« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.12.31

今年もお世話になりました

みなさん、こんにちは。
今日は大晦日ですね~

個人的にはお休みは28日で終わり、29日から仕事始めって感じで毎年年末年始という
感じが全くしません。今日も大晦日というよりは普通の一日です(^_^;)

今年は日本では未曾有の大災害が起き、それらの対応についていわゆる「体制」という
のが

何も考えていない
責任逃れが多い
想定外だった・・・

などなど信頼に足るべき存在ではないということが一層明確になりました。

アメリカやヨーロッパは危機的な状況で、最近はヨーロッパ機器のみクローズアップされますが、アメリカの財政危機も深刻で今年の秋には債務の上限を引き上げるという決定が
なされなければデフォルトになる可能性さえありました。

ヨーロッパでは国の信頼が低下し、国債の利回りが5%とか6%とか(それだけ国債の価格が下がるということだと思います)で先日のイタリア国債はギリギリ7%を割る水準でした。

この両巨頭がヘロヘロなので消去法から円に投機マネーが向かい結果として円が高く
なる現象が続いていますが、日本政府は何ら手を打てません。

さらに、電力の供給が不安定であること、税制の問題がかつて橋本内閣が5%から7%
にアップしたあのタイミングの悪さを教訓とせずにあの増税バカは同じ愚を繰り返そうとしています。

ようするに日本でビジネス(特にメーカー)するんぢゃね~よ!!

的な対応を日本政府はしています。

こういう状況下で日本の財政もアメリカ、ヨーロッパの両巨頭と似たようなものなのですが
それでもこんな低金利で国債を発行することができるというのは個人的には信じられません(^_^;)

などなど普段思っていることを書きましたが、政府はどこか離れ小島にでも移って我が国とか全く関わりがないところで活動して欲しいと思う今日この頃です(笑)

来年もつらつらと戯言を書くと思いますが、よろしくお願いします。

みなさんに良い年が訪れますように・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.27

隣の芝生はよく見える(笑)

みなさん、こんばんは。
フリーランスの人からみると勤め人ってうらやましく見えるんですよ~

社会保険がある
給料をもらえるということが安定している(人によっては保証されていると思っている)
仕事がある

ということで安定していると思っている人が多いみたいっす。
特に勤め人経験がなかったり浅かったりすると一層その傾向が強いようです。

勤め人からみるとフリーランスは(昔はSOHOとかいっていたようですね(^_^;))

通勤しなくても良い
人間関係に煩うことはない
経費が色々と認められている
自分のペースで仕事ができる

などなどですね。

私は両方経験しましたが、実は仕事のやり方は勤め人の時とほとんど変わっていません。

フリーランスの意味ってあまり深く考える人はいないみたいなのですが、本来の意味は
どこにも属さないという意味になるんですね。

ふりーだからといって自由かというとそうでもなくどんな仕事でも納期(デッドライン)が
ありそれに間に合うように仕事をしなければならないのであまり自由ではありません。

では勤め人は安定しているかというと、最近はそうではないようです。

社会保険は保険料がばかにならず特に厚生年金の掛金は給与明細をみると
びっくりしますよね>勤め人のみなさん

また勤め人は給与で経費が認められていないようの思われますが、もらう給与そのもの
が課税されるわけではなく一定の経費を計算してそれを差し引いた金額をベースに
課税されます。しかもそのみなし経費はそんなく少なくはありません。

勤め人かフリーランスかは仕事をする環境が違うだけでどっちがどうとかいうことは
ありません。

フリーランスになったからといって人間関係に気を遣わないでいいかということそんな
ことはなく(クライアントとの人間関係ができますからね)一緒です。

以前SOHOブーム(って知らない人が多いかもしれませんが)になった時に
人間関係に疲れたからSOHO(フリーランス)になった・・・というトーンの人が
けっこういましたが、

人間関係=コミュニケーション

ですからこれができないと勤め人もフリーランスも無理でしょう。

え・・・私はどうかって?

そらあ・・・もう・・・・アレでおます(^_^;)<何言っているかわかんないぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.26

いい加減にしたら・・・・・(^_^;)

みなさん、こんばんは。
今日は青葉台に出かけました。SSDを見にいったのですが一般的にイマイチのようで
石丸電気にはありませんでした。

お腹が減ったので&肉が食いたかったので松乃屋という松屋みたいな名前のとんかつの
お店に入りました。(松屋グループなんですね(^_^;))

食券を買おうと自動販売機にいったらお店のおばさんが食券機の前でなにかトラブっている様子なので直接お金を払って注文しました。

私が食べている間ず~~~っと食券機の前で何かもめていました。

そのうちに段々と声が大きくなり、奇声が出てきて(^_^;)、食事する雰囲気ではなくなって
きました。

あの近辺は・・・・

松屋
やよい軒
上島珈琲
ラーメン屋
大江戸

などが隣接しており競争が激しいのでこんなことしていると潰れてしまうでしょう(^_^;)

え・・・・私ですが・・・青葉台のこの店は二度といきません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.25

修正もほどほどに(笑)

みなさん、こんにちは。
先日テレビを観ていたら写真の修正を取り扱っていました。

まあプリクラレベルであればカワイイものですが・・・・・
まあ、お見合い写真レベルであれば・・・あんまりカワイイものではありませんが(^_^;)

実際に修正している作業を移していましたが、顔のほくろやシミは簡単に消すことが
できますし、足を長くすることもプロポーションを良くすることも可能でした。

しかも自然に・・・・・・・

ようするに極論すれば私の写真をイケメンでカッコいいモデルのようにすることも
可能なのですね。

ということでこれが個人使用だけであればカワイイものですね・・・で済むのですが
コマーシャルベースで行われるとどうなるのか・・・・・

番組ではファッション雑誌の表紙を飾るような写真はほとんど修正が入っているといって
いました。私は女性でないのでよくわかりませんがその表紙の女の子のようなプロポーションを得るために一生懸命努力しても、その表紙の女性は実在しないということが
あり得ます。

アメリカではコマーシャルベースの写真の修正について一定の制限や表示を義務づける
ようです。

また、仕組みはわかりませんが修正された部分を発見するソフトも開発されたそうです。

お~ らでゅきゅらす!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.12.23

将来のオリンパスに発展しそうな・・・・

みなさん、こんにちは。
先日オリンパスの強制捜査という展開になりましたが、将来のオリンパス問題に発展しそうな話がありますね~

それは・・・・・今更ですが東京電力です。

さきほど東京電力の第二四半期の決算短信を見たのですが、連結ベースですが自己資本
が1兆円弱でした。

福島第一を廃炉にするために東電は9400億円を廃炉費用として処理するそうですが
実際はいくらかかるかわかりません。政府の第三者委員会は1兆1510億円と見積もった
そうですが、これを全部処理すると東電は債務超過になります。

9400億円処理しても自己資本はほぼ0となります。

私見ですが、債務超過にしたくないので廃炉費用の全貌はわからない・・・という
ことになっているみたいです。でも見積もれるのに見積もらないというのは粉飾決算に
なってしまうような気がします。

ところで東電を監査している監査法人は・・・・・あのケムンパス・・ぢゃなくてオリンパスを
監査している新日本監査法人です。(^_^;)

ちょっと呪われていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.21

あぶないっすよ~(^_^;)

みなさん、こんばんは。
今日は通勤電車は急行に乗りました。急行はもちろん混んでいますが私の前に座っていた中年の紳士がノーパソコンを開いていました。Macだったと思いますが、サイズは私の愛用のThink padのTシリーズよりも大きかったでした。

満員電車で大きなノートパソコンを開くとどうなるか・・・・・・

危ないですよね。

画面が私の手に当たり、電車の揺れ具合によっては私がノートパソコンに激突する
可能性がありますがそれでもこのおっさん(おいおい中年の紳士ぢゃなかったのか(笑))
は集中してパソコンを操作していました。

私はアクシデントでこのMacを壊してしまいトラブルになるのが嫌なので、このおっさんに

あの~、危ないのでノートパソコン気をつけてください・・・

というと(気の小さい&気の弱い)私の顔をジロリと3回くらいにらんでMacを少しだけ
閉じ依然として作業を続けていました。

バカにつける薬はないとはよくいったものだな~

と思いつつ無事に目的駅に到着しました。

実は私も時々電車の中でノートパソコンを開きますが、前に人がいるときは危ないので
決して開きません。

昨日は色々な人にぶつかられるし・・・・・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.20

すげ~(^_^;)

みなさん、こんばんは。
今日の夕食は久しぶりに王将のレバニラ定食を食べました。カウンターの席だったのですが私の両隣が凄かった・・・・・

右隣の人(男性)は

ビール
ラーメン
チャーハン
餃子2人前

を注文していました。これを楽々完食しました。私も元々は大食いでデブだったのですが
最近は節制をしてデブから脱出したのでこんなに食べることができません。全盛期だったら軽く完食できたでしょう(^_^;)

左隣の人は細い女性でチャーハンの大盛りを注文していました。

大盛りは大盛りというだけあって量がすごい(王将は量が多いですよね~)のですが
これだけではなくチャーハンの大盛りだけだとどうしても味に飽きてしまいます。

ところがこの女性は最初は胡椒ををタップリとかけチャーハンの頂が胡椒で黒く
なっていました。

それを携帯メールを見ながら少しずつ食べてさらに飽きると醤油をかけ・・・・

完食しました。(^_^;)

強者2人は凄い

私はレバニラ定食のご飯を半分くらい残し後は完食しましたが、もう、大食いは
できなくなりますた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.18

予断を持たないほうがいいですね

みなさん、こんばんは。
オリンパスは大きな問題に発展し、その後12月14日までに第二四半期の決算書を(無事がどうかわかりませんが(^_^;))提出して、即上場廃止は免れました。ちょっと考えるとどうして第二四半期の決算の提出がこんなに遅いのかという疑問がありますが、それは今期(平成23年4月1日から始まる事業年度)から、過去の決算に大きな間違いがあった場合はその時点まで可能な限り遡って過去の決算を修正するという取り扱いに変わりましたがそのためだと思われます(けっこう会計詳しいでしょう(笑))

もし、1990年からオリンパスが不正な決算をやっていたとすると1990年の決算書から修正しなければなりません。

しかも、オリンパスは過去の時点で証拠隠滅を計るために資料を廃棄していたということなのでよく過去の決算を遡って修正して第二四半期の決算書を提出できたよな・・・と思います。また、これらに対して会計監査を済ませなければならず一層の困難さを予想しましたがなぜか提出することができました(^_^;)

なんとなくですが、オリンパスは上場廃止にさせない・・・という意思を感じるのですがそこは予断を持たずに是々非々でやってもらいたいと思います。もし、上場廃止になったとしても本業がしっかりしていれば再上場も可能ですからね。

変に取り繕うとかえって日本市場の信頼性が失われてしまいます。

信頼性を失うのは「政治」だけでたくさんですよね(笑)

これらに関わった歴代の取締役の責任はもちろんですが、知らなかったという取締役も当然責任があります(これは結果責任)彼らは「晩節を汚す」ことになりますが、それでも自分がやった(あるいは何もやらなかったことの結果責任)ことの責任は果たす必要がありますね~

今頃自分の財産の名義を家族名義に移している人がいたとしたら最低ですね。(もっともそれは認められないでしょうが・・・・・(^_^;))

また、この際会計監査に関わった監査法人(あずさと新日本)の判断が適切だったのか徹底的に検証して欲しいと思います。

会計監査の場合は仮に不正を見抜くことができなくとも、それは会社が巧妙に隠蔽して詐欺に近い行為を行った場合には監査法人の責任は追及されません。

ダメなモノはダメ

という姿勢が大事ですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.12

飛行機からの光景

みなさん、こんばんは。
街はクリスマスという感じが強くなってきましたね。

先日山口まで出張に行ってきました。ここは年に3~4回はいくのですが、今回は
飛行機からの光景に見とれていました。

山口宇部空港に近づくと海が眼前に拡がります。

よくみると小波が無数にあります。青い海に白いもの生まれては消えていき
これが無数といっていいほど繰り返されます。

中にはそこに船が通り小波を破壊していきます。

私の好きな一節に・・・

ゆく河(実際の光景は海ですが(^_^;))の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし

と世の無常を表したものがあります。

まるで無数の小波が生まれてから終わりまでの人の寿命にみえました。人生は80年くらい
ですが、それは地球規模で考えると一瞬でまさに小波が生まれてから消えるまでの間の
儚さのようです。

船で小波が破壊される様子は不意の事故や病気などで寿命を全うできなかった
ように見えました。

言い換えると、出会いがあれば別れが必ずありますよね。(生き別れ、死に別れ)

と客観的にみると問題はないのですが、これが自分の周りで起きるとけっこうダメージが
大きいものがありますよね。

何がいいたいのかわかりませんが・・・・・(^_^;)

限られた時間の中で、しかも、船が通り寿命を全うできない場合でもいつそれがくるか知らない状況で私たちは生きているんだな~とその光景を見ながら改めて感じました。

その制約された環境の中で悔いを残さない(全く悔いを残さないのは私のような凡人は無理かもしれませんが(^_^;))ように人生を全うできれば幸せだなと思いますね~

また生まれた小波はまだ幸運なのですね。生まれることすらできない小波も無数にあるでしょうから・・・・・・

と、飛行機の上からの光景を見ながらそんなことを思ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.03

ありがたいっすね

みなさん、こんにちは。
私の仕事はどちらかというと表舞台に出ることはなく裏方とか黒子の役割が多いのですね。

ところがたまにですね・・・・・クライアントがパーティーをやる時にお声がかかります。

まあ、お声がかかるといってもそこで漫才をやるとか、歌を歌うとかという類ではなく
招待してもらうことがあります。私はどちらかというと(特に実際に会ったことがある人は
ご存じだと思いますが)派手というよりは地味で、はっきりいって華やかな場所には似合いません(^_^;)

先日はチョコレート関係のクライアントからお声がかかって、ただボーっと立っていました。(枯れ木も山の賑わい(^_^;))

シャンパンは美味しく、オードブルやチョコレートを使ったデザートは絶品でありました。

また、ここで久しぶりに会った人も旧交を温める機会もありました。

私はどちらかというと業界人ではないのでほとんどが知らない人だったのですが、その中でも久しぶりに会った何人かのフランス人が私のことを覚えてくれていたのが嬉しかったですね。

夢のような非現実的な一時でした。

え・・・・今は何をしているかって?

それは・・・もう・・・・

現実に対処です(笑)

お疲れ様でした!>クライアントの人達

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »