« 逆センサー〔笑) | トップページ | 株式投資雑感 »

2017.05.06

日本語の冠詞と定冠詞

みなさん、こんにちは
以前原子力の事故がなかったころは

我が国には原子力発電が必要です。
だから我々(というのは原子力で潤っているところ)が必要なんです

という論調を見ることがありました。

これって日本語は一般論とそこにあるそのものの区別をしていないことを利用するずるい論法なのですね。

最初に我が国は原子力発電が必要というのは一般論としてその必要性は理解できます。(もちろんこれ自体に賛否はあると思いますがここではそれは論じません)

ところが次のだから我々以下は今そこに実際にある我々になります。
例えば対策が不備であろうがなんであろうがそこにあるものなのでそれが機能しないのであれば我々は必要ではありません〔笑)

私は外国語は得意ではないのですがそれでも英語はaとTheが有り区別しています。

新聞などを読むときは冠詞と定冠詞を意図的に混同させて自分の都合の良い方向に導こうとしているかどうかを念頭において読んだ方がいいかもしれません。

(私は今は新聞取っていませんが・・・・(^_^;))

|

« 逆センサー〔笑) | トップページ | 株式投資雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逆センサー〔笑) | トップページ | 株式投資雑感 »