« 漁にたとえると・・・・ | トップページ | DQMSL 化け物達との戦い »

2017.06.10

偏執狂のすすめ

みなさん、こんにちは
偏執狂っていいですよ~
是非偏執狂になりましょう。

私は今年完全に偏執狂になりました(笑)

ただし、この偏執狂の対象が人間だと法律的にまずいアブナイ人になってしまうのでこれは狙った株の銘柄について偏執狂になりましょう。

というものです。

株のチャートをみると例えば100円から1000円になったものがあるとします。これは一気に100円から1000円までずっと駆け上がったというものはなく(全銘柄チェックしているわけではありませんがないと思ったほうがいいです)この100円→1000円までは数年かかる場合がありその間に上げ下げを繰り返しています。

例えばAという銘柄に狙いをつけたとします。その時の波動により利益を得ることがあれば失敗することがあります。利益を挙げても失敗してもそれでAは終わるということはありません。騰げすぎたら利益確定の下落をこなして再度上昇してきますし、ダメだったらそのまま地の底まで下がるということは滅多になく雌伏の時を経てさらなる上昇をすることがあります。

この場合でも一度の波動で得られる利益は2倍とか3倍とかではなく5%、10%(10%以上だと素晴らしいパフォーマンスでしょう)という感じでここで欲張らないほうがいいです。

私はけっこう偏執狂で今年になって同じ銘柄を10回近く手がけたものが5銘柄くらいあります。

ある銘柄はダメだということで手仕舞った翌日息を吹き返してきたのでまた買いました〔笑)

同じ銘柄を何度も執拗に手がけるようにしたほうがいいと思います。

こういう発想だとAが思ったよりも高くなり持っていることにビビり始めると

とりあえず一度ここで手仕舞いして、また上昇したら参戦すればいい
或いは思ったように騰がらずに下がった場合はここは一旦引いて波動が改善したらまた参戦すればいい

と次を考えることができ戦略が楽になります。

是非株式投資では偏執狂になりましょう(笑)

|

« 漁にたとえると・・・・ | トップページ | DQMSL 化け物達との戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 漁にたとえると・・・・ | トップページ | DQMSL 化け物達との戦い »