« ラーメンが敗因ですた(^_^;) | トップページ | 不景気になると・・・・(^_^;) »

2011.09.26

簿記といえば・・・・・

みなさん、こんにちは。
私は普通高校出身なので簿記は大学生になってから生まれて初めて勉強しました。

今思うと一番苦労したのは3級でした。

簿記だけではなくなんにでも当てはまると思いますが

0→1

が一番大変なんですよね。

特に全くなじみがないと、借方と貸方と勘定科目の関係が最初にそびえ立つハードル
ですよね。

資産の増加は借方、減少は貸方
負債、資本の増加は貸方、減少は借方
収益の増加は貸方、減少は借方
費用の増加は借方、減少は貸方

なんじゃ・・・そらぁ・・・・

って感じですよね。

正しいかどうか別にして理屈で覚えようとすると確実にスタートでハマってしまいます。

こういうものだ・・・・とい割り切りで覚えたほうがいいかもしれません。

これをクリアーするとその次にそびえる高い壁は・・・・商品勘定です。

ある程度実務を経験しているとサッと入ってくると思いますが実務を経験していないと

なんじゃあ・・・・これは・・・・・

って感じです。

これが分かると大体3級は合格すると思います。

その後工業簿記とか特殊商品売買、本支店勘定と2級には次々とハードルが
ありますが、工業簿記を除くと3級で初めて遭遇した壁に比べると大したことは
ありません・・・・多分・・・・(^_^;)

で1級は・・・私が勉強していた頃と比べると会計の理論がかなり変わった(というか勉強することが増えた(^_^;))ので具体的には何ともいえませんが、必要以上に畏怖しないことです。

難しい・・・・と思うと難しくなります。難しいと思うと善戦しただけで満足してしまいます。

1級は難しくありません。そして合格しないと意味ありません。

ちょっと自慢すると・・・・・・(^_^;)

私は簿記を勉強したのが大学2年の春でその年の11月の試験で1級合格しました。
(しかも独学で・・・・・(^_^;))

1級なんて単なる通過点さっ(^_-)

くらいのほうがいいと思います。

簿記を受験するみなさん、頑張ってくださいね。

|

« ラーメンが敗因ですた(^_^;) | トップページ | 不景気になると・・・・(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/52840312

この記事へのトラックバック一覧です: 簿記といえば・・・・・:

« ラーメンが敗因ですた(^_^;) | トップページ | 不景気になると・・・・(^_^;) »