« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013.11.30

人生の最終的な目標

みなさん、こんにちは
このところ自分の中でぼんやりとしたものが段々と具体的になってきました。
何をいまさらという感がありますが人生の最終的な目標がはっきりとしてきました。

それは・・・・・・
最後まで私のままで人生を全うすること

です。長生きとかだとたとえば100歳まで生きたとしても80歳から認知症になってしまうとこれは生きていても私のままで生きているとはいえないのではないかと思っています。

これからの人生は何があるかわかりませんが、突発的な出来事で精神的に異常なことが起きなければ私もままで人生を全うすることを一番阻害するのが認知症だと思っています。

長生きは人生の結果なので長生きそのものは望みませんが、人生の最後を迎えるにあったときでも私のまま人生を終わりたいです、

まあこれが実現できれば後はそんなにこだわりません。

お金がたくさんあったほうがいいかな?

もちろんないよりもあったほうがいいと思いますがその程度ですね。
もっといい家に住みたいかというと今のままでもいいかなと思います。
もっといいアンプが欲しいかというと欲しいです(笑)

まあざっとですが今より良いオーディオ機器をそろえることができて私のまま人生を目全うすることができたらいうことありませんね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目が見えなくなることを実感しました

みなさん、こんにちは。
今日は眼科にいってきました。私はいわゆる糖尿病の網膜症でこれは現在の血糖値を正常にコントロールしても過去にすでに起こったものは都合良く治るということはなく進行する場合場合もあるそうです。そこで目が見えなくなっては困るので定期的に眼科でチェックしてもらっています。

今回は悪い言い方をすると改善していない、良い言い方をすると進行していないですが、一番コワイのは進行なので進行していないということで良しとします。

検査の時に瞳孔を広げる目薬を入れるのですが、今日のように天気が良いと外に出るとまぶしく視界がはっきりと見えません。

失明というと具体的なイメージがないのですが、目の中の新生血管が破れまくりになると視界が真っ赤になって見えなくなるそうです。これは何となく想像がつきますが(コワイっすね)
そうでない失明は想像できません。

よくは知りませんが今日みたいになるのかなと思います。

今日は一時的なので本人はお気楽で(この状態で車の運転を危ないですが、私は車の免許がないので無問題です(^_^;))なんというか不思議な光景でした。

まあ完治するということは望めないと思いますが今のままでとどまってくれるといいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.29

心臓の検診に行ってきました

みなさん、こんばんは。
今日は外科に心臓の検診に行ってきました。結果は前回よりは改善したというのではなく
良い状態が続いているという感じです。実は血糖値と同じくらい気がかりな数値がありました。心臓の働きが悪いと心臓が処理する水が体内にたまり浮腫むという現象がでます。

私の場合は2月がこの状態だったのですが、これを防ぎ心臓の負担を軽くするために利尿剤を服用しました。

ところが人間の体って相互に密接に関連しているようで、この利尿剤は腎臓に負担をかけます。その結果クレアチニンという数値がやや高めに出てきました。簡単にいうとこれが異常値になると人工透析になり、今の糖質を控えるという食事方法を適用することができなくなります。

糖質を控えるのは今まで炭水化物から摂っていた栄養素をタンパク質や脂質に置き換えるので腎臓がだめだと腎臓がいっそう悪くなってしまいます。

今までは利尿剤は2種類使っていたのですが9月から1種類に減ったので腎臓関係の数値が改善していることも期待しました。その結果腎臓関係の数値は正常値を若干超えたものの改善していました。

ちょっとホッとしました。

検診が終わった後で入院していた時にお世話になった看護師さんたちに挨拶に行ってきました。私の場合は大変よく接していただいて精神面でも大きくサポートしてもらいました。

看護師さんたちは私が入院してパジャマ姿しか知らないと思うのですが、元気そうだったので喜んでくれました。私が

血糖値は正常になりました
インスリン注射は全部中止になりました

というと驚いたり喜んだりしてくれました。

まあ看護師さんたちは忙しいのでそうそうしょっちゅう立ち寄れませんが時々挨拶に顔を出そうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

顧問先1000件ってすごいっすね

みなさん、こんにちは
税理士になるには税理士試験を合格する方法と税務署や国税に長く勤務してからなる方法ともう一つありますが、試験を合格する方法以外の方法はよく知りません。

今回は国税局出身の税理士がやらかしてくれました。

細名という名前の61歳の税理士(今では税理士を廃業したので正確には元税理士ですね)が細名の顧問先のホストクラブに調査にきた税務署上席(会社でいうと係長クラスだそうです)調査官の平良という人に調査の日程を教えてもらいその見返りに120万円の現金を渡したそうです。

普通の税務調査は税務署と日程の打ち合わせをするのですが、今回はそういう通知はなく査察に近かったのではないかと思います。

また細名は他の税務署職員から内部情報を入手して脱税を指南していた可能性があるそうです。

でこの細名あるいは細名が運営していた税理士法人ナイスアシスト(なめてんのか・・って感じの法人名ですよね~(笑))が関わったとされる法人や個人1000件に対して国税当局は過去の申告を厳しくチェックするそうです。

クライアント数が1000件というのはすごいものがあり一件あたり平均報酬100万円だとすると10億円を懐にしていた可能性がありますね。細名は税金を安くしてやるということでクライアントを増やしていったそうです。

日本の場合は微々たるものを除いて税金を安くできるような方法はなかなかないようですね。(^_^;)

当局としては国税のOBと現役の税務署職員が組んで脱税の指南をしたことになるので早く不信感をぬぐわないといけないでしょうね。

私見ですが多くの税務署員はまじめに勤勉に仕事をしていると思いますから彼らのためにもなんとかして欲しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.11.27

甘いものはみんな大好き(笑)

みなさん、こんにちは。甘いものってみんな好きですよね。たまには甘い物は食べないという人もいますが基本的にはみんな大好きですよね~

このみんなというのは人間だけだったら問題ないのですが、本当にみんなですね。たとえばがん細胞は甘い物が大好きでブドウ糖しか栄養素にできないそうです。

受け売りですが通常の細胞はブドウ糖以外のものも栄養にできますががん細胞はブドウ糖だけしか栄養にできませんから私たちにせっせと糖分を摂らせようとします。

以前見た例だとガンになって助からない方が甘い物を異常にほしがるので最後だから食べたいものだけを食べさせたそうですが甘いものしかほしがらなかったそうです。

良い人も良い細胞も悪い人も悪い細胞も甘い物は大好きなんですね。

ということで甘い物を食べ過ぎないようにしましょうね(^_^;)・・・・・

糖尿病でない人もね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.26

カロリーって何なのでしょうか?

みなさん、こんにちは
食べ物を表す数値でカロリーというものがありますよね。
医療関係者ではない人がカロリーというとこの食べ物はカロリーが高い、カロリーが低い
という言い方をしてそれは食べると太るか太らないかということが中心になります。

私は専門家ではないので受け売りですが太るメカニズムは炭水化物などで糖質を摂りそれが血液に入り込みインスリンが糖を分解して中性脂肪として体にため込みます。この時にたまった中性脂肪の方が消費した中性脂肪よりも多いと太ります。

またカロリーの低いものを食べるとヘルシーな感じがしますが、必ずしもそうではないと思いますしカロリーが血糖値を上げると考える人もいるようですが、カロリーと血糖値の上下はあまり関係ないと思われます。

ご飯はそれほどカロリーは高くなくステーキはご飯よりもカロリーは高いですが、血糖値をあげるのはステーキ(糖質たっぷりのソースをかけるのではなければですが)ではなく
ご飯なんですよね。

ということでカロリーっていうのがよくわかりませんし、カロリーが誤ったとらえられ方をされているような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.24

埋没原価(^_^;)

みなさん、こんにちは
経営の意志決定の時の原価で埋没原価というものがあります。
実は今日は埋没原価を発生させてしまいました(^_^;)

今日は新潟から戻ってきたのですがその時に新幹線の予約をしました。

少し奮発してグリーン車を予約したのですが、実際に新幹線に乗る前に予約した新幹線を間違いました(笑)

すでに行ってしまった新幹線のグリーン車を予約しました。

ということで払い戻しはもちろんできないですし戻ってきません。この場合すでに払ったグリーン料金はその後の私の意志決定には何の影響も与えません。

強いていえばもったいなかったというだけで、私がその後グリーン車に乗ろうが乗るまいが何の影響もありません。

実際は自由席が空いていたのでグリーン台を払って自由席に座って東京に戻ってきたということになります。

今日は埋没原価を実践できて良かったにゃ~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.23

食事を気をつけるくらいどうってことないっす

みなさん、こんにちは
私たちはお腹がへったら口からものを食べのどが渇いたら口から水分を補給します。
何を当たり前のことをいっているのかと思う方はいらっしゃると思いますがこれって素晴らしい
ことなんですね。

私は二度目の感染症の入院の時に3週間ICUにいました。そのときは食事も水分もなく全部点滴でした。不思議にお腹はへらないし、のどはかわきません。

この3週間のブランクを経ておかゆを食べ水を飲んだのですがこれってけっこう大変なんですよね。かむときはいいのですが飲み込む時が神経をつかいます。水を飲むときでも同じです。

物を飲みこむ場合にそれに必要な筋肉があると思うのですが3週間も口からものを入れていないと衰えるようで普段当たり前のようにものを食べ、飲み込むことはできません。

下手すると肺に流れ込んでしまう場合(最悪こうなると肺炎になります)があります。

最初の何度かの食事はまさにおっかなびっくりでした。

ということで口から何の問題もなく食べ物、飲み物を摂取できるというのは素晴らしいことなんですね。

これに比べると

ソース焼きそば(もうすく食えるかも・・・・(^_^;))
カレーうどん
ラーメン(もうすぐ食えるかも・・・・・(^_^;))
お寿司

を制限することくらいどうってことないです。

まあ、口から摂取できないという経験はそうそう多くの人がしているわけではないので
なかなか実感がわかないと思いますが・・・・

これに比べたら口からものを摂取できるということは点綴につながれていないので自由に動けることができますし、食べ物や飲み物の味を味わうことができますからね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.21

幸いなるかな糖尿人

みなさん、こんにちは
最近マタイ受難曲を聴き込んでいるせいかマタイの福音書からトーンをまねすることが多くなりました。糖尿人になった方は

こんな病気になっちゃって
好きなものを好きなだけ食べたい
ソース焼きそばが食べたい(これは私ですが食べられるかも(^_^;))

などなど色々なネガティブな思いがあると思います。
もっと初期の段階で対処しておけば良かったとか後悔をする日があるかもしれません。

でも糖尿人になる前には私は糖質のことは何も考えませんでした

毎日明治のスーパーカップを2個食べて、ミニストップのソフトを食べて(これがおいしいんですよね)という生活が続きました。

自分が糖尿人になってから身をもって炭水化物を食べると当初予想もできなかったくらい血糖値が上がるということがわかりました。血糖のためには炭水化物や糖質がよくない影響を与えるというのがわかりました。

その時に一時が万事ではありませんが血糖だけではなく糖質は摂りすぎると血糖値の他によくないことが起こるのではないかと思うようになりました。また現実に糖質を制限したら中性脂肪とコレステロール値が正常値になった(今まで一度も正常値になったことがありませんでした)ので糖質の負の働きを疑うようになりました。

というように糖質のことを考えるようになりました。

そうすると不眠症や感情の不安定さ、認知症などにも糖質の摂りすぎは影響しているようです。さらに糖質は弱い中毒性があり知らず知らずのうちに多くの糖質を摂らざるをえない状況になってくるそうです。

糖尿病を診察しているドクターも糖の中毒になっているかもしれません

現在の産業は糖質というか炭水化物は美味しくて安いのでこれを中心とした食産業が発達しており私たちの周りをみると糖質まみれです。

というように私は糖質を考えるきっかけが糖尿人になってできました。
もし糖質の摂りすぎが認知症や感情の不安定さ、不眠、鬱病などに関わっているとしたら
糖質に摂りすぎを防ぐということは糖尿人になったデメリット以上のメリットを私にもたらす
ことになります。

もちろん、そんなこという医者はいないので従来通り糖質をとりいわゆるバランスの良い食生活を送るというのも自由な選択なのでいいと思いますが
私は糖尿人であることは逃れられなくても将来自分でありつづけたまま生きたいと思っています。認知症になったら自分で有り続けることはむずかしいですからね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血糖コントロールのレベル

みなさん、こんにちは
糖尿人の方々は日々血糖コントロールに励んでいると思います。
朝起きがけの血糖値は高くてはいけませんが、これが良いからといって食後血糖値をおろそかにするととんでもないことになります。

私は医学的なバックグラウンドはありませんが、一応自分なりにコントロールの基準をつくっています。まず第一のレベルとしては食後二時間は180以下です。受け売りですが180を超えると高血糖が血管にストレスをあたえ将来の動脈硬化につながり、これが心筋梗塞、脳梗塞につながります。ということでなにがなんでも180を超えないことを考えています。幸い今年の二月に立ち食いそばを食べて食後血糖値が190になって以来180を超えたことがありません。

たぶんいまでは自分の選らんだ食材を食べている限りは食後血糖値は180を上回らないという自信があります。

でその次は正常人の基準の食後血糖値が140を目指します。というのは(素人考えですが)いつも175だったらそれでも血管のストレスってあるのではないか、正常人の膵臓がそれほど疲れていない人はどんなに食べても食後血糖値は140を超えることはないということなので140に一つの線を引いています。

さすがに140になると毎食後は140以下である自信があります・・とはいいきれませんがそれでも150くらいまでだったら許容することにして気にしないようにしました。

140以下であれば血管ストレスのリスクは(素人考えですが)たぶんないでしょう。

今はグルベスとエクアを飲んでいますが、これを飲まないで食後血糖値140を目指したいものです。薬服用だったら私の場合は食後は100前後が良いでしょうね。これでも140だたら食後高血糖を起こしている可能性があるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.20

Ich sprach

みなさん、こんばんは
表題はドイツ語で書きました。ただしドイツ語は全く習ったことないので文法が合っている自信ありません(^_^;)

これは最近まじめに聴いているバッハのマタイ受難曲でイエス様いったとかいうような使い方で私は言ったという意味のつもりです。

今日はバスの列に並ぼうとして歩いているとババアがぶつかってきました。しかもこともあろうにそのババアは私の顔をみて

あぶない~

というのですね。そっちがぶつかってきたのでそれはこっちの台詞です。

・・・・・で

Ich sprach

どこに目をつけているんだ!!このババア!
危ないのはオメーのほうだ!

と心の中でいいました(^_^;)<お前はパンクブーブーか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの満員電車(^_^;)

みなさん、こんばんは
秋になって体力が少しついてきたので今日は満員電車に挑戦してみました。去年11月に社会復帰したのですがそれでも足下がおぼつかない時があったり、電車の中で立っている体力がなかったりしたので確実の座れるように重役出勤をしていました。

今日は一年半ぶりに満員電車に乗りました。今までと変わったことは

1)デブが多くなった(笑)
2)満員電車でもスマホをいじっている人が多くなった

です。今のように寒い時はデブでも厚着をしますから場所をとるんですね。しかもデブは重いので満員電車でデブに押されるとかなり強い圧力を感じます。満員電車ではデブはそれだけで凶器になります。

また周りをみるとスマホを見ている人が多くその様はちょっと不気味です(笑)

京浜東北のような人がひしめき合うホームをスマホみながら歩いている人も多く見ているほうがコワイものがありますね。

通勤時間帯はデブとスマホはこわいっす(笑)

明日は重役出勤します(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.19

株高っていいことなんでしょうか?

みなさん、こんばんは
三流評論家を気取っていうとアメリカは新FRB議長のイエレンさんが規制緩和を引き続き行うと発言したことからアメリカのダウは一時16000ドルを超えました。また円安になり日本株式も日経平均は15000円を超えました。

去年の11月にまだ民主党政権だったころは日経ダウは8000円台でした。

株が上がると企業の資産価値が上がり、投資家は儲かりますがこれっていいころなんでしょうか?

人間は周りの環境に左右されやすいもので、自分の身の回りに株で儲かった人がいて車買ったとかあの超高級のFMacoursticのアンプを買った(^_^;)(なんだそれ?)とかがいると
自分も・・・・という気になります。そこに経済評論家や株式評論家なるものが今買わない奴はバカだみたいな論調をみると投資してみたくなります。

ところが評論家の予想は外れても何らペナルティーはないですし、私が推奨した銘柄が上がったといってもあれだけ多くの銘柄を推奨すれば一つくらい当たります。これは私でも
できるかもしれません。評論家は過去の出来事にその理由を解説することについては役に立つ可能性がありますが未来の予測はあまりアテにしないほうがいいかもしれません。

どんな株も上がり続けることはなく加熱したものはしぼんでしまいます。以前バブルで日経ダウが39000円を超えた時がありこの時はダウ50000円は当然というトーンでした。

その後株は下がり投資した投資家は凍死家になっていまいました。

中には退職金をすったとかいう人もいたそうです。株が上昇をやめて下がってきたら屍が多く横たわりますから株高って必ずしもいいわけではないかもしれませんね~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

治ったらどうしますか?

みなさん、こんばんは
進行性膵臓不全(糖尿病ですね)になると食後の高血糖に対して膵臓がインスリンを大量に出す必要があるのですがこれがうまくでないので食後高血糖になってしまいます。血糖値が高いだけでそれ以外どうってことなけれ血糖値をコントロールしなければなりません。

糖尿病の原因はすべて暴飲暴食というわけではありませんが食事療法が一番効果がありますが、逆にいうと好きなものを好きなだけ食べることができません。

私だとお寿司とこのjひきだとトロッとしたカレーうどん(たまねぎ抜き(^_^;))が好きなのですがこれを食べようものならおそらく食後血糖値は300を超えるでしょう。

・・・・・でですねもし糖尿病が治って炭水化物をたくさん食べても血糖値は100くらいだったとしたらどうしますか?

糖尿病は絶対に治らないといううわさはありますが単に膵臓のβ細胞が疲労してヘロヘロになっているだけであれば膵臓を休ませて疲労がとれれば糖尿病は治るのではないかと
思っています。

またこれに類似した都市伝説としてはインスリン注射は一度したら一生しなければならないということがありますが、今のところ私はインスリン注射は離脱しました(次回の検診でランタスは復帰するかもしれませんが)

もし今の私が糖尿病が治ったとしたら寿司とカレーうどんついでにラーメン、餃子を死ぬほど食べるかといえば答えは否です。

そういう食生活をしていたので危うく命を落としかけたわけですから同じ食事に戻るといつかまた心臓の手術をすることになるでしょう。今では糖尿病が治るとか治らないとかいうことにそれほど興味がなくなりました。今のままでもそれほど不自由でもなく、過酷な節制をしているわけでもないし、これが一生続くとしてもどうってことありません。

また丹念に自分が食べても血糖値を上げないものを探してそれを食べるとけっこう食べられるものがあります。

お寿司とカレーうどんは食べたいですが仮に一生食べられなくてもその程度のことは甘受できます。そんなことで

心臓の手術をもう一度しなくてすむ
足切らなくてすむ
失明しないですむ
将来認知症になるリスクが減る
将来鬱病になるリスクが減る
将来骨粗鬆症になる利楠が減る

のであればそんなに大変なことではありませんよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.17

低血糖にご用心(^_^;)

みなさん、こんにちは
食後の血糖値が高いのはよくないのですが、低いのはもっとよくないですね。
糖尿病でない人は低血糖の経験はないと思いますが低血糖ってこわいんですよ~(^_^;)

普通の人は血糖値は80~140(食後も含みます)の間を推移します。ちなみに朝起きがけの血糖値が空腹時で140だったら糖尿病だと思って即 go to hospitalの方がいいです。

インスリン注射を打っていたり薬を飲んでいると食後の血糖値がある程度上がらずに薬の効果で血糖値だけが下がり70をきったり60台になったりすることがあります。これは低血糖といわれる症状で場合によっては高血糖よりもこわいです。

低血糖になるとどうなるかというと最悪の場合意識を失います。症状の出方は人それぞれですが私の場合は急に空腹感を感じそのあと思考能力が弱くなります。この時が糖のありがたさを思い知りますね。糖質は中毒性があるとか非難していますが実は生命を維持するためのありがたい側面があります。

低血糖は避けなければらないのですが、では血糖値がどのくらいから低血糖かというとこれも人それぞれです。一般的には70割ったら低血糖といわれるようですが、200以上の高血糖に体が慣れると、90くらい(これは望ましい血糖値の数値だと思いますが)でも低血糖症状を感じる人もいるようです。

私が入院していた時に別の患者さんが低血糖と騒いでいて血糖値をはかってみたら90台でした。正常値が低血糖になるのは厳しいものがありますね。

ちなみにヘモグロビンA1Cは1~2ヶ月の血糖の平均なので低血糖と高血糖を繰り返すと
血管には悪影響与えまくりなのですがヘモグロビンA1Cは悪くない場合がありますので
良い数値だからといって単純に喜ばずに低血糖があったかどうか確認してから喜んだ方がいいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.15

鵜呑みにすると死にますよ(笑)

みなさん、こんにちは。
ネットの普及によりいろいろな情報を得ることができますが、そうなると情報の受け手の利用の仕方が大切になります。

たとえば肉をよく食べる人は糖尿病になりやすい(これは私がいま思いついたことで事実とは違うと思いますが)という記事があったとします。これをみて・・・

肉を控えよう

と思うのか調査の対象が日本人だったら肉をたくさん食べればご飯もたくさん食べる可能性はありますしパンもたくさん食べる可能性があります。

また炭水化物糖質が血糖値を上げるのですが肉には糖質はほとんど含まれていません。
糖質たっぷりのステーキソースをかければ別ですが塩やコショウで味付けしたステーキは
食べても血糖値は上がりません。

1キロのステーキよりも軽く一杯のご飯のほうが遙かに血糖値を上昇させます。

ということがわかれば

肉食べる→糖尿病になる

という因果関係が不明です。タンパク質を摂りすぎて糖尿病になるなんて話は地球人の場合はないはずです(他の惑星の人類はどうかわかりませんが(^_^;))

この記事は根本的に正しくはないのではないかあるいは他の周辺の情報が抜けているのではないかということでその真偽を確認します。

私は最近医療関係の情報は後者が多いので鵜呑みにしません。こんな記事を鵜呑みにしてそのまま何の考えなしに実行すると自分の命にかかわりますからね~

今はどうなっているのかわかりませんが明らかに正しくないことは脳はブドウ糖しか栄養として使わないので糖分を摂らないと脳が働かなくなるのである程度の糖質や炭水化物を摂らなければならない

ということがあったとします。一時期CMでもこのフレーズが使われたことがあったようですが正しくありません(嘘とまではいいませんが・・・(^_^;))

たしかに脳は糖質を必要としますが人体はすぐに低血糖にならないようなセーフティーネットがあります。たとえば肝臓は体内の栄養素(ケトン体というらしいですが私は医者では
ないのでこれ以上わかりません(笑))を集めて糖を作ります。

そういわれてみれたおなかが減っただけで低血糖になり活動できなくなったら人間はすぐに死んでしまいますから創造主はその辺りを配慮したのだと思います。

今私たちの食の常識である

肉の摂りすぎは良くない
野菜はヘルシー
肉より魚

ということがありますが先日NHKのクローズアップ現代で年配の人は肉を食べないので
栄養不足を起こし老化を早めているという内容でした。

この常識の自分なりに検証したほうがいいかもしれませんね

手軽に手に入る記事を鵜呑みにすると寿命縮める可能性ありますね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.13

内科検診に行ってきました

みなさん、こんにちは
今日は内科の検診にいってきました。

今日のヘモグロビンA1Cは5.8で今までで一番良い数値でした(正常値の上限は6.2)
診察室にはいるなりドクターはにこやかに対応してくれました。時々数値が悪い人の話を聞くとドクターに怒られたとかいう話をききますが、私の場合は優等生なのでいつもにこやかに対応してくれます。今日を入れて過去3回の検診は正常値です。

また自分の膵臓からインスリンがどのくらい出ているのかをチェックするCペプチドというものを前回9月にはかりましたがこれも正常値の範囲なので私の膵臓からある程度のインスリンは出ているようです。

とはいっても糖尿病が治ったわけではないですし、糖分を摂ると膵臓からの追加インスリンがタイムリーにきちんとでないようなので、油断はできません。

また前回は食事前に一日3回打っていた超即効性のノボラビットが中止になりましたが今日は持続性のインスリンのランタスが中止になりました。ただランタスは仮免のようなもので次の検診までに抜いて様子を見るというのが現在の状況です。

一応インスリン中止になったのですが、インスリン注射をしていないと血糖値をはかるための針とチップは自費になります。

糖尿が完治するのは難しいと思いますが(絶対に治らないという都市伝説のようなものはっ聞いたことがありますがエビデンスをみたことがありません、もちろんβ細胞が多く死滅していれば治らないとは思いますが)仮に完治したとしても食事を従来の糖質まみれのものに戻す気はありません。

戻したらまた糖尿病になりますからね~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.10

お金は増やさないで貯めましょう

みなさん、こんばんは。将来の時のためにお金を取っておくというか貯めるというのは大切なことですよね。でもため方はいろいろあります。


FX
預金

などがざっと思いつきます。今は定期預金の金利が0.1%より低いの利息を稼ぐということは重要視しないほうが現実的でしょう。以前某信用金庫でキャンペーンで0.06%くらいだったので100万円を一年預けても税込みで6000円(笑)

利息で増やすというのは現実的ではありません。

リスクを受け入れれば年間10%とかそれ以上で運用することができますがこれはリスクがあるので元金が減る場合もあります。株式投資やFXはそういう商品なので大切なお金であればこういうものに使うべきではありません。

私だけかもしれませんが、お金は手元になりいつでも使える状態だとついつい使ってしまいます。私はなんとか踏みとどまりましたが、あこがれのアンプがあり無理すれば買えないことはなかったのでけっこう悩んだのですが、なんとか踏みとどまりました(笑)

こういうことがないように使えないようにするのが一番でしょう。

とはいっても普通の人は毎月100万円ずつ定期にして・・・というのはこれも現実的ではありません。今まで金利が低く見向きもしなかったのですが定期積金が私たち庶民がお金を貯めるには現実的な方法だと思います。

毎月2万円~3万円(これは人によりますからもっと積み立てられる人はもっと積み立てても良いでしょう)を36ヶ月積み立てるというようなプログラムですね。これで満期がくるとだいたい100万円になります。本当は利息もありますが笑っちゃうようなくらい低いので無視(笑)

100万円になればまとまったという感があるのでこれを国債に投資するとか定期にするとか簡単に使えないようにシェルターに入れるような感覚になるでしょうか・・・・

一つの定期積金が満期になったら、また新しい定期積金を設定して満期がきたものは国債とか定期に移すという地味ですがこれを繰り返すと気がついたらまとまったお金が貯まっているかもしれませんね。

ただしペイオフがあるので預金が1千万円以上になったら他の銀行に口座を開くか決済預金ということで利息がつかないようにすれば仮に銀行がつぶれても預金は保護されます。

今のような低金利の時代には決して利息などで増やそうと思ってはいけなせん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.11.09

ローソンのブランガトーショコラ

みなさん、こんばんは
さきほど近くのローソンでブランガトーショコラを買って食べました。歩き食いですね(^_^;)
糖質は1個で6グラム台なのでまあまあです、肝心の味のほうですがガトーショコラとしてかんがえると水準はクリアーしていますがなかなかおいしいです。

個人的にはチョコレート(私はチョコレートにはちょっとうるさいっす(^_^;))の味に深みがイマイチでしたが値段を考えるとそう贅沢はいっていられません。
ちょっと濃い目の味のお菓子が食べたい時には良いでしょう。

個人的にはブランロールケーキがおいしくさすがにガトーショコラを以てもこれをまだ超えられないと思います。

ローソンはだんだんとこの分野の品揃えが充実してきますが、これで糖質の表示が正確になって食べたけど血糖値が上がったということがないといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隣の税理士

みなさん、こんにちは
昨日は大阪からの出張の帰りに新幹線にのりました。京都で私のとなりに60代くらいのおじさんが座りました。彼は本を取り出し肘を広げて読書を始めました。彼の肘が私の腕に当たるのでちょっと迷惑を感じました。というのは私は新幹線の中でバッハのマタイ受難曲を聴いていたので曲に集中したかったのですがチョコチョコと肘があたるのでけっこう不快でした。ふと隣をみるとみたことがあるバッヂをしていました。

そう税理士バッチでした。(笑)

心の中で

こいつ税理士か・・・・こんなんともめてもしょうがないのでマタイに集中しようということで曲に集中していました。身なりがいいのでけっこう手広くやっている人にみえましたがその分尊大なのだろうな・・・・と考えながら。

ちなみに私は冴えないうだつが上がらないサラリーマンのコスプレしていたので(これは謙遜ではなく自分で自分の姿を鏡でみてもやり手、切れ者にはとてもみえず、誰がみてもうだつの上がらない冴えないサラリーマンです(笑))軽くみたのでしょう(^_^;)

それでもマタイ受難曲一通り聴けて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

利益は出したいし税金は払いたくないし・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは、
会社を経営していると赤字よりは黒字のほうがいいですが、そうかといって税金払うのは嫌であるという気持ちは感情的なものとしてよくわかりますがこれは不可能なことです。

利益を出せ
税金を払うな

って無理です。今はどうかわかりませんが時々節税できますという専門家が現れる時があります。たとえば1000万円の機械を買った場合は正しくは減価償却といって数年間にわけで費用計上するのですが、これを買った時に一発に費用にしました。かなりの節税になりました・・・・という類の話がよくありました。その話を社長から聞かされると

あなたバカなんじゃないですか(笑)

といってよくからかったことがあります。

節税というのは本当は100万円払う税金を法律に従った方法で80万円に税金を節約した
ということを意味しますが先ほどの例は初年度はの税金は100で、二年度以降は70で
全部で450税金を払ったけど本当は初年の税金は150で二年度以降の税金は60で
全部で450の税金を払う場合に初年度の100と150を比べて50税金を節約できたのは
節税といわずに課税の繰り延べといいます。節税ではありません。(笑)

また税務署が税務調査などで確認すればすぐにわかってしまいます。

日本の法人税は利益が増えると税金が基本的に増える仕組みになるので節税の方法はあまりありません。

その一方で上場している会社は税金の支払いよりも業績の善し悪しが大きな影響を与えます。会社はあらかじめ業績の予想を発表しますが実際に決算をやってみたら予想よりも遙かに下回っていたら経営陣は無能という評価になります。これを防ぐために実際に売り上げにはなっていないものを売り上げにするということをやる会社が時々あります。

以前上場廃止になった会社で売り上げの40%は架空売り上げだった・・・・という話がありました。これやると利益が増えることになり税金の支払いが増えますが、実際は売り上げていないのでお金がなくピイピイすることになります。税務署にあの売り上げはうそなので税金は払いませんといってもそんなことは通りません(笑)

最近は上場のへードルを下げようとすることを東証は決めたようですが、こんな会社が紛れ込む可能性があるのであまりハードル下げないで欲しいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中毒っておそろしいですね

みなさん、こんにちは。
●●中毒という言葉がありますが、よく思い浮かぶのは

薬中毒
たばこ中毒

などですね。中毒はそれが欲しくなるともう理性がなくなり無性にそれを摂取したくなります。それが良くない薬物だったりたばこだったりすると体に良くないという認識はほとんどの方があると思いますがそれでもそっちに走っていまいます。

というように世間に中毒認定されているものは比較的に容易にわかりますが、実はもしあるものがあり(これをCとすると)このCの中毒性が世間一般には知られていないとします。
ドクターレベルでは知っていると思いますが・・・・

これを摂りすぎると、すぐには症状はでませんが血管のストレスを通して、認知症や鬱病、心筋梗塞、脳梗塞になるリスクが高くなる。

でもこのCを食べないというコンセンサスは今の私たちの社会には全くなく、経済の食料品を中心としたサイクルはこれなしにはビジネスとして成り立たない。私たちはこのCは安く手軽に購入して食べることができる。しかも、かなりおいしい。

なおかつそのCを多量に含むものは日本人の食生活の中の基本とされていることでドクターレベルもそれはリスクがあり中毒があるとは患者にはいわないとします。

以前映画でマトリックスという映画ありましたがそんな感じですね。カロリーが低く体に良い(少なくとも悪いという認識はほとんどの人はありません)と無意識に思っているものが実は・・・・

それを食べると体に悪いということを否定する場合に論理的な発想ではなく中毒性から
食べないなんてありえない、という意識が働きそれを否定する行動なり理論を構築して
食べ続けようとする努力をする。

このCはcarbonのCで糖質のことで糖質は炭水化物が変化して体内で作られるます。

私は医者ではないので上記のことを声を大にしていうことはできないのですが、糖尿病が発覚してその大きな原因である糖質の摂取を制限したら、中性脂肪と総コレステロールが正常値になりました。社会人になってからこの二つは正常値以内になったことはありませんでしたが今年の2月から糖質の摂取を制限したとたんに改善しました。

これは想定外のことで私は血糖値が改善すればいいと考えていたので思わぬ副産物でした。ということはこの二つの数値が正常値でなかったのは糖質が原因の一つだったのかと思うようになり、血糖値が高く現れなくても、糖尿病ではなくとも糖質を多く撮りすぎている人ってなんらかのリスクが高まるのではないかと思うようになりました。

いろいろなドクターのブログを読むと糖質の元になる炭水化物は人間にとって必須栄養素ではなく肝臓が糖を作ることができます。まあこれは空腹になるたびに低血糖を起こして死んでしまうということを防ぐ体のセーフティーネットになります。人間は数日間食べなくとも空腹にはなりますが低血糖で死ぬほことはありません。

私は今年2月から一度の食事で摂る糖質は15グラム程度にしているので(きっちりはかっているわけではありませんが)一日に摂る糖質はせいぜい50グラムくらいだと思います。ところがご飯150グラムに炭水化物は約50グラム入っているので普通の人が軽く一杯食べる炭水化物が私の摂る一日の炭水化物の量になります。

これで空腹でどうしようもないとか、頭がボーッとするとかということは全くありません。

ただ糖質を控えるということは炭水化物を控えた分栄養素がタンパク質、脂質へシフトするので肝臓や腎臓がわるい場合はこの方法は使えないので誰に対しても勧められる方法ではありません。

その次にノボラビットのような即効性のインスリンを打って食後血糖値を下げますが、仮にこれで食後血糖値が下がっても何に問題もないのか?という疑問がわきました。

高校の時に生物をちゃんと勉強していないのでレベル的にはトホホですが、血糖値は摂取した食べ物を消化吸収した結果として表れる結果であり

正常な消化吸収プロセス→正常な血糖値

ということになると思いますが

正常な血糖値→正常な消化吸収プロセス

には必ずしもならないと思っています。

インスリンを打っても消化吸収のプロセスはすべては改善しないでしょう。

そうすると糖尿病になり血糖値を改善しなければならない人は面倒だなと思いますがそれでも糖質というものを考え直す良い機会を与えられたことになります。

合併症を防ぐのはもちろんですが、将来の認知症、鬱病、心筋梗塞、脳梗塞(私は最後の2つは去年発症済み(^_^;))のリスクを避けるための機会が与えられることになります。


こわいのはいわゆる健康診断で血糖値正常、ヘモグロビンA1Cは正常という数値に異常が現れていない場合でも糖質の摂りすぎ、中毒により将来の好ましくないものが発症するリスクが高くなる可能性があるということですね。

ずっと自分のことを健康だと思っていてある程度の年齢になり上記の良くない症状が発症して原因がわかりませんね~だと辛いものがありますよね。

しかも糖質を制限することに抵抗があり、その抵抗が糖質を食べたい一心という中毒(これは節制不足とか自覚不足という問題とは違うと思います)がそうさせるのはけっこうおそろしい図式ですね。

とこういうことも書いていても葡萄が食いたくなります(笑)

でも食べたいという気持ちが芽生えたときには、ああこれは中毒か・・・

と思うと簡単に口にはしなくなりました(^_^;)

最後に仮に今の症状が完治して炭水化物を摂っても食後の血糖値が上がらない状態になったとしても今の糖質を控えた食事は変えないでしょうし自分から糖尿病というレッテルは外さないでしょう。もし糖質が食べたくなったら(寿司とかカレーうどん、餃子、ソース焼きそば)その直前に糖質が小腸から吸収されないような薬があればそれを不定期に飲んでからたまに食べるというようにしたいですね。

糖質が血液に吸収されなければ食後高血糖は起きませんからね。来年はこの薬の上市を期待していますがどうなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.04

脳梗塞

みなさん、こんにちは
自分自身の病気のことをこのブログで取り上げていますがメインは糖尿病と心臓のことだったと思います。しかしながらそもそものきっかけは脳梗塞でした。

脳梗塞は(以下正しくないかもしれませんが)脳の血管が詰まって血液が十分に行き届かずに脳細胞が壊死してしまいます。壊死した細胞はある時に復活するということはないようで今でも私の頭の中は壊死した脳細胞が存在します。

ただでさえあまりよい頭ではないので脳細胞が一部壊死していたら一層トホホになってしまいますね。(^_^;)

もちろん脳梗塞によって体の機能にも欠損がありますが、自分自身ではそれがどこに欠損があるのかということがわかりません。

言葉がでないということはないですし、しゃべりにくいとか手や足が動かないということはありません。自分自身でもどこに後遺症があるのかわからないので後遺症があるという認識はありません。

今当時を冷静に考えると脳梗塞が発症してから病院に行って血液検査をした時に血糖値は490でヘモグロビンA1C  は14でした。当時はあまり感じませんでしたがヘモグロビンA1C
が正常に戻った今の私からみると驚異的な数値で(^_^;)とてもひゅーまんびーいんぐの数値とか思えません。

これが原因で血管がつまり重大な合併症が二つ一度に発症したということになります。

当時は知らぬが仏で心臓も普通の人の20%しか機能していないといわれても何のことだかわからずにそれほど重大なこととは考えていませんでしたが当時ドクターは心臓の手術は二ヶ月は待てないとおっしゃっていたので今思えばかなり危なかったのだと思いますしお気楽だったと思います。

という具体に入院当時でも自分の健康のことは無頓着でした。

血糖コントロールは食べたいものが食べられないなんて嫌だな~くらいの認識でした。

私が仕事をできない間は家族に心配(死ぬかもしれないというレベルですね)をかけたし
クライアントにもものすごく迷惑をかけました。

私は愚かで普段あるときにはそのありがたさはわからずに失った時にそのありがたさ、貴重さを思い知ります。
また入院していた時に同室の患者で糖尿病がもっと悪化した人も実際に見ており、自分がこのまま症状が進行したらこうなるのか・・・tぽ実感しました。

将来はどうなるかわかりませんが今のところは脳梗塞の後遺症はあるけどどう出ているのかわからないというレベルですんでいること

糖尿病では(病名が気に入りませんね~(^_^;))なく進行性膵臓不全なので食べたいものを我慢するのではなく血管にストレスを与えないようにして血管が詰まるのを防ぐ、その結果として高血糖値をたたき出さないようになるというアプローチになります。

もちろんご飯などの糖質のおいしさは知っているので

ソース焼きそば食いて~
寿司食いて~

と思うこともありますが進行性の膵臓不全なので血管に酸化ストレスを与えないようにするのを最優先にしています。

寿命がきて天に召されるのはやむを得ませんが、また同じ状態になり周囲に多大な迷惑をかけるわけには人としてできませんからね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SSDに換装しました

みなさん、こんにちは
私はパソコンはThink pad派でキーボードの感触が気に入っているのでWIN98の時からこのシリーズを使っています。Think padはビジネスシーンで使うことを想定しているようでそのスペックは最新鋭バリバリというよりはコンサバティブのようで性能的には控え目です。

当初はTシリーズというA4判を持ち歩いていたのですが去年心臓の手術をしてから重いものを持ってはいけないということになりB5判のX230を持ち歩きように使っておりT520は据え置きという感じで使っています。(今は重いものをもってもある程度は大丈夫です)

T520はハードディスクは500ギガでいまどきのディスクトップの容量と比べると少ないですがそれでも私はグラフィックや音楽データを仕事では扱わないのでこれで容量的には十分なのですが回転数が遅くスピードは不満がありました。

新しいthink padをと思ったのですがSSDディスク(半導体ディスク)でようやく容量が240ギガのものが出回り使えそうなのでT520のハードディスクをはずしてSSDに換装しました。

ところがクリーンインストールしてしまい今まで使っていたアプリなどは最初からインストールすることになり昨日は一日これに費やしました。

わたしはWINDOWSになってからは設定が複雑になったのでこの領域には足を踏み込んではいないので完全なユーザーですがそれ以前はかなりパソコンは詳しくいろいろなOSを試したりするのが好きでしたから苦になりません。

240ギガのSSDは2万円弱で購入することができますし換装後は快適です。

今使っているPSはWIN7ですが電源オンすると数秒で立ち上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.03

糖質の弊害と経済サイクル

みなさん、こんには
糖尿病が発覚したおかげで今まで全く考えていなかった糖質を摂りすぎることの弊害を知るようになってきました。仮に血糖値が上がらなくとも糖質を摂りすぎるとヤバイ状況になるリスクが高まるようです。

ところがですね・・・・もし、これが正しくどこか権威がある機関が糖質を一日100グラム以上毎日摂り続ける人は将来認知症や脳梗塞、心筋梗塞になるリスクはそうでない人も数倍などということがでたら、今の食品事業は根本から覆ってしまいます。

糖質というか炭水化物は今では手に入りやすく安くしかも美味しいです。
(しかも中毒性があります)

仮に米がどんなに美味しくともパックのご飯が1個2000円だったら買う人は激減するでしょうし食パンが一袋3000円(普通は200円以下ですよね)だったらこれもそう買う人はいないでしょう。

産業構造を考えると糖質を摂りすぎる弊害というのは権威をもって公にアナウンスされることは難しいかもしれませんが炭水化物をたくさん食べている人は気をつけたほうがいいみたいです。

鬱病など一見糖質とは無関係な症状にも影響しているようですよ・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.02

お金に対して何を望みますか?

みなさん、こんにちは
社会人になってお金というものに大変興味があります。

・・・ってみんながそうだよ!何言ってるの?

という突っ込みがきこえてきそうですが・・・・・(^_^;)

お金に興味があるというのはお金を得ることに興味があるという意味ではなく(もちろんお金は欲しくないというときっとウソになりますが(笑))人とお金の関係です。

例えば
俺はお金たくさん持っているからエライんだとかこういうことですね。

もちろん基本的に値段がついているものはお金を出せば手に入れることができますからお金はたくさんあればあるほど物質的な満足を得ることはできますし、病気で入院した際にはその費用のことを心配しなくてもいいです。

今の私のように春にアンプ買ったんだけどまた欲しいアンプがありそこにブツはあるけど高いということに悩む必要はないんですね。欲しければただ買えばいいわけですからね(笑)

お金があればない時よりも物質的な満足を得たりと将来の不安をある程度解消することができます。

お金を多くもっているかどうかは購買力を多く持っているかどうかというだけの意味なのでしょう。

そこに権力は関係ありません。

もちろんたくさんのお金をもっていて自分の利益のために動いてくれる人を雇うことはできますがこれは権力というよりもお金の関係で、金の切れ目が縁の切れ目ということになりえますよね~

私はお金持ちではないので本当のお金持ちのことはそれほどは知らないのですが、お金持ちは自分が今あるたくさんのお金を持っていることは当たり前のことなのでお金を持っていることにたいして自慢はしません。人は当たり前だと思っていることは自慢しないものです、

お金持ちはお金に権力を求めていないのでしょう。

またお金に権力などの購買力以外のものを求めるとけっこう大変になります。

私はお金はコワイと思うことはその人の今まで生きてきた生き様をさらけ出させてしまうのですね。特にQuick richの人はお金に権力まで求めることが多いようです。

金で買えないものはない!

とかですね

お金は単なる購買力或いは信用力だけなんですけどね~

ただ一つだけいえることは

お金と成功は薄暗く風通しがよい場所を好むようで決して公衆の面前にだしてはいけないようですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »