« アップルの思い出 | トップページ | そうだったんっすか・・・・・(^_^;) »

2011.10.07

プロ野球

みなさん、こんにちは。
子供の頃はプロ野球が大好きで毎日テレビにかじりついていました。

いつの頃からでしょうか・・・・・プロ野球を見なくなったのは・・・
今はジャイアンツの4番は誰だかわかりません(^_^;)

思いつく選手は

阿部
高橋よしのぶ
内海
ダルビッシュ
田中
岩隈
ゆうちゃん

辺りでしょうか・・・・もちろんもっと知っている選手もいますが仮に街ですれ違っても
わかる選手はこんなものです。

とはいうものの・・・子供の頃からプロ野球ってゴタゴタが多い不可解な世界だな~と
いう印象もありました。これは大人になって一層そう思います。

特に今だと中日のケースですね。

中日は落合監督の契約を更新せずに高木守道氏を監督にしました。
その理由は勝つことに執着して観客動員数が落ちている・・という
ことでした。

まあ、これはわかりますがどうして今頃高木守道氏なのか・・・・
高木守道氏はドラゴンズ一筋で選手時代もどちからというといぶし銀的な
選手でしたが長嶋氏や王氏と同時代に活躍した人でドラゴンズOB以外の
理由が見当たりません。

むしろ立浪氏辺りのほうが・・・

と思いますがまあ、それは経営の問題なのですで、一応

アリ

としましょう。

私が疑問なのはコーチなんですね。落合氏と共に退団するコーチは11人だそうです。

これは異常です。

優勝できずに低迷しているチームのコーチをてこ入れするのであれば理解できますが
ドラゴンズの今の体制を構築した基礎の人材をこれでは・・・(もちろんその中でも
より強固にするための入れ替えはあると思いますが)

はっきりいって球団のフロントって本社からはあまり評価されていない人がいくことが
多く、また、OBなどと変な人間関係で結びついているケースも少なくないようです。

ドラゴンズの方針も

OBを中心に・・・・・

ということで懐かしの顔ぶれぢゃないわけですからね(笑)

もし落合監督の野球が面白くなく動員数が落ちているということであれば、観客動員数
の責任まで監督が負わなければならないものなのでしょうか。

それってフロントがバックアップする必要があるはずですよね。

また、発表のタイミングが大事でシーズンが盛り上がっている最中にしかも監督不在で
発表したのはびっくりしたと同時にこのフロントのレベルがわかってしまいましたね。

プロ野球はまず勝つことですよね。そのプロが選手であり、監督であり、コーチになります。
勝つと選手の年俸が高騰するので2位でいいとかいう人もいるみたいですが・・・(^_^;)

今回は寡黙な職人とそれほど能力のない商人(球団経営者)の図という印象があります。

今回も何度かダメで追い出された人達がコーチとして復帰するのでしょうか・・・・(^_^;)


|

« アップルの思い出 | トップページ | そうだったんっすか・・・・・(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/52929598

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球:

« アップルの思い出 | トップページ | そうだったんっすか・・・・・(^_^;) »