« 何やってんの?(^_^;) | トップページ | 簿記の基本 »

2007.09.22

職制

みなさん、こんにちは。仕事で名刺を交換するとそこには肩書きがあります。課長とか部長とかですね。会社によって独特な職制がありますが時にはどっちが偉いかわからなくなる職制があります。

部長代理、課長、副部長

これは会社によって違うみたいですが、ある会社では部長代理は部下がいない課長を指すそうです。格的には課長と同格ですが部下がいる人が課長なのでこっちのほうが正式な管理職ということになります。

副部長>課長>部長代理

という序列になるそうです(この会社の場合は)

また本部長、部長、副本部長という職制がある会社もあります。部長と副本部長とどっちが偉いのか?

この会社の例では副本部長>部長だそうです。

また、課長がいてマネージャーがいる会社もありました。この会社では

課長>マネージャー

でした。

税務署なんかは統括と上席がありました。統括は会社でいうと課長で、上席は係長の相当するそうです。また会社で課長が何人もいるような場合にこれらを束ねる立場の人を統括課長というそうで、これを一般大衆の前で

統括・・・

なんて省略していうと税務署にイタイ目に遭った人は税務署の人を想像しますから統括で言い切ると微妙な空気になることもありそうです。そこのところは配慮は必要ですね。

役員になると、社長、副社長、専務、常務、平取締役(^_^;)

という序列ですが会社によっては、会長、相談役という職もありかつてダイエーは中内さんのポジションでファウンダー(よんで字のごとく創設者)というポジションもあったそうです。

さらにさらに執行役ってちょっと危ないような名称もありますし、CEOとかCFOとかいう名称もありますね。

役員クラスの役職は最近誰が偉いのかわからいケースが多いですね(笑)

|

« 何やってんの?(^_^;) | トップページ | 簿記の基本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/16530675

この記事へのトラックバック一覧です: 職制:

« 何やってんの?(^_^;) | トップページ | 簿記の基本 »