« あれれ・・・・・(^_^;) | トップページ | 地名は難しいですね(^_^;) »

2007.11.11

ビジネスの極意その2

みなさん、こんにちは。みなさんがビジネスを行う上でAさんなのかBさんなのか
はたまたCさんなのか(^_^;)(<Cさんなんて出てきていないぞ!!)を見分ける
簡単な方法があります。これは他人が判断するのではなく自分自身で簡単に
判断することができます。

まずAさんは間違ってもBさんのようなビジネス環境には身をおきません(という
か発想が違うのでBさんのビジネススタイルをやったら瞬殺されてしまいます)か
ら本当はAさんなんだけど今Bさんというのはあまり私たちにとって意味のあるも
のではありません。

一番ヤヴァイのは、実はBさんなんですがその人の中には「Aさん>Bさん」という
価値観がありAさんのスタイルのほうにいってしまう人なんですね。ですから今Bさん
のスタイルをやっている私は間違ってもスタイルが間違っているという可能性は少な
いです。

問題はAさんスタイルの中にBさんがいるかどうかです。これは一瞬もてはやされたり
しますが、最終的には消えてしまいます。5年くらい前のビジネス誌に取り上げられて
いた人を見るとよくわかります。

自分が今置かれているビジネス状況がありますが、これが特別と感じるかどうか
が一番のポイントです。人によってはよく自慢する人がいますが、自慢するという
ことはそのことが日常的なことではなく自分自身にとって特別なことだから自慢す
るんですね。

さっきコーヒー飲んだんだけどすごいだろう~・・・・・

などと自慢する人はいませんよね?

明治大正時代ならいざしらず今ではコーヒーを飲むということはそれほど特別なこと
ではなく当たり前のことになっていますから当たり前のことは自慢しません。

ところが・・・・・・

さっき柴田淳さんと一緒にお茶しちゃった・・・・
しかも今度の発売されるアルバムもらったんだけど・・・・

となると

(一部の人にとっては(^_^;))ええええ!!!それはすごい!!!!

ということになります。(仕事の関係者にとっては当たり前のことですね(^_^;))

一般人がこうなると自慢したくなります。

これはどういうことかというとその人にとっては特別なことなので自慢したくなるんですね。

うちの会社は従業員が100人
事務所が10カ所ある
売上が1000億円ある
今度柴田淳さんと食事するんだ(^_^;)→それがビジネスと何の関係があるんだ!!

ということ(特に規模)を自慢する人は間違いなくBさんがAさんの仕事をやっているという状態でまずそう遠くない将来は・・・・・以下自粛

まあ逆も真なりということでビジネスの失敗の極意というものもあります。

これをすると確実に失敗するといういわば必殺の内容です。

それは・・・・・・・次回に続く(^_^;)

|

« あれれ・・・・・(^_^;) | トップページ | 地名は難しいですね(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/17039346

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスの極意その2:

« あれれ・・・・・(^_^;) | トップページ | 地名は難しいですね(^_^;) »