« 消えた30キロの肉(^_^;) | トップページ | 無謀な挑戦 »

2012.09.29

心が折れる時

みなさん、こんにちは。

感染症になって二回目の入院になり緊急手術をしたときにICUに3週間いました。
その時はドクターは私が自力で呼吸ができな可能性があることも考えたようで
この場合は気管支切開をするという話(けっこうコワイ)がでていました。

また肺炎にもなっていて、肺に穴を開けるという話も出ていました。

今思うと可能性の話なのですが、特に気管支切開はのどを切ってそこから管を入れて気道を確保するという説明を受けて・・・・

たとえ命が助かっても社会人としてというかビジネスマンとしては突然終了なんだな・・

とさすがにお気楽な私も心が折れました。

ただドクターや看護師さん達がいろいろと励ましてくれて、別にビジネスマンとして
突然終了しても生きる屍になったわけではないし、生き方は色々あるよな~と
考えたら復活しました。

幸い今は自分自身で呼吸ができていますし、肺に穴をあけなくてすみました。

この病院では単に手術や治療だけではなくすばらしい人物との出会いもありました。
色々ありました有意義な時間で私にとって必要な4ヶ月でした。

|

« 消えた30キロの肉(^_^;) | トップページ | 無謀な挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/55775537

この記事へのトラックバック一覧です: 心が折れる時:

« 消えた30キロの肉(^_^;) | トップページ | 無謀な挑戦 »