« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016.03.26

お金の止め方

みなさん、こんにちは
会社の業績が良く資金が回っているときはほぼ問題はありませんが不幸にも
業績が悪くなってきた時には会社の資金は苦しくなります。これが続くと最終的
には倒産になります。

ただ一気に倒産とはならずに徐々に症状が現れてきます。

最近はバカな経営者も多いようで楽になりたい一心でいきなり倒産を選ぶ
人もいるようです。

ちなみに極論すれば自分が関わっている会社(従業員であっても売上先であっても)
が倒産したらお金はもらえないと思って間違いありません。

まず資金が苦しくなると

賞与が減る
賞与がなくなる

となります。減るのは多少業績の好不調でありますがなくなるのはヤバイ度1です。

ヤバイ度1はそれほど重くはありませんがこの負の要素をカバーして正常に戻すというのは
大変なことでかなり高い確率でヤバイ度2になります。

ヤバイ度2は

公金の払いと止める

です。これは従業員の給与から預かる源泉税や社会保険料です。社会保険料は会社が負担した分と従業員個人が負担した分がありいわゆる預かったものを使い込んじゃうわけです。

ヤバイ度2になると自力で正常な形になることはほぼ不可能ですし将来の倒産間違いなし
です。

ただヤバイ度に2はこれだけには止まりません。後々に従業員に不利益が生じます。

たとえば国からみると社会保険料を納付していないのですから年金をもらえる段階になり
年金がもらえないか減らされます。従業員にしてみればせっかく払ったのに給付を受けること
ができません。

ヤバイ度3は業者への支払いが遅れる

です。今まで翌日に支払っていたのが翌々月に伸びるとか現金振り込みが
手形になる

です。少なくとも手形を受け取るようになったらこの会社との取引を見直したほうが
いいかもしれません。またこの段階になると経営者はウソをつくことを何とも思いません。
経営者が銀行に事業の再建を説明した後その足で弁護士のところにいって民事再生法
の手続きをしたという例もありました(苦笑)

こういうのは従業員や外の人間がわかることがありませんがヤバイ度2以降になると
会社にかかってくる電話のほとんどが取引の電話ではなく支払いの督促の電話になり
これを大抵経理が受けます。基本的に経理の人間はお詫びするだけでそれ以上の約束は
できないので毎日こういう電話が多くかかってくると嫌になりますし会社の資金が苦しい
というのはよく知っています。

従って経理の人間が退職する場合(特に経理の責任者が退職する場合)は
沈む船から逃げ出す動物のような感じなので従業員だったら居続けることは
危ないですしここと取引しているところは代金を回収できない可能性が高いです。

いくら社長が支払いを約束しても倒産したらその約束は反故になります。
この段階になると社長は約束を守るという人間としての基本的な素養がなくなってきており
獣と同じです。

| | コメント (0)

2016.03.25

DQMSL 魔物達の楽園(凶)

みなさん、こんばんは
私がハマっているドラゴンクエストモンスターズスーパーライトで今日から新しいイベントで

魔物達の楽園凶というのがスタートしました。

これは先日発売されたドラゴンクエストモンスターズジョーカーというゲームとのコラボです。

よく知らないのですが凶モンスターというのが出てきます。

サクッと3回くらい回ってみたのですがどうも私が強すぎるせいか(笑)討伐モンスターに魅力がありません。

とりたてて仲間にしなくても問題ないレベルなんですね。

これだと前回の魔法のダンジョンのほうが少し良かったです。このイベントが4月11日まで続きます。(モットミジカクテモイイカナ)

ゲームはテンション上がりませんね~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.22

exit

みなさん、こんばんは
実際に投資をする場合には出口というか手仕舞いが必要になりますが出口って難しいと思います。

投資金額よりも下がっている時はいわゆる損切りになりますがこれって心理的に抵抗があります。それでは利益が出ているときは

もっと利益が出るのではないか
せっかくここまで利益が出たのにこれが減るのは耐えられない

という心理が働きます

なかなか手仕舞いできません。

逆に多少ロスがでているところに相場が急落してそこで恐怖から手仕舞いしてしまうことがあります。

これは逆にいけません。

いわゆる最安値を叩くことになります。

こういう場合は最安値を叩いた後の戻りで手仕舞いします。

東京市場だと2月12日がダメ押しというくらいの下げでしたがここで恐怖に負けて手仕舞いした人は自分の行動を振り返ったほうがいいと思います。このタイミングで手仕舞うべきではありませんでした。ここでの手仕舞いは遅すぎ手仕舞うのであればもっと早い段階で手仕舞うべきでした。また戻りを期待して耐えるタイミングでもありました。

でも戻ったら戻ったでまた騰がるかも・・・

ということで手仕舞いできないかもしれません(笑)

投資は必ず反対売買をしなければなりません。

一番いいのは利益が出ようが損であろうが手仕舞いのルールを自分で作って淡々と実行していくことになります。

例えば25日移動平均線を時価が下回ったら手仕舞いとか急騰した銘柄だと
5日平均線を時価が下回ったら手仕舞い・・とか考えられます、

25日平均線を使うと時価が騰がりすぎたものだと25日線を割り込むと大きな損が出るのでルールに工夫が必要かもしれません。

このルールは人によって違うのでここで具体的なものは示すことができませんが欲と恐怖に負けずに淡々と実行する

ということが必要になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.21

節税って(笑)

みなさん、こんにちは
少し前の話ですが年配の税理士と話す機会があり彼が自分のクライアントに1億円の節税をさせてやったと自慢していました。

これは???でした。

というのは日本の税金ってそれほど効果が多い節税の方法ってないんですよね。
(細かいのを探せばありかもしれませんが)

その1億円の節税の方法とやらは以下の方法でした。

クライアントに航空機リースの投資を勧める。航空機リースのプログラムは金額は大きいので1人で全部引き受けるのは一般的ではありませんがこれを10個とか100個に分割して相応の持分に投資します。例えば総額100億円のスキームでこれの100分の1の1億円投資したとします。

航空機をどこかにリースしてリース料をもらいますがコストのほうで航空機の減価償却を最初に費用ががばっとでる定率法にします。年度の最初は費用がガバッとでるので航空機リースの損益は赤字でこれを本業の利益から差し引きトータルで利益を下げるのですね。

この部分だけみると今期は税金が少なくなりますがこの航空機リースのスキームは後半になると減価償却費がものすごく小さくなるのでこのスキームで利益が出てきて本業の利益に加えられ課税させることになります。1億円の節税はこの部分だったようです。

航空機リースのスキーム自体が赤字であれば投資する意味がないわけでこれを節税というか・・・普通

と疑問が湧きました。

一通り説明を聞いた後で

飛行機が墜落したらどうなるんですか?
飛行機をリースしてリース料を払っている会社が倒産したらどうなるんですか

と質問したらそこまで検討していなかったようで真っ青になって問い合わせしていたようです。仮にこれらのリスクが問題にならなくてもこれは今払う税金を数年後まで先延ばしにしただけで「節税」にはならないのですね。

法人税や所得税で明確に節税になる方法ってあまりないので節税という言葉に惑わされない方がいいみたいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.19

矜恃

みなさん、こんにちは
サラリーマンであろうとフリーランスであろうと日頃ビジネスに関わっていると思うことがあります。

それはもっとお金があるといいと思うことと自分なりの矜恃です。

犯罪ではないということで矜恃を捨てればお金はもっと稼げるでしょうが個人的にはそれでいいのかという疑問があります。お金を多く得るというのは大切ですがお金の奴隷になってはいけません。

不正会計問題を起こした東芝のアメリカ子会社が今アメリカの当局の調査を受けています。東芝はアメリカに原子力の子会社ウエッチングハウス(以下WH)という会社があります。ここの会計処理が問題になりました。簡単にいうと

WHの価値が100しかないケースで150で買うことを想定するとこの差額の50は営業権ということで資産に計上されます。そころがWHの業績が芳しくなく赤字が続くとこの営業権50は計上することはできずに一度計上した50は損失計上しなければなりません。

東芝はWHが赤字であるにもかかわらず営業権を計上し続けたということのようです。

アメリカのこの手の調査は会計のエキスパートが担当するのでかなり厳しいと思いますしウソをついた場合は徹底的に追求されます。ウソや歪曲は必ずバレます。

東芝のような上場会社は監査法人の会計監査を受けて公表する決算書の類が適正であることを証明してもらう必要がありますが当然自分自身でもこの会計処理は微妙であるということは認識しているので別の監査法人(正確に言うと監査法人は以下に述べることはできないので監査法人関連のコンサルタント会社だと思います)にWHの営業権を計上し続けるための根拠で監査をしている監査法人が否定することができないような理論的な構成を依頼してそれをこの監査法人は引き受けたそうです。

この「ビジネス」のために相当なお金をもらったと想像しますが会計の専門家なら話が来た時に

気持ちはわかるけど無理だよな~
屁理屈はつけられるけど赤字が続いたときは我が会社にもリスクがあるし

こんな仕事引き受けられない

というようになりますがそうではなかったようです。きっとあわよくば東芝の監査を今の監査法人から取ってウチへ・・・

という思惑が働いたのでしょう。

ちなみに東芝を監査している監査法人は重いペナルティーを受け叩かれました。
この変なコンサルをした監査法人もただではすまないでしょう。

監査する人達がこんなでは困りますね~

| | コメント (0)

2016.03.18

当たり前だと思うと・・

みなさん、こんにちは
今日は四半期毎の検診でした。
主に血液検査ですが心臓の回復具合もチェックします。

4年前に入院しましたが、この時に普段当たり前だと思うことは当たり前ではないと感じましたし、今日も患者の方々を見てそう思いました。

朝起きると何事もなかったかのようですが、立ち上がったり、ものを見たり、水を飲んだり
食べ物を食べたりしますが取り立てこれらのことを行う場合に感動しないことが多いです。

今日は目の検査もやりましたが検査の時に瞳孔ひらきっぱなしにする目薬をさし、日差しがあるときに瞳孔開きっぱなしのまま歩きました。景色の色は飛びまるで露出オーバーば写真を見ているようでした。

目が見えなくなったら何もできません。

入院中は3週間点滴だけで集中治療室にいました。3週間ぶりに水を飲んだりおかゆを食べたりしましたが水を飲むだけでも結構大変です。これだけでも使うべき筋肉がありこれら3週間も使わないと衰えるのでしょうね。水を飲むときに水が入る場所が間違うと肺炎になる場合があります。

また今日はお年寄りが椅子から立ち上がる時にけっこう大変そうでした。

健康な人からみるとどうってことないですが、足腰が衰えるとこれも大変ですね。

これらのことは普段意識したり感動したりすることはありませんがリハビリしたばかりの時は100メートルをゆっくり歩くことも大変でした。

今は回復して(完治はないですが)普通の人と同じように行動することができるようになったし一時間くらい歩くのはどうってことありませんが、けっして当たり前のことではないのですね。

特に制約がなく行動できるって素晴らしいです。

集中治療室にいたときは呼吸をサポートする機器に繋がれていたのでトイレには行けませんでしたが一般病棟に移り自由にトイレに行けるようになったのは翼が生えたような気分になりました。

自由に体が動き何の制約もなく行きたいところに行けるというのは素晴らしいことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.16

シャープのすべったころんだ2

みなさん、こんばんは
シャープが鴻海の傘下に入ることになりましたがこの件に関する鴻海との契約の締結が延期されるそうです。以下想像を含みますが・・・

通常鴻海が出資したりシャープの借入金を肩代わりする場合はシャープの決算書とそれに関わる注記を精査します。それで鴻海が拠出する資金を計算してビジネス的に鴻海がペイするかどうか判断します。

今回の問題点は偶発債務がポイントなのではないかと思います。

偶発債務とはあまり耳にしない言葉ですが、一定の条件が発生したら債務になる可能性があるものです、例えばシャープがある会社の借入金を保証したとします。この時点ではシャープの債務ではありませんが、このある会社が借入金を返せない場合はシャープが返さなければならないのですね。こういうのを偶発債務といいます。

以下想像ですがシャープはこの偶発債務の説明がうまく鴻海にできなかったのだと思います。

このように偶発債務は債務になるかならないか現時点ではわからないけど債務になる可能性があるものです。

これの鴻海の評価が難しいでしょう。

そこで安全を期してシャープの銀行に負担を求めているのではないかと思います。

今はシャープとの交渉というよりも銀行団との交渉になっているのでしょう。

日本の支援機構は手を引いたので今は支援者は鴻海しかいないので鴻海は足下をみているようにとらえる人がいますが、鴻海は今の会長が一代で築いたわけでこういう会長はゴルゴ13のように用心深いです。

もちろん鴻海にしてもシャープを自社がかかえるAppleの生産工場として早く利用したいのだと思います。、鴻海もイライラしているのではないかと思いますがそれだけシャープに利用価値があるので席を立たないのだと思います。

これも私見ですがシャープのこの件に対する進め方はかなり稚拙なのではないかと思っています。

| | コメント (0)

2016.03.15

スマホゲームのリスク(笑)

みなさん、こんにちは
相変わらずドラゴンクエストススモールライトにはまっています。それほど多く課金はしていませんが課金をするのに抵抗なくなっています。

ふと、これが終了したらどうなるんだろう?

と考えることがあります。

真・女神転生IMAGINEというネットゲームが今年の5月に終了するそうです。女神転生シリーズといえば私も大好きなゲームでやっていたら間違いなくハマっていたと思います。

仕事以外のことで復活させたいことってかなりありオーディオは復活させましたがカメラの復活は封印しています。時間とお金が続きません。ちなみにカメラは高校の時に2度雑誌に入選したことがあるので多少は才能もあるかもしれません。

ゲームも同じで私はドラクエシリーズとファイナルファンタジーシリーズと女神転生シリーズが大好きですが今スマホでこの3つのゲームを並行してプレイできません。これは時間が取れません。

この終了するゲームに100万円以上課金した人がいますがそれがパーになります。

とはいっても9年間続いたゲームなので9年間の飲み代と比べるとたいしたことないかもしれません。

私が今プレイしているドラクエもダークドレアム☆4つにしたいということであればある程度の課金をする必要がありますが、個人的に思うのはゲームバランスがありスーパーモンスターを作っても面白くありません。

多く課金する人を廃課金というらしいですが私は微課金でいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.13

煽る奴ら

みなさん、こんにちは
アメリカでは先週の週末に株が暴落するという説がありました。

これは著名な投資家が(意図的に)流したのだと思いますが明確な根拠がないことが多いし根拠があっても

中国の景気が停滞している

程度のものであるようです。

また著名でない人でも

最近は少し落ち着いてきて強きな考えが多いがまだまだ暴落の余地を残しているので来週は何が起こるかわからない

というレベルのことをいう人もいます。

株は持っている人は騰がっても下がっても不安になるものであまりこういう根拠のないあおりは人格を疑われても仕方ありません。

人格なんて関係ない
儲かればそれでいいんだ

という人はどうぞどうぞって感じです。

1月2月の東京市場の下落は売りから入った人は年収分くらい稼いだ人もいるようで夢よもう一度なのでしょう(笑)

本当に暴落が起こるかどうか将来のことは誰もわかりませんが私たちが観察できる情報をチェックして推測することはできます。
週末のダウ輸送株(ニュースで出てくる工業株ではありません)は7693ドルで死角なし

ユーロドルは1.11前後で良いとはいえませんがマネーの逆流が起こっているとはいえません。

原油金はやや上昇
アメリカ10年物国債の利回りは横ばい

です。

全部のデータが株高を保証するものではありませんが暴落の兆候は見えません。

ただし状況証拠からですが4月の最初の週は日本の機関投資家が売りから始まる可能性が高くしかもアメリカの雇用統計と翌週末のSQの間は下がりやすいのでここは注意かもしれません。3月4日現在ですが買残は2兆円切っているので危険水域の3兆円までまだまだの水準なのでここで1月2月のように外人が鬼のように売ってくるということは考えにくいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.10

景気の素材

みなさん、こんばんは
我が国はまだなんだかんだいっても景気が良くありません。金融緩和が我が国の経済が滑落するのを防いでいます。ところがアメリカは景気がよくなりつつありその証として金利を上げることに舵をきりましたが、周囲から色々言われています。

まあそれはおいておくと本来であればアメリカが正常な姿で我が国やヨーロッパの金融緩和状態が異常であるということができると思います。

では景気が回復するというのは色々な言い方がありますが物が売れてみんなの懐が潤うことだと考えています。

「物が売れる」ためには物が生産されて然るべきところに運ばれなければなりません。

生産するためには原料が必要になりこれの需要が増えます。

ようするに素材の値段が騰がります。
鉄鉱石

ニッケル

などが思いつきますし生産には燃料が必要ですから油の値段も騰がります。

できあがった物は運送が必要になりますから運送系の会社が忙しくなります。

アメリカを見ると

まずダウ輸送株の指数が上昇に転じています。
昨日現在で7,528ドルでチャート的には25日平均線を抜いてきています。

また国債利回りが上昇(国債価格の下落)が必要になり2年物も10年物も利回りは上昇パターンです。

鉄鉱石はイマイチですが銅とニッケルは上昇傾向があります。

現時点ではアメリカでは景気は良くなりはじめた兆候があるようです。

日本もヨーロッパも金融政策だけでは限界があるので本格的な景気回復が始まって欲しいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.06

情けない話(笑)

みなさん、こんにちは
例年のことですが今頃になると自分の確定申告で四苦八苦しています。
収入が多くて四苦八苦するのであればいいのですがそうでないのがツライものがあります。

個人の確定申告の期限は3月15日です。

この日が土曜日になると3月17日が期限になりすこし得をした気になります。

今年は残念ながら3月15日は土曜日ではありませんがなななんと閏年で2月は29日まであります。

ということで1日得したと思いますがそれでもまだ終わらないんですよね。

大抵はこの頃に宿題がけっこうでるので自分の確定申告は一番後回しになります。

閏年の1日が大きいなんて・・・

トホホのホ

ですよね(^_^;)

| | コメント (0)

2016.03.05

廃業できる人は幸せです

みなさん、こんにちは
ビジネスは始まりがあれば終わりもあります。
ところが終わるというのは難しくまず財務的に持っている資産で負債を賄うことができれば簡単に廃業することができますが、逆に資産で負債を弁済できない場合は廃業できずに走り続けなければなりません。

廃業して次のステップに進める人は幸せだと思いますし資金繰りの関係で廃業することができない人は大変です。

というのはいずれ終わりがきますから終わることができる状況を作らなければなりません。

今のところ私もなんとか廃業しようと思えばできます(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.02

いや~まいった・・・(^_^;)

みなさん、こんばんは
今日は確定申告の時に払う税金のお金がないとマズイので普段めったに引き出しをしない銀行に行って預金を移してきました。今日は9時に銀行に到着しようと思い通常の通勤電車に久しぶりに乗りました。

最初は空いていたのですが段々と混んできて私の両隣がスマホに夢中になっている人がきました。スマホに夢中になっている人の特徴は一度確保したテリトリーは死んでも譲らないという意志が強く私はこの両端の隣人達に押されっぱなしでした。右隣の男性はスマホで漫画を読んでいます。

私も漫画を読むのでよくわかりますが絶対に何もかも譲りません。

若者かと思って横顔をみると

おっさんですた(^_^;)

その後二子玉でしばらく停車して電車は遅れました。遅れた分だけ私はこの状態
でした。

そうこうしていると後ろにいた人がつり革を無理な体勢でつかむのでその人の腕が私の頭にあたりました。

通勤電車は面倒なことが多いですね~

このところ東急田園都市線は朝は遅れることが多いので可能であれば午前中はアポイントメントを取らないようにしているくらい私は田園都市線に信頼を置いていません。

無事に銀行に到着して目的を達することができましたが、大変だったでした(^_^;)

また先週はホームで電車を待っている時に私の隣に立っていた人が傘を刀のように携えていて危ないので注意したのですが人間の言葉が理解できなかったみたいでした。

こわいので彼から10メートルくらい離れて電車を待ちました。

気のせいか通勤電車に頻繁に乗っていた時よりも今の方が変な人が多いような気がします。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »