« 経済的な考慮 | トップページ | 出っ歯の会計士(笑) »

2013.07.06

どうして英語英語っていうのかにゃ~

みなさん、こんにちは。
世の中には英語ができない人間とできる人間の2種類しかいません。ただそれだけのことで英語ができるから素晴らしい、できないからダメ人間という価値観には直ちに結びつきません。

私の経験では英語が素晴らしく会話をきくとpositiveな印象を与える日本人で日本語だと暗くnegatuveな人ってたくさんいます。また英語ペラペラでも仕事がヘラヘラ或いはヘロヘロの人は多くいます。日本人のスタッフを外資系の企業が採用する場合にはinterviewを外人が英語でやる場合がありますが、こういう日本人が紛れ込む可能性があります。私はクライアントに日本語でもingterviewさせて欲しいという要望を出しており英語だと人額が変わる日本人が多くいるということはクライアントも承知しています(笑)

自分自身のことでいうと外資系の会社に関わっています。ここはフランス系の会社なのですがフランス語は私はトホホ以下でややこしい話になると英語を使っています。これは私が英語ができるとかできないとかではなく英語でなければ仕事にならないということ以外の意味はありません。英語で意思疎通ができなかければ私はこの仕事をすることができないというそれだけのことです。

一番ばかばかしいとおもうのは日本人同士で英語で話すことですね。

これは滑稽以外の言葉が見当たりません(笑)

自分の意識の中では英語ができるとかできないとかいう意識は全くありません。ただ会話は得意だという意識はありません。

例えば会計の仕事は会計を知らないとできない、税務の仕事は税金関係の知識がないとできませんが、英語はこれを使わないと意志をクライアントに伝えることができないので使っているだけでそれ以上の意味はありません。

英語が得意でも論理的な思考が出来ない人ってたくさんいますし始めに英語ありきではないのですね。

日本人や日本の会社が英語に異常にこだわるのは英語コンプレックスからきているのでしょうか・・・・・(^_^;)

ただどんなに英語ができても日本人の前で日本人が英語で話すというのはバカの極みだしこういうことをするとインターナショナル的な笑いものになりますね~

|

« 経済的な考慮 | トップページ | 出っ歯の会計士(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/57734979

この記事へのトラックバック一覧です: どうして英語英語っていうのかにゃ~:

« 経済的な考慮 | トップページ | 出っ歯の会計士(笑) »