« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.27

最悪の転職

みなさん、こんにちは。

ある人仮にAさんとしましょう。
Aさんはサラリーマンですが自分が勤務している会社に不満がありました。
仕事がキツイ、給料がそれほど上がらない、会社の将来性も明るいものが持てない
Aさんは30代半ばなのである程度世の中もこともわかっているし、Aさんが持っている
知識をもっと活用できることってあるのではないかと思っています。

そこにAさんの学生時代からの友人のBから連絡がありました。

うちの会社に来て一緒に経営やらないか?

BはAさんと同じ業種の会社を立ち上げこの会社の社長をやっています。

そのBから一緒に会社を経営しないか?という誘いがありました。

この話を聞いた途端Aさんはバラ色の未来を想像しました。

Bと色々なことを話しました。それによると・・・・・

取締役の待遇でAさんを迎えたい
共同経営になるので、Aさんにも資本金を出資して欲しい

などなどなど・・・・

Aさんのバラ色の未来からするとたいしたことはありません。

Aさんは今まで勤務していた夢のない会社をサクッと退職しBの会社に飛び込みました。

入ってみるとBの会社は問題だらけ(笑)

まず資金繰りがうまくいっておらず、新たに運転資金を銀行から借りる必要があります。
一般的に銀行はBがやっているような会社にお金を貸す場合には役員の個人保証と
とったり、役員がもっている不動産などを担保に入れることを条件にお金を貸します。

Aさんも会社の運転資金の追加融資のために、不動産を担保+個人保証をしました。
銀行からみればAさんも取締役だからです。

また、Aさんに払われる給与は従業員の分を払ったらAさんやBに払う分がないので
給与はなし・・・・・(^_^;)

ということで友達ということを無条件に信じた結果

自宅を担保
個人保証をする
出資をする
給与はなし

でも役員・・・・・(責任だけ負う)という環境を手にいれました。

さらにビジネスを行う上で肝心な時にBとは友達の関係になってしまいお互いの責任や
権限が曖昧なまま・・・・

極端な例かもしれませんが転職するときにはキチンと現実を踏まえてあまりバラ色の
夢を見すぎないほうがいいですね。

PS
この話はほぼ実話っす(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面接(^_^;)

みなさん、こんばんは。
最近ニュースをみると就活の話題が多いですね。

日本の学生よりも海外経験があっあたほうがいいとかなんかハードルが高くなった
ような気がします。英語と海外経験というくくりでまとめてしまうケースもありますが
ここを重視しすぎると企業は後で泣くことになるかもしれません(^_^;)

実は私は面接の経験が二度あります。

え~、面接二度しか受けていないの・・・と思われる方もいると思いますがこれは
私が面接官になった経験です(笑)

1度目は外資系の会社の経理の責任者
2度目はジャスダックスに上場している会社の経理の責任者

の選抜のための面接です。

それぞれ10人以上の応募がありましたが、これはいいんじゃないかな~と思ったのは
1番目は1人、2番目は0でした(^_^;)

2番目は税理士資格を持っている人が面接に来ましたが・・・・・・(^_^;)

正しいかどうかわかりませんが、この時の経験したことは・・・

レジュメや履歴書はもちろん読みますが、その上で候補者の経歴をまず簡潔に語って
もらいます。例えばM&Aなど経験は求めていないのにそれを延々と話す人がいましたが
そういうのは却下(^_^;)・・・これで一時間以上時間を使った人がいました(^_^;)

自分のことは自分が一番良く知っているので、こちらが求めている内容に合わせて
自身のことをコンパクトにまとめられない人はきっと採用されても適切なレポートを
作成することはできないでしょう。

また、募集は責任者なので常に考えてもらわないと困りますから、必殺の質問をします。

例えば

色々な原価計算制度がありますが、あなたが当社にとって最も良いと思う
原価計算制度はどんなものですか?

外注先に仕事を依頼する場合、丸投げするのと、設計(頭脳の部分)はこちらで
止めておいて依頼するのとどちらが良いと思いますか?

などなど、正解がない質問をします。

この場合候補者が・・・

御社のことはまだわかっていないので・・・・

と回答すると×(^_^;)

この質問だけだと答えることはできないので候補者が条件を付け加えて
こういう前提だったら・・・・・こうです。

みたいな回答を期待します。

ある程度勉強している人であれば、一見とんでもないこんな質問はサービス質問
なんですね。

これが回答できないと責任者としては×というように判断していました。

英語などの外国語のスキルはこれらのスキルの下に位置づけていました。

というのは・・・・・実はですね・・・・・早い話がですね・・・・

英語ができるからといって仕事ができるとは限らない(私が経験した範囲だとそうでない
ケースが多いっす)のですね。

外人の社長が英語で面接した際の一番のリスクがこれなんですね。

極端な話、英語で話す時と日本語で話すときとで人格が変わる日本人って結構います。

語学は大切ですが、語学だけという人もけっこういるので日本語でのチェックは大切
になります。

以上つたない面接官での経験ですた(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.02.26

余計なお世話(笑)

みなさん、こんにちは。
みなさんはもう地デジにしましたか?

私はまだアナログです(^_^;)

というのはテレビ地デジ化というのは自分自身の興味の中でそれほど優先順位が高い
わけではないので(あまにテレビを観なくなったのでどうでもいい(笑))意識すらないです。

ところが余計なお世話というか・・・・・

まずテレビ画面の下のほうに地デジに関する告知があります。たまにテレビを観ると
これがうざい(^_^;)

さらに地デジ化の注意喚起の内容で

あなたのテレビはこうなります・・・ということで砂嵐の映像を見せつけられます。

ここまで来ると公害に匹敵するような気がします。

あまりテレビ番組がくだらない或いはどこの局も同じ内容(特にワイドショー)しか
やっていないとこんなことに電波のリソースを無駄に使っていたんだな~

と改めて実感します。

この記事とは関係ありませんが武井咲さんはいいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.21

ぬるいラーメン(^_^;)

みなさん、こんばんは。
2009年8月1日の当ブログの記事でラーメンのことを熱く語っていますが(^_^;)
先日新潟の駅前のラーメン屋で生まれて初めてぬるいラーメンを食べました。

この時期の新潟の夕暮れ時はかなり寒く暑いものを食べて体を温めたいと
思ってあるラーメン屋に入りました。しょうゆ豚骨というものを頼んだのですが
出てきたものは・・・・・

スープがぬるい
ラーメンは熱い
味はしょっぱい

と変なバランスでした。

思わず・・・・

消費者なめてんじゃね~ぞっ!!このラーメン屋!!

といおうと思ったのですが、他のお客さんはこのぬるいラーメンを黙々と食べていました。

そのうちに・・・・・

自分で食ってみろ!

といおうとした途端に餃子が来たので餃子と一緒に飲み込みました(^_^;)<お前はパンクブーブーか!!

最近新潟は鬼門で本来ならお寿司は美味しい(魚も米も美味しいですからね)はず
なのにこれも駅前の寿司屋に入ったら・・・・

東急ストアーの680円のパックの寿司のほうが遙かに美味しいというレベルのものを
食わせられて萎えますた・・・しかも1800円(笑)

そうはいうものの禍福はあざなえる縄のごとしで悪いことばかりではありません。

以前のブログで新潟でヒュリカというカレー屋さんがなくなったと嘆いていましたが
そこの息子さんが二代目勝列亭を新潟市内にオープンし、そこで限定ですがヒュリカの
カレーを再現しているそうです。

機会があったらいってみたいと思います。

また、昨日も大井町の永楽でもやしラーメンを食べましたが相変わらず絶品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戻っちゃった(^_^;)

みなさん、こんばんは。
先週はず~っと生まれ故郷の新潟県加茂市に滞在して昨日横浜に戻ってきました。

生まれ故郷には社会人になるまで住んでいて、社会人になることが決まってから急遽東京(田舎では東京都だけではなく横浜や大宮なども東京といいます。栃木県や茨城県は東京とはいわないようですが(^_^;)千葉県も多分・・・・(^_^;))に出てきました。

社会人になってからはずっと東京ですが(^_^;)、生まれ故郷に一週間ほどいるとビジネスマンの感覚は失われて、東京に出て来る前の感覚に戻ってきました。

まず、昨日東京駅に着いたらあまりの人の多さに・・・・・・
しかも人の導線を平気で横切っていくので歩きにくいったらありゃしない(笑)
へっ、携帯かけながら人混み歩いている奴がいるにゃ~

という感じです。

しかも今日は在宅ワークなのでまだ社会人になる前の感覚キープ(^_^;)

明日から外で仕事なのですが、ちゃんとできるかにゃ~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.19

なくなったもの

みなさん、こんにちは。
今回の記事は地域限定です(^_^;)

私は現在横浜に住んでいますが、今週の火曜日から故郷の新潟県加茂市にいます。
あらためて思うのは、以前美味しいお店が今はけっこうなくなっていますね。

山崎屋(宮大門のところです)のあずきアイス
川栄のチャーハン、あんかけかつどん
おおたにのお弁当
餃子の味楽(お店はありましたが開いていませんでした・・・休日かも)

もう幻の味ですね。

でもまだ頑張っているお店もあります。

あめ友のイタリアンアイス(これは絶品)
キャプテンの味噌ラーメン

思い出しただけでもよだれが・・・・・・(^_^;)

また、高校時代は三条にいっていたので、学校の近くのデリーというカレー屋
さんのシュリンプカレーが絶品でした。その後デリーは東三条に引っ越したのですが
今はないみたいです。五十番のカレーラーメンも美味しかったっす。

また、大学時代は新潟によくいっていたのですがヒュリカのカレーが絶品でしたが
これも店がありませんでした。

また、食いたいな~

本記事は加茂地区に住んでいないと全然わからないと思います(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

崖(^_^;)

みなさん、こんにちは。
向こう側に崖が見える時に、特にその崖に興味がなければ
それ以上崖に近づきませんよね?

まして崖が見えているのに、知らないで崖に向かって歩いて行って
崖から落ちるということはありませんよね?

どうしてこんなことをいうかというと・・・・

今の菅政権を見ているとそう思います。

人間が他の動物と違っているのは脳が発達したことで
予見というものができるということなのですね。

去年の参議院選に民主党が負けた時にすでにねじれ国会は
事実として存在していました。

予算については良いものを出せば世論が後押しして
野党の一部も同意してくれ可能性があったと思います。

そうしたら(以下個人的な意見です)
税収が落ち込んでいる時に子ども手当のような
支出は減らさない。加えて財源不足を増税(内容が
吐き気がするくらい酷い)プラス多額の赤字国債を
乱発し、これが続くと国の信用が落ちてしまいます。
(現実に日本の国債の格下げがありました)

まあ、悪い点を挙げるとそれだけで気が滅入るので
このくらいに・・・・(^_^;)

それでも野党になんとか協力を・・・
ということに対しては相手を挑発してしまう(野党時代の
クセなのか挑発したり攻撃するのは得意みたいっす)

確信犯的に予算を成立させないようなどこかの国のスパイが

日本の活力を低下させよ!!

というミッションを実行しているような感ががあります。

当然ですが今の内閣が消えてしまう話が非常に現実味を
帯びてきました。

また、こうなると欧米や中国、韓国などの友人も相手しなくなるで
しょう。

まさに、現在崖から落下中ですが、まだ、落ちていることに気がついていない
みたいです。

早く消えて欲しいですし、収入に見合った支出を計画して欲しいです。

あなたたちに税金の使い道を決めて欲しくないです。

崖から落ちて体がぐちゃぐちゃになっても(気持ち悪いっすね(^_^;))まだ
自分は大丈夫だと思うんでしょうね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.14

女性に嫌われる女性(^_^;)

みなさん、こんにちは。

色々なクライアントに行くと色々な人に会いますが、なぜか女性に嫌われる女性社員という
のがたまにいます。今まで何人かこういう人とお会いしたのですが、特に印象に残っている人がいます。

私がコンサルで関わっていた時に、ある日この人(Kさんとしましょう)が新たに入社して
きました。経理の責任者の話を聞くと

簿記は2級を持っている
仕事に熱意がある

ということでした。確かに熱意はあるのですが、個人的にはそれはKさんのやる気では
なく見せかけではないかと感じていました。

そこから2年くらいして経理の責任者が退職することになり、次の経理の責任者が来るまで
私が暫定的な経理の責任者になったことがあります。

実際に経理に入ってみるとKさんが一番足手まといで、彼女の担当が終わらないので
月次決算が終わらないということがよくありました。

Kさんは男性(特にをやじ(笑))の受けは非常に良いのですが女性からは総スカン
状態でした。また、彼女の男性受けがいい態度というのは鈍感な(笑)私には
全く通じなかったようです。(私は何の魅力も感じなかったでした・・・むしろ仕事では
足手まといくらいにしか思っていませんでした(笑))

一概には決めつけることができないと思いますが、こういう男性受けが良く女性から総スカンというのは態度の裏表(もちろん裏が本当(^_^;))が激しく、女性の前では気を遣わずに
本当の素が出るのでしょうね。

また、実際の経理の仕事をみるととても簿記の2級を持っているとは思えず、おそらく
履歴書にウソを書いていた可能性があります(当時その会社では合格証書を要求して
いなかったでした)

また、業務がKさんのせいで滞ると、他人のせいにするというウソを結構ついていました。
このウソを自分のいうことを受け入れてくれるをやぢ社員にいうので社内はけっこう混乱
していました。

こういう女性にハマる男性も出てきて・・・Fという男性社員はKさんにかなり入れあげて
いましたが、それだけでは済まずに私がKさんと仲が良いと思ったようで(本当は私も選ぶ権利があるのでそんなことはないのですが(^_^;))、何とか業務上FさんはKさんを自分のそばに置いておきたくて色々と画策をしていました。

社員が全員分別があれば問題ないのですが、このFさんのようにKさんタイプに入れあげると大変なことになってしまいます。

今もKさんはこの会社にいるかどうかわかりませんが、男性に対応がよくても女性から
総スカンの女性は気をつけたほうがいいみたいですね(笑)

今となっては笑い話ですが、当時はFさんから夜自宅に変な電話がかかってきたりと
けっこう大変でした(笑)

・・・と5年くらい前の思い出話ですた(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.13

浜の真砂は尽きるとも・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。
あの有名な石川五右衛門が釜ゆでになるときに・・・

浜の真砂はなくなっても、盗人はなくらない・・・

ということをいったという噂が・・・・・

最近思いますが、うまい話につられた投資詐欺って多いですね。

それも分別のある年齢の方が退職金をつぎ込んだ・・・とかいうパターンが多いですね。

最近だと岡本倶楽部事件で、およそ8000人から200数十億円集めたという事件です。

一つだけいえることは被害あったらいくら裁判をしようと払い込んだお金はほとんど
戻ってきません。

ゼロではないかもしれませんが運がよくて払ったお金の数%でしょう。

こういう事件は本当に後を絶ちませんね。

よく考えてみると自分がよほど社会的に大きな力を持っていれば別ですが、私のような
何の権力も持っていない普通の市民(^_^;)のところに、うまい儲け話が舞い込んでくる
わけがありません。(儲け話を持ってくる人には何のメリットもありませんよね(笑))

従って自分のところにうまい儲け話がきたら、それは何かワナがあります。

極論ですが、毎月100万円を儲けることができる話をもし私が発見したら・・・・

他人になんて教えないで自分でお金儲けします。

だから他人に教えていません(笑)<ウソつけ!!

ということは他人に教える儲け話というのは、自分がそれを実行するよりも
他人に教えた方がメリットがあるレベルの儲け話で詐欺か詐欺でなくてもかなり
リスクがある儲け話ということになります。

少なくとも今の低金利時代にですね・・・・

お金を預けたら一年後は10%になり、元金は保証(って誰が保証するんだ(笑))
される・・・

なんて話はあるはずはないし、仮にあったとしても他人には絶対に教えませんよね(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.02.09

ミニモンスターな人達(^_^;)

みなさん、こんにちは、
先日あるボランティアに行きました。

これは年一日ですが強制参加で毎年この時期に参加しています。

相談に来る人は多いと少し待たされることがありますがそれでも例年スムースに
進むのですが、たまに数人の相談者はそれなりの年齢にも拘わらず
ミニモンスター的な方がきます。

先日見たのは、他の回答者に相談にきた人でなかなか自分の順番が回ってこない
のに腹を立てて・・・

もういい!!

といって帰って行きました。その人の相談をする予定の回答者は

????

状態で

俺たちボランティアなのに趣旨がわかっていないみたいだね~

でした。

相談が終わり会場を後片付けしていると、どうして自分の相談を受け付けないのか!
という人が来ていました。

相談が終わって会場を片付けているのに(笑)

どうして受けつけないの!!
そんな場所知っているんだったら初めから聞かないわよ!!

プンプンプン(`へ´)フンッ。

という感じでした。

以前やはり受付時間が終わった後で来た方は・・・・・

私のこの時間が無駄になった!
どうしてくれますか!!

といっていました。

(私たちがあなたに対して使った時間のほうが遙かに無駄なんですけどね(笑))

私の仕事の環境が恵まれているせいか普段こういう人と会うことが
ないので、けっこう新鮮です(^_^;)

また来年も参加しようっと・・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.07

子供の時の感覚

みなさん、こんにちは。

私が子供の時は他の子供よりも大人と話したり、大人の話を聞いたりする時間が
多かったようです。その時に不思議だったのは、

どうしてお金で失敗する人がいるのか?

ということでした。今の言葉で言えば、

借入金がありそれを返済することができない状態

ということですね。

当時は小遣いをもらって自分の欲しいものを買うということだったので、もらった小遣い(大人は小遣いではありませんけどね(^_^;))の範囲で買い物をすれば問題ないわけですからね。

実はこの頃の感覚は今でも残っており、私が大人になっても相変わらずお金で失敗する
人は後を絶ちません。大人になってわかったのは、この大きな原因は借金をしたり、他人の借入金を保証したりすることが多くの原因なのですね。特に典型的な例としては

住宅ローン(即金で自宅を買える人はそう多くないですね)
事業をする場合に先行投資の資金を借入でまかなう

でしょう。(浪費による多重債務は論外(笑))

とういうことで、お金で破綻しない方法は借入をせずに自分の収入の範囲でやりくりすれば
(生活レベルが上がるかどうか別にして)お金で失敗しないですがさすがに大人になると
住宅を購入する場合にはローンなしには不可能なケースが多いと思います。

また、親が教えてくれたのですが、私が子供の時はなぜか債務保証という制度の存在を
知っていました(^_^;)

もちろん通常の債務保証と連帯保証の違いなどは大人になって知るのですが、とにかく
他人の借金を自分が保証すると、それを自分が払うという制度を生まれて始めて聞いた
時はびっくりしました(笑)・・・多分10歳くらいの時だったと思います。

金融機関のサイドでは信用を与えるとか信用を増やすとかいう言い方になると思いますが
自分自身の信用を自分自身できちんと評価しないと(もちろん金融機関の評価のマニュアルとは違うものになると思いますが・・・・)お金で失敗することになります。

え・・・・お前の信用はどうかって?

そそそれはですね・・・・・たいしたことあるわけないじゃないですか~(笑)

敵を知り己を知れば百戦危うからずですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.06

500万円、2000万円の法則

みなさん、こんにちは。
みなさんがお金持ちだったらこの法則は全く当てはまりません(^_^;)

●500万円の法則
これはナニワ金融道の作者の青木雄二氏の著書に書いてあったもので、自分の力で
500万円の貯金ができない人は新しいこと(特に独立)をやる資格はないというものです。
何か新しいことをやろうとするとお金が必要になりますが、300万円だとハードルが低く
500万円だと不可能ではないがちょっとやそっとではできないくらいのハードルなのだそうです。私もこの辺りの感覚には同意します。

もっとも500万円の貯金(というか種銭)ができたといってもビジネスの成功が保証されるというわけではなく、新たなことをやる資格があるということなのでしょう。或いはこのくらい
お金に関する才覚があれば失敗してもやり直しができるという意味もあるのでしょう。

もちろん種銭がなくても新しいことをやることはできますが、この位のハードルを超えられ
ないで新しいことをすると失敗する可能性が高いしその結果周囲にも迷惑をかける可能
性も高くなると思います。

●2000万円の法則
これは私が適当に考えたもので(^_^;)、住宅を購入する際にローンを組む場合はローン金額が2000万円を超えるようであればどんなに気に入った物件でも購入しないほうがいいというものです。
金融機関が2000万円以上のローンをOKだとしても多額の収入を得ていないのであれば
2000万円以上のローンを組むのはヤバイっす。

例えば2000万円を20年ローンで、ボーナス返済は通常の月の2倍で金利が1.075%だとすると年間の返済額は1,111,810円となり金利が変わらないとするとこれを20年間払い続けます。
楽な金額ではないと思いますがこの金利は変動金利なので最近日本の国債の格付けが下がったことを考えると住宅ローンの金利は今後上がるかもしれません(わかりませんけどね~)

住宅はローンを払うことができなかったら売却すればいいという考え方もありますが
住宅を換金する際の一番の欠点は

すぐに換金できない
思うような金額で換金できない(売却してもローン残高は一部残ったまま)

のですね。

まあ、画一的なハードルなので全ての人に当てはまるとは限りませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.05

ソムリエってすごいですね~

みなさん、こんにちは。
ソムリエってすごいですね。

ワインをテイスティングしてとそ産地、年代などを当てますよね。

あれは色々なワインの味を記憶して自身の中のデータベースとテイスティングの
感触を照らし合わせるということで普段からどれだけワインの知識があるか、味を覚えているかにかかっていると思います。

以前クライアントに行った時に3時のおやつのどら焼きを出してもらい、一口頂いた時に

お~、これはうさぎ屋のどら焼きですね~

というと正解でした。まあ、うさぎ屋のどら焼きは特徴的なのでそれほどでもないのですが
(似た味のところだったら当たらないかも・・・)味を覚えているものは当てることができますよね。

また、以前四谷にある喫茶店でガトーショコラを注文した時にこれもチョコレートの味を
覚えていたので使っているチョコレートのメーカーを当てたことがあります。(二度とこういうことはないと思いますが・・・(^_^;))

私の場合は偶然に味を覚えていたのですが、ソムリエはもっとキチンと多くの情報を
覚えているのでその脳の中に蓄えられているものはすさまじいものがありますね。

プロはすごいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.04

国際人とは・・・・・(^_^;)

みなさん、こんばんは。
ビジネスにおいて英語は以前よりも違和感なく浸透しているような気がします。

とエラそうにいっていますが正真正銘の英検4級(これは英検3級受験して不合格だったので正真正銘の実力が英検4級という意味です(笑))の私がいってもあまり説得力がありません。

よく国際人っていいますよね。国債人だとちょっとシャレになりませんね(^_^;)

これって日本人が英語を話す時に例えばアメリカ人っぽくならずに日本人としてのメンタリティーを残したまま外国語でコミュニケーションするとことだと思うんですよね。

私のクライアントでフランス人の方が英語を話しますが(フランス語なまりがなくかなり流ちょうに話します)彼らはフランス人のメンタリティーを残して英語を話します。

たまに日本人が大きなジェスチャーを交えて

It is not my business
I don’t care

みたいなことを口にしますがネーティブから見ると滑稽にうつるそうです。(もちろん全部のネーティブに聞いたわけではありませんが・・・)

或いはアメリカに映画に出てくるように、足を投げ出して会議をやっている日本人もいるようです。

憧れている方には申し訳ないのですが日本人は絶対にアメリカ人やフランス人にはなれないので(笑)、日本人のメンタリティーを保持したまま外国語を使うとたとえへたくそでも相手の信頼を勝ち取ることが多いようです。

自分の思考をまとめることができない人はそれが日本語でも、英語でも、フランス語でも

何言っているかわからん・・・・

みたいですね。

下手な英語でかまわないので自分の言葉で相手の目をみてゆっくりと話す

といいみたいですね。

特に菅さんわかりましたか?(笑)

以上この記事の提供は100%ドメスティックで国際人とはほど遠いクロワッサンですた(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.02.03

第一希望(^_^;)

みなさん、こんにちは。
学生の頃自分の将来の職業について希望がありました。

もちろん今の職業とは全く違います。

学生の頃は麻雀に打ち込んでいました。、また、幸い我が家は麻雀荘をやっていました。
うちに来るメンバーはけっこう強い人が多くここで鍛えられれば麻雀で食っていくことも
夢でないと当時考えていました。

私の父も雀荘をやるくらいですから麻雀の腕前は相当なものでした。

ちなみに雀荘をやる場合は、メチャクチャ麻雀が強いか全くやらないかでないと
経営が成り立たないそうで中途半端な実力で単に麻雀が好きというのでは
カモにされるので経営は成り立たないようです。

まあ、それほど長い時間麻雀に打ち込んだわけではないですがそれでも盲牌もOK
で清一色でも瞬時に待ちが何通りかわかるようになりました。

(今回は専門用語が多いです(笑))

学生ですからうぬぼれがあったのでしょう。

一度父親にメンバーに入ってもらって一緒にゲームをしました。

その時の私の印象は雰囲気がいつもの父親と違いまさに近寄りがたいものがあり
勝負する前から・・・

これは俺では及ばないな~

と最初から白旗を揚げていました。

ゲームが終わると・・・一言

お前のは麻雀じゃないな・・・

これで麻雀で食っていく夢は破れました(^_^;)

その後今の職業になるために一応試験を受けるのですが運良く合格して慌ただしく
東京に行きました。少しして家に帰ると父親が・・・

合格体験記の依頼が来ていたので俺がお前の代わりに書いておいた・・・

と掲載されたものを見ると・・・私より上手ですた(^_^;)

きっと父親は私が希望する職業に就くことは最初から反対だったんでしょうね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »