« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016.06.26

統計学(^_^;)

みなさん、こんばんは
今はドラゴンクエストモンスターズスモールライトでゲットした装備品を重ねてレベルを上げるようにしています。最終的には7段階のレベルを目指しています。最初はもう一つ同じものがあれば確率100%で成功しますがレベル1をレベル2にするには一つだと成功する確率は65%で100%にするには2つ必要になります。ところがレベル6からレベル7にするには10個くらい必要になります。

私はさっき10個までいきませんがある程度揃えてレベル7にするためにトライしました。確率は80%です。成功したも同然ですが・・・・

失敗しますた(^_^;)

確率80%というと10回やると8回成功すると思われがちですがこの母集団(この例だと10回ですね)が小さいとそうはなりません。例えば1000回やって800回成功するというイメージです。ですから成功する確率90%のものを2回やって2回とも失敗するということは起こりえます。

この後別のものをレベル5からレベル6にアップしようとしてやりましたが(これも確率80%でした)失敗しますた(^_^;)

今日はモチベダウンです(^_^;)

| | コメント (0)

死へのプロセス

みなさん、こんにちは
最近自分が思うことを少し・・・・但し医学的な根拠に基づくものではありません。

ネットで有名人の訃報を目にすることがあります。死因は肺炎とか心不全とかありますが元々がその病気で命を落とすというよりは元の病気がありそれにより体力がなくなり抵抗力がなくなり他の病気が台頭して命を落とすということがあるようです。個人的に統計をとっているわけではないので「思う」というレベルですがこういう命の落とし方が多いのではないでしょうか・・・

以前中村勘三郎さんがガンで入院して手術は成功して手術してまもなく起き上がって食事ができるようになったと早い改善をアピールした記事がありました。

私はこれを見て危ないと思っていました。以下想像ですが

本人からみるとガンは大きな病でこれが問題なければ後は大したことはないという感覚があります。ところが体力がなくなっていると感染症になる可能性があり感染症はおまけとか付属の病気ではありません。本家の病気以上に注意を要します。

私は心臓のバイパス手術を行ってその2週間後に傷跡から体液が流れ出し感染症になり再入院しましたが再入院のほうが大変でした。この時はICUに3週間いました。

本人や家族はついつい本丸の病気だけに目がいきがちですが、それ以外の肺炎とかも決して軽い病気ではないのですね。

多分糖尿病が原因で心不全とか体力が落ちて肺炎で亡くなるケースって少なくないと思っています。本丸以外の病気も注意したほうがいいですね~

| | コメント (0)

2016.06.25

新しいパソコンがきました

みなさん、こんばんは
先週モバイル用のノートのハードディスクをオシャカにしてしまったので新しいモバイル用パソコンをゲットしました。Think pad X1 carbon というマシンで薄く画面が14インチで250ギガのSSD(容量は不満ですが)です。液晶はきれいになりまさに理想のノートです。オフィースソフトはお金がないのでフリーのマイクロソフトオフィスの互換ソフトです。またバッテリーも3時間ほど持つのでこっちの方が母艦よりも高性能です。

ところが新しいパソコンはWIN10なのでまだ使い方に戸惑いがあります。

感覚はタブレットがさらにパソコンパソコンしたという感じです。

これをもって北海道に出張にいきましたがもう少し慣れないといけないです。
ただポテンシャルは高いので期待できますね~

| | コメント (0)

2016.06.12

操作ミス(^_^;)

みなさん、こんにちは
私は現在メインの基幹機とサブのモバイル機はノートを使っています。メインはSSDを入れているのでCPUは最近のものではありませんが快適です。サブはまだHDDでサブのくせにバッテリーの持ちが悪い(せいぜい2時間)です。便利なのですが少し不満が出てきていつかこれのHDDをSSDに換装したいという野望がありました。

昨日はストレージのクローンを作る機器がきたのでこれを使ってサブのHDDのクローンをSSDで作ろうとしたのですが復元元と復元先とストレージを入れ間違えて今のシステムを消してしまいました(笑)

まあそれでも基幹機があるので仕事ができないということはないのですがモバイルはマシンをクライアントに持ち込んで仕事をするのでこれをなんとかしなかればなりません。

でようやくオーダーしました。少し良いマシンでおそらく基幹機よりも全ての麺で高性能です。バッテリーもけっこう持つようで1㎏ちょっとです。

またモバイルの画面の質にも不満があったのでこれも良い液晶のものを選びました。

納品が楽しみです。

ずっと使っていたモバイルはリカバリーディスクをオーダーしてSSDに入れ替えてモバイルのサブとして使えるといいと思っています。

| | コメント (0)

2016.06.11

一難去って

みなさん、こんにちは
昨日はSQを無事に通過できたと思います。
基本的に木曜日から日経ダウは安くなり昨日も結局安くなったのですがたったの67円安に16,601円で終わりました。これでは「無事」という言葉を使っても問題ないでしょう。

ところがです・・・・

昨日の日経平均先物の夕場はなんと280円安の16,250円になっていました。
米国市場もダウ輸送株は117ドル下落、有名な(?)ダウ工業株は119ドル安です。

ちょっとゲゲッという感じです。、またアメリカで上場している日経平均先物(CME日経平均)も300円下落しています。

為替はユーロドルもドル円もほぼ横ばい、金は上昇、米国10年債の利回りは横ばいでした。ヤバイ指標が続出という感じではありませんがうれしい状態ではないようです。

背景は不明ですが、月曜日の東京市場はまずは200円以上(日経ダウですが)の下げから始まるみたいですね~

| | コメント (0)

2016.06.10

ちょっと違和感があること

みなさん、こんにちは
株式投資の鉄則って安い時に株を買い、高く売ることだとずっと思っていました。
そう思っている人って多いのではないかと思います。例えば底値を這いつづけている銘柄を買っていれば下がるリスクはないし後は騰がるだけ・・・

なんでしょうか・・・

私は株式投資の鉄則って高い時に株を買いもっと高くなったら売ることだと思うようになりました。

底値を這うものって今の株価が25日や75日移動平均を下回り、これらの平均線が下向きになっている形が多いです。

まず今の株価が平均線を下回っているということは最近この銘柄を買った人はほとんど報われていないということになります。となるとこの底値株が少し騰がると報われていない人達のヤレヤレ売りがでてきて株価が頭打ちになります。またこういう惨状(^_^;)であれば何時騰がるかわかりません。

基本的には強いトレンドに乗った銘柄につくのがいいのではないかと思うのが最近の私の考えです。強いトレンドに乗ったってどういうものなのか・・・

今の株価が平均線を上回っていることが必須です。
これに勢いを示すMACDという指標がプラスになっているとさらに良いです。ここがマイナスだと失速のリスクあります。

ある銘柄が上記のようになったときはその株価は底値ではないですし底値からけっこう騰がっています。底値主義の人には怖くみえるかもしれません。

また凄い材料がありどんなに期待出来る銘柄でも株価が平均線を割ったら利益がでていても損になっても撤退した方が安全です。

以前リクルートが上場するということがあり図書印刷という冴えない(笑)会社がリクルートの株主でした。リクルートが上場すると図書印刷が持っているリクルート株の評価が大きくなり莫大な利益をもたらします。これは凄い情報だと思います。ところが図書印刷はリクルートが上場したら下落に転じました。こういう時はいくらリクルートの利益があっても株価が平均線下回ったら撤退しなければなりません。

ちなみに株式投資は明日のことなんて誰もわかりませんからこういうものに対して命がけの勝負を挑むのはバカげたことですよね~

こういう姿勢でその時の投資は(マグレで(^_^;))大きな利益を上げてもこれを続けると退場することになります。

| | コメント (0)

2016.06.09

売る人はいない?(^_^;)

みなさん、こんにちは
今週は先週末のアメリカの雇用統計と今週末(明日ですが)のメジャーSQ日なので東京市場は1ヶ月の中で一番株が下がりやすい週の真っ直中にいます。東京市場は木曜日の午後から不自然な下げがあり金曜日はボロボロでした。この時はこれが今週の火水木と続くのは嫌だなと思っていました。また雇用統計がとんでもなく低い数値だったですがアメリカは完全雇用の状態であるという人もおりそうだったら就業者数なんて増える訳ありません(笑)

SQ週の火曜日、水曜日、木曜日の午前中までが荒れるそうです。

ところが冷静に考えると外人はそれほど買っているわけではなく裁定買残は2兆円程度(調べたわけではありませんが)で軽いと思っています。これが3兆円超えると外人は売り玉を多く持つことになり将来の下げ圧力になります。

これだと売るというか売り崩す人はいないのではないかと思っていました。

では先週末の意味不明な下げはなんだったのか・・・・

それは私は市場関係者ではないのでわかりませんが、イスラム教がラマダンが近いのでこれに伴うポジション調整ではないかという識者の意見があります。私もそうではないかと思っています。これだと売りが長く続くということはなくもう終わりだろうという憶測があります。(実際にラマダンの影響かどうかはわかりませんが・・・)

でも心配なのでニューヨークのダウ輸送株指数(よくテレビで示される工業株ではない)と為替、米国10年国債の利回り、ユーロドルを観察して金曜日の夜以降異変はありませんでした。もちろん全部がいいわけではなかったのですが取り立ててヤバイというのはなかったので今週は荒れないかもです。まだ終わっていませんからわからないですけどね~

色々なシグナルがあると思いますがシンプルな方がいいので私が参考にするのはこの程度です。

| | コメント (0)

2016.06.04

独立性

みなさん、こんにちは
社会人になると生活に必要なお金や趣味に必要なお金など必要なお金は働いて稼がなければなりません。どんなにきれい事をいってもお金がないと生活することができません。

そこで仕事をするわけですが仕事はお金を稼ぐ手段ですがそうはいっても単なるお金を稼ぐ手段だけではさびしいものがあります。

自分が興味あることや極めてみたいことが仕事になればこんなにいいことはないと思います。

ところがどんな場合でもニーズの差というかギャップはあります。こちらがやりたいこととクライアント或いは上司(会社)が望むことのギャップですね。或いはこちらがやりたくないことと先方が望むこととのギャップですね。

このギャップだけならいいのですが、もっと悪い例は法律に違反することをやらされるという展開もあるようです。

この場合振られた私たちの選択肢は2つです。引き受ける、断る です。

引き受ければ必要なお金はもらえるかもしれません。
断ればそれでおしまい、将来にわたって相手からお金はもらえない可能性が高い

です。

ここで葛藤が生じます。本当は断ったほうがいいにきまっていますが断ってお金がもらえなくなると生活ができなくなってしまう。

実は引き受けるとお金をもらえることが続くだけではなく、その次も似たようなことを依頼される可能性があることと将来訴訟などでもらったお金の何倍もの賠償金を払うリスクを背負い込む可能性もあります。

私たちが会社の社長であってももサラリーマンであっても自分自身をマネジメントするという意味では経営者になりますから自分自身が外的な環境から独立できる環境の構築を心がける必要があります。これはすぐにできるというわけではなく長い時間を掛けて構築するものですしこれがないと目先のお金をもらえないことをおそれてどんでもないことに巻き込まれる可能性があります。

ちなみに巻き込むというか振るほうは巧妙にささやいてきますよ~(笑)

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »