« 転機 | トップページ | 定期積立 »

2014.12.06

命に終わりがないと・・・・・

みなさん、こんにちは
以前ロールプレイングゲームをやっていた時にキャラクターの種族を選ぶことがありました。
種族は人間とかエルフとかいうものです。

人間は最近は平均寿命は延びましたが80年以上生きているとそろそろ寿命が・・・という感じになります。ところがエルフは200年とか300年とか生きます。といっても実際にエルフがいるのを見たことがあるわけではなくゲームの世界では人間と比べると長生きなんですね。

その代わりに成長が遅いんです。

人間だったらかなり能力が上がるのがこの上がる速度が遅いんですね。

そこでふと・・・・人間がエルフみたいに通常200歳くらい生きたらどうなるんだろう?

と思ったことがあります(戯言です)

まず人間の繁殖力を考えると今の地球では資源は足りないような気がします。
また今の文化の発展は人間の寿命に限りがあるからこれだけ発展できたのではないかと思います。もっと文化の発展は緩慢になるかもしれません。

人間そのものの成長のスピードの遅くなるので150歳くらいの人は

この若造が!

っていわれるかもしれません。

ただ年金財政は健全化するかもしれませんね~(笑)

仮に自分だけ不老不死になったとするとこれはこれで辛いでしょうね。

自分の家族や自分の友達が天に召されるのをいつも見送ることになるので不老不死って辛いかもしれません。最後は自分が人類の最後の一人になってしまいますから不老不死はいやですね~

以上戯言ですた(^_^;)

|

« 転機 | トップページ | 定期積立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 転機 | トップページ | 定期積立 »