« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »

2012.07.22

何をみますか

みなさん、こんにちは。
大人になると経済的な要素が結構重要になってきます。

そこで経済的に満足がいかない場合には、自分は不幸だ・・・と思うことが多いようです。

ポイントは何をみて生きるかということにつきると思います。

例えば朝起きた時に・・・・

目が見える
ちゃんとしゃべることができる
どこの体が悪いところが感じられない

これってすばらしいことですよね。

仮に月収が100万円以上あっても健康でないと幸せを感じることができないでしょう。

そしておなかが減ったら空腹を感じ何かを食べたくなる・・・

これだけでもすばらしいことです。

昨日は法事があり鰻重の特上を食べることができました。

もちろん文句なしにおいしかったです。

今日はセブンイレブンであさりご飯を食べましたが値段は特上の鰻重とは全然違い
ますがこれもかなりおいしかったです。

自分の足りないところを注目してそれをクローズアップして失意の日々をすごすか、自分が恵まれている部分を感謝して日常を過ごすか・・・・何を見て生きていくかによって人生の幸せの度合いがかなり違うものになると思います。

ちなみに、アサリご飯を食べたあとはチャイコフスキーとラフマニノフのピアノ協奏曲を聴いています。幸せだにゃ~(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.07.21

がん首そろえやがって!!

みなさん、こんにちは。
昨日ユーロが円に対して急落して1ユーロ95円台になりました。
95円台というのは記憶にないレベルです。

まあユーロ圏とはいうものの烏合の衆的な感があり、結局ドイツにおんぶにだっこですが
ドイツはそれほどおんぶにだっこするつもりはなく・・・

さらにスペインの国債の利回りが7%台ととんでもないレベルになり、さらにLIBORという
ある種の基準金利が不正に操作されていたということが明らかになりました。

ヨーロッパってこの程度なんでしょうか・・・・

経済成長を謳歌していた中国もヨーロッパのこのヘロヘロの影響を受け厳しい状態に
なっていますね。

ヨーロッパの各国のがん首いくつあっても結局何もできないのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.18

健康って本当に大切ですね

みなさん、こんばんは。
6月1日から入院して心臓の血管のバイパス手術をやりました。

私の場合は医者いわく  相当に心臓が悪かったそうで、いつ突然死しても不思議では
ない状態でした。また、心臓にとって大切な血管が詰まっているだけではなく心臓の収縮が
きちんとできないので心臓の中で血液が逆流を起こしているという状況でした。

このためぶ手術は心臓を止めて行う方針でした。

ところが心臓を止めるとますます心臓は弱り私の場合は手術に耐えられない可能性が
10%くらいあるということでした。

この話を聞いてから手術まではまさに死の恐怖との戦いでした。

ブログではあまり私自身の家族構成とかに触れることはありませんが、私には
子供が二人います。

一年前に妻と死別しました。

妻の後を追うのはそれほどでもないかな・・・と思いましたが、子供達が一年で母親と父親が相次いで死亡するには可哀想です。

まだ父親が必要なのでまだ妻のところへは逝けない・・・・

という思いが強くなりました。

結果的に手術直前に血液の逆流が改善されていたので、心臓を止めないで手術を
することになり、失敗するリスクがかなり減りました。

幸いなことに今日退院しました。

健康であることって、
生きていることって

すばらしいことですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »