« JALの再建 | トップページ | この時期になぜか合います »

2009.10.31

不思議に思うこと

みなさん、こんにちは。
このところ、押尾被告、高相被告、酒井被告の裁判でわずかな傍聴席を巡ってすさまじい
倍率になっています。倍率数百倍とかなかなか傍聴するチャンスは少ないようです。

その一方でニュースをみると裁判の様子をスケッチをつかって各局ニュース番組などで
報道しています。裁判は報道関係者は優先的に傍聴できるとか、或いは特別の場所で
裁判を取材できるということはないようなので、各局のニュースがどうして裁判の様子を
報道できるのかわかりません(^_^;)

まさか・・・・・限られた傍聴席を得るためにアルバイトの人を大量動員して並ばせて
いるなんてことはしていないでしょうね・・・(いるのかにゃ~?)

そのせいであれだけ長蛇の列ができているとか・・・・・

或いはたくさんのアルバイトを動員したにもかかわらず傍聴券を得ることができなかった
局は傍聴券を手に入れた人からそれを買い取るなんてことは、まさか、してはいませんよね?

でもどうして裁判の様子が各局報道できるんでしょうね?ヽ(。_゜)ノヘッ?

|

« JALの再建 | トップページ | この時期になぜか合います »

コメント

酔うぞさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

へ~、それがすごいというか酷いというか、そんなことに・・・というか・・・(^_^;)

マスコミ側はニュースの価値があると考えているのでしょうね。介護の勉強をする学校が○○とか・・・

想像を絶する世界ですね・・・マスコミって(^_^;)

投稿: クロワッサン | 2009.10.31 23:38

    >まさか・・・・・限られた傍聴席を得るためにアルバイトの人を
    >大量動員して並ばせているなんてことはしていない
    >でしょうね・・・(いるのかにゃ~?)

全然まさかではありませんね。
イベント会社が何社もやっていたようです。

なんか、1000人動員して一人も当たらなかったなんて会社は「赤字です」だそうですから、
500人なら黒字だとすると、傍聴券の価格が250万円だったということになりますね~。
(5000円ぐらいはバイトに払うでしょうから)

迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)で取り締まったらどんなものだろうか・・・・・。

ところで、酒井法子裁判当日は東京裁判所に一日中いました。
別の裁判の証人尋問が一日中あったからなのですが、その法廷が526号で、酒井法子裁判はほぼ真下の42?号法廷だったようです。
一日中大変な雨で、有名傍聴人である、阿曽さん(阿曽山大噴火)や高橋ユキ(元霞っ子クラブ)といった方々が「負けました」報告をしていますし、裁判所で顔見知りの傍聴マニアも「ずぶ濡れだ」とか言ってました。

4時頃に裁判所の正面から道路に出たら、カメラが何台もビニールのようなものをかぶせて雨の中で待機していましたね。
ニュースの価値があることだったのでしょうか?

投稿: 酔うぞ | 2009.10.31 10:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/46629174

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議に思うこと:

« JALの再建 | トップページ | この時期になぜか合います »