« 光と影があります | トップページ | 中途半端に元気なジジイとババア(^_^;) »

2014.05.03

糖尿病の死に方

みなさん、こんにちは
私はまだ自分が糖尿人でない頃は食べたいもの食べられなくなるくらいなら死んだ方がマシだという考えがありました。しかしながら今思うとこれは浅はかでした。

糖尿病は

糖尿病になる→即死

ではないのですね。(即死もコワイですが(^_^;))

糖尿病になって血糖がコントロールできないと死へのカウントダウンが始まるような感覚があります。血糖コントロールができなくなり血管が詰まりまくると生きている間にかなり強烈に不都合がことがおきます。

血管が詰まると血液が流れないということですから、目は目に酸素などが行き渡らないので失明する可能性があります。

足先はこれも血管が詰まると栄養が行き渡らないので壊死して切断ということがあります。血管の詰まりなど関係ないと足を切断するなんてピンときませんが切断をイメージすると厳しいものがあります。

失明については具体的なイメージはなかなかつかめないと思います。目をつぶると何も見えなくなりますが目を開いても何も見えないというのは想像することができません。幸い私は失明したことはないので想像ですが目を開けても光景が白いものがかかっていて見えるのは白いもやのようなもので実際にあるものの詳細は見えないです。以前眼科検診にいったときに瞳孔開きっぱなしにする目薬をさして歩いて家まで帰ったのですが晴れた日に瞳孔開きっぱなしですから目の前が白いだけで景色は全然見えませんでした。この他に目が新たに血管を作ってこれがいっせいに破れた時には白い代わりに真っ赤に塗りつぶされた光景しか見えないのだと思います。失明するというのはこんな感じになるのかな~と思っています。

足の切断は傷が治らずに傷口から真っ黒く壊死するのでこの壊死が広がらないように切断します。例えば片足の膝から下がないような場合にも人によってはそこに至るまで3度切断したというケースがあるそうです。

切断は一度でも厳しいものがありますから3度も嫌ですね。

血管が詰まると脳梗塞、心不全にもなることがあり腎臓も働くなり人工透析ということもあります。

糖尿病の合併症が多くでると生きている間に

失明
両足切断
脳梗塞
心不全
人工透析

を全て経験することになりこの生活をしばらく続けてから死んでいくということになるのでこうなってから生きている時間は生きがいなどは感じることができません。

私は入院しているときに6人部屋でその中には糖尿病がかなり進んだ患者さんが何人かいたり看護師さんやリハビリの先生から実態というか生々しいお話を聞きました。

糖尿病が原因で死にたくはないと強く思いました。

血糖をコントロールすることができないとこうなる可能性が0ではないですし可能性が少ない話ではありません。

逆にそれほど大きな合併症がでなければ糖尿病になっても制限なく動くことができるし働くこともできるので血糖コントロールができていればそれほどひどい病気ではありません。

血糖コントロールによって天国と地獄になってしまいますね。

合併症はひどいものが多いので糖尿病ではない人はもちろんですが糖尿病になっても合併症がでるまでは何ともないので自分が合併症になるということ自体想像できないのですね。

|

« 光と影があります | トップページ | 中途半端に元気なジジイとババア(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光と影があります | トップページ | 中途半端に元気なジジイとババア(^_^;) »