« なんぢゃそれは・・・・ | トップページ | ちょっとアレな広告 »

2008.11.16

時々勘違いすることがあります

みなさん、こんにちは。
故赤塚不二夫さんの作品にはタイトル名になっている主人公よりも目立つキャラというパターンが多い作品がけっこうあります。

天才バカボンのバカボンのパパがおそらく一番有名だと思いますが、結構強烈なのが・・・
おそまつ君というタイトルに作品に出てくるイヤミ氏でした。おそまつ君はおそまつ君を筆頭とする六つ子が登場します。おそ松くんのほか

カラ松
チョロ松
トド松
十四松
一松

と兄弟がいますがキャラは書き分けられていなかったような感じがします。おそ松ってどんな性格だったのか記憶がありません(^_^;)

それに絡む

チビ太
ハタ坊(時々ネットも~だじょ~などといってしまいます)
だよ~んのおじさん(これっておそ松くんだったけかな?ヽ(。_゜)ノヘッ?)
イヤミ
デカパン(当初は名前がなく名前を募集して付けられました)など
小池さん
トト子ちゃん(秘密のアッコちゃんにそっくりでした・・・って同じ作者ですよね~)

キャラが非常に立った作品でした。小池さんを見るとラーメン(しかも袋のインスタントラーメンが)食いたくなりますね~(^_^;)

中でもイヤミはおフランス帰りという雰囲気で自分のことをミーといいます。

ミーは●●するざんす

みたいなフレーズをつかいます。

なるほど、フランス語では自分のことをミーっていうのか・・・・・

この作品を読んで刷り込まれました(笑)

実際のフランス人を見ていると自分のことはミーは・・・とはもちろんいいませんですた。

今でも深層心理の中にミーは自分のことのフランス語というものがあり、それを

いやいや、あれはイヤミ氏の造語だったざんす(^_^;)

みたいな感じで取り消すことから始まります。

時々、もーれつア太郎や天才バカボンに出てくるキャラがどの作品に出ていたのかわからなくなります。

めんたまがつながった「逮捕する!!」とピストルを撃ちまくる両さんよりも強烈なお巡りさん、ウナギイヌ、レレレのおじさん・・・・・

赤塚さんの作品にはいいキャラが満載でしたね~

|

« なんぢゃそれは・・・・ | トップページ | ちょっとアレな広告 »

コメント

さややさん、こんにちは。
そうなんですよね~

あのバカボンのパパのハチャメチャな展開からは想像できませんよね~

投稿: クロワッサン | 2008.11.18 08:25

ひみつのアッコちゃんて、赤塚さんの作品なんですね。

知らなかった・・・

投稿: さやや | 2008.11.18 00:47

Shoukoさん、こんばんは。

あのチビ太がいつも串にさしたおでんを持っていましたがあれが美味しそうでした。

ケケケ・・・

という笑いもなんか可笑しかったです。
SPEEDが復活するくらいですからデカパンなんかにも復活して欲しいっすね(^_^;)

やはり赤塚氏は天才ですね。

投稿: クロワッサン | 2008.11.16 17:50

お久しぶりです。^^
なつかしいキャラクターさんたちの名前がずらりで、楽しく読ませていただきました。

くだらない話題ですが
私がおそ松くん以下を言うときは
から松
じゅうし松
いち松
ちょろ松
どど松 の順です。(頭にすりこまれている順)
これって主題歌でお母さんが言う順だったかな?
(すみません、あやふやな記憶で…)

投稿: shouko | 2008.11.16 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/43130350

この記事へのトラックバック一覧です: 時々勘違いすることがあります:

« なんぢゃそれは・・・・ | トップページ | ちょっとアレな広告 »