« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010.02.28

津波

みなさん、こんばんは。
南米チリで大地震がおき、その影響で日本にも津波がやってきました。

津波を実際にみたことがある人はそう多くないと思いますが、何センチとか高さで安全なのか怖いのかわかるようなものではありません。

単純な波は海面の表面的な動きなのですが津波は海面から海底まで全体の動きになるので津波が発するエネルギーは相当なものがあります。おそらく1メートルの津波に人が巻き込まれても体がバラバラになり即死するのではないかと思います。

津波が到達する地域の方々の被害がないことをお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.26

これはすごいです

みなさん、こんばんは。
今週は水曜日から3日間富士吉田に行ってきました。

ここからみる富士山は圧巻です。今は雪で覆われていますが、太陽があたると雪で覆われた部分がテカテカになっているのがよくわかります。

日常の雑踏から離れてこういう景色に心奪われるものよいものです。

15386

こんな感じでした。

もちろん・・・・・吉田うどんも大変美味しかったです(^_^;)

満足満足・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.22

確定申告(^_^;)

みなさん、こんにちは。
確定申告は終わりましたか?

え・・・・もう還付金が振り込まれてきたって?

それは早いですね、まさにフリーランスの鑑ですね。

私は毎年この時期になるとまだ全然手をつけていないということでかなりバタバタしています。

クライアントには・・・・

月次で決算するのは大切ですからね~

などといっていますが自分は月次どころか申告期限が間近になって慌ててやり始めます。
といっても私の場合は帳簿をタイムリーにつけなくても大体わかるので経営(大げさっすね(^_^;))的には月次で帳簿をつけなくても問題ありません。

いわゆる仕入とか外注費とかがないので資金繰りもそれほど考えなくてもいいです。

問題なのはオーディオ機器など物欲がわいてきた時だけですね(^_^;)

大体3月13日頃(最終は3月15日)のいつも提出しています。

さて、作業を進めないと・・・・・・(^_^;)<他人のこといえるのか!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.21

苦闘からの生還(笑)

みなさん、こんにちは。
最近メインで使っているパソコン(いまだにWIN XPを使っています)のハードディスクの残り
の容量が少なくなってきたことと動作が遅くなってきたことに対処するためにハードディスクを換装しました。

以前このパソコンを購入した直後にパーティションを区切ったら地獄をみてしまいその後リカバリーCDを購入したのでそれを使いました。最近はオーディオばかりでハードディスクの相場は知らなかったのですがあまりにも安くなっていた(それに比べるとオーディオ機器は安くなりませんね~(^_^;))のでびっくりしました。

ハードディスクの速さはその回転数が大きく影響しますが以前は3300(単位は忘れました)でせいぜい100GBくらいだったのですが今回は7200(単位は忘れました2)で500GBなので私にとっては衝撃的でした。

・・・・でようやく換装が終わり(といっても漢字変換はATOKを使っていたのですがXPのSP3
では以前のバージョンがうまくインストールできないようで今は付属のおバカなMS-IMEを
使っているので文章が入力しにくいっす(^_^;))道具として使えるめどがついたのでようやく
ブログをアップすることができるようになりました。

ところが単にシステムをインストールするだけだったらいいのですが、2006年当時の
リカバリーディスクを使っているのでシステムを入れた後のアップデートがハマりました。

マイクロソフトのWINDOWS UPDATEをすると未更新のモジュールが70くらいあり(笑)いくら光でもかなり時間がかかります。

・・・で金曜日の夜から初めて翌朝5時になってもまだ終わらないというかんじでした。

パソコンはバックアップ用にもう一つあるのですが、こっちは処理能力はメインで使っているものより高いのですが液晶が良くなくメインのほうを好んで使います。

今の空き容量は405GBもあります(^_^;)

今はATOK待ちですが、ようやく使えるようになってホッとしています。

古いハードディスクはそれでも100GBあるのでUSBでつなぐようにして、音楽ソフトなどを
入れて再利用したいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.18

幸せ

みなさん、こんばんは。
体が健康だと

趣味は楽しい
美味しいものを食べたら美味しい
色々なことに感性がはたらく

ということになります。

何を当たり前のことを・・・・・と思われる方もいらっしゃると思いますが、健康でないと
こうはいきません。

以前テレビで観たことがありますが余命が宣告された方を対象としてホスピスを取り上げていました。

例えばお金があれば美味しいものは作ってもらえますか、健康でないと味がしないそうです。ドラマなんかで人が死ぬシーンがありますが典型的なのは

後は・・・頼む・・・ガクッ・・・

という感じで死ぬシーンがありますが、医者がいうのはああいう死に方はないそうです。

徐々に弱ってきて色々なことに対して元気な頃のような感性が働かないようです。

お金がないと生活できませんが、お金だけあっても健康に問題があれば人生は楽しくは
ないようです。そこそこのお金と健康というのが一番いいのかもしれません。

おなかが減ったら空腹を感じ
空腹を満たしたら満足を感じ
天気が良ければ心地よさを感じ

当たり前のことですが、こういう当たり前のことは感じられるうちは幸せなのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.17

いい音で聴くためには・・・・

みなさん、こんばんは。
音楽を聴く時にはやはりいい音で聴きたいですよね~

よく考えてみたら当ブログは浅く、薄っぺらな分析、レビューが多いのですが(^_^;)こういう
いい音で聴くには・・・などという大切な話題をほとんど取り上げていませんでした。

いい機器を揃えなければいい音にはならないって?
ケーブルはそれにふさわしいものを揃える必要があるかって?

そんなことはありません。

まず耳の掃除をしましょう。たまにデカイ耳あ●があるときがありますがこれは致命的ですね。耳のメンテが何をおいても優先します。

髪の毛も大切ですね。特にSTAXを使っている方は男女を問わずスキンヘッドが理想的です。(そういう私は髪の毛が耳にかかっているので理想的ではないです(笑))

最後に仕事がそれなりに充実している必要があります。

いくら音楽を聴く時間があっても

ヒマでヒマで・・・・・

という状態はよくありません。オンとオフの充実・・・これ大事です。

次に機器ですが、誰でも湯水のようにお金を使えるわけではありません。
その中でアドバイスをすると・・・・・BOSEがいいです。

オーディオマニアの方にいわせると

BOSE(笑)

といわれるかもしれませんが、日本人はBOSEがいい音にきこえます(かくいう私もBOSE耳です)他人がどう感じようが私たちがいい音だと思えばそれでいいのです。

実際に聴いてみて違和感がなければBOSEはコストパドーマンスが良いかもしれません。

また、住宅事情からスピーカーで聴くのはちょっと・・・・ということであれば迷わずSTAX+CDプレイヤーをお薦めします。STAXのラインナップはいろいろあるので予算
に応じて選べばいいでしょう。

ただ好みがあるので購入する前には試聴したほうがいいですね。
私はSTAXの音は大好きですがそうでない好みもあります。

逆にどんないい機器を揃えてもですね・・・・

耳の手入れが悪いと話になりませんし、髪の毛が耳全体を覆うのもアレです。

ヒマもてあましている状態でもそれほど感動しないでしょう。

機器を揃える前の段階が大切ですね~

PS

誤爆しました。音楽の戯言ネタですが今回は両方にアップします。(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バカなんでしょうね(^_^;)

みなさん、こんばんは。
ジャスダックに上場していたトランス社という会社がバカなことをして関係者が6人逮捕され
ました。内容を見ると・・・・・・・(笑)

2008年8月27日に31億円を調達したと発表
翌日に不渡り(^_^;)
9月1日に民事再生法の適用を申請して経営破綻(^_^;)

という流れでした。

まさになんじゃこれはです。

31億円はどこにいったのか?これも実態のない行為だったみたいです。

まあ、経営者を始めとする関係者がバカというか無知というか・・・・

会社が民事再生法を申請した場合は債権者の取扱いは平等(担保などの特約があれば別だと思いますが)でなければならず、会社が勝手に特定の債権者に債務を弁済するということはできませんが、それをやっちまったようです。

こういう容疑で立件されたケースは初めてだそうですが、それほど誰もやらないことをやったんですね。私もこれやっちゅって逮捕された人は初めて見ました。

反社会性力(暴力団)との関係も取りざたされているようです。

上場会社の場合時々こういうわけわからない(ひょっとしたら当事者も何をやっていたのか
わからなかったのかも・・・・・(^_^;))ことやる会社がありますね。

こわいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.13

英語の落とし穴

みなさん、こんにちは。
外資系の会社でマネージャーくらいのポジションの人を募集する場合に英語で面接というかインタビューをするのが一般的ですがこれって大きな落とし穴があります。

面接をする人が外人の社長だったり幹部だったりすると、当然にように英語になってしまいますが、これが場合によってはトンデモハップン(<って何だ?(^_^;))な結果になってしまうことがあります。

とういうことかというと日本語でしゃべる場合と英語でしゃべる場合人柄ががらっと変わって
しまう日本人がけっこういます。こういうと大抵は

英語>>>>>>>>>日本語

という感じになります。日本語では大したことを話せない人が英語だと自信満々で顔つきも
変わってしまう人を何人かしっています。一度こういうケースに出会った時に思わずその日本人に向かって

日本語よりも英語上手なんだね~

といったら爆笑でした(^_^;)

こういう人が英語で外人から面接をうけると

すばらしい!!!

ということになり悲劇(喜劇(笑))ができあがります。
英語だけを話す無能は人を高給で採用してしまう・・・という笑えないことが私自身が経験
した中でも少なくはありません。

また英語の場合はレジュメをパソコンで作るのでパソコンの文章をみただけではその人となりはわかりませんし、英語のレジュメでは応募者は全員

スーパーマン(笑)

になってしまいます。

私のクライアントで外資系(社長が外人)の会社がありますが、英語のレジュメだけではなく履歴書を日本語で手書きで書いてもらい、インタビューを日本語でもやる・・ということをアドバイスしています。

過去に新しく入社した人と話して・・・・率直にいって

どうしてこんなの(失礼(^_^;))採ったのか?

と思うケースが何度かありましたが、これでした(^_^;)

ちゃんと日本語を話すことができない日本人はいくら英語ができても発想そのものがキチンとしていないのでコワイものがありますね~

ちなみに・・・・・私は日本語のトーンも英語(正真正銘の英検4級ですが(^_^;))のトーンも
同じです(^_^;)・・・従って自分の等身大を両方で表しているので信頼されています(・・・・ナサケネー(^_^;))

Thank you for your reading!!←この辺が正真正銘の英検4級

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日の雑談(笑)

みなさん、こんにちは。
昨日はクライアントで当ブログで触れたような話題になりました。
要するに買い物をする人たちの中で携帯かけながらの人が多くなったね~(もう中学生風にいってください(^_^;))

という話です。

クライアントの人が、そういう光景もみますが携帯で夢中になって話している人の買い物かごの中に商品を勝手に放り込む人みましたよ~

ようするに被害者(笑)の視点では

購入する意思がないものが買い物かごに入っていた・・・

ということでこれはレジの時でなければなかなか気づかないということになります。

これはやってみたいですが、発覚した時のことを考えると一歩踏み出す勇気がありません

・・・・でその人の隣の席をみるとTo DOの付箋が10コくらい貼ってありました。

思わず私が・・・・・

これって1枚とか2枚はがしてもきっと本人わかりませんよね?(笑)

中にはけっこう古いと思われるものがあったのできっと本人が忘れているTo DOがあるのでしょう。

これ発覚するコワイので一歩踏み出す勇気がありませんでした。

ためになったね~(もう中学生の口調で・・・・(^_^;))

何がためになったのかわかりませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.11

倒産

みなさん、こんにちは。
今日は寒いですね。

みなさんの中にお客さんが倒産してしまった経験がおありの方がいらっしゃると思いますが
これはけっこうツライものがあります。幸い私の場合は仕入や外注費などの外部への支払
がないので被害はそれほど多くはありませんが、外部への支払がある場合には悲惨な状況になります。(自分も倒産するかもしれません)

お客さんが倒産なので売上の代金は入金されません。その上で外部への支払のみ発生しますから金額によっては私たちの資金状況は一気に切迫してしまいます。

・・・・と倒産された経験がある人はその後の(愉快ではない)流れはわかっていらっしゃると思います。倒産された場合経験者はお金のロスだけで済みますが、初めて倒産を経験した場合はお金だけではなく大切な時間もロスしてしまうことが多いです。

お客さんが倒産した場合には、まず自分の売上代金は回収することはできません。

取引先の社長や担当者がいくら自分を大切にしてくれても、その取引先が倒産すれば
同じことです。お金は回収することはできません。

ほとんどの場合は回収率は0でしょう。運が良くても倒産→清算が終わり売上代金の1%程度が数年後に入金されるかもしれません。こんなものです。

倒産した場合は自分だけ売上代金を回収しようなどと考えてはいけません・・・というか絶対に速やかに全額を回収することはできないことをまだ倒産を経験したことのない人は
頭に入れてください。

取引先の社長や担当者がいくら自分を大切にしてくれても、その取引先が倒産すれば
同じことです。お金は回収することはできません。自分だけ特別だなんて決して思わないでください。

倒産はどうして起きるかというと例えばお客さんの状態が

現金100
借入金1000000000000

みたいな感じだと間違いなく倒産します(^_^;)

あるいは仕事をするために必要な資金が1000として売上入金が100だとしてこの状態
がしばらく続くと間違いなく倒産します(^_^;)

・・・・・・え、お前はどうやっているのかって・・・・

実は私の場合はけっこう恵まれていてお客さんの帳簿を見ることができるのですね(^_^;)

ですから、これをみると近い将来倒産しそうなのか、そうでないのかがわかります・・・って
反則ですね。

私たちはお客さんの帳簿を見ることができないケースがほとんどだと思いますのでそれでもなんとなくわかります。

お客さんは突然に倒産はしません(私たちからみると倒産は突然なのかもしれませんが)
必ず兆候というか前兆があります。それはどこかの支払を止めます。その順番は

1税金(消費税や源泉税や法人税、所得税など)
2社会保険料
3公共料金
4私たち(止めるというよりも支払い延期ですね)
5従業員(給与ですね)

が一般的だと思います。

これを私たちの目からみると、社長が元気がない(でもカラ元気の人もいますよね(^_^;))
出入りの業者から払いが悪いといううわさがたつ
従業員の出入りが激しくなる
会社の雰囲気が悪い

ということが見えるでしょう。

できれば倒産に遭わなければいいのですが、もし、上記の兆候を見逃して(ネットだけでやりとりすると見逃す確率は高いです)倒産に遭ったらそのお金は回収されないという前提で行動したほうがいいでしょう。

ロスはお金だけで済みますから・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.02.07

大丈夫か?(^_^;)

みなさん、こんにちは。
最近通勤の特に帰りになると

アレはちょっとアレだな~

と思うケースをよく見ます。(以前触れたこともあるかもしれませんが)

電車の入り口にいて降りる人が沢山いても絶対にどかない人がいます。
まあそこに居住しているのであれば問題ない(笑)のですが、

オレは絶対にどかないぞ!!

オーラを発している人がけっこういますね(^_^;)
邪魔です(笑)

携帯やミニゲーム機でゲームをしたり、メールをしたり(日本語として正しい言い方ではないかもしれません(^_^;))しながら歩いている人を以前よりよく見かけます。しかも駅だけではなく、

スーパー
横断歩道

などなどよく見ます。これはかなり危ないということとその人の後ろから歩いてくる人の対しても迷惑なのと危ないです。iPadが普及して電子書籍になったらどうなるのかちょっと心配ですね~

また、帰りが早くなってスーパーに立ち寄る時には携帯をかけながら買い物をしている人をよくみます。レジをしている最中も携帯で話している強者もいます。迷惑というよりもはっきりいって

不気味です(笑)

時々仕事をさぼって昼間のスーパーで買い物をすると老夫婦が仲良く買い物をしている光景をよく見ます。これだけだと微笑ましいのですが、老夫婦のオスの方ですが居場所がわからず邪魔です(笑)

特にレジでは両方とも並ぶので実際の人数よりも多く見えてしまいます。

なんというかこれらは場の雰囲気が読めなくなってきているそれなりの歳の大人が多くなっているということなんでしょうか・・・・

お前ら大丈夫か?(^_^;)
お前らちゃんと生きていけるのか?(^_^;)

と思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.06

トヨタは落ちたな~2

みなさん、こんにちは。
昨日は豊田社長は会見をしたそうです。

わかっていないな~・・・・
この会社にはこういう時の人材はいないのかな~

と思いますね。

まずは間違いを認識した時には原因がわかっていなくてもまずは謝罪をしなければなりません。その後原因と対策を発表する必要があります。これが基本です。

では、今回のように社長が出遅れた場合は・・・・

ただ謝罪してもあまり効果はなく(批判されたので出てきたというとらえ方をされます)ここでは原因と対策というものを発表しなければかえって不安を招きます。

タイミングが少しでもズレてしまうと、決断が遅れると・・・その重荷は段々と大きくなります。

まだ、バカとかアホとかいわれているうちはいいんですけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.05

トヨタは落ちたな~

みなさん、こんにちは。
トヨタといえばトヨタの前にトヨタなし、トヨタの後にトヨタなしといわれるほど(誰もそんなこ
といったないでしたっけ(^_^;))の日本を代表する企業です。一時はトヨタ銀行といわれるほど無借金経営で、財テク(古いですね)で運用する利益が下手な銀行よりも多いという無敵の会社でした。

最近の報道を読むと

トヨタもここまで落ちたか・・・・

と感じざるを得ません。

かなり以前に当時の奥田会長が消費税率に触れたことがあります。この時に企業経営者は商人ですから商人は天下国家を論じるよりも自社が利益を上げることを考えるべきで

トヨタの勘違いが始まった・・・・

と思っていました。ただその後も業績は順調に推移していたのでこの「勘違い」は表面化することがありませんでした。

その後一般小型自動車整備士技能検定の試験問題をトヨタの社員が漏洩したりまたまた奥田氏(当時の肩書きがわかりませんが(^_^;))が広告宣伝を出さなければいいという
メディア(もあまりほめられたものではありませんが(^_^;))に圧力をかける勘違い発言
をするという流れでほころびがより目に見えるようになってきました。

今回のリコールの対応は経営判断ということであればアリだと思います(結果的には
失敗でしたが・・・・)

その後のトヨタの対応を見ると記者会見をしたり国交省に出向いたのは社長ではなく副社長でした。社長は去年創業者の一族から出ましたが、何らかの形で傷をつけたくなかったのだと思います。

これがトヨタは落ちた~

と感じる根拠です。

経営判断の結果それが会社の利益を伸ばすこともあれば、かえって会社の信用を落とす
こともあります。大切なのは誤った経営判断をした場合に経営者は会社をまずは守ることを最優先にすべきです。

誤った経営判断をした場合はトップは素直に間違いを認めて謝罪をするのが第一歩です。この場合のトップとは社長以外にいません。副社長や専務などがいくら表に出てきてそれはトップとはいいません。

100年かけて築き上げた信用は1日で崩壊してしまいます。

危機が迫っているのに会社の幹部がそれがわからない時がもっともヤバイです。

パロマの二の舞にならないように早く豊田社長自らが自らの言葉で謝罪をしてこれからの
再生プランを語る必要があるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010.02.03

人間ウォッチング

みなさん、こんにちは。人間の脳は発達しすぎたために色々なことを考えます。
切り口は色々あるのでしょうが、1つ見方ですが大きく3つに分けて考えることができます。

●何もそのことについて考えない
●そのことについて自分は劣等感(或いは他者に対してジェラシー)を持っている
●そのことについて自分は望外なものを得てうれしくてうれしくてしょうがない

です。

3つの例が抽象的すぎますが、具体的に・・・・

●何もそのことについて考えない
非常の頭がよくテストで満点を取るのが当たり前で普通
従ってテストで満点を取っても特にうれしくもなく自慢をすることもない
普通のことはあまり自慢しませんよね

●そのことについて自分は劣等感(或いは他者に対してジェラシー)を持っている
あまり頭が良くない。そのことに劣等感を持っている或いは頭がいい人にジェラシー
を持っていると1つの例ですが、いかにも切れ者的な風貌を装ったり、難しい言葉を
連発する(但しそれほどその言葉を理解しているわけではない)

●そのことについて自分は望外なものを得てうれしくてうれしくてしょうがない
苦手なテストで思わず山が当たって満点を取ったら時・・・
うれしくてうれしてたまらず自慢したくなる(実際に自慢するケースが多い)

ということになります。

まあ、テストだけならまだいいのですがこれが大体ビジネスのシーンについても当てはまります。

ビジネスにはこの3種類の人間が混在します。(本当はもっと複雑だと思いますけどね~)

Aさんはいつも1500万円を稼いでおり、会社の地位も高く自分自身はそれなりに努力しているので特に今のポジションについては「普通」なので何も考えていない。

Bさんは何度も挫折を繰り返してようやく入社したがAさんがBさんが望んでいるものを持っているのでAさんに対してジェラシーがある。ことあるごとにAさんに突っかかってくるが
Aさんは・・・・

あ・・・そうですね・・・そういう考えもあったか・・・・

的な対応をされますますジェラシーが増大してきておりAさんを倒すことが人生の最大の目標になっている。(^_^;)

Cさんはコツコツ働いていたがある日社長によばれ思わぬ言葉をかけられる

君は真面目にコツコツ働いている。私は評価しているよ!!

思わぬ言葉をかけられてCさんは有頂天に・・・・・

家族に・・・・

俺、社長からほめてもらったんだ!!

というような無邪気なものから

この時計高かったんだぜ!!
このスーツ10万円したんだ・・・(これが自慢になるかどうかわかりませんが実話(^_^;))

的なものまで幅が広いケースです。

この感情を人の脳が指示を出して私たちが目に見える行動を取るわけですね(^_^;)

●当たり前のことは自慢もしないし、愚痴もいわない
●難しい言葉を連発する人はなんらかの劣等感を持っていることが多い(笑)
●自慢することは自分にとって特別なことである、自慢が多いということはそれだけ特別な
ことが多い

みたいです。

以上人間ウォッチングですた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.01

能力ってなんだろう?(^_^;)

みなさん、こんばんは。
ここにA氏という人がいます。

A氏は日本と米国の両方にある会社から給料をもらっています。日本の税金は詳しい税理士はたくさんいますが、米国の税金がわかる税理士はそうは多くはいません。

そこでA氏(外人です)は税理士で米国公認会計士の両方の資格を持っており英語がペラペラの人に申告をやってもらうことにしました。(Bさんとしましょう)

Bさんは快く引き受けてくれました。

そこでA氏はBさんに事前に何度か会い、A氏の実際の給与をBさんに教えて理解を深めてもらいました。

日本の税法がわかる
米国の税法もわかる
もちろん日本の税理士の資格がある
米国公認会計士の資格もある
英語が堪能である

申し分ありません。

ところがA氏は実際の申告するために資料をBさんの事務所に持っていた時に
Bさんから驚愕のコメントが・・・・

あなたのようなケースはうちでは特殊なケースです

(・・・って何度も事前に説明したのに(^_^;))

A氏は税務や会計の専門家ではありませんが、説明も上手でまた相手の説明も理解する
能力はかなりのものがあります。

その後Bさんから説明を受けたそうですがそのA氏をもってしてもBさんの説明は何をいっているのかわかりませんでした。

日本の税法がわかる
米国の税法もわかる
もちろん日本の税理士の資格がある
米国公認会計士の資格もある
英語が堪能である

でもA氏を理解させることはできなかった・・・・・(^_^;)

パーツパーツの能力が高くてもそれを司るものが貧弱であれば個々の能力はあまり意味がないのかもしれません。

このBさんの件でCさん(croissantのCですね(^_^;))がとばっちりを受けました(笑)
ちなみにCさんは

日本の税法はそんなにわかるわけでもない
米国の税法は全然わからない
なんちゃって税理士のようなものである
もちろん米国公認会計士の資格はない
英語は正真正銘の英検4級である

という中途半端を絵に描いたような奴です(笑)

かわいそうなCさん・・・・(^_^;)

でもCさんは知らないことが多いので勉強したり、知り合いの専門家に質問しまくったり
してなんとかA氏に理解してもらうところまでいきました。

日本の税法がわかる
米国の税法もわかる
もちろん日本の税理士の資格がある
米国公認会計士の資格もある
英語が堪能である

でもA氏を理解させることはできなかった・・・・・(^_^;)

日本の税法はそんなにわかるわけでもない
米国の税法は全然わからない
なんちゃって税理士のようなものである
もちろん米国公認会計士の資格はない
英語は正真正銘の英検4級である

なんとかA氏に理解してもらった・・・

どうなっているのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »