« バカっていっても許されるよね~ | トップページ | 株式投資で食っていけるか・・・ »

2017.03.13

終末の人材

みなさん、こんにちは
企業は発展するも消えてなくなるのも人材次第です。当然ですが・・・

人材は素晴らしい人がいても人は年齢を重ねると機能しなくなるときがあり、人材は新陳代謝をすることになります。企業が発展するための人材は

企業の方向性を考える人
それを遂行する人
手足になって動く(好きな言葉ではありませんがいわゆる兵隊ですね)

がバランス良く必要になります。

実は上に行くほど得がたい順番になります。

企業はいつも同じものを売っているだけでいいわけではなく(稀にそういう会社もありますが)社会の需要を把握する必要がありますが、これは誰でもできるわけではないですし職位に関係ありません。

以前某大手食品メーカーのある工場で新製品を作り、取締役会にかけたところある役員がこんなの売れるはずがないということで足下に叩きつつけたそうです。

(食べものたたきつけるなんてお育ちがわかりますね~(^_^;))

ところがそれを売ったらそれだけで年間500億円に売上になりました。

これはこの役員は社会の需要を把握する能力がなかったわけで能力がないものがシャシャリでるとこういうことになります。この製品名をいうと分かる方が多いと思いますのでこの程度にしておきます〔笑)

ところがどんなにすごい会社でも兵隊レベルの人とか執行するレベルの人が企業の方向性を考える職についたりするとエライことになります。しかも兵隊レベル執行レベルといってもバカではなくそれなりに優秀で頭が良い人が多いのでマッチしないということがわかりません。

バカではなし頭がいいのですがただ企業の方向性を決める能力がないだけなんですね。

こういうミスマッチが連続すると企業が段々と元気がなくなってきて資金的に追い詰められ最終的にはXデーを迎えることになります。

企業だけではなくどんな組織でも人材の適性な新陳代謝を行ってそれなりの人材を入れ替えていくのは大変なことです。

歴史はあまり詳しくはありませんがローマ帝国は今はそういう国家はなくその名残が残るだけですが、大きな組織だとそれなりの人材を新陳代謝させるのは大変です。また、いない場合はXデーは分裂から始まるようですね。

|

« バカっていっても許されるよね~ | トップページ | 株式投資で食っていけるか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バカっていっても許されるよね~ | トップページ | 株式投資で食っていけるか・・・ »