« 逮捕されても・・・・・ | トップページ | 本間物産の教訓 »

2011.01.08

高給の理由(^_^;)

みなさん、こんにちは。
タイトルはちょっと不穏な感じですね(^_^;)

別に私が高給な理由をここで述べる・・・・なんてことではもちろんありません。(^_^;)(<そんなことわかっているぞ!!)

私が勤務いていた時代に某外資系の金融機関からヘッドハンティングの話がありました。
ポジションは監査部長で待遇は・・・・(具体的には書けませんがその当時30代前半の私の年収の2倍でした)

基本的には私に全て任せてくれるのと収入は非常に魅力的でした。

それよりも数年前に外資系の証券会社が日本に上陸した際に経理とか監査とか
即戦力を求めていて、その時の提示されたのが概ね給料が倍でした。私の知人で
この好条件につられて転職した人がけっこういたのですが、その後外資系の証券
会社が縮小に転じその後苦労した人が多くいました。

こういう話を知っていたのですが、収入が倍になるというのは非常に魅力的でしたが
熟慮のすえ結局この話はお断りしました。(きっとフリーの微粒子コンサルタントを目指
していたからでしょう(^_^;))

その後その会社の凋落したので結果的に給与につられて転職しなくて正解だったという
ことになります。

では会社はどうしてそんなに高給を出すのでしょうか?

会社の立場で考えてみたいと思います。

私の例では金融機関は不正が多いので監査の体制を早急に固めることは
非常に大切になります。

そこでこういう経験がある(ありそうな(笑))人に白羽の矢を立てて高給で雇い
一年くらいで体制を構築させることになります。

体制が構築してしまえば、後はそれを運用するだけなので私はお払い箱という
ことになります。私がその会社に良い待遇をキープして居続けるためには
監査組織の構築の後、さらに高いハードルが待っています。

という背景があります。

まあ私に能力があり、その後の条件をクリアーしてトップに上りつめるというシナリオも
考えられないこともありませんが、自分の実力は自分が一番よく知っています(笑)

(私の周りで倍の給与で転職した人で幸せになっている人はあまりいません(^_^;))

転職の際に高給が提示された時はご用心ご用心(^_^;)

|

« 逮捕されても・・・・・ | トップページ | 本間物産の教訓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/50525426

この記事へのトラックバック一覧です: 高給の理由(^_^;):

« 逮捕されても・・・・・ | トップページ | 本間物産の教訓 »