« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.30

GWの光景

みなさん、こんばんは。
まさにGWの真っ直中で長期休暇を取られている方は多いかもしれません。とはいうものの3月決算の会社の経理の方(しかも上場会社の方)はGWどころではありませんね。

4月30日の取締役会に決算を承認してもらわなければならないし、監査法人もうるさい
ことをいうし・・・・・

とかなんとかいっているうちに決算の発表が5月中旬なので決算短信作らなければならないし、・・・・

とかなんとかいっているうちに6月は有価証券報告書があって株主総会があって、税務申告書があって・・・

とかなんとかいっているうちに、7月になると第一四半期の決算があるし・・・

とかなんとかいっているうちにJSOXがあってそのうちに会計基準がまた変わるし、リースの会計が変わるし・・・・

と書いているだけでも気分が悪くなってくるGWです(笑)

え・・・・私はどうかって・・・・

そらまあ・・・・なはははは・・・・・・(^_^;)まあ色々ありますね~

ということで今日はヘロヘロになってバスを降りて家に向かう道の途中で若い男女が手を
つないで歩いていました。なかなかほほえましいのですが、一つだけ難をいえば男女とも
にものすごく太っていてこの2人が手をつないで歩いていると道幅一杯に広がってしまい
通れないのですね(笑)

ということで今日は色々と疲れた一日ですた(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.13

嘘をついてはいけないというお話(^_^;)

みなさん、こんばんは。今日はベオウルフのDVDを観ました。まあ一言でいうとうそをつ
いてはいけないという話でした。

フィンランドのある王国でグレンデルという怪物に悩まされていましたが、この怪物の父親
が●●で(まだ観ていない人のために一部伏せ字にします(^_^;))でした。そこでベオウルフにこのグレンデルの退治を依頼し見事のベオウルフはグレンデルを退治しました。

グレンデルは●●とデーモン(妖魔をデーモンというのですね)の間にできた子供でこの
妖魔である母親はその直後にこの国を襲って多くの日々とを殺戮します。

・・・でこの母親の退治を依頼されたベオウルフはこの母親のグレンデルの代わりの子供
が欲しいということとベオウルフに偉大な王にしてやるなどという将来の約束を行いそれ
にベオウルフは転んでしまいます。(似たようなことって現実社会ではよくありますよね)

そして王国に戻ってベオウルフはこの母親の妖魔を殺したとうそをつき、英雄になり、この
国の王になります。そして時が流れてベオウルフ(とこの妖魔との間)の子供がドラゴンに
なって王国を襲い・・・・

という内容です(非常に端折っていますが・・・・)

実際にある逸話を元にしたようですが、私なりの解釈ではベオウルフほどの勇者でも
甘言には転ぶということとうその上に成り立ったものはやはりアレだということです。

少しグロいシーンもありますが、それなりにおもしろかったです。

うそいけませんね~(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.04.06

予知能力(笑)

みなさん、こんにちは。
以前に知り合いからFuture tellerの方を紹介してもらったことがありました。Future teller
とは聞き慣れない言葉だと思いますが、その人の未来を語る仕事です。当たるか当たら
ないかということではなくそれを職業とするのはすごいと思います。

その日は私の知り合いとこのfuture tellerの方の3人でランチをして色々としょうもない
話をして楽しかったです。彼女に個人的に興味があったのは

たとえば相談者の顔をみた時に明日交通事故でその人が亡くなる未来が見えたとして
その話を相談者にするのですか?

ということでした。

いきなりあなた近いうちに交通事故で命を落とします・・・

といったら怒るでしょう。

そうしたら、

いえ、そういう話はしないで恋愛相談だけに限っています。

ということでした。なるほどね~

しばらく雑談をした後でこのFuture tellerの方が私に相談がある(なんかとっても偉くなった
ような気分(笑))ということで知り合いの事務所にいきました。相談の内容は確定申告
でした。

まあ、一応税金もちょっとは知っているので相談にのりました。

最後に私が・・・

実は私もある程度の予知能力があります。

と予知能力のプロにいいました。

へえ、そうなんですか・・・・・

はい、実はあなたが私に確定申告の相談をするのは私は前から知っていました。

ええええっ!!!

もう申告時期は終わっているけれども、申告書の用紙が必要ですよね?
今日は確定申告書B(このBが我ながら渋い(^_^;))の用紙を持ってきています。

(この時は夏なのでいつでも申告書を持ち歩いている人間はそうはいません(笑))

で鞄の中から確定申告書Bの用紙を取り出したら、びっくりしていました。

これを使って申告してください。

自分が未来を語る職業なのでこういう状況は理解しやすいのですね。

実は単なる偶然だっただけなんですけどね(^_^;)

本当に予知能力があると思われても大変なので本当に単なる偶然だったという話を
して彼女の誤解を解きました。

おもしろかったっす(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.05

バカな先輩(笑)

みなさん、こんばんは。昨日はお昼はラーメンでした。しかも・・・・みそ野菜ラーメンという
我ながらバランスとれているな~というまあ、完全食ですね。(^_^;)

それはさておいて・・・・・

私の隣に中堅くらいのサラリーマンがラーメン食っていました。少し遅れて彼の後輩が
やってきました。どうも偶然にこのラーメン屋で会ったようです。先輩が公衆の面前に
もかかわらず後輩に色々仕事のことをきいてきます。

しかもラーメン食いながら・・・・・(^_^;)

今度のゆうけい(たぶんUKでイギリスのことだと思うのですが「ゆうけい」ときこえますた)
誰が出張に行くの?

えーとぼくです・・・・・

え、君が行くのそう・・・・(だからどうしたという展開はないのですね)
でさあ・・・例のあの会社どうなったの?ほら工場が操業停止しているところさあ・・

後輩はいいにくそうに・・・・

ええ、全部パートなんでその点は大丈夫です。

でもさあ、そこの固定費発生するわけじゃん・・・・
固定費を回収しないと資金繰りがね・・・・

でその辺りはどう考えているの?(これはラーメン屋での会話です(^_^;))
○○と××は手を引いたの?(○○と××は有名な会社の名前です)

後輩は答えにくそうに適当にぼやかしていました。

その先輩の質問は自分が当事者というよりも単なる野次馬的な興味があるとしか
思えないような感じでした。

まあ、後輩のほうが社会的には配慮があるということなのでしょうね。

その2人が立ち去った後に別のお客が私の横に座りました。

ラーメンとライスを食べていたのですがふとみるとライスに赤い粉末が大量にかかって
いました。

やっっっちまったなぁぁぁ~

と思いました。たぶんあればご飯に唐辛子をかけたものだと思いますが・・・・




| | コメント (0) | トラックバック (0)

間接部門って(^_^;)

みなさん、こんにちは。会社の中で間接部門という言い方をする時があります。間接部門
は元々は直接営業や生産にかかわらない部門のことを指し、経理、財務(会社によっては
財務は間接部門といえないケースもあるようですが)、総務、人事などを指します。

これが本来の意味なのですがこれが実務的になると・・・・・

営業や工場が間接部門を食わせてやっている・・・
営業を採用する必要があるが間接部門を採用する余裕はない・・・

というようなニュアンスになってしまいいわばお荷物的なイメージになっていることを感じ
ます。

その一方で間接部門は単にルーチンワークだけをやっているのであればたしかに
間接部門そのものです。たとえば経理の人数を倍にしたからといって決算に要する
日数が10日縮まるわけではありません。

間接部門は実は参謀としての位置づけがあります。この参謀としての機能を果たしてい
ると単なる間接部門というよりは戦略部門という言い方ができるでしょう。

全社的な戦略というのは工場や営業の現業部門ではなかなかかかわりにくい部分
があるので戦略部門の能力を持っている間接部門がある会社は強いですね。その一方で
戦略部門の機能を持っていない間接部門しかないような会社は・・・・・・

特に上場会社の場合は将来のビジネスプランというのが大切なのですが、最近会計の
基準がコロコロと変わるので損益ベースで表されるビジネスプランもこの将来の会計基準
の変更をタイムリーの取り入れておかないと投資家からの信頼を失ったり、変なうわさが
市場に流れたりしてヘボさが世間に知れ渡ってしまいます。

間接部門に諸葛亮孔明や司馬懿仲達みたいな人がいる会社は強いですね。

(めったにいませんが・・・・(^_^;))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »