« 今頃は・・・・・ | トップページ | 高いと思われがちですが »

2013.08.03

眼科に行ってきました

みなさん、こんにちは。今日は眼科に行ってきました。糖尿人は血糖値をコントロールする必要がありますが、コントロール前の高血糖で網膜症になった場合にはその箇所はその後いくら血糖値をコントロールしても良くはならない場合があり、悪化する場合があります。これには一月毎の検診で網膜症が悪化しているかどうかのチェックが必要になります。

ほぼ二ヶ月ぶりですが視力検査をしたら少しだけ視力が上がっていました。とはいっても自分自身ではそれほど良くなっているという自覚がありません。去年の10月に急に視力が落ちてそれまで右目は1.0あったのですが10月は0.3しかありませんでした。今日は1.0まで回復したそうですが全く実感がありません。視力が回復したから網膜症は良くなったということは限りませんからね。

その後眼球の検査になり、レーザーを当てなかった目の中心はまだ症状が出ているけど血糖値コントロールが良好なので(今はヘモグロビンA1Cは5.9)二ヶ月後に来てくださいとうことになりました。これは治るというよりも悪化していないということでホッとしました。

目は視力が現状維持でも網膜症は悪化している場合もあるので油断できませんね~

血糖値は今のところ良好で朝起きがけの血糖値は今までは110代が多かったのですが最近は二日に一回は2桁になります。(ただしほとんどが90代)
今朝は80代だったので本人がびっくりしました(^_^;)

このまま血糖コントロールがうまくいくといいな~

|

« 今頃は・・・・・ | トップページ | 高いと思われがちですが »

コメント

すいかさん、こんばんは。コメントありがとうございます。まあ、今でも起床時の血糖値が140とかだとかなりまずいので気をつけていますが、最近は2桁がけっこう出るようになりました。網膜症は糖尿と同じで自覚症状がありません。普通に見えている時に症状が進行するのですね。しかも高血糖の状態の時になった網膜症はいくらその後血糖コントロールをしても治りませんしむしろ進行することがあります。

糖尿は血管が詰まって

血液がうまく循環しない=酸素が行き渡らない

状態なので目が酸素欲しさに新生血管というものを作ります。これが進行すると眼球の中に新生血管だらけになり、しかも新生血管は破れやすいので破れると視界が真っ赤になってしまうんですね。この後

網膜剥離→失明

ということになります。

あらたな網膜症を防ぐためには血糖コントロールは重要ですが過去の借金まで減らせません(^_^;)


ここ二ヶ月は血糖値の数値は正常人と変わりありません。

大抵にものは見れば糖質の量はなんとなくわかりますし口にすればわかりますね。糖質の一つの目安は炭水化物と食物繊維ですね。(意外なところでは昆布は糖質が多いです)

大体

糖質=炭水化物ー食物繊維

で出ます。今の私だと一食これが20グラムを超えると食後血糖値が140を超えるので上限は15グラムくらいでしょうね。

投稿: クロワッサン | 2013.08.03 22:22

こんばんは、血糖値のコントロールが上手くいっているのですね。慣れてくるとなんとなく糖質の値が食品を見てわかるようになるそうですが、クロワッサンさんももう、見ればわかるんではないのですか?最近は脂質は表示してる物も多くありますが、糖質はまだ少ないですね!

投稿: すいか | 2013.08.03 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/57918567

この記事へのトラックバック一覧です: 眼科に行ってきました:

« 今頃は・・・・・ | トップページ | 高いと思われがちですが »