« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015.05.31

血圧

みなさん、こんにちは
日本では高血圧の人が多いそうですがなぜか私は血圧は高くはありません。入院前は高い方が100行きませんでした。入院していたときには高い方が60いかなかった時がありこの時は看護師さんに思わず

俺って生きているんでしょうか・・・・

とボケかましたことがありました。上半身を起こして血圧図ると低く出る傾向があるので寝たまま計ってその程度でした。

今では心臓の機能が回復してきているようで高い方はほぼ3桁で130を超えることは滅多にありませんし140を超えることは皆無です。

逆に今から血圧の高い方を200たたき出そうとしても無理なんですね。

入院していたときは血圧が低いせいかものに捕まって歩いていても転んでいました。多分一瞬気を失うので転んだときに後頭部を打つことがありました。

それに比べると普通に歩けるって素晴らしいことですね~

高血圧の人は血管が詰まるので気をつけてくださいね~

| | コメント (0)

2015.05.30

着服したお金の経理処理

みなさん、こんにちは
先日北越紀州製紙の子会社で24億円の着服がありました。
北越トレーディングという会社の50歳代の総務部長が着服した金額でした。

普通の人は一生涯使えるお金は決まっていて24億円も使うことはできません。

ただこのお金は実際に会社から引き出されていたので経理処理はどうなっていたのかと疑問をもったら借入金を計上しなかったり長期未収入金にしたりしていたそうです(笑)

前者はよくわかりません。

総務部長という立場だと本来はチェックする立場でチェックされる立場ではありませんがこんな変な決算書みれば変だというのはわかるはずです。

(ちょっと専門的になりますが)
連結処理をする場合は基本的に元の決算書をベースにして行いそれを修正した決算書で連結処理をするのはトホホです

これで東芝と同じで北越紀州製紙の決算は過去に遡ってやり直しということになります。

24億くらいなら着服なんてしないで自分でお金作ればいいのに・・・・(笑)

| | コメント (0)

決算できるのか?>東芝

みなさん、こんにちは
東芝が過去の不適切な会計処理が発覚していまいました。

今の会計ルールでは例えばこの不適切な会計処理が10年前から行われていたと
すると、10年前の決算書から遡って修正しなければなりません。

通常の場合だとキチンとした上場会社は3月決算の場合は4月中にほぼ決算作業が終わりますが東芝の場合はもっと時間がかかり投資家のために提供される有価証券報告書は8月くらいになるそうです。

ここまでに提出できないと上場そのものが問われることになります。

ちなみに今度の6月に行われる株主総会の提案では役員は全員留任だそうです。(留年ではないですよ、留年でわ・・・(^_^;))

9月の臨時株主総会で責任問題をはっきりするそうですが老害の居直りはないようにしてほしいですね~

| | コメント (0)

せるいんめいって(笑)

みなさん、こんにちは
なんだかわかりませんが5月になったからsell in mayといわれてきました。
5月は下がるから売った方がいいという意味で使われていたみたいです。

ところが昨日で5月の取引は終わりましたが5月で下がったのはたったの2日間だけでした。それ以外は全て上昇で昨日に至っては日経ダウは11連騰でした。

最近よくわからないのは急激な円安(というかドル高)になってきました。

ニューヨークをみるとモタモタした感じがあり、一説によればドル高でモタモタしているという話しがあります。ドル高というとピンときませんが円高だと一般的には東京市場は良くはないのと同じですね。

6月はアメリカで金利を上げるのか上げないのか興味がある月ですが、中国のヘロヘロしているみたいだし、11連騰で安心しているとビックリするかもしません。

裁定買い残は3兆5千億円を超えたようですし、アメリカの信用買い残に相当するマージンデットという指標があり4月のこれが5000億ドルを超えておりこの一年間で最高の
水準になっているのでちょっと注意したほうがいいかもしれません。

6月の前半がコワイですね~

| | コメント (0)

2015.05.25

資金管理

みなさん、こんばんは
株式投資をする時にはある程度の資金が必要になります。株式投資は勝負事である一面があるので資金は多ければ多いほど選択の幅が拡がります。とはいうもののリスクがあるのでせっかくいままで一生懸命働いて得たお金を全部株式投資にぶっ込む(^_^;)のはよくないと思います。

一か八かということはありますがこれで負けたらダメージ大きいです。

根拠はありませんが全部の金融資産のせいぜい30%くらいが上限になるような気がします。

では資金ができたとしてこれをどういう風に投資していけばいいでしょうか。

自分で良い銘柄を選んだらいきなりドカンでしょうか・・・

リスクがあるので基本的には当たれば倍になるけど外れたら全部亡くなってしまうというベットの仕方はしないほうがいいでしょう。私だったら気が小さいのでまずは最低単位を打診買いします。そこでダメだったら残念ですがサヨナラですね。

もし利益が乗ってきたら追加で買います。

かつてはこういう発想はなく底値だと思う値段で買って待ち伏せでしたがこれだと時間を無駄にする可能性があります。数年間持っていても利益がないとかいうことがけっこうあります。

資金の投入量はグローバルマネーがリスクを好んでいるか好んでいないかで調節したほうがいいでしょう。好んでいない時に用意したキャッシュを全部投資するのは危険です。

好んでいる時には全部投資(フルインベストメント)してもいいかもしれませんが・・・

ちなみに投資ファンドだと100億円を投資するという感じになり運用者は一発で100億円は投資しないで少しずつ投資するそうです。

またパフォーマンスは1つの銘柄に全てをかけるのではなく何銘柄か投資して段々と強いものに集中投資していくというのがいいみたいです。

投資の評価は個々の銘柄で勝ったとか負けたとかではなく全体の投資額に対して利益はどのくらいだったか・・・

という判断基準で評価したほうがいいと思っています。

と偉そうなことを書きましたがまだお勉強中なんですけどね~(^_^;)

| | コメント (0)

2015.05.24

取りあえず全部揃いました

みなさん、こんばんは
私は家ではA4のパソコンを使っており外ではB5のパソコンを使っています。外ではWiFiも併用してネットの環境を確保しています。それほど複雑なソフトを使っていませんが、それでもエクセルと会計ソフトとSAPが使える環境にしています。もちろんメールも使えるようにしています。

その後スマホを導入しました。携帯の電池がへたったのでスマホの本体が無料のキャンペーンがあったのでこの期に導入しました。スマホは電話はもちろんですがそれだけでネットに繋ぐことができます。スマホではメールを読んだり、mixiやSNSを閲覧したりニュースを見たりしています。主に閲覧専用です。そのほかにドラクエもやっています。

先週末にタブレットを導入しました。これは営業職の子供がWiFi必要なので(本当は会社が支給しなければならないんですけどね(^_^;))もう一つWiFiを導入しました。このときもタブレットが無料でもらえるキャンペーンがあるものを導入しました。

タブレットはキンドルファイアーですが今のところ中途半端な気がします。

メリットとしては

入力がスマホよりやりやすい
画面が大きい

ですがデメリットは
WiFiが必須
それほどハードな作業はできない(OSがアンドロイド)

でスマホ導入前だったら重宝していたと思いますがスマホ導入の後だと中途半端な
感じがします。

まあ1つのもので何から何までというのは、無理なので昨日の取捨選択が大切になるでしょう、マイクロソフトからでたSurface3は検討する価値はあると思いますがそれでもハードは作業はどうなのかと思います。

タブレットはまだ使い出して日が浅いですがとりあえずはこんな感じです。

| | コメント (0)

バフェット氏の警告

みなさん、こんにちは
ウォーレンバフェット氏というと著名な投資家でそんじょそこらの
投資家とはレベルが違う存在です。たとえばIBMに1兆5千億円を
投資するとかスケールが違いすぎます。私はこういう人のことはよくは
知らないのですが豪放磊落よりは臆病者であるほうが成功すると
思います。

現在は日本もアメリカも堅調で(アメリカはちょっと頭打ち感がありますが)
いい感じです。こういうときにむやみやたらに

暴落がくるぞ

とオオカミ少年が出てきます。もちろん相場が良い時には暴落や調整は
想定する必要がありますがただめったやたらに今が高いから下がるぞでは
話になりません。

私見ですが東京市場には過熱感はあまり感じることができませんがそれでも
もうそろそろという兆候がわかればそれをチェックするに超したことはありません。

私は二つあると思っています。

株は上がり続ければそれに超したことはありませんが、永遠に上がり続ける
株式はありません。

相場は

悲観の中で生まれ
懐疑の中で育ち
幸せの中で消えていく

んですよね。今は懐疑と幸せの間にあるかもしれません。

といっても所詮素人ですからあまり真に受けないようにしてくださいね。

一つは東京市場の裁定買い残が3兆5千億円を超えたかどうかです。
幸いまだ超えていないので安全とは言えませんがこの点ではまだ
のりしろはあるようです。

もう一つが週末に東京市場の時価総額は500兆円を超えてバブル時代を
超えたそうです。バブル時代は株を買う勇気さえあれば誰でも利益が取れた
時代で株の利益で車買ったとか言う人が多く出たと思います。(オーディオ買った
という人は残念ながらいなかったようですが)

当時に比べると日本の個人投資家は懐疑的で投資主体部のデータを見ると
逆張りのようです。ようするに日本の投資家はイケイケドンドンではないようです。

しかしながらバフェット氏はこの時価総額がGDPを超えると株は上がらないといっているそうです。アメリカは時価総額が50%ほどGDPを日本は20%ほど超えているそうです。

詳細な理屈は知りませんが確かに買う資金が尽きたらその後誰が買うのかという
ことになります。宇宙人が投資でもすれば別でしょうけどね~

こういうシグナルの他にも自分の身の回りの人で株で儲けて車買ったという人が
多く出てきたらヤバイでしょうね。

まあ将来のことは誰もわかりませんから暴落がくるぞではなく調整が起きても
不思議ではないというスタンスがいいようです。

各月は月初めの第一週目のアメリカの雇用統計と二週目のSQの間が鬼門であることが
多いので私は今回の投資は6月の第一週目の週末までに手仕舞いしたいと思っています。

| | コメント (0)

2015.05.23

パフォーマンスは?

みなさん、こんにちは
株式投資の場合パフォーマンスはそのくらいをイメージしていますか?

預金じゃあないんだからやはり倍とらなければ意味がないでしょう。
いや、せいぜい2割くらいかな

色々ありますね。上記は私のかつての認識でした。

ちなみに日経225の今年のパフォーマンスは14.8%だそうです。

もしみなさんのパフォーマンスがこの日経よりも上回っていれば凄いと思います。

俺はプロなんだよね・・・

って威張ってもいいです(^_^;)

今年は株式投資を真面目に一から勉強してスタートしましたがとてもとてもこの指数のパフォーマンスには及びません。ヘッジファンドのパフォーマンスもせいぜい5%がいいところのようです。

たまたまある銘柄が倍になったとか30%利益が上がったということがありますが大切なのは投資資金が何パーセント増えたかということですね。

私の場合は下手なので一度の銘柄で5%の利益を取るのが大変で大抵の投資は5%なんていきません。今回の投資では全体のパフォーマンスは3%くらいでそれでも自分では良いほうだと思っています。

昨日の東証一部で一番値上がり率が高かったのは三陽商会で11.18%でした。

これが10日続けば投資額は倍になりますが多くはせいぜい3日も続けばラッキーって
感じですね。投資はこういうものの積み重ねになるので簡単に10%のパフォーマンスは
大変です。

昨日は東証一部の値上がり率で1日で5%以上の値上がりの銘柄が19銘柄しかありませんでした。たったの5%ですが値上がりを続けるというのはけっこう大変なんですね。

東証一部の銘柄数は2000弱なのでこのうち5%以上の上昇は19ですから少ないですね。

ところがマイナスは10%とか20%とかすぐに逝っちゃいますね。

今の預金金利を考えるとたった1%でもラッキーって感じでいいのではないかと思います。そう多くは望めないでしょう。

来週はどんな展開になるんでしょうね。

個人的にはやや警戒感を持った方がいいのかもしれません。
あまりギリシアのことは考えてはいませんがアメリカの失速(利上げが6月に行われないと)と中国の失速が今のところのリスクでこれらが切っ掛けになってマネーの動きが今と逆になることがないとはいえないと思っています。いつころこれらが炸裂するのかわからないところが素人なんですけっどね・・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2015.05.22

メガネみたいなルーペ

みなさん、こんばんは
3年前の糖尿病の網膜症で視力が激減しました。今まではメガネなんてかけたことありませんでしたがそのままでは書類の字が読めなくなりました。今は大分回復したのですがそれでも円滑に仕事をするためにはやはりメガネが必須です。

家用と外用とメガネがあれば安心できるのですが、家用はメガネではなく石坂浩二さんが宣伝しているメガネみたいなルーペを使っています。最初は3年前に買ったのですがこれがデカイのでこれを装着してクライアント先で仕事をしていると異様に見えます(笑)

先日これを落として壊れたので今日新しいルーペを買いにいきました。

従来よりも小型になりこれは一見メガネかけているようにしかみえないので異様さからも
解放されます。

日常生活はこういう視力を補助する器具は使わないで問題ないですし食べ物の裏にある成分表(炭水化物とか糖質の量が大切)は裸眼で読めますが仕事で数字をみる場合は大体ではなく正確に読みこむ必要があります。

このブログは買ったばかりのルーペを装着して書いていますが、以前の物よりも軽くなっていて良いですね・・・・って私が宣伝しても石坂浩二さんではないので効果はしれていると思いますが・・・・(^_^;)

| | コメント (0)

2015.05.20

ガンの再発

みなさん、こんにちは
4年前に私の母親が食道ガンになりました。放射線治療をしてとりあえず治ったということで退院しました。私は医者ではありませんが治ったとか消えたとかいうことはない(放射線で治るのであれば手術受ける人はいないですよね)と思っていました。食道ガンの手術はガンが大きくなくとも食道を取り去り、胃を伸ばして食道の代わりにするということをするそうです。年齢的には手術は無理でした。

ところが去年の1月に食道ガンが再発しました。私の乏しい知識では再発すると手の施しがないそうです。手術は年齢的に無理だし、再度同じ箇所に放射線は当てられないそうです。

また食道は血管とかリンパ管とかが通っているので早いと再発後半年くらいで命がなくなることもあるそうです。

がんセンターで診てもらったらやはり手の施しようがないということでした。

医者はもうこの患者は助からないと思い、診察が終わった帰りにそこの看護師さんから
(母が亡くなることが前提で)今お世話になっている病院によくお願いしておいたほうがいいですよ。

とそっと私にアドバイスしました。

専門家といっても万能ではなく医者は栄養的な部分ではそれほど知識がない人もいるので医者がダメといったらといって必ず死ぬとは限りません(といっても人間は最終的にはもれなく死がついてきますけどね~)

私はいくらガンでも栄養を与えないと大きくはならない(ウイルス性のガンは除きます)と思い、母親に私と同じ食事を摂るようにと指示しました。糖質を制限するということですね。エサにするのはブドウ糖のみだそうです。

まあこれでガンが消えなくとも大きくならないで転移しなければそれでいいかという
素人の判断です。

抗がん剤はこれ単独では効かないことが多く患者によっては拒否する人もいますが私も
抗がん剤はパスしました。また抗がん剤を使わないことは母親に説明して納得してもらいました。

ところが田舎の病院は何の説明もなく抗がん剤を投与してその後医者を問い詰めたら抗がん剤だったので私と母親と署名捺印した書類を作って抗がん剤の治療はしないで欲しいということで病院に提出しました。いくら田舎の病院とはいえ説明なしにいきなり打っちゃうとは信じられませんね~

まあ私の医学ではありませんがある部門の専門家なのですが専門家にも色々な人がいますから個人差があります。

母親はこの先生はいい人だといいますが、私はいい人かもしれないけど医者としては最低だね~ということで医学的な部分はあまり信用しすぎないように釘をさします。しばらくして抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けたので私の言ったことは身にしみたようです。

あれから1年以上過ぎましたが母親の食道ガンは大きくはならずに小康状態を維持しています。検査は毎月いっていますが医者から

どこも悪くないから大丈夫

といわれるそうですがガンなんですけどね~(^_^;)

時々甘いものや炭水化物を食べたくなるそうですがそれって自分もそうだけどガンも食べたいんだよね~

ということでキチンと糖質制限しています。

後は今の話を周囲の人にはしないということを告げました。

それを話すと

栄養はバランスとったほうがいいのでお米(一応新潟なもので)も食べた方がいいという悪気はないけどありがた迷惑なアドバイスする人が後を絶たないので・・・・

このまま小康状態を保ってくれればいいと思いますね~



| | コメント (0)

気になっていた花

この数日出勤前にいつも見るのですが気になりますね。

Dsc_0038_800x450

目と目が合うという感じですね~

朝の光景もいいですが夕暮れ時の黄昏の背景でも素晴らしいですね。
黄昏時の写真はスマホのデジカメでは厳しいかもしれません。

| | コメント (0)

2015.05.17

未来のことは誰にもわからない

みなさん、こんにちは
せめて一日先のことが分かれば・・・・・

全財産を株や為替に投資して巨額の利益を得ることができます。
例えば私が投資顧問をやっているとして毎日銘柄を上げていたとしますがこれは上がりそうということで上がることを保証しますというものではありません。

ネットをみると伝説を持つ人がいいます。一年間で株式投資で百何十連勝したとか一月で5000万以上利益を挙げたとか・・・例えば有名な投資家のウォーレンバフェット氏はちんけな伝説とは関係ない人で未来を知る能力があるとは思えませんが驚異的なパフォーマンスを挙げています。

動かしているお金が私たちとは段違いだから・・・

ともいえますが私が数兆円持っていてもバフェット氏と同じパフォーマンスは無理ですしそれ以上にそのいくらいお金もっていたら株なんかには見向きもしません(笑)

投資家は株は下がっても上がっても不安になりますし、この不安を利用した変な株のメルマガなんかがありますね。株でもうけていればこんなメルマガなんかでの会費ビジネスしなくてもいいと思いますけどね(笑)

未来は分かりませんが未来を暗示するシグナルはあります。株式投資をする人は環境を理解しておいたほうがいいと思います。マネーがリスクを好むのか好まないのかですね。

リスクを好む状態で投資すれば比較的簡単に利益がとれますしリスクを好まなければどんなに割安な銘柄でも利益は取れません。この場合のマネーは日本のマネーだけではなくヘッジファンドも含めたグローバルマネーです。

株式投資にとって一番よいマネーのシグナルは
ドル高(円安、ユーロ安)
ニューヨークの上昇
金の下落
米国、日本、ドイツ10年債の利回りの天井後の下落

になりますがこれらと逆になった時には株式投資は見合わせたほうが良いでしょう。

また中国は景気の減速にもかかわらず金利下げたりと病人を無理矢理走らせている感があります。中国市場の暴落もマネーの流れがリスクを取らなくなる大きな切っ掛けになるかもしれませんね~

株なんかやっているよりも働いていたほうがいいですね。多い少ないは別にして必ず増えますからね~(^_^;)

| | コメント (0)

2015.05.15

良い季節なのですが(^_^;)

みなさん、こんばんは
新緑という言葉が相応しい季節になってきました。花や緑が映え、風も爽やかです。
こういう時はスーツの上着など着ないで出勤したいものですが私はまだ上着を着ています。

それには理由があります。

3年前に退院したから感じたのは世間はデブが多いということでした(^_^;)
特に男性のデブが多いです。入院中はデブな患者はおらずたまにデブの医者がいるくらいであまりデブを見たことがないのかもしれませんがそれ以来デブが多いと思いますし電車に乗るとデブに当たるケースが多いです。

たいていはデブは体温高いので薄着です。しかも気候がいいのでデブが私の隣に座ると居眠りして寄りかかってきます。まあ男女の区別をするわけではありませんが、デブの薄着の男が寄りかかってくるのは気持ちがいいものではありません(笑)

しかも薄着なのでデブの高い体温がモロに伝わってきます。背広を着ているとこの体温の伝導はある程度緩和かれますがそれでも熱いのは熱いです。

季節がいいのはいいのですがこのデブの男性の高い体温が伝導してくるのは非常に気持ち悪いです。(^_^;)

最近3度程この状況に遭遇しました。

いい季節なんですけどね~(笑)

| | コメント (0)

ロスカットとマイルール

みなさん、こんにちは
株式投資も勝負事の1つなので、勝ったり負けたりの繰り返しになり、全部勝つとかいうことはありません。(全部負けるということはあるかもしれません(^_^;))

ネットで調べるとマイルールを作った方がいいということがあります。例えばマイルールの例としては

雨が降ったら持ち株を売る

ということはバカバカしいですがこれもマイルールです。よく使われているルー^ルでは
短期の足(値段)が25日平均を下回ったら利益が出ていても出ていなくても処分するということがあります。

これをベースにMACDがシグナルを抜いたら買いシグナルというものもあります。
MACDって何かって?

そんなもん私がわかるわけありません(^_^;)

私もこれを使っていますが、自分が決めたルールには必ず従うという説明もあります。

仮に相場というものに意志があるとして、買った値段は投資家の自分の都合で決めたものなのでそのマイルールも投資家の都合で生まれたものなので、ケースバイケースでいいと思います。

このマイルールと同じくらい重要といわれるものにロスカットというものがあります。これは
株を買った時に予め限界を決めておくのですね。例えば100円で株を買ったとして上がれば問題ないですが下がったら95円まで下がったら撤退します。この場合は損失は5円で済むのでロスカットをすれば大きなけがはしないのですが、これを上昇トレンドの時にやると本来なら利益が出る時に細かいロスを積み重ねるという結果になってしまいます。

マイルールとロスカットはまったくの勘でやるのは危険なので必要だと思いますが従うかどうかはケースバイケースだと思います。

基本的にマネーがリスクを取りにいっている場合には株を買ってもそう酷い目には遭わないですが、マネーがリスクから逃げている時に自分が知っている銘柄が安いから思わず買ってしまうという場合に酷い目に遭うことが多いですね。

マイルールではありませんがまず今はマネーがリスクを好んでいるのか、そうでないのかの判断が私の場合は優先します。今晩のニューヨーク市場の状況でマネーの状況がある程度判断できるのかもしれません。

| | コメント (0)

2015.05.14

45日ルール

みなさん、こんにちは
今日の東京市場は200円弱下げましたが、指数の下げほど実際は酷い内容ではなかったと思っています。ちなみに今現在の日経先物夕場は30円高の19,580円です。6月末はヘッジファンドの中間決算にあたり、解約してお金に換えたい加入者は45日前までに申し込まないといけないそうです。45日がほぼ今週に辺りヘッジファンドの換金売りがあり乱高下したような気がします。

この期間を過ぎればヘッジファンドの中途解約に関わる換金売りは終わるのでまた力強く上昇するといいですね。

あまりバブルになってもいいことありませんがある程度株価が上昇したほうが日本経済にとってはいいようです。

| | コメント (0)

シャープと東芝(笑) 続き

みなさん、こんにちは
シャープの記事を書いている時にあまりにもバカバカしいことやるな~ということで企業再建に当事者が真摯に向かい合っておらず、その後人員整理のニュースを目にして

このバカ

という思いが強また特別顧問なる人が辞任すると報じられ、まだしがみついていたのがいたか・・・とトホホ感が強くこれ以上書くのを断念しました。

では東芝のことを

東芝は子会社が不適切な経理処理をしたということですがこれが数年前から行われていたようです。東芝というとそんじょそこらのヘラヘラした上場会社ではなく歴史があるしっかりした会社でしたが結局営業利益が500億円くらい過大に計上されていたそうです。

通常こういう大きな会社の決算は楽ではありませんがそれでも内部では4月中に数値が出て遅くても今日くらいまでに発表するのが通例ですが東芝は決算発表は6月にずれ込むそうです。金額が大きな修正が過去にあった場合は今の会計では過去の決算書を遡って修正するのでこれが大変なのでしょう。

東芝は・・・さっき書いたシャがつく会社(名前忘れた(^_^;))と違ってまだ存亡の危機ではありませんがここはキチンと対応しないとあっという間に土曜際に追い込まれてしまいます。

バブル前ですが某大手自動車会社(トヨタぢゃないっすよ)の人が

うちが潰れる時は日本が潰れる時

とうそぶいていたのを思い出しますが東芝はこんな意識持たないようにして欲しいですね。

ちなみにその自動車会社が潰れそうな時は日本は全然潰れそうではなかったですし少なくとも私はその会社がなくなっても何の変化もありませんでした(笑)

| | コメント (0)

シャープと東芝(笑)

みなさん、こんにちは今週はシャープと東芝がスターでした。
まずはシャープ(笑)

シャープは液晶に注力しすぎてそれがこけてしまいここ数年千億単位のロスを計上し続けることになりました。今ではボロボロで会社存亡の危機の状態にあります。業績が悪化して消滅に追い込まれると打つべき手は生き残る糧を見つけるかどこかの傘下に入るかだと思っています。前者の例だと富士フィルムが挙げられます。デジカメの普及にともないフィルムを使うカメラが衰退しました。富士フィルムはフィルムに固執せずに医療分野に軸足を移して現在に至ります。業績的には依然として優良会社です。

ところがシャープは死ぬほど投資した液晶工場が利益に貢献せずに一気に財政的ピンチに陥りやったことは経営陣は責任をとらずに人員整理でした。本来なら人員整理する前にまずバカなお前が辞めろということになると思います。

でシャープがやったことは今までの累損と資本金を相殺して当初1000億円以上ある資本金を1億円にして累積した赤字を(帳簿上)消すという手段を取りました。ところがあまり非難があるので残す資本金を5億円にするそうです。

もちろんこんなことをしてもシャープの財政状態は何ら変わることがないので意味があることととは思えません。三洋電機も消滅寸前に追い込まれましたがここはパナソニックに傘下に入り完全消滅は免れたということがありましたがシャープは・・・・

論外ですね。

まあ簡単に消滅した方がいいとはいえないですが、少なくともこういうのは上場してはいけませんね~

でこの次東芝のことを書こうと思ったのですがシャープのことを書いていてあまりにもバカバカしいことをやるので書く気がなくなったので後で書きますね~(^_^;)

| | コメント (0)

2015.05.10

心に残った花たち

少し撮ってみました

Dsc_0035_800x450

Dsc_0034_800x450

Dsc_0036_800x450

Dsc_0037_800x450

こういう花に弱いですね~

| | コメント (2)

こんなことしか考えられないのかにゃ~

みなさん、こんにちは
債務超過って最悪ですよね。

債務超過は例えば資本金が1億円の会社がそのビジネスが上手くいかずに赤字が何年の積み重なりそれが1億円を超えて3億円になったときに元手となる資本金を赤字が超える場合をいいます。この例の場合は赤字が資本金を2億円超えていることになります。

債務超過はダメダメな会社の典型的な状態でこれを経営している経営者もダメダメな人が多いです。

債務超過に陥った会社は人間で言うと起き上がれない状態でICUに3週間もいる状態なんですね。

歴史の古い会社でシャープという会社があります。かつては高収益会社でしたが経営陣の判断ミスであっという間に土俵を割りました。

数年で数千億円の赤字を垂れ流し増資資金をねだり、多くの従業員をクビにし

という暴挙を繰り返してきた会社です。しかも経営者は経営責任をとらないという不思議な会社でここの前の社長Kは日本電産の代表取締役になりました。日本電産は高収益会社ですが、Kなんか入れて大丈夫か?という不安がありますね~

この会社が1218億円ある資本金を1億円に減らすそうです。

今までの累積した損失と資本金を相殺するのですね。

赤字の会社はすぐ黒字になり資金は潤沢にならないので数年かけたビジネスプランを策定する必要がありますが、本質的な部分はそれを提示にできずにこういう手法(法的には認められたやり方ですが)を取るというのはシャープの経営陣の能力とお里がわかります。

しかもシャープは去年の秋に1090億円の増資をパトロンにねだってそれを受け入れた直後にこれですからいわば反社会的な存在になったと思います。

こういう企業がどのような末路を辿るのか、ここの役員がどのようにして逃げ出すのか見物ですね~(笑)

まだ上場していると思いますが早く上場廃止になるといいと思います。

| | コメント (0)

2015.05.09

もう3年経つんですね

みなさん、こんにちは
ちょうど3年前のGWが終わった直後に脳梗塞になりそこから心臓のバイパス手術になり、感染症になりICUに3週間いました。今思うとあれが兆候かと思うことがありますが当時は何とも気がつきませんでした。

健康はあって当然だと思っており健康にはそれほど気を遣っていませんでした。

冠動脈をバイパス手術で繋いでも血糖値がコントロールできなければこの血管も将来は詰まるとドクターにいわれ自分の中では一生懸命に治療してくれたドクターやサポートしてくれた看護師さんたちのことを考えると同じ症状でこれが悪化してまたお世話になるというのは人としてどうなんだろうと考えるようになりました。

ただ頑張るとかいう精神論では対処できないので自分なりに血糖をコントロールするというのはどういうことなのか調べました。コントロールは長期(一生かも)になるので無理は続きませんからね。

入院中は危篤とか命が危ないということはなかったのですがこのまま放っておいたら今頃はこの世にいない可能性が低くなかったので今思えばよく脳梗塞起こしてくれたと
思います。

糖尿病というのは言葉としては知っている人は多いと思いますがなっていると当人の合併症の恐ろしさを知らない人がかなりいると思っています。これは高血糖が続いていても痛くもかゆくもなくどこもなんともないので合併症ということ自体は知っていてもそれが発症したときにはどうなるのか想像できないだと思います。

合併症の症状がでると極端なはなし人生が一気に暗転しますし、死に方を選べないので悲惨な状況になります。入院していた同室には糖尿病が進んで目が見えない人、足を切った人、これから切る人がいました。私も血糖コントロールができないと同じ道を進むことになります。生きるのは大切ですが何の希望もなく生きているのはけっこうツライものがあります。

楽しい経験ではありませんが3年前の時間は今の私にとって必要な時間だったと思います。

ちなみに今は自分の中では血糖コントロールしているという認識はなく食べ物の選別も生活習慣になったので血糖値のことはあまり頭になくなりました(^_^;)

| | コメント (0)

2015.05.05

地獄の始まりとは・・・・

みなさん、こんにちは
日経平均は先日20,000円を超えた時点で暴落するぞといっている人がいますが暴落は急には起きないと考えています。それには兆候があります。株が上がるということはマネーが株に向かうということなのでこの流れがあるうちは調整はあっても暴落はないと考えています。この考え方でいくと暴落の兆候は今と逆、ドル安、円高、ユーロ高です。こうなるとマネーが株から逃避してそれが円を買ったりユーロを買ったりあるいは金を買ったりすることになりこうなるとどんなに頑張っても株は上がらないことになります。

個人的にはこの動きとは別にもう一つ違和感を持つことがあります。

それは中国なんですね。

中国は成長率は鈍化して政府はそれをカバーするために金融緩和をしています。
まあ病人に薬を打って走らせているようなものでいずれはダメになります(^_^;)

ネットニュースでは中国は株式ブームだそうです。

ひょっとしたらですが中国株暴落(その原因はすでに潜んでいます)が切っ掛けでマネーが逆回転して世界的に株式が暴落するということはあるかもしれません。

中国株は目が離せないかもしれませんね~

| | コメント (0)

2015.05.02

心惹かれた花たち

似たような写真が多いですね~(^_^;)

Dsc_0026_450x800_2



Dsc_0027_800x450

Dsc_0028_450x800

Dsc_0029_800x450

| | コメント (0)

色々な考えがありますが・・・

みなさん、こんにちは
昨日のニューヨーク市場は投資をしている人は注目したと思います。このところニューヨークは軟調でもし昨日爆下げしたら投資をしている人はGWは楽しめないでしょう。

幸い昨日はニューヨークダウ30種工業株は184ドル上昇しました。これだけではなんともいえませんがまずはホッとした人は多いのではないでしょうか。

私の現在の考え方はマクロが大切ということです。

マネーが余っていてそれがリスクを好み国債などの債券では満足できずに株や商品などのリスクがある投資を好むかどうかということです。その1つの指標としてはアメリカ10年債の利回りで簡単にいうとこれが売られ売ったお金が株に回るというのが一番簡単な流れです。

そうすると都合がいいのは上記の他に金価格が下落するということもこれが観察できればなおいいということになります。金価格は昨日は強含みでしたが軟調で最終的には
変わらずだったので株にとっては悪くない状況だと思います。

またドル高円安ユーロ安もマネーの流れを観測する場合にはよい数字です、
昨日はドル円は120円台、ドルユーロは最近ユーロ高でしたが昨日はユーロは下がりませんでしたが落ち着いていたようで1.1台キープでした。

国債が売られるということは国債の値段が下がるので利回りが上昇するということになります。

国債の利回りが上がり金価格が下がるとこれは株にとって好ましい兆候といえます。

ということでまだマネーは逆流していないといえるかもしれません。
ちなみに上記の指標が逆転したら株式投資はしないほうがいいです。
買いからはいると間違いなく負けます(^_^;)

マネーがリスクを好む環境で上がったり下がったりする場合にはそれほど大きな問題はありません。

これを踏まえた上で色々な環境を観察すると

まずアメリカの税還付はそろそろ終わるので個人が株に投資できるお金はこれ以上は期待できないということになります。

また24日の最低残高は3兆5000億円を超えました。これが4兆を超えると天井といわれていますから警戒する現象です。

その一方で日経ダウは20,000円を達成しましたが調整に無縁ということではなく必ず調整が入ります、日本はGW明けの8日がSQなのですね、
木曜日は日経ダウが500円以上下げ、金曜日はちょっぴり上がりましたが実質は土砂りの範疇でした。GWがあるので先週後半から数えると立会日は少なくSQをにらんだポジション調整が早めにでたのでもう調整が終わっているかも・・・という見方がありますがこれは誰にも未来のことはわかりません。

連休明けから猛然と上がってくるかもしれませんし、あるいはまだ調整があるかもしれません。

昨日の日経ダウ先物の夕場は150円高の19640円でシカゴの日経ダウ先物は305円高の19,720円でした。

少なくとも投資家は憂鬱さからは逃れることができるみたいですね。

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »