« 簿記の基本 | トップページ | 相 »

2007.09.24

定期的にこういうのがありますね

みなさん、こんにちは。近未来通信やライブドアでお金を失った人が大勢いましたが、我が国ではこういう話は定期的にでてきます。今度はエルアンドジーという会社の被害者が大勢出たという話です。

簡単にいうと会員が5万人ほどいてこの人たちが提供した資金1000億円以上が返ってこないということです。1口100万円の協力金をあずければ月毎に9万円(年間108万円)の配当を行い1年後には元本も返還するということですが、こんなの誰が考えても不可能なのは明らかですよね。年間利回り100%!!!!(^_^;)

それを大きな会場で説明会をやったり芸能人がきたりで思考が混乱するみたいですね。

しかも仕組みはまだよくわかりませんが円天という独自の通貨も設定していたそうです。

まあお金を集める方もどうかと思いますが、もし、年間利回り100%で運用できるのであれば私だったら一般の方からお金を集めないで自分でこっそりやりますよね・・

あまり条件が良すぎるもの何かあるものです。


|

« 簿記の基本 | トップページ | 相 »

コメント

酔うぞさん、こんにちは。ビジネスにはこういゆ詐欺的要素(とはその商品を買うことに対するイメージ)は必須なのでしょうがそれがあまりにも荒唐無稽だとまずいですね。

例えばこの100円のアイスを食べると世界を征服できるとか・・・・(^_^;)

その一方でMLMなんかではこれをやると月収2000万円は可能・・・みたいなとんでもない金額を提示するとかえって信用するみたいな部分もあるしそういう人間の発想が発展をもたらす面もあるので、これは難しい問題です。

それでもちょっとだけ頭を使えばわかりそうなものですね。

投稿: クロワッサン | 2007.10.02 09:02

http://jp.youtube.com/watch?v=848BZ1DvSdk
http://jp.youtube.com/watch?v=VW94mp55BTY

これはリアルタイムで見ていた番組ですが、5月13日の放送なんですよね。

で、見直してみると仕組みは

  1 預託金を出す
  2 預託金と同額の円天が電子マネーとして携帯電話経由で入る
  3 円天で買い物が出来る
  4 預託金は返還される
  5 その証拠として、配当が入る

ということのようです。
こんなものに引っかかるものか?と思いますが、この社長はAPOジャパンを作った人物だそうだし、関係者がバリバリのマルチ商法犯ばっかりというすごい会社です。

定期的にというようよりも同じ人物が繰り返しているという方が現実に近いかもしれない。

ご承知の通りわたしは今「ホームオブハート裁判」を応援していますが、これでカルト問題に突っ込んでいくにしたがって、産能大に行き着いちゃうんですね。

どうも、日本におけるカルト的ビジネスの展開は、入ってきて割と早期に二つに分かれたらしく、

一つは、典型的なカルト宗教系に行ったもの
もう一つは、カルト的ビジネスに向かったもの

ホームオブハートではこれが合体していて、繋いだの三沢千代治氏なんですわ。

で、今「情報が無い?」と訪ねられているのが当時の「三沢語録」のようなものなんですけどね・・・。

こうなると、船井も出てくるわで、行き着くところが産能大は否定のしようがない。

まぁビジネスで買う気にさせるのがある種の催眠効果のようなものを狙うのは普通ですが、ものには悪用の範囲もありますからね。

なかなか大変であります。

投稿: 酔うぞ | 2007.09.24 12:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/16553107

この記事へのトラックバック一覧です: 定期的にこういうのがありますね:

« 簿記の基本 | トップページ | 相 »