« 先物始めました | トップページ | 眼科の検診にいってきました »

2015.07.20

勧誘の手法

みなさん、こんにちは
ネットでみると色々な投資情報を提供するところがあります。

投資家というのは私のようなヘッポコで初心者の場合は株が騰がっても下がっても不安なんですよね。

現在のような状況で日本株は天井か?もうすぐ暴落か

暴落に備えて我が投資情報はいいですよ~

とか

私は株で毎月1000万円以上稼いでこれで生活しています。このノウハウを是非

とかいう類のものがよく目につきます。

色々な謳い文句がありますがまず誰にとっても共通するのが未来は誰もわからないということです。また騰がる銘柄を当てるという秘術はありません。

ポイントは今はマネーがリスクを好んでいるかいないかの状況判断がまず第一ですがこれにはいくつかのシグナルがあります。株が運次第の博打と違うのはシグナルの点灯を観察することができます。

例えば日経平均は今の一株当たりの企業利益が上昇しているので21,000円程度まではいくと考えられるようです。これは企業そのものの力です。この部分からだと企業の利益の伸び率が当初の予定を上回らない限りは22000円とか25000円は無理のようです。もちろん相場ですから人間の欲も影響してくるので今年中に30000円はつけないとか誰も言い切ることはできないと思いますが、この点はまずOK

イランの核問題が解決するようです。これによりイラン原油が市場に出回ることになりこれからは原油の価格は緩やかに下がるでしょう。これは企業業績にはプラスです。

中国ギリシアのノイズは落ち着きつつある。中国は当局が腕力で支えているのでどうなのかという批判はありますが即暴落→即世界同時株安にはならないでしょう。その結果
1ドルが110円代とか100円割るとかという円高(=株安)にはならないでしょう。

ところが11月に投資ファンドの決算になるので投資ファンドは秋に向けて株を精算というか売却します。この場合は秋のどこかで暴落ではなく調整はあるかもしれません。

シグナルの1つに日本だと日経ダウよりも東証二部指数、東証REIT指数が先行性があるようで二部指数は先週金曜日に高値をとってきました。ところがREIT指数指数は冴えません。25日戦を上回らないのでこっちはコワイですね。

ということでただ暴落がくるぞとかもう日経は天井なのであとは下がるだけとかむやみにおびえるのではなく自分なりのシグナルをみつけてチェックしていけばこういう戯言に一喜一憂しなくてもすみますね。

もちろん明日暴落しないなんて誰もいえないと思いますけどね~(^_^;)

|

« 先物始めました | トップページ | 眼科の検診にいってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先物始めました | トップページ | 眼科の検診にいってきました »