« 500万円、2000万円の法則 | トップページ | ミニモンスターな人達(^_^;) »

2011.02.07

子供の時の感覚

みなさん、こんにちは。

私が子供の時は他の子供よりも大人と話したり、大人の話を聞いたりする時間が
多かったようです。その時に不思議だったのは、

どうしてお金で失敗する人がいるのか?

ということでした。今の言葉で言えば、

借入金がありそれを返済することができない状態

ということですね。

当時は小遣いをもらって自分の欲しいものを買うということだったので、もらった小遣い(大人は小遣いではありませんけどね(^_^;))の範囲で買い物をすれば問題ないわけですからね。

実はこの頃の感覚は今でも残っており、私が大人になっても相変わらずお金で失敗する
人は後を絶ちません。大人になってわかったのは、この大きな原因は借金をしたり、他人の借入金を保証したりすることが多くの原因なのですね。特に典型的な例としては

住宅ローン(即金で自宅を買える人はそう多くないですね)
事業をする場合に先行投資の資金を借入でまかなう

でしょう。(浪費による多重債務は論外(笑))

とういうことで、お金で破綻しない方法は借入をせずに自分の収入の範囲でやりくりすれば
(生活レベルが上がるかどうか別にして)お金で失敗しないですがさすがに大人になると
住宅を購入する場合にはローンなしには不可能なケースが多いと思います。

また、親が教えてくれたのですが、私が子供の時はなぜか債務保証という制度の存在を
知っていました(^_^;)

もちろん通常の債務保証と連帯保証の違いなどは大人になって知るのですが、とにかく
他人の借金を自分が保証すると、それを自分が払うという制度を生まれて始めて聞いた
時はびっくりしました(笑)・・・多分10歳くらいの時だったと思います。

金融機関のサイドでは信用を与えるとか信用を増やすとかいう言い方になると思いますが
自分自身の信用を自分自身できちんと評価しないと(もちろん金融機関の評価のマニュアルとは違うものになると思いますが・・・・)お金で失敗することになります。

え・・・・お前の信用はどうかって?

そそそれはですね・・・・・たいしたことあるわけないじゃないですか~(笑)

敵を知り己を知れば百戦危うからずですね。

|

« 500万円、2000万円の法則 | トップページ | ミニモンスターな人達(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/50803154

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の時の感覚:

« 500万円、2000万円の法則 | トップページ | ミニモンスターな人達(^_^;) »