« 今日は久しぶりに | トップページ | ちょっと印象に残る話を・・・・・ »

2014.09.14

どうして日本人は英語を特別視するんでしょうか?(笑)

みなさん、こんにちは
私は仕事で色々な国と人と一緒に仕事しますが彼らは母国語の他に日本語と英語は大抵話します。でも英語と日本語話すことができるから自分はすごいとかいう感覚はもっていません。日本語は日本でビジネスをするのですから話すことは当然のことです。

英語はいわゆる共通語といわれるもので英語のネイティブでない人も一応英語を話すのでコミュニケーションツールとしては必須なだけなんですね。

日本人は英語コンプレックスの裏返しなのか英語を特別視しすぎますね。
英語ができてもできなくとも必要でない人はできなくてもいいでしょうし、恥ずかしいことではありません。必要な人は下手でもコミュニケーションできるようにならなければいけません。

最近の色々な話をきいてみると我が社は国際的な企業になったので社会のコミュニケーションは英語でやります。

これは当然ですがアナウンスするほどのことはありません。

だた日本人同士で(冗談でなければ)英語で話すという滑稽なシーンは勘弁して欲しいですね。

以前私とフランス人2人の3人でディスカッションした時は全部日本語でした。フランス人同士で話している時も日本語でしたがこういう時はやむを得ないでしょうね。私フランス語わかりませんから・・・・

それでも日本語だと話しにくいときは・・・
フランス語で話しても全然問題ないです。といってフランス人同士はフランス語で話してもらいます。

パソコンがツールとして必要な場合はパソコンが使えて当たり前ですから英語なども外国語も同じだと思いますね。

日本の企業を見ると本来のスキルよりも英語を重視しすぎて本来のスキルのチェックがおろそかになっているケースが多いのではないかと思います。

ひとこと・・・・・

英語だけできてもね~(笑)
日本語は何言っているかわからないし、本来の業務スキル低ければ意味ないにゃ~(笑)

|

« 今日は久しぶりに | トップページ | ちょっと印象に残る話を・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は久しぶりに | トップページ | ちょっと印象に残る話を・・・・・ »