« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.30

久しぶりにお呼ばれ

みなさん、こんばんは。私のような吹けば飛ぶようなコンサルタントはどちからというと裏方で表に出ることがありませんがたまに華やかな場所に枯れ木Aとしてお呼ばれすることがあります。先日チョコレートで知る人ぞ知るLa maison du chocolatのプレスパーティがありお呼ばれしました。

社長のダングルジャン氏も来日されて挨拶にいったら

I remember you!

といっていただき忘れられていなかったみたいでした(^_^;)

La maison du chocolatはロベールランクス氏が創設されロベールランクス氏はシェフでもあり以前ロベール氏自らガナッシュを作ってくださりあまりのおいしさに感激したことがありました。そのロベール氏が引退されシェフが変わりました。その辺りのテイストの変化も楽しみでありました。

また来年のバレンタインのチョコも紹介されており、まさに宝石のようなチョコレートでした。
今年の春はピエールエルメ氏やフレデリックボウ氏に会い、以前仕事でかかわっていたアントワーヌサントス氏もエコールクリオロで活躍していて、そうかと思えばミニストップでローランポワルベ氏も写真を見たりと知っている人(向こうが私のことどれくらい覚えているかわかりませんが(^_^;))が活躍しているのは何かうれしいものです。

こうやって書くと私もチョコレート関係のコンサルタントをやっているみたいに読めますが全然専門分野が違います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.28

みなさん、こんばんは。顔のいい、悪いというのはたぶんに自分の責任だけではなく親や先祖の影響もあるのでやむを得ないのですが顔の相がいいか悪いかというのはモロに私たちがどういう人生を歩んできたのかが顔に出てしまうので私たち自身の生き方の問題です。

先日テレビをみたらゾッとする顔の相の人がニュースに取り上げられていました。ニュースの内容よりも顔を見て本当にゾッとしました、

そうしたらそれは時津風部屋の親方でした。あまり相撲は詳しくはないのですが時津風といえば名門の部屋で双葉山が創設したそうですがあの親方の顔はちょっと・・・

そうしたら

部屋でリンチに近いものがあった(ビール瓶で頭を殴った)
弟子が亡くなったあとで親御さんに「こっちで火葬にする」

というようなことをやったそうです。

あの顔の相の人を見るとやったことは納得できます。

少なくてもビール瓶で頭を殴るのは相撲の稽古とは全く関係ない話ですね。

亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.24

定期的にこういうのがありますね

みなさん、こんにちは。近未来通信やライブドアでお金を失った人が大勢いましたが、我が国ではこういう話は定期的にでてきます。今度はエルアンドジーという会社の被害者が大勢出たという話です。

簡単にいうと会員が5万人ほどいてこの人たちが提供した資金1000億円以上が返ってこないということです。1口100万円の協力金をあずければ月毎に9万円(年間108万円)の配当を行い1年後には元本も返還するということですが、こんなの誰が考えても不可能なのは明らかですよね。年間利回り100%!!!!(^_^;)

それを大きな会場で説明会をやったり芸能人がきたりで思考が混乱するみたいですね。

しかも仕組みはまだよくわかりませんが円天という独自の通貨も設定していたそうです。

まあお金を集める方もどうかと思いますが、もし、年間利回り100%で運用できるのであれば私だったら一般の方からお金を集めないで自分でこっそりやりますよね・・

あまり条件が良すぎるもの何かあるものです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.23

簿記の基本

みなさん、こんにちは。簿記を勉強すると最初は

借方
貸方

という言葉が出てきます。ここが第一関門でもっともつまずきやすいんですね。

なるほど、向かって左が借方で右が貸方か・・・・・・

ここまでは何の問題もありません。

借方           貸方

資産の増加      資産の減少
負債の減少      負債の増加
収益の減少      収益の増加
費用の増加      費用の減少

こうなるとわけわかりません(笑)

借方って借りるんだよな・・・・・ということは借金が増えると借方だよな・・・でも借金が増えるというは負債の増加なので貸方って逆ぢゃないの?なんか納得できないな・・・

ということで私は簿記を勉強し始めたころはかなり混乱して納得できませんでした。これってフランス語の名詞が男性格なのか女性格なのかということに似ています。今ある理屈で覚えようとするから混乱するんですね。

意味を考えるというのではなく

そういうものだ・・・

と割り切れば吉です。以前フランス人に聞いたのですが名詞の男性、女性って考えてつけているわけではない・・・といわれて目から鱗が落ちました。もっとも私たちも大という漢字の右上に点がついただけで犬(いぬ)になりますからこんなことに法則なんてありません(^_^;)

どうして右上に点がついただけで動物を表すのか?

と聞かれてもそんなこと知りません(^_^;)

ということで借方、貸方に意味を求めるのは止めたほうがいいみたいですね、おそらく英語でDebit Creditを日本語にしたら借方、貸方になったのが真相ではないのかと思います。

ちなみに私は今でも借方、貸方といわれても一瞬混乱します。左、右という言い方をしますので借方って左のことですよね?とよく確認します(^_^;)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.22

職制

みなさん、こんにちは。仕事で名刺を交換するとそこには肩書きがあります。課長とか部長とかですね。会社によって独特な職制がありますが時にはどっちが偉いかわからなくなる職制があります。

部長代理、課長、副部長

これは会社によって違うみたいですが、ある会社では部長代理は部下がいない課長を指すそうです。格的には課長と同格ですが部下がいる人が課長なのでこっちのほうが正式な管理職ということになります。

副部長>課長>部長代理

という序列になるそうです(この会社の場合は)

また本部長、部長、副本部長という職制がある会社もあります。部長と副本部長とどっちが偉いのか?

この会社の例では副本部長>部長だそうです。

また、課長がいてマネージャーがいる会社もありました。この会社では

課長>マネージャー

でした。

税務署なんかは統括と上席がありました。統括は会社でいうと課長で、上席は係長の相当するそうです。また会社で課長が何人もいるような場合にこれらを束ねる立場の人を統括課長というそうで、これを一般大衆の前で

統括・・・

なんて省略していうと税務署にイタイ目に遭った人は税務署の人を想像しますから統括で言い切ると微妙な空気になることもありそうです。そこのところは配慮は必要ですね。

役員になると、社長、副社長、専務、常務、平取締役(^_^;)

という序列ですが会社によっては、会長、相談役という職もありかつてダイエーは中内さんのポジションでファウンダー(よんで字のごとく創設者)というポジションもあったそうです。

さらにさらに執行役ってちょっと危ないような名称もありますし、CEOとかCFOとかいう名称もありますね。

役員クラスの役職は最近誰が偉いのかわからいケースが多いですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何やってんの?(^_^;)

みなさん、こんばんは。今日は通勤電車の中でちょっと面白い光景がありました。私の最寄り駅は田園都市線のあざみ野なのですが、あざみ野から急行に乗り込んでつり革につかまると前に座っていた人からものすごいポマードのにおいが・・・・

においにむせて一瞬意識を失いかけましたが(^_^;)、その人の挙動がちょっと不審でした。不審といって別に痴漢をやっているわけでもなく、犯罪をやっているわけでもなくほんのちょっとしたことでした。

何をやっていたかというと一心不乱に新聞を読んでいました。しかも赤ペンを持っていて記事のそこら中に赤線を引きまくっていました。特にシャープがパイオニアに資本参加する記事に集中して赤線を引きまくっていました。

記事の内容を理解できればそれほど赤線を引く箇所は多くはなく、その割には記事の内容を理解していたかどうかは不明でした。

ただ赤線の量は半端ではなく赤線だらけ・・・・

これを40分ほど(これは私が電車に乗ってからなのでそれ以前からこの作業をやっていました)続けていましたが新聞を読むというよりはただ赤線を引いているだけという感じもしました。

もちろんテレビ欄も食い入るように見ていましたがさすがにここには赤線は引いていなかったのでなぜかホッとしました(^_^;)

かつて経団連の会長をやっていた土光さんがおっしゃっていました。

電車の中で新聞読んでいる奴はダメだ

そうです。

私は電車の中では滅多に新聞は読まないのですが、土光さんがおっしゃったのはそういう意味ではなく有能な人は出勤前に新聞に目を通さなければダメだそうです。

私は出勤前も新聞読んでいないっす(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.17

バランスとるのがむずかしいですね~

みなさん、こんにちは。いや~大人やっているとバランスとるのがむずかしいです。子供の時は自分の夢を実現するために受験勉強に集中したり、興味のあることをやったり遊んだりすれば良かったのですが大人になるとそれ以外にも色々なことがあります。

まず生活しなければならないので働かなければなりません。といってもあまり給料が安くてもいやですし高すぎるのはきっと何かよくないことがあるし(笑)このあたりを見極めなければなりません。

お金を稼ぐ方向性が決まったら時間の配分ですが私の場合は高名なコンサルタントではなく吹けば飛ぶような零細なコンサルタントなのでなかなか自分自身の都合を優先することができません。クライアントの状況によって仕事中心だったりあるいはいつでも夏休みだったりします(^_^;)

このようなお金を稼いで生活しますが、やはり人間生活するたけでは潤いがありませんよね。自分の趣味にも時間やお金をかける必要があります。

私は幸いお酒は飲めないし、車の運転もできないのでこっちの方面に散財することはないのですが別ブログで音楽の戯言というものもあるようにオーディオの趣味があります。こっちにお金を使う時があります。今だと年とって耳が聞こえなくなってから良い機器を揃えても意味がない(笑)のでやはり耳も聞こえて体力や気力がある時に良い機器を揃えておきたいと思っています。最近はレビンソンやゴールドムンドあたりを視野に入れていますがまだじっくり聴いたことがないのでこれから視聴を繰り返すことになるでしょう。

私の時間は限られている
生活するためにお金を稼がなければならない
趣味のためにお金を稼がなければならない
仕事をするということは趣味の時間が減る
趣味の時間は仕事の時間が減るのでお金を稼ぐ時間が減る

というかなり制約された条件の中で

耳が聞こえなくなる前に良質の機器を揃える必要がある

いや~私はどうしたらいいんでしょうか(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.15

顔の広さ(^_^;)

みなさん、こんにちは。仕事で色々な人とお会いすると中には大変顔の広い方がいらっしゃって誰々と知り合いとか誰々は高校の先輩で・・・という話をよく聞きます。私はほとんど聞き役なのですが実は私も大変顔が広いのです。ただそういう場で私が顔が広いという話をすると先方が気分を害するのであえてしないようにしていますが・・・・

以前山口に出張にいった時に選挙中だったということで安部晋三さんがいらっしゃいました。私を見つけた安部さんが握手してくださいというのであまり気が進まなかったのですがまあ彼に恥をかかせても・・・・と思って握手に応じました。その時は手が冷たい人だな~
と思いましたがまさか当時は総理大臣になるとは夢にも思いませんでした。(注1)

政治家には知っている人が多く小泉さんはかなり以前から知っていますし小沢さんも菅さんも知っています。

また政治家だけではなくタレント、芸能人もよくしっています。

あまりこんなことおおっぴらにはいえませんからブログでちょっとだけいってしまいました。

ただし、私は知っていますが向こうが私を知っているかといわれればそれはわかりません(笑)

注1
この時は遠巻きに安部さんを見ていましたが選挙活動中の安部さんが私と目が合うなり

そこの人、私と握手しなてくもいいの?

と尋ねました。私が

私はここ(山口)では選挙権ないから・・・・

というと

いいから、いいから・・・

という感じで握手してくれました。まあ性格としてはざっくばらんな人なんでしょうね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

憂鬱な日ってありますよね

みなさん、こんにちは。仕事が立て込んでいてなかなか自分自身の宿題が思うように消化することができない。明日プレゼンで自分が発表して関係者から色々な質問が飛んでくるのがわかっているのにプレゼンの資料ができない・・・・

しかもこのところ無理をしているので体調が悪い・・

でもプレゼンの日程は決まっている・・・しかも明日・・・

みなさんはどうしますか?

休んぢゃおうか?
いやいや、誠実に出席して今自分がこなした段階で進めていく

どっちかだと思います。これはどっちが正解とかいうことがありませんがおそらくどっちかだと思います。私はどっちかです(笑)

でなんとか会社に出社しました。あと一時間でプレゼンが始まります。出席者は資料に目を通し関係者と協議して質問する内容や確認する内容をピックアップしています。

ところがプレゼンの一時間前に

すいません、会社を辞めます・・・・・

なんて話はきいたことがありません。プレゼンの当日に休まれるということは何度か経験していますがプレゼンの一時間前に会社辞めました・・・というのは・・・(^_^;)

これはあろうことか日本で起きてしまいました。関係者は病気、病気と口を揃えて言います。政治にもある程度のビジネスセンスというが大切で参加するのであれば最低限の体調を整えておくのは大人のマナーです。(^_^;)

辞めてから体調や病気を口にするというのは最低であり、これは同情をかうよりもビジネスセンスがないということで周囲(外国を含む)から相手されません。

憂鬱な日があればサボるか(^_^;)、無理して出てくるかで一時間前に辞めるというのは普通の知力や気力がある人であればありえない判断です。

まだ、こんなことが国家レベルで存在しているのかという驚きがあり今週はず~っとぼ~っとしています。

どんでもない人首相にしちゃいましたね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.12

5回も(笑)

みなさん、こんにちは。先日玉沢とかいう議員(もと農水大臣だった人ですね)が政治資金収支報告書作成の際に領収書をコピーしてそれを5回(笑)も使い回して費用として計上したというとんでもない事件がありました。

2回とかいうのはまだ品性の卑しい議員の場合はあるだろうと思っていましたが5回というのは記憶がありません(笑)

単なる事務ミスで領収書を複数コピーして同じものを5回も費用として使ったという報告はやろうとしてもなかなかできません。この偽造分は255万円だそうです。後日返還したようですが、これは公金を搾取する意図で行ったのは明白です。

品性が卑しいというよりも品性そのものが欠落しているでしょう。

また今日はなんとか環境相(名前も顔も知りません(^_^;))の領収書が宛名の部分が元々書かれてあったものを不自然に消して空欄にしたものが出てきました。意図は考えなくても明らかですが・・・・・(笑)

十分に法律に抵触すると思われる内容ですがそれにしてもこんな幼稚なことしかこういう人たちは思いつかないのでしょうか(笑)

低脳な人達ですね~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.09

ある時突然(^_^;)

みなさん、こんばんは。みなさんの中で特別の食べ物ってありますか?私はなぜかソース焼きそばが特別な食べ物みたいです。

というのはお腹がへろうが、満腹であろうがある時急にソース焼きそばが食べたくなります。この場合のソース焼きそばはそんな材料を厳選したものではなくたとえば近所の模擬店で出てくるような、祭りの屋台で売っているようなものがベストです。

くれぐれも海鮮焼きそばとか餡がたっぷりかかっている焼きそばではなくソース焼きそばです。子供の頃はそんなことなかったのですがここ10年くらいこのソース焼きそば食いたい病が顕著です(^_^;)

ところがソース焼きそばって食べたい時にいつでも食べることができるような食品ではないので先日実験をしてみました。

あのインスタントの焼いていないのに焼きそばを標榜しているものだったらどうなのかということで買い置きしてみました。夕べソース食いたい病が発病したのでこの焼かないソース焼きそばを作って食べてみました。

結果は・・・・・・肉が少なかったですが(^_^;)満足しました。(けっこういい加減な感覚ですね)

そこで今日はスーパーでインスタントが安売りしていたので少し買いました(^_^;)

あのソース焼きそばの味にはなんともいえない味わいがあります。

ある日突然キャビアが食いたくなった・・・・
ある日突然金華ハムが食いたくなった

なんて病気でなくて良かったです・・・ソース焼きそばで・・(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.04

山ごもりしている間に・・(^_^;)

みなさん、こんばんは。ようやく酷暑もすぎて過ごしやすくなってきました。また、夜長にブラームスや徳永英明さんを聴きたくなるような季節でもあります。ブログはしばらく更新できませんでしたが、その間何をやっていたのかというと・・・・・

悲惨の一言

ですた(^_^;)

まあ、大物のコンサルタントだとこんなことはないのですが私のような吹けば飛ぶような弱小ケシ粒コンサルは酷暑であろうが極寒であろうがクライアントから依頼があればそれに対応しなければなりません。

きみぃぃぃぃ~、何をいっているんだ!私はいつもこの酷暑の時期は地中海に避暑にいって仕事はしないのは知っているよね?

などといってみたいのですがいったら永久に避暑地ですごくことになりそうです(笑)

その間に参議院選挙が終わり自民党は予想通り歴史的な惨敗をきっしました。これは単に参議院だけにとどまらずに衆議院選挙までにこの傾向が続くと自民党のほとんどの衆議院議員が落選してしまうという恐怖の結果が待っています。

それでも安部さんは辞めないと思っていましたが案の定、森さんや中川さんが説得しても辞めませんでした。どうして辞めないと思っていたのかというと安部さんの幼稚さではないかと思っています。使命感とか義務感とかいうものではなく総理大臣というバッチを取り上げられるのが

いやだ!!!

ということではないかと思っています。

常識的に考えるとこれだけ大敗をした場合に、この党首で選挙をするとまず勝てません。その意味では自民党の議員達もよくこの状況を許したと思います。国会議員が落選すればただの人よりもまだ悲惨らしいですからね、

自民党の議員って必死ぢゃないのかにゃ~(^_^;)

その後赤城なんとかというあの変な人を更迭しますが、遅すぎた決断というのは百害あって一利なしです。先日安部さんの地元に行って来ました(出張です(^_^;))地元の人に安部さんのことを聞いたら

決断ができない

らしいです。たとえば地元で安部さんの息のかかった候補者が二人選挙に立候補した場合でも一本化するというのではなくそのままどっちも立候補さえてどっちも応援するそうです(これは実話だそうです)

それで改造内閣を組閣しましたがあの禿(^_^;)の人がああいうことをやりまだ失態が収まりません。安部さんが能力があるとかないとか(たぶん性格は悪くないと思いますが政治家としての能力はどうなんでしょうね)ではなく安部さんが党首ではもはや選挙には勝てないでしょう。

いや~、山ごもりしている間に色々なことがありましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »