気がします。

ということでお金は購買力の確保でこれを多く持つと購買力を確保するという意味では良いことになると考えています。

ところがお金に購買力以外のものを求めるとエライことになります。

一番求めてはいけないのは権力です。お金に権力を望むと人生が歪みます。

こうなると真っ当に働くだけではなくお金を(権力を)得るために他人を蹴落としたり売ったりします。

蹴落とすのは正当な競争の元では問題ないと思いますがそこに謀略とか陰謀があったりするとそうまでしてお金を得たいのかと思いますが

お金の量=権力の強さ

という認識があればそうまでしてお金が欲しいのですね。

お金を稼ぐために働くことは恥ずかしいことでもなんでもなく正当なことですし、その結果自分が持っているお金がたとえ少なくとも恥じることはありません。これは人間か持っている数多くの能力のうちお金を稼ぐという能力に恵まれなかっただけでこれだけで全人格が否定されるわけではありません。

お金は単に購買力のみでそれには権力とか力を求めないというのが正しいお金との向き合い方だと思っています。

|

« 老税理士の自慢(笑) | トップページ | 投資やっていない人も注意したほうがいいです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老税理士の自慢(笑) | トップページ | 投資やっていない人も注意したほうがいいです »