« 心を奪われる光景 | トップページ | 撤退を判断する時 »

2015.04.07

何をシグナルにするか・・・

みなさん、こんにちは
株式投資はどんなにいい会社で株価が割安であってもマネーの流れに恵まれないと利益がでません。お金がリスクを好まない時には株はダメです(^_^;)

ではどういう時にお金がリスクを好むのか好まないのかのシグナルはなんなのでしょうか・・

残念ながら私は株の専門家ではないので絶対にこれとはいうものはないですが、とりあえず参考にしているのはアメリカ国債10年債の利回りです。理想は利回りが上がっていて株価が上がるというイメージです。利回りが上がるということは国債の値段が下がるということになるので国債を売ったお金で何を買おうか・・ということになります。

このお金で金を買おうと思ったら金の値段が上がるし原油に投資しようと思ったら原油が上がります。もしこういう状態であればマネーは株には回りきらないので買っても利益は出ない可能性が高いですからまずはマネーがどうなっているのかがポイントになります。

今では強烈な円高、ユーロ高がなければマネーの流れは変わらないでしょう。

この流れでマネーが株式投資に向かうと判断したときに株を買うのがいいかもしれません。個々の銘柄をみると上がったり下がったりしますが、マネーが株に向かっているという環境の下での変動なので良い環境といえるでしょう。

ただしマネーが逆流したら株を買うと悲惨なことになると思います。

アメリカ10年国債の利回りが下落して株式が下落するというのはマズイパターンかもしれません。これは株を売って国債を買う(利回りが下落するということは国債を買うということになります)ので株式投資から見ると都合が悪いです。

今株をやっている人は毎日マネーの逆流がないかどうかをチェックする必要がありますね。マクロ的な視点は大切だと思います。

|

« 心を奪われる光景 | トップページ | 撤退を判断する時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心を奪われる光景 | トップページ | 撤退を判断する時 »