« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011.10.27

ある意味すごい(笑)

みなさん、こんばんは。
以前大王製紙の一族の元会長が80億円借りて25億円返済(といってもきっと一族の人達が大王製紙の株などで返済したのでしょうが・・・)して残り55億円がなんちゃらかんちゃら・・

という話題に触れました。

その後の調査では子会社からのう回融資(一旦他の子会社に貸し、そこから井川氏に
振り込んだ)も入れると総額100億円以上だそうです。

しかも投資に使ったとか・・・ではなく全額バクチに投入した負けたそうです(^_^;)

これを自分のお金を使って100億負けたならある意味尊敬しますが、他からお金を
持ってきてそれを使って負けたというのは単なるカスとかクズとかしかいいようがないです。

このカス(またはクズ)は近い将来特別背任罪で懲役になると思います。

彼に比べるとまだ10億円しか負けていない私はカワイイものだにゃ~(^_^;)<見栄張るな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちゃんと話さないと終わりますよ~

みなさん、こんばんは。
オリンパスの騒動がまだ収まりません。

菊川氏が社長と会長を辞任し(取締役には留まるようですが)後任の社長が
記者会見をしていました。第三者委員会を立ち上げるとか、M&Aには不正はない
とかおっしゃっていましたが、それをサポートするようなものはありません。

また、第三者委員会といってもオリンパスのご用集団では何の意味もありませんが
人選についても新社長の高山氏は歯切れが悪かったです。

一方解任されたウッドフォード氏はFBIと面談したり、M&Aに問題があったという
具体的なものを出して論陣をはっています。

もちろん私はどちらも知らないのですが、ネットで公開されている資料、主張の具体性
FBIや証券監視委員会のようなものにウッドフォード氏が全面的に協力している
状況を見るとどちらに分が明らかなような気がします。

もし、M&Aに不適切な支出があった場合は菊川氏(だけではないかもしれませんが)
単に辞任しただけでは済むわけはなく巨額の賠償を負うことになります。

私が切に願うのは・・・・・・

日本の会社は何をやっているかわからない・・・

という国際的な評価の道筋を作らないで欲しいというただ一点だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.26

幼児虐待

みなさん、こんにちは。
先日テレビを観ていたら安達祐実さんは内山君の子役時代のMAX月収の話題でした。
2人とも大体1800万円くらいあったそうです。

私の倍か・・・・・(^_^;)<うそつけ!!

子役は芸能の部分では天才的なものがありますが、精神的な部分では子供は子供で
ちゃんとして大人に育つためにはそれなりの時間とそれなりの環境が必要だと思います。

とここまで書くと誰のことをいっているのかわかりますよね~

先日久しぶりにあの子役をみました。今はテレビではみない日はなくCMも12社と契約しているそうです。表情をみて愕然としました。顔に疲労を浮かべてそれでも(営業用の)笑顔
を作っていました。

プロの鏡だと思いますが・・・

おそらく安達祐実さんや内山君たちよりも彼女の収入は多いかもしれません。

これは親を始めとする彼女の周囲の大人が悪いというか、お金に目がくらんだとしか
思えません。

子役が重宝されるのは子供が大人顔負けの演技力があったり歌が上手だったり
するわけで大人になって演技が上手でも歌が上手でもそれだけでは注目されない
ことが多いですね。

まさに賞味期限が限られていますが、彼女の親は彼女の将来をどう考えているので
しょうか。

子供店長やポニョの子供はそれなりにセーブしているように思えます。

大人の金銭欲に犠牲担って欲しくないと思いますし、児童相談所は動き出すべきでは
ないでしょうか・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.20

大きな問題に発展するかも・・・・

みなさん、こんにちは。
先日オリンパスの社長が突如解任されました。

その結果10月13日に2500円近くつけていた株価が今は1400円ちょっとの水準まで
急落しました。この社長はウッドフォード氏という方で今年の4月にオリンパスの社長に就任しその僅か半年足らずで解任されました。

オリンパス側の解任の理由は資質を見抜けなかった・・・・経営を混乱させた・・というどちらかという具体性がなく抽象的な理由でした。

ところがウッドフォード氏からの反論は意外なものでした。

過去にオリンパスが行った企業買収に疑義があるということでした。

例えばオリンパスが過去に買収したジャイラスという会社の案件でアドバイス料として
コンサルティング会社に払った手数料は買収金額の36.1%に相当するそうです。

支払った金額は6億8千7百万ドル(っていくらだ?当時のレートで687おくえん)

通常は買収金額の1%程度でこの手数料は高率高額です。

この支払の方法も単純にキャッシュで払ったのではなく優先株だとかオプションなんちゃら
かんちゃら・・・・で結構複雑な払い方です。

さらにこのコンサルティング会社はケイマン諸島に登記のあるアグザム・インベストメント(Axam Investment)と、ニューヨークに登記のあるアグゼス・アメリカ(Axes America)という
会社であり、簡単にいうと得体の知れない会社のようで、ウッドフォード氏が両社に対して
コンタクトを取ることができなかったそうです。

またウッドフォード氏はこの買収をプライスウォーターハウスクーパーズという会計事務所(これは世界にネットワークを持っている巨大な会計事務所です)に調査を依頼しその
結果として

「不適切な行為が行われたと確信することはできないが、現段階では不適切な行為が行われた可能性を排除することはできないと考えられる」

という趣旨の報告書だったそうです。

これを基に日本の責任者に退任を迫ったのですが逆に解任させられた・・・という
ことのようです。

オリンパス側はこのウッドフォード氏に対して法的な措置を考えているようですが、展開
によっては不正経理まで発展する可能性があります。

これだけでは判断することはできませんが、主張の具体性、ウッドフォード氏がその後
証券取引等監視委員会に調査を依頼したということを比べると明らかに・・・・(^_^;)

本当にオリンパスは法的措置を実行できるのかにゃ~

いや~、本当にオリンパスと関わらなくて良かった(^_^;)<お前なんか相手にしないぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.17

理解されない能力

みなさん、こんばんは。
あまり能力がありすぎると凡庸な(特に頭が固い(^_^;))人には理解不能なことって
ありますよね?

以前に一緒に仕事をしていた後輩で珠算の能力が人間を超えている人がいました。

私たちが通常電卓で計算するものを暗算で計算してしまうのですね。

しかも計算している様子がボ~ッとしているので知らない人が見ると仕事をしている
ようには見えません。しかも計算速度はすさまじく早い!!

幸い私はそろばんは初段なので彼には遠く及びませんが、彼の能力のすごさは
なんとなく想像することができます。

会社によっては数百枚の棚卸資産のリストでページ毎とか製品毎の小計が
ないものもあり、これを検算するのは大変ですが、彼に任せると

かる~~~~く

できます。

会社によってはこういうケースはコンピュータでちゃんと計算しないで
一ページ印字する毎に1,000,000づつ加算するなどで架空の在庫を
計上する可能性もあるのでケースバイケースですが、この地獄の検算が
必要になるときがあります。

仕事が無事に終わり彼にアドバイスしました。

私はあなたの能力のすさまじさは理解できるけど中には想像すらできない人も
いるので、面倒かもしれないけど、電卓とかそろばんを使っているふりを
したほうがいいよ~

と凡庸の私がいってみたりします(^_^;)

ずば抜けた能力持っている人ってある意味大変ですよね。
世の中は(私も含めて)凡庸なる者が多いですからね~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

返せばいいというものではないですね~

みなさん、こんにちは。
以前に当ブログで大王製紙のオーナー前会長が80億円借入をし、そのうち55億円の
返済はまだなされていないということに触れました。

この張本人の井川という人ですが、彼本人や親族は所有する自社株(大王製紙の株式ですね)で全額返済する意向だということでした。

でも・・・・・

お金を返せばいいというものではありません。

中にはちゃんとした契約書とか会社の取締役会の承認なく行われたものもあるそうです。

もっともこれが契約書があり取締役会の承認がありという正規の手続きで行われて
いたとしても使途が不明なので問題がありということになるでしょう。

最終的には特別背任で検察の特捜部が動くようですね。

何に使ったは特捜部の調査で明らかになるでしょうけど、会社のトップをやるからには
やってはいけないことは知らないといけませんね~

話題は変わりますがオリンパスもちょっと変な社長解任です。

4月に就任した社長がもう解任されてしまいました。
オリンパス側の説明は

独断・専横な経営手法が組織に混乱を与えた
彼の素質を見抜けなかった私に任命責任がある

だそうでこれはちょっと考えられない理由ですね。

一方解任された社長は

過去に行われた企業買収に不適切な金額のものがあったと
思われるので社内調査をしたら解雇された・・・・

大人の世界って複雑ですね~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.14

ある依頼(^_^;)

みなさん、こんにちは。
仕事の依頼で時々面白いケースがあります。

以前実際にあったのは・・・・・・(笑)

オーストラリアの人が社長で仕事をお願いしたい。
ただし・・・・・・

自分が電話した時はそれが何時でも必ず電話に出て相談に乗って欲しい

ということが条件でした。

私の回答は・・・

1)アホぬかせ!!
2)一昨日きやがれ!!
3)ご~とうへる

のどれだったでしょう(^_^;)

たまにこういう無茶いう人っていますが、こういうケースは無理して仕事を請けないのが
吉ですね。

仕事は長いスパンで考える必要があるので無理は長くは続きませんね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.08

報酬交渉

みなさん、こんにちは。
以前会社側にたって顧問税理士事務所と報酬の交渉をしたことがあります。

ある日唐突に税理士事務所が報酬の値上げをいってきました。
私がその時に交渉したのですが、報酬を上げるメリットが会社にはないのですね。

値上げの理由として・・・・・

今まで安くやってあげていた(笑)
とりいうことで報酬を上げて欲しい

ということだけでした(^_^;)

これには困りました。交渉の入り口にすら立っていないレベルなんですね。

例えば今までの仕事の範囲はここまででしたが、もっと厚くサポートするので
報酬を上げてください・・・というのであれば会社にもメリットがある可能性が
あるのですが単に報酬を上げてください・・・というのでは会社には何のメリットも
ありません。

また、今頃・・・今までは安くやって上げていた・・・・と言われても・・・・(^_^;)
また、現在の報酬はそれほど安いということでもなく意味がわかりませんでした。

もちろん、却下しました。

最近ネットを見ていると報酬が安いことをウリ(或いはネットの料金みたいに最初の
二ヶ月は無料みたいな)している事務所がありますが、競争が激しいのは
わかりますがサービスのレベルってどうなんでしょうね。

何事も無理すると長続きはしないものですね~

私もたまに報酬の値上げをお願いすることがありますが(本当にたまに・・・・(^_^;))
その時は当然に会社側のメリットもあるようにします。そうでなければ単なるおねだり
になってしまいますよね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうだったんっすか・・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。
昨日はアイアムレジェンドをついつい観てしまいました。

最後のダークシーカーのボスが執拗にガラスに体当たりしてガラスを壊した
時に主人公はダークシーカーを元の人間に戻す血清を託して死んでいくという
ラストでした。

実はちょっと違和感がありました。

ダークシーカーのボスがガラスに何度も何度も体当たりする時の表情に必死さを
感じていたんですよね。

映画の中ではダークシーカーはバイオハザードのゾンビみたいな感じの扱いでしたが
それでもダークシーカー達の表情をゾンビに比べて感じることができました。

この映画のバックグラウンドは全くなかったのですがちょっと気になったので
ネットで調べてみました。

そうしたら・・・・・・映画のエンディングって途中で差し替えられたんですね。

オリジナルのエンディングは全く別のエンディングだったそうです。

主人公が捕まえたダークシーカーの女性は実はボスの彼女でボスの視点から
考えるとガラスの向こうに(血清を打たれて)人間に変わろうとして
いる彼女がいます。でもボスからみれば人間に変わるのではなく別の生き物に
変えられるわけで、彼女を助けようと必死になったことがあの何度もガラスに
体当たりするということになったようです。

ダークシーカーからみると主人公はとんでもない悪鬼で同僚を次々と殺戮し
或いは捕らえて人体実験を行い何人も殺し・・・ついにはボスの彼女まで捕らえた・・・

という感じでしょうか・・・

ということで人類を救った伝説の男ではなく、新人類(ダークシーカー)の秩序を
破壊するトンデモない伝説の悪鬼だった・・・・

ということなんですね。

元のエンディングは彼女をボスのもとに返し主人公が

I am sorry

というそうです。

http://www.firstshowing.net/2008/must-watch-i-am-legends-original-ending-this-is-amazing/

ここで別エンディングを観ることができます。

彼女を取り戻したボスの寛大さが印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.07

プロ野球

みなさん、こんにちは。
子供の頃はプロ野球が大好きで毎日テレビにかじりついていました。

いつの頃からでしょうか・・・・・プロ野球を見なくなったのは・・・
今はジャイアンツの4番は誰だかわかりません(^_^;)

思いつく選手は

阿部
高橋よしのぶ
内海
ダルビッシュ
田中
岩隈
ゆうちゃん

辺りでしょうか・・・・もちろんもっと知っている選手もいますが仮に街ですれ違っても
わかる選手はこんなものです。

とはいうものの・・・子供の頃からプロ野球ってゴタゴタが多い不可解な世界だな~と
いう印象もありました。これは大人になって一層そう思います。

特に今だと中日のケースですね。

中日は落合監督の契約を更新せずに高木守道氏を監督にしました。
その理由は勝つことに執着して観客動員数が落ちている・・という
ことでした。

まあ、これはわかりますがどうして今頃高木守道氏なのか・・・・
高木守道氏はドラゴンズ一筋で選手時代もどちからというといぶし銀的な
選手でしたが長嶋氏や王氏と同時代に活躍した人でドラゴンズOB以外の
理由が見当たりません。

むしろ立浪氏辺りのほうが・・・

と思いますがまあ、それは経営の問題なのですで、一応

アリ

としましょう。

私が疑問なのはコーチなんですね。落合氏と共に退団するコーチは11人だそうです。

これは異常です。

優勝できずに低迷しているチームのコーチをてこ入れするのであれば理解できますが
ドラゴンズの今の体制を構築した基礎の人材をこれでは・・・(もちろんその中でも
より強固にするための入れ替えはあると思いますが)

はっきりいって球団のフロントって本社からはあまり評価されていない人がいくことが
多く、また、OBなどと変な人間関係で結びついているケースも少なくないようです。

ドラゴンズの方針も

OBを中心に・・・・・

ということで懐かしの顔ぶれぢゃないわけですからね(笑)

もし落合監督の野球が面白くなく動員数が落ちているということであれば、観客動員数
の責任まで監督が負わなければならないものなのでしょうか。

それってフロントがバックアップする必要があるはずですよね。

また、発表のタイミングが大事でシーズンが盛り上がっている最中にしかも監督不在で
発表したのはびっくりしたと同時にこのフロントのレベルがわかってしまいましたね。

プロ野球はまず勝つことですよね。そのプロが選手であり、監督であり、コーチになります。
勝つと選手の年俸が高騰するので2位でいいとかいう人もいるみたいですが・・・(^_^;)

今回は寡黙な職人とそれほど能力のない商人(球団経営者)の図という印象があります。

今回も何度かダメで追い出された人達がコーチとして復帰するのでしょうか・・・・(^_^;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.06

アップルの思い出

みなさん、こんにちは。
アップルの前CEOのスティブンジョブズ氏が亡くなりました。

最近のiPadやiPodとは馴染みがありませんがアップルの製品はけっこう使っていました。
最初に興味を持ったのがアップルⅡでした。

購入はしませんでしたが当時はウィザードリーというゲームが流行っていてこれは
フロッピーディスク(以下FDD)で供給されていました。当時の日本のPCでは動かずに
ウィザードリーをやるにはこのアップル2(多分当時は50万円以上したのだと思います)
が必須でした。また余談ですが当時はFDDが1枚5千円くらいしたのではないかと
思います。

その後私が関わった仕事でクライアントにはLisaがありました。

これも触れてはいませんでしたが、ちょっと違うデザインで興味がありました。

私が当時勤務していた事務所で初代Macintoshを導入しました。当時はエクセルはなく
Macintosh用のマルチプランでした。漢字が使えず遅いパソコンでしたが当時日本で
全盛だったPC9801とは全く方向性が違うもので魅力を感じていました。

個人的にはWIN95が流行っている辺りでMacintoshを導入していました。

旗艦パソコンはMacintosh、外出するときはノートPCという感じでした。

ジョブズ氏は一時アップルを出て(追放されたのかにゃ~)その間はアップルは
低迷&迷走します。Macintoshもそれほど魅力があるものでありませんでした。

ジョブス氏は追放されてからNEXTという会社を興してキューブ型のパソコンを発売
します。

その後アップルは互換機路線になりますがジョブズ氏が復帰してから互換機路線を取らずに・・・・・・現在に至ります、その間アップルを立て直すためにマイクロソフトに資本参加を
要請したり・・・・当時はアッと驚いたものでした。

などなど思い出は色々あります。

ジョブズ氏のご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.10.04

この内閣もダメかも・・・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。
野田内閣が発足して1ヶ月経ちました。

この内閣は務員宿舎の問題をどのように処理して、公務員の給与、数、議員
の数を問題をどのように扱うかが試金石になると思っていました。

まず一発目で・・・・・・(^_^;)

朝霞の社宅は事業仕分けで凍結(中止だったかな?)になったのを当時の
増税バカ(^_^;)・・・・失礼野田氏がゴーを出したということでさらに国会でも見直す
つもりはない・・・実行するスタンスでした。それに伴いお供の者たち・・・失礼
大臣たちもそれを指示する発言をしていました。

・・・で昨日中止ではなく5年間の凍結を打ち出しました。また他の社員寮も売却を
進めるということになりましたが、ます。建設を指示のコメントを出したどぜうの
お供の者たち(まあこれでいいか・・・・(^_^;))のはしごをハズしました。

管氏の海江田氏に対する仕打ちほどではないにしてもどぜうってこういうテイスト
を持っているのか・・・・・

また、どうして5年の凍結なのか・・・・

説明が全くありません。

民主党の人達って決断とか覚悟というものを感じられる人があまりおらず、その結果と
して発言が無責任というか軽いですね。

政治って勉強も必要ですが最終的には決断と工程表に集約されると思いますが
これが出来る人はいませんし、きっと松下政経塾でも教えてくれるものではないでしょう。

決断ができない人は政治家になるべきではありません。

え・・・・私はどうかって?(^_^;)

決断できないので政治家を目指しませんですた(^_^;)

PS

あの放射能つけた・・・・といったなんとかという救いようのないバカいたじゃないですか・・
今度TPPの座長なるみたいですね~  人材はもういないのでしょうか(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.10.01

両隣の隣人(笑)

みなさん、こんにちは。
昨日はお昼を食べる時間があまりなかったので、小諸そばでお昼を済ませました。

ミニカレー丼とざるそばでした。

食べ始めて少しすると私の両隣にお客さんが座りました。

【右側の人】

異常な潔癖症みたいで椅子を何度もハンカチで拭いていました。座るとカウンターの
上もティッシュで何度も拭いていました、冷やしきつねそば(関東ではきつねそばって
食品はあるんですよ(^_^;)>関西の方々へ)

そばを一口食べるたびに、自分の服をティッシュで拭いていました、

早い話が色々な人が頻繁で出入りしてしかもハネが飛ぶ食品を提供している
立ち食いそばのような店舗に出入りすべき人間ではないと思いました(笑)

【左側の人】

彼はデブな人で天丼とざるそばを注文していました。まず天丼に唐辛子を多めに
かけていました。まあこれは好みなのですが、天丼に唐辛子って?と思っていた
ところに・・・・・・・わさびを大量にざるそばのつゆにいれて念入りに混ぜていました。

数えたわけではありませんが20回以上丁寧に混ぜてそばつゆと馴染ませていました。
その後薬味のネギをどっさり入れてそばつゆの表面が一面にネギという感じに
なっていました。

まあ・・・・食べ方は人それぞれですが・・・わさびは醤油に溶かしたり、そばつゆに
溶かしたりすると空気に触れないのでわさび独特のスパイシーな味はでませんので
あまり意味がないと思うのですがまあ、好き好きですからね(笑) 

そばつゆの色がかなり変色していました(^_^;)

私が中尾彬さんだったらきっと卒倒していたでしょう。

わさびを溶かすなんて・・・・
そばを食べる段階でねぎをそばつゆに入れるなんて・・・・

しかも大量に・・・・・・

食べ方、スタイルは人それぞれですがあまり変なのと同席したくないものですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »