« 2017年6月 | トップページ

2017.07.24

任天堂とユニクロ

みなさん、こんにちは。
任天堂とユニクロがヤバイです。

〇任天堂
今日の任天堂は980円安の36140円でした。チャート的には5日平均、25日平均を割り込んできたので明日以降下放れするとガマンするとやばいかもしれませんしMACDもよろしくありません。買う買わない関係なしに注目していますが今は(仮にお金があっても投資対象ではありません)絶対に上がらず下がるとかいいきれませんが厳しいチャートだと思います。

〇ユニクロ
悲惨なのはユニクロです。7月4日から一貫して下げています。7月4日の始値は37,790円でしたが今日の終値は33,100円で棒下げって感じです。これはバーゲンセールかというとそうではなく25日平均、75日平均は下向きになっていて株価もこれらの平均線を大きく下回っています。これも大きな投資金額が必要で買えませんが、もし買えるお金があっても今だと手出し無用だと思います。

これは日経平均先物を買って日経平均現物を売る代わりに売られていると思っています。
いわゆる外人のオモチャにされているという感じです。ユニクロが冴えないと日経平均は騰がらないので個人的にはユニクロと利害関係がありませんがもう少し立ち直って欲しいと思います。取組倍率が8倍と高いのも悪い環境をさらにプラスです。これも手出し無用でしょうね。

ということで超高価な株ですが、今は買ってもがんばると大変なことになるので見てるだけのほうがいいでしょうね。値惚れ買いは止めたほうがいいかもしれません。

| | コメント (0)

2017.07.17

オプションの売買

みなさん、こんにちは
日本ではあまりないようですが株など一部の金融商品を除いてオプションの販売というのはないようです。
例えばある土地を私が1億円で買うことを約束したとします。これは私がこの土地を1億円で買う権利を持つことになります。

この土地が上昇して3億円になったとします。私はこの土地を1億円で買う権利を持っているので私は土地全体を1億で買って3億円で売るよりもこの土地を買う権利を売った方が利益を得やすいことになります。この場合この土地を1億円で買う権利を2億円で売ることができます。

これができるためにはこの例だと土地のオプション売買ができるマーケットが整備されないといけないのですがなかなかオプションという概念が我が国にはないので理解されにくいのです。以前オーストラリアの土地売買の契約書をみたことがありますがこのときにこのオプションの売買のマーケットが必要になるでしょう。

オプションは選択権といわれ、さっきの例だと買う権利でしたが売る権利もあります。また買う権利を買ったり
買う権利を売ったり、売る権利を買ったり、売る権利を売ったりと色々なパターンがあります。

今だと株式投資や為替に関連したオプションだけですが、それでもオプションの考え方って大事だと思っています。ちなみに為替で売り権利を売る(この場合オプション料というものが手に入るので目がくらみそうですが為替リスクを一身に背負うことになるので)のはやめたほうがいいでしょうね

| | コメント (0)

2017.07.16

投資やっていない人も注意したほうがいいです

みなさん、こんにちは
マネーの動きは経済的には非常に重要なものでありこれは株をやっていようがいまいがビジネスをしている人であれば注意しておいたほうがいいです。

ビジネス的によくないのはマネーが縮小している最中に投資をするということです。ビジネスは実力があればある程度の成果はでるものですがそれでもマクロはミクロよりも優先されるということでありいくら実力があってもマネーが収縮している状態では投資に見合う利益を得るのは難しいです。

簡単にいうとマネーが拡大しているときはビジネス的には良い環境でありマネーが縮小しているときには投資などはするものではないということです。この投資というのは株を買うだけではなく業務拡大で店舗を増やすとか新たな機器を買うとかでこれを借入金で買うと悲惨な将来が待っているかもしれません。

もっとも単純なマネーの流れは金利が安いところから資金を調達してそれを投資するということの繰り返しです。

今はもっとも金利が安いのは日本で日本でお金を調達してアメリカやヨーロッパ或いは新興国の中国(これはちょっと古いかも)やインドに投資するという感じです。アメリカは金利が上昇中でヨーロッパは緩和を縮小することを考えています。(緩和の出口を論じていないのは主要地域では日本だけのようです)

私たちはこういうマネーの流れを直接見ることはできませんが兆候は知ることができます。例えば円の資金を調達してアメリカに投資する場合は調達した円をドルに変えます。これは円を売ってドルを買うので為替レートはドル高円安になります。同じくユーロに投資する場合はユーロ高円安になります。為替レートがこの流れであればマネーは拡大しているという判断で良いでしょう。

逆にマネーの縮小は投資したドルを回収して円で返済するということになるので為替レートはドル安、円高になりますしユーロの場合はユーロ安、円高になります。

この兆候が続くとマネーは縮小しているといえるのでビジネスを手広くするのは考えたほうがいいということになります。

マネーの流れはビジネスでは大切なものだと思います。

| | コメント (0)

2017.07.10

お金について

みなさん、こんばんは
私は社会人になってからですがお金にものすごく興味があります。

といってもお金儲けに興味があるというわけではなくお金との向き合い方です。

日本の教育はお金のことを教育しなかったために、保証などのような基本的なことを知らない大人が多いですしお金を稼ぐ行為を卑下する傾向があります。

お金は購買力なのでないよりもあったほうがいいに決まっています。

また全くお金がないとものを食べることすらできず生命に危機が訪れるのでお金を稼ぐ行為というのは大人には大切な行為になります。

じゃあ、お金があるから無問題なのかというとそうではないのですね。

例えば私たちが何かの特許を持っていて毎日5億円(50億円でも5兆円でもいいです)の入金が必ずあるとします。これは(実際にそうなっていないので想像しかできないのですが(^_^;))生きているのは退屈だと思います。

ありすぎても人生はつまらないでしょうし全くない場合には人生が危うくなります。私見ですが今の私たちのお金の状態が望む状態と比べて少し足りないというのが一番良いポジションのような気がします。

ということでお金は購買力の確保でこれを多く持つと購買力を確保するという意味では良いことになると考えています。

ところがお金に購買力以外のものを求めるとエライことになります。

一番求めてはいけないのは権力です。お金に権力を望むと人生が歪みます。

こうなると真っ当に働くだけではなくお金を(権力を)得るために他人を蹴落としたり売ったりします。

蹴落とすのは正当な競争の元では問題ないと思いますがそこに謀略とか陰謀があったりするとそうまでしてお金を得たいのかと思いますが

お金の量=権力の強さ

という認識があればそうまでしてお金が欲しいのですね。

お金を稼ぐために働くことは恥ずかしいことでもなんでもなく正当なことですし、その結果自分が持っているお金がたとえ少なくとも恥じることはありません。これは人間か持っている数多くの能力のうちお金を稼ぐという能力に恵まれなかっただけでこれだけで全人格が否定されるわけではありません。

お金は単に購買力のみでそれには権力とか力を求めないというのが正しいお金との向き合い方だと思っています。

| | コメント (0)

2017.07.09

老税理士の自慢(笑)

みなさん、こんにちは
以前年配の税理士と一緒に話ししていたときにその人は

俺はクライアントに1億円の節税を提案した

と自慢していました。

極論ですが日本の税法で節税はないと思っています。

内容を聞くとレバレッジドリースでした。

例えば航空機をリースするスキームを作りこれを何口かにわけて投資するんですね。
例えば一口10億円だと10億円の持分になりますが航空機の減価償却を定率法でやると最初は死ぬほど減価償却費が発生して赤字になりこの10億円は目減りしてその分税金計算上の損に入れて節税するということになります。

今はこれは認められるかどうか分かりませんが当時は横行していました。

節税という言葉を使いましたが減価償却の定率法は最初は死ぬほど減価償却費が発生しますが終わりのほうになると減価償却費はものすごく小さくなり利益がでます。ということで最初は税金が減りますが後半その分増えるのでこれは節税ではなく課税の繰延になり節税という言葉を使うこと自体正しくありません。

私は実はこのスキームについては基本的な知識があったので

先生(一応年長者なのでこう呼んだ方が無難(^_^;))もし飛行機が落ちたらどうなるんですか?

先生、これって航空機をリースすることがポイントになりますが航空機を借りているところが倒産して代金回収できなくなったらどうなるんですか?

と質問したら真っ青になってリースの業者に電話で確認していました。

こんなこともチェックしないで節税と称して勧めるなんて論外ですよね~(笑)

| | コメント (0)

2017.07.08

DQMSL 幻魔の塔攻略

みなさん、こんにちは
私が今ハマっているスマホゲームのドラゴンクエストモンスターズスモールライトで幻魔の塔が新設され先日3Fのマガルギまで開放されました。

以下専門用語が出てきます。

今は幻魔といってもそれほど大変ではありませんが、以前幻魔降臨が常設でない時にはこちらにメンツが揃っていなかった時代(当時はドレアムはいませんでした)は絶望を何度か味わいました。まずクシャラミは最初負けても次やっても勝てる気が全然せずに、ドメディーに至っては漆黒の絶望を何度も味わいました。

今は幻魔降臨は簡単にクリアーできます(笑)

ところが幻魔の塔にも

クシャラミ
バルバル
カカロン
ドメディー
マガルギ

はでてきますが降臨よりも強いです。理由は不明ですがバルバルのお供が理不尽な攻撃がありここ事故ることが結構ありますが先日幻魔王のマガルギまで倒しました。

廃課金の人はドレアム☆4とかゾーマ☆4とかある人は大変ではないと思いますが新規の人は多分マガルギまでいくのは大変だと思いますしある程度古参の人はクエストメンバー次第でクリアーできないケースもあります。

バルバルとドメディーで事故る事が多くアプローチを間違えるとカカロンに勝てません。

まず新生転生させた魔王の影は必須でこれにマホターン、ピオリム、体技封じの息とやることが多いです。
ヒーラーは状態異常(毒とか眠りとか)にさせられることが多いのでホイミンよりもは新生転生させたトワイライトメアが適任です。(これはドルマに弱いのでドルマ注意です)

後はドメディーのクラスマダンテが強力でこれのターゲットにされたら死にます。その場合蘇生役を倒されたら
終わりなので蘇生役は2体必須です(私はトワイライトメアとバルバロッサを使用)。後はゾーマ(新生転生)とゾーマの魔法を生かすために魔法耐性を下げるためにぶきみな光(これはバルバロッサ使用)も必須です。

地味ですが魔王の影が大活躍します。クリアーするためには5連戦を勝ち抜く必要がありけっこう大変ですが
挑戦のしがいがあります。

メンツは最後のマガルギのお供が氷と火のブレス攻撃をしてくるので追い風があるモンスターを入れたいのですが定員オーバーなので断念しました。リーダーとフレンドはわたぼうがいいですね。MPが使用量がかなり減りますしマホアゲルがあり精霊の守りがあります。

幸い幻魔の塔は常設クエストですから戦力が整ってからいった方がいいかもしれませんね。

では健闘を祈ります(笑)






| | コメント (0)

2017.07.07

後からチャートを見ると簡単ですが・・

みなさん、こんばんは
このところ任天堂に注目しています。その理由は任天堂は4月19日の25,240円から一貫して上昇し続けてきました。これが6月27日まで続きこの日の高値は39,530円でした。株価はここまでになると当然投資家が希望するというか確信を持つのは4万円超えで5万円も視野に入るという感じでみんな強気だったでしょう。

上昇の仕方がきれいなので個人というよりも機関投資家が買っていると思っています。恐ろしいのは機関投資家が任天堂を利益確定するとチャートは暗転します。(今は暗転しました)

ここを見極めたかったので任天堂に(買いもしないのに)注目していました。

この4月19日から6月27日までは一貫して上昇していますが毎日騰がっていたわけではありません。例えば6月7日は一時500円以上下げました。


今チャートを見ると4月19日に100株買っても252万円が1ヶ月半後には395万円になっていたわけですからこんなに簡単なことはありません。

しかし日々は

今日騰がったけど明日下がるかな・・・その翌日少しでも下がると利益が減るのは嫌だから手仕舞いしよう

というような感じなり今過去のチャートをみて4月19日に買って6月7日に売ればいいじゃん

とは行きません。

株式投資の難しさは後からチャートをみてもわかりません。

以下正しいかどうかわかりませんがもし私が任天堂を持っていたらという仮定すると

(後講釈です)

6月27日に高値を付けた後暗転しています。

奇跡でもないかぎり6月27日の高値では手仕舞いできないです。ということで6月28日の下げを経験するでしょう。この日はなんと1450円も下げました。この日は下げ気味だったので手仕舞いラインをこの日の5日平均の38,400円近辺におきます。

これを割り込んだら即手仕舞いします。とはいうものの27日の終値が39,320円なので普通は28日38,000円割り込むことはないだろうと思いますが下げの勢いが強いのでもう一つ関門をもうけて38,820円割ったら手仕舞いです。この値段は6月26日の安値です。(この辺りは適当に決めてもいいと思います)

結果として27日は1000円以上下げたので早い撤退は正解でした。

今は任天堂は絶賛下落中ですがもしお金があって参戦するとしたら今日の終値は35,160円ですが25日平均値の35,600円を超えたのを確認してからスクリーニングします。

それまでは静観のみです。

| | コメント (0)

2017.07.02

日本だけが売られる図

みなさん、こんにちは
東京市場は6月末は不穏でしたが6月最後のNYではリスク指標が点灯せずに堅調でした。

アメリカはトランプ氏の閣僚等の任命が遅れて通常であれば5月に終わっている税の還付も遅れてこれが6月まで続いたことも重なっていて心配していたファンドの中間決算の利益確定圧力も大したことがなかったということになると思います。

これからはどうなるでしょうか・・・・

誰もわかりませんが想像することはできます。

株式投資などという狭い考えでではなく経済的に好ましいのは

円やユーロのように金利の安い国で資金を調達してこれをドルなどに変換して投資をすると流れが続くとこの現象として現れるのがドル高円安になります。現在はこの流れが続いているようです。

この流れにあるときはビジネスを拡張しても問題ないと思いますがこの逆の流れ、ドルを円やユーロに変えて調達していた資金を返済に回した時にマネーの逆回転が起こります。こういう時にビジネスを拡大するのは自殺行為に等しいです。


投資の主体はグローバルマネーになります。

これからアメリカの第2四半期の決算の発表があります。アメリカではほとんどの企業が12月決算なので4月に第一四半期の決算が発表されその時の年度の見通しは経営者は慎重に発表する傾向がありこれが期が進むにつれて段々と強きになります。今はマネーが拡大しているので段々と強気になる傾向になりこれに応じて株は買われるでしょう。

グローバルマネーは世界的にみてどの国に投資をしたら効率がいいかということを考えます。

私は日本は大きなリスクが炸裂してアメリカやヨーロッパは高いけど日本だけ売られるということがありえると思っています(嫌な話ですが)

日本は新興国のように経済が拡大しているという状況ではなく政治や金融が安定していて

心配ない

というのが大きな理由ですが、現在の安倍政権の体たらくをみると

政治はダメ(ロクな大臣や議員がおらず笑いものの種になっている)
日銀の出口戦略が見えない、いつまで金融緩和するのか政策が見えない
安倍政権がこれらの問題を放り投げて憲法改正とか迷走している

こんな国に投資しません。

私が資金運用者だったら情け容赦なく日本を売り叩きます。
マネーの流れは順調、でも日本には投資しない

です。

前回の都議会選挙では安倍さん頼みの部分がありますが今回は安倍さんは演説はほとんどしないようですし
あの香ばしい女性議員が面白いことをいってくれて日本国民を呆れさせています。

日本だけ売られるというのがいつ炸裂するかわかりませんが、あまり日本株が2万円乗せたし目標は21000円でイケイケドンドンだと危険かもしれませんね~

| | コメント (0)

2017.07.01

想像できない能力

みなさん、こんにちは
人間には稀に想像できない能力を持っている人がいます。
私が勤務時代にソロバン10段という人がいました。

10段というのは商工会議所の検定ではないと思いますしどの団体の10段か分かりませんがその能力を目の当たりにしました。

分厚い在庫のコンピューターリストでしかもページ毎の小計がないものを彼に検算してもらいました。

もちろん暗算です。

暇そうにページをパラパラとめくっていただけで

合っています!

でした。

実は私は彼には到底及びませんがソロバンは初段なので(商工会議所ではなく全珠連ですが)何となく理解できますがこれが彼の能力を全く理解出来ない人が検算中の彼をみると仕事しているようにみえずに文句を言う可能性があります。

仕事が終わった後で彼に

私はあなたの能力のすごさはわかるけど分からない人は

何やってんだ・・こいつは・・・・

という人が多いので電卓で計算しているフリはかったるいかもしれないけどしたほうがいいとアドバイスしました。

こういう能力は私たちからみるとすごいですが本人は備わっているものなのですごいとは思っていないかもしれませんね~

| | コメント (0)

注釈が多い人(笑)

みなさん、こんにちは
あの稲田とかなんとかいう大臣は記者会見で彼女の本来であればシンプルな発言についての注釈が多いですがこの人を見て実際に注釈がものすごく多い人と会ったことがあります。

クライアントの在庫を保管している倉庫会社の営業担当ですが、当時は信じられないことに在庫管理にコンピューターを使っていませんでした。倉庫からの在庫の報告が来るのが遅いのでコンピュータ化できるんですか?

というと

はい、できます。

えー、そうはいっても直ぐにできるわけではないでしょう。

いや、できるというのは・・・・

という感じで注釈が始まります(笑)

この人の話は結論を先にいって注釈が必ず尽きます。

大抵は結論は良い方向なのですが、注釈でその良いことに制限が必ずつきます。

そういう脳のスタイルなんだと思いますがこういう注釈を考えないと誤解とかいう既定路線の言い訳になります。

この人以来実際には注釈付きの人間とは会ったことはありませんが、このテレビの変な人を観て思い出しました(笑)

注釈はクセになりますので止めたほうがいいですね~

この人も 辞任します。

記者がえー、 いつ辞任するんですが?

いや辞任というのは・・・・・・・注釈が延々と・・・

という展開に近々なりそうですね~

近々っていうのは・・・・・・(^_^;)

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ