« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013.03.30

あの頃の気持ち

みなさん、こんばんは
私事で恐縮ですが、まだ学生の頃から今の仕事を目指していました。
なぜ目指したのか?

お金が儲かるから(実際はそれほど儲かっていないっす(^_^;))
楽だから

などなど色々な理由があります。それなりの私なりの理由はあります。

社会人になって、社会生活をするうちに、だんだんと経済的なものが大事になってきます。

一番恐れることはクライアントを失うことですが、失わないためなら何をしてもいいというと
これは違うんですよね。

例えば経営者から実際は決算の内容が悪いんだけど業績が良いように見せかけて欲しい
という依頼があったとします。こういう時にあの頃の自分の気持ちが今の私に問いかけます。

お前はこんなことをするためにあの時にこういう職業に就くという決断をしたのか?

もちろん断ればクライアントではなくなるでしょうし、経済的にはダメージを被ってしまいます。ブログには詳細には書くことができませんが、こういう判断をしたことが今まで二度あります。

答えはもちろん・・・・・・

こん(バカなor愚かな)ことをするためにこういう職業に就いたわけではない

です。

あの頃の純粋な想いなり気持ちがないと日常に流されてしまい、お金を得るためだったら
やってはいけないこともやってしまうという展開はありかもしれませんし、そうやってダメに
なった人はたくさんいます。

まあ初心忘れるるべからず

ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.29

午後のスーパー

みなさん、こんにちは。
今日は外科の検診がありましたが、その帰りのスーパー寄って買い物をしてきました。
お昼過ぎくらいの時間ですが、この時間に私のようなものがスーパーで買い物をするという
ことはあまりありません。

まず入店してびっくりするのは・・・・

あっちこっちにお婆さんばかりで申し訳程度にジジイがいるんですね。
平日のこの時間に私のようなものはあまりいません(^_^;)

あるお婆さんは私が買おうとしているカルピスサプリの前で立ち止まっています。
きっと幽体離脱中なのでしょう。

なかなかカルピスサプリを買えないので、

すいません、買えないんですけど・・・・

と声をかけてどいてもらいました(^_^;)

また私が物を買おうとすると、ミズスマシのように素早い動きでサササッと割り込んできて商品を見て買わないわけのわからんババアも生息しています。はっきりいってこういうのはウザイっす。

買い物を終えてレジに並ぶと、持ち主がいない買い物かごがおいてありました。

俺って今どこにいるんだっけ?(^_^;)
ここって日本だっけ?(^_^;)

という感じですね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.03.27

あの~(^_^;)

みなさん、こんにちは。
今日は内科の検診に行ってきました。
診察を待っている間、70歳くらいのおばさんたちが話をしていました。

ねえねえ、私糖尿病の境界線なのよ。
え~、そうなの、血糖値いくつ
190くらい(たぶん空腹時だと思います)

という話が耳に入ってきて・・・・

いや~、それは予備軍とか境界線とかではなく立派な正真正銘の糖尿病ですね。

と心の中で突っ込みました。

空腹時が190くらいだと食後血糖値は300くらいあるかもしれません。
(たぶん炭水化物は制限していないでしょう)たぶんヘモグロビンAICは二桁
でしょう(^_^;) もっと危機感もたないとエライことになりますね~

え・・・・・そういうおまえはどうかって?

私は境界線でも予備軍でもなく完全体の糖尿病でそれ以外に命名の余地なしです。
でもヘモグロビンAICは日本ベースで6切りました。さっきのおばさんよりは数値は
遙かに良いはずです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.26

急にいわれても・・・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。
昨日はアホ面してクライアントにいくとフランス人二人がなにやら
話し込んでいました。アホ面した私はとんで火に入る夏の虫って感じですが急にディスカッションにに加わることいなりました。ただ、フランス語はわからないので英語ですが心の準備ができていないので脳が英語脳に切り替わりません。もっと切り替わったとしても、もともと
大したことありませんが・・・・・(^_^;)

内容はIT関係のことで在庫の原価の処理のための取り扱いでした。

ディスカッションしたフランス人はまじめを絵に描いたような人でけっこう良いディスカッションができました。

ただ私の頭が日本語脳なのであまり彼がいっている英語がなんとなくわかったのですが
よく理解できませんでした(笑)

これは私の問題ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.22

これはなんとなく理解できますね~

みなさん、こんにちは。
ユーロ圏の中でキプロスの財政破綻が話題になっています。
財政破綻を避けるためにEU支援を求めていますがEUは支援の条件として各預金者の預金残高に課税するように・・・ということでした。

最初は理屈もへったくれもないな・・・・

と思っていたのですが、事情を知ると

まあ、当然だろうな

と思うようになりました。

キプロスは税金がかからないいわゆるタックスヘイブンだそうで、ロシアやギリシャのお金持ちの預金がここに集まるそうです。

銀行破綻を防ぐというのはこれらの預金を守るということになりますから、きっとドイツ辺りが

どうして税金払っていない奴らの預金を保護するために俺たちの税金を使うんだ

ということで納得しないでしょう。キプロス自体はそれほど大きな影響を与える国ではないのですがヨーロッパ危機を思い出されていまいますね。

またキプロス自体はこの預金課税案を全員一致で否決しました。

どうするんでしょうね。

こういう気候の良いところに住んでいる人達の発想はよくわかりません(^_^;)

いずれにしてもロシアの富豪達は預金を引き揚げるでしょう。

あ・・・・・私もキプロスから預金を引き揚げなくては・・・・・・・(^_^;)<うそつけ!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.03.20

耳を疑った話

みなさん、こんにちは。今日は寝ぼけ眼でテレビをつけたら、信じられないような話題が飛び込んできました。

東山梨消防本部で職員全員の個人の携帯電話の通話記録の提出をもとめたそうです。
これに従わない職員は転職勧告としたそうです。

ここの責任者がアップで話していました。

理由としては内部告発者を特定する(職員がアルバイトをしているという内部告発があったそうです)。まあこんなこと誰が考えてもできるはずがないということがわかりそうなものですがそれをテレビに出て堂々と話すというのは頭が変ではないかとしか考えられません。

よく特定集団を○○村といいますが、そういう特殊な環境下の集団なのでしょうね。

憲法法律ってナニソレ?(。)ホヨ?

って感じです。

まだこんな人類日本に存在していたんですね。

びっくりしたな~もう(^_^;)←全盛時代のてんぷくトリオの三波伸介さんのギャグですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.18

16歳の頃

みなさん、こんばんは
私は身長は175センチ程度ありますが体重は15年くらい前は90キロ目前でした。
16歳の頃は63キロだったのですが17歳になって急に72キロになりました。

・・・・で今は血糖値をコントロールしているために炭水化物を控えているので65~66キロ
です。社会人になって60キロ台というのは今だけです(^_^;)

別にやせようと思っているわけではないので退院した直後の59キロだった時はゲゲゲと
思いました。

多分今の体重がやせすぎてもいないし、、太りすぎてもいません。

おそらく16歳の頃の体重です。

きっと頭の中身も16歳の時のままかも・・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.16

ほんのちょっとしたことで生かされているという実感

みなさん、こんにちは。
去年の6月から入院をしてほぼ4ヶ月の長期休暇を取りました。

発端は去年のGW直後に脳梗塞になったことでした。
朝起てワイシャツのボタンを止めようとしたら5分経ってもできませんでした。

痛みなどはなかったのですが、直感的に・・・

これは頭かな~

と思いました。その後病院に行き血液検査をしたら血糖値が490、ヘモグロビンAICが14くらいでした。

でその後心臓の筋肉の一部の壊死と心臓内の血液の逆流がわかり手術になりました。

今思うとよく生きてこれたと思います。

もしあのときに脳梗塞にならなかったら・・・・・・・

多分今頃は死んでいたでしょう。当時で心臓は普通の人の25%くらいしか機能しておらずドクターいわくいつ突然死しても不思議ではないという診断でした。クライアント先で突然死という可能性が高かったと思います。ドクターいわく手術まで二ヶ月は待っていられなかったとおっしゃっていましたから。

仮に生きていたとしても血糖値は1000超えていたかもしれません(そんな数値あるのかどうかわかりませんが)。

普通これだけの血糖値をやらかすと、腎臓が悪くなり人工透析だったり、血圧が高くなるということになりますが幸いこれら二つは今のところ正常です。これは幸運でした。

おそらく血糖コントロールの知識もなかったと思うので高血糖にも拘わらず炭水化物をとって節制した気になって血糖値のさらなる上昇が起こっていたでしょう。

去年の4月にモーツアルトのレクイエムの演奏に合唱として参加してからの状態なので
私もこれで思い残すことがなく旅立ったという言葉を頂いたことになるでしょう。

今はドクターから食事の制限は受けていないのですが自発的に炭水化物を制限して血糖値の上昇を防いでいますから不便さを感じていますが、死んでしまったら何も食べることはできませんよね。仮に私が霊魂でこの世を彷徨ったとしてもアイスがあってもそれを見ているだけで食べることはできないというのは辛いかもしれません。今は食べようと思えば食べることはできますし、低糖質なアイスやチョコレートも販売されているのでストレスは全くありません。

人間は最後には必ず死にますが、死というのは自分には縁遠いものではなく常に死の
現象は自分の近くにあるということを思い知りました。

この後はどういう展開が待っているかわかりませんが、できたら残りの寿命を私らしく全うしていきたいですね~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.03.15

困ったスポーツバカ達

みなさん、こんにちは。
柔道のパワハラで問題になった全柔連がまたまた問題を起こしました。

私の偏見を入れて考えると、こういう日本を代表する人たちは子供の頃から神童扱いで
何をしても許されるという環境があったのではないかと思います。

それはそれでいいのですがこういう人たちが大人になると色々な社会のルールを理解する一用があります。今回は助成金の流用ということですが、助成金の元は税金(宝くじだったでしょうか?)のような元々全柔連のお金ではないものを利用させてもらうので当然に帳簿の類をキチンと整備しなければなりません。

実際に行ったことはこの個人の口座から打ち上げなどの飲み食いの費用として使われたそうです。上村会長によればこのお金は2000万円くらい残っているそうです。

強化委員の個人口座などで管理されてきており、上村会長は「全柔連の会計ではないので、詳細について把握していなかった」と弁明した。
だそうです。上村さんは柔道選手としてはかなりの実力者だったと思いますが、それがこんなトホホな責任逃れの発言とは・・・・・墜ちた英雄という感じです。

これについては帳簿はつけておらず、税金の問題も出てくると思います。

個人的に受け取ったコーチには所得税違反(金額によっては逮捕されない
かもしれまえんが)、ともちろん交付した助成金の返還でしょうね。

柔道や野球などスポーツに打ち込むことは素晴らしことですが、それに加えて立派な大人になるためには社会のルールもきっちりと勉強しなkればなりません。

今回の件はスポーツバカのなれの果ての一例ということだと思います。

もちろんちゃんとした社会人になっている元スポーツバカもいるでしょうが、こういうみっともないことは止めて欲しいですね、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.14

他人のことはいえませんが・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは、
松村邦洋さんといえばビートたけしの物まねが上手なデブなタレントですよね。
東京MXテレビを観ていると彼が出ている旅行記(主に食べ物記)のスポットが
出ています。

松村さんはどのくらい深刻なのかはわかりませんが糖尿病のようです。

これを自分の症状に当てはめて考えると、例えばご飯を丼飯一杯食べると食べた瞬間に血糖値が200以上上昇します。空腹時の血糖値が100とすれば食後の血糖値は300くらいになります。

テレビ的に松村さんに期待するのはデブの大食いなのだと思います。

以前東京マラソンで心筋梗塞で倒れましたがこれは糖尿病だからでしょう。

テレビを観ている側からすると面白いですが松村さんはある程度命かけています。

糖尿病の人が委細かまわず血糖値コントロールのケアーをしなければその後悲惨な生活が確実に待っています。

目が見えなくなる
人工透析
脳梗塞
心筋梗塞
足の切断

これら合併症といわれるものが一つ一つではなく出てくる時はドバーっと複数現れます。

仮に目が見えなくなって、人工透析して、足を切断したら生きる希望がなくなってしまいます。

ちなみに織田信長やJSバッハも糖尿病だったそうです。

バッハには糖尿病ミサ曲を作って欲しかった・・・・(^_^;)

糖尿病の有名人を見ると命かけてまでやることなのかな~と思います。

受け売りですが、血糖値がずっと高い状態よりも空腹時は100で食後200というグルコーススパイクという現象が一番血管を痛めるそうです。松村さんが大食いを続けている(特に炭水化物を摂っている場合)このグルコスパイクがしょっちゅう起こっています。

ホンジャマカの石ちゃんは糖尿病かどうかわかりませんがステーキを食っている限りは血糖値は上がらないようなので肉肉いっているうちは大丈夫かもしれません。

糖尿病タレントにはもっと自分の体を大切にして欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.06

クレイマーばあさん

みなさん、こんばんは。
今日は内科の検診でした。

順番待ちのために並んでいるとおばあさんが内科の受付に何度も行ったり来たりして
いました。自分の番号が呼ばれないというクレームでした。この病院は他の病院と違って何時間も待つことがないのが気に入っています。

受付の人はけっこううんざりした顔をしていました。

最後にお金の精算を自動精算機でするとあのクレームばあさんがいました。
数秒操作をすると・・・・

やっぱりね・・・・

といいながらまた内科の受付の方にいきました。

こういうのは嫌われますね(^_^;)

依存心が強いのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんのちょっとしたことで・・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。
私には実は危険日というのがあります。これは仕事が忙しくて私にしては珍しく時間に追われている時に、ふとした時間が一瞬できた場合にとんでもないことをやらかすということなんですね。

これはオーディオ関連でよく起こります。
パワーアンプ買った時も危険日だったしLINNのCD12を買った時も危険日でした。

この危険日というのは私の現状から合理的に考えるとあり得ない散財をするということが多いです。例えば大型のベンツを買うとか・・・・(実際私は運転できないのでこれはあり得ないのですが)

昨日がまさに危険日MAXという感じでついフラフラとアンプを注文してしまいました。

きっと私とオーディオつながりの方はどんなアンプをやっちまったかというのは軽く想像できると思います。

そうあれですよ(^_^;)

一応髪の毛をかきむしってかなり悩むのですが・・・・・

きっと傍から見ていると面白いと思います(笑)

でやっちまった後は呆然で・・・・・

俺ごときがこんなもの買っても世間的に許されるのかにゃ~

などと恐怖におののいたりしています。

まあ済んだことはことは忘れて・・・(^_^;)<気楽な性格でいいな!

窮屈なスケジュールに戻りましょう。

一瞬だけどいい夢みますた(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.02

お金の奴隷

みなさん、こんばんは。
先日ネットを見ていたらある税理士さんがお書きになった記事でお金持ちは財布の金額の200倍の年収があるという趣旨の記事がありました。

ちなみに私の財布は100円ショップの財布なので年収はMAX2万円です(笑)

これはこの税理士さんの経験では

お金持ちは二つ折りの財布は使わずに長尺の財布を使う
お金にとって居心地がよくするように財布に領収書などを入れない
お金持はお札入れと小銭入れを分けている

そうです。

ということでお金をたくさん得たいならば、良くて長尺の財布を持つというのがこの税理士さんの持論のようです。

まあ、個人がどのような持論を持とうが我が国では言論の自由は憲法21条で保障されているので問題はありません。ただあまり変な持論を展開すると・・・・

あ・・・・この人絶対に変

ということになります。

私のこの記事への理解はお金持は→良い長尺の財布を使っている、財布の中に領収書などを入れない

という彼の経験から

お金持になるには→良い長尺の財布を使っている、財布の中に領収書などを入れない

という論点を微妙に置き換えたような気がします。

お金が欲しくない人はそんなに多くはないと思いますが、お金が欲しいので財布がなんちゃらかんちゃらというのはお金の奴隷になりかかっているような気がします。

お金は生きていくには大切なものですし、これがないとオーディオのアンプは買えませんがそれを得るために変な宗教のような持論や友達を売ったり裏切ったりして得るものではありません。

お金の奴隷になると悲惨な結末が待っていますね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »