« 象さんのポット | トップページ | メモ »

2009.02.03

塞翁が馬

みなさん、こんにちは。
人の無常を表す言葉で行く川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず・・・と同じくらい
心に残っている言葉で塞翁が馬という言葉があります。

老人が飼っている馬が敵陣に逃げた時に、その老人は
そのことは不幸な出来事だということはない・・・と老人はいった

その後その馬は敵陣から別の良い馬をつれてきて戻った
そのことは幸運な出来事ではない・・・・と老人はいった

その後その老人の子供が馬から落ちて足が不自由になった
そのことは不幸な出来事ではない・・・・と老人はいった

その後戦争が起こり、健康な若者が招集され戦地に出向いたが
その子供は足が不自由だったので戦地に行くことはなかった

というような流れがこの言葉のもとのエピソードだったと思います。

自分の身の回りには色々なことが起こりますがそれを自分の置かれた環境や
価値観を加えると良いことと悪いことにわかれます。

言い換えれば自分にとって良いこととか悪いこととかいう判断基準に関係なく
色々なことが起こりそこに自分が巻き込まれていきます。

自分にとって良いことが起こったからといって有頂天になっているとその次が・・・・

悪いことが起こったからといって腐ったり落ち込んだりしていると、良いことが
起こっても上手に対応できなかったり・・・

ということになると思います。

過去にもてはやされた経営者で今は見る影もない人たちはきっとこの塞翁が馬という
言葉を知らなかったのでしょうね。

或いは行く川の流れは絶えずして・・・・

ということも知らなかったのかもしれなせん。

|

« 象さんのポット | トップページ | メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/43941686

この記事へのトラックバック一覧です: 塞翁が馬:

« 象さんのポット | トップページ | メモ »