« 歩き方が変わってきたみたいです | トップページ | 心臓のチェック »

2014.02.28

たぬきうどんときつねそば

みなさん、こんばんは
関東と関西では食文化がかなり違い関西の掟を知らないと戸惑うことがけっこうあります。
まずですね・・・・・ソースってありますよね。関西には中濃ソースという万能というか事なかれ主義的なソースはおまへん(^_^;)

あるのはとんかつソースに近いドロソースとウスターソースのみです。中濃ソースって何にかけるんでしょうか?という疑問が出そうです。

関東の方は関西にいっても

なんだ中濃ソースないの?

なんていってはいけません。国別でもそうですが同じ日本でもかなり食文化が違うのでまずはそれを理解しなければなりません。

新潟では納豆は米を食うくらい当たり前の食べ物なのですが新潟の人は日本のどこにいっても納豆はあるとかみんな納豆を食っているとか思ってはいけません。

あれは腐った豆だ・・・という認識を持つ人は納豆は口にすることができません。

納豆はかつては関西にはなかったそうです。関西の人が関東に出てきた時には納豆には閉口するようですし、外人の日本食食べられるようになっても納豆はかなりハードルが高いです。

また餅も関東は四角いお餅ですが関西方面は丸餅でお正月の魚は関東は鮭で関西はブリだそうです。

中国地方ではお刺身には醤油をかけずに溜まりをかけます。

そこに関東から出張に行った人が・・・・
溜まりよりもキッコーマンがいいんだよね~

などというものであれば、まさに

スーパー日立の中で日立製作所の悪口をいうようなもので生きて帰ることができるかどうかわかりません。ちなみにスーパー日立は日立製作所の工場があるところを多く通ります。


関東の方が関西にいったらあり得ない食品があります。
それはたぬきうどん、きつねそばです。

関東の人はお揚げが入っているのがキツネで、天かすが入っているのがタヌキという認識だと思いますが関西では全然違います。うどんがキツネでそばがタヌキです。

従ってきつねそばという食品は理論的にはありえませんし、たぬきうどんという食品もこれもまた理論的にありえません。

関東でいうところのきつねそばを食べたければ、関西ではたぬきそばを注文すれば関東でいうきつねそばを食べることができますし、関東でいうところのたぬきうどんを食べたければ素うどんを注文して天かすをトッピングすればよいです。

関西のお店の人でもこの辺りの事情がおわかりの人はトランスレーションして対応できますが頑固な人は・・・・

そんな食い物ありません!

ということになりそうですね。

|

« 歩き方が変わってきたみたいです | トップページ | 心臓のチェック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歩き方が変わってきたみたいです | トップページ | 心臓のチェック »