« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.30

またバカが1人・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。朝鮮総連のビルの売却に色々な人が関わった(笑)話は何がなんだかわからないので触れないでいたのですが、どうに箸にも棒にもかからないバカがいたみたいですね。

元公安庁長官の緒方という人物ですが、この詐欺事件において自分が逮捕されることを恐れて特捜部に

売買契約を白紙にするので捜査を中止して欲しい・・・

と要請していたそうです。

また共犯で逮捕された満井という人物に緒方という人は

このままでは逮捕されるので満井という人物から緒方という人物に対して

迷惑をかけて申し訳ないという手紙を書いてくれと要請していたそうです。

ようするに緒方という人物は自分は巻き込まれたという外観を演出しようとしたのでしょうね。ところが満井という人は拒否しました(笑)

こんなみっともないバカが公安庁の長官だったんですね。まあ普通の感性をもっていたらこんな見苦しいことはしないでしょうね。

またこのバカは(だんだん遠慮なくなってきてるな・・・(^_^;))上場会社の社外役員もやっており今年の6月の株主総会では社外取締役に指名した会社もありました。

本当に卑怯で見苦しくバカなヤツですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.06.25

全然わからなかったこと・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。以前にある会社の決算書が粉飾(要するに利益が水増しされているということですね)されているのでチェックしたことがあります。大体粉飾決算のやり方はある程度パターン化されているので、チェックしてほどなく大体の内容はわかったのですが、それを修正してもまだバランスが悪い(利益が出過ぎている)のですね。

色々とデータをチェックしたのですがどうしてもわかりませんでした。そこで張本人に聞いてみたら

借入を売上にしました・・・・・

ようするに金融機関からお金を借りると

現預金●●・借入金●●

という仕訳をするのですがこれを

現預金●●・売上●●

としたわけです。経理をやっている人だったらこういう操作はあまりにもバカバカしく想定しないのですが逆にこのバカバカしい処理をやられると盲点になります。簿記がそれほど詳しくない人ほどこういう大胆なことをやり、簿記を知っている人はこんな処理は想定外なので気がつかないということになります。

その意味ではライブドアの自社株を売却したものを売上にするという発想は経理の人はなかなかできません。自社株の売却は売上だという発想はありませんからね。

きっと簿記に関わっていない人がスキームを組んだのかもしれません。

こわいにゃ~(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.24

学習能力のない人たち

みなさん、こんにちは。雪印や不二家の例をみても食品会社が本来廃棄するものを使って製品を作ったことが発覚した場合どうなるのかというのは業界関係者であれば知らない人はいないはずですよね。

もちろん個人的には3秒ルール(笑)というものがあってもいいと思いますが、それを業としている場合には3秒ルールはおろかきちんと原材料や製品の賞味期限を考慮してビジネスをしなければなりません。

今回の加ト吉やミートホープ社の場合はどうも過去の教訓がいかされていないみたいです。このような不祥事が明るみになると、実はその原因や根っこの部分は1つでそれが色々な形で表に出てくるのでしょう。

たとえば、バレなければいいということでやっていれば、こういう原材料のことはもちろんですが人件費を水増ししていたり、残業時間をカットしていたり労災を隠したりしていたとしても不思議ではありません。隠蔽するという根っこは一緒ですからね。

経営者というのは聖人君子では無理ですがだからといって利益を挙げるためには何でもありという人も無理です。最近の不祥事を見ていると商売やってはいけない人がたまたま成功して「豚もおだてれば木に登る」パターンのような気がします。

経営者は今の自分が木に登っているのかそうでないのか・・・・自問自答する必要がありますね。

最近は株式を公開している会社に対してこういうコンプライアンスを守るための組織の内容とか会社の考え方を有価証券報告書などで説明させています。

加ト吉ももちろん説明していますが、今はちょっと読む気がしません(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.22

社長になる前に・・・・・(笑)

みなさん、こんにちは。会社の大小は関係なく社長になると(って私はなったことがないのでわかりませんが(^_^;))そこが1つの王国になってしまい、なかなか社長に意見する人は出てきません。従業員の立場からすると社長に逆らってクビになりたくはないですからね。

ということは社長は社内では内閣総理大臣よりも強力な権限を持つことになります。たとえばあの安倍首相でも麻生外相を気に入らないからクビにはできませんが社長は専務や部長は気に入らない場合は(善し悪しは別にして)クビにできます。(その後どうなるかは知りませんが(笑))

あるいは、

牛の挽肉というのは豚肉とか肉はどんなものでもいいけど牛の何か(脂肪とか血液)が混じっていればそれを牛の挽肉というのだ・・・・

社員は会社の機器を利用しているんだから社員の給与から使用料を引いてもいいんだ

君はず~っと残業代をごまかしていたんだろう?来月から3年間毎月給与の半分は差し引くから・・・・

などということを決めることができます。

あるいは毎日自分の写真に対して従業員は挨拶すること・・
毎日自分の靴をなめること・・・

ということも決めることができます。

色々なことを自分の裁量で決めることができるので、社長になる前にどういう教育を受け、教養を身につけ、知識を身につけ、良いパートナーに恵まれる必要があります。

そうでないければ、自分が弱った時に上のようなバカな事を決めた会社の社長は後で会社が潰れたり、差し引いた使用料を返すことになったり、見苦しいウソをついたりと一層みっともない姿を公衆の面前にさらすことになってしまいます(笑)

最近は世田谷区議に1等書記官と3等書記官の釈明を見ましたがこの区議もなかなか良い表情をしています(笑)

簿記の3級を持っている人が1級といっても大変なことになると思いますけどね(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.21

なかなか良いお顔をしていらっしゃる(^_^;)

みなさん、こんにちは。牛肉コロッケの問題でさきほどテレビをみたら田中社長という人が移映っていました。なかなか良い表情をしていらっしゃる。既に人間を止めた表情ですね。

牛肉は入っていなかった
賞味期限が微妙なもので臭うものは消毒していた
非常に下のクラスの肉を原料にしていた

などなど・・・これからはもっと信じられないニュースが出てくるかもしれません。20年以上も続けていたという話もあるようです。もし20年間こういうことをやっていたら儲かってしょうがなかったでしょうね。

ああいうタイプは逃げるな・・・と思っていたら社長を辞任するそうです。これは責任を取るというよりも逃げたことは誰が見てもわかります。

大体ああいう良いお顔をした人の待っている運命は1つのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさとの香り

みなさん、こんばんは。今日は仕事で日本橋に行ってきました。仕事が終わって半蔵門線の三越前に行く途中で新潟の物産展をやっていました。それは

加茂の桐ダンス

の展示会でした。新潟県加茂市というのは私のモロ出身地で思わず懐かしいものを見ました。まさか異国で(東京も日本だぞ!!)自分のふるさとのものを見るとは・・・・

一瞬立ち止まりました。

その後ミカドで例のソフトクリームを食べ帰路につきました。

まあふるさとといっても毎月1度は帰っているのでちょっとした望郷でした。(今度の土曜日も帰るし・・・・・(^_^;))

そうえいば以前に赤坂見附で故郷の知り合いに偶然会いました(^_^;)
非常に低い確率ですがお互いに信じられない顔をして、あとは笑いのみ(笑)

異国(だから東京も日本だってば!!)で出会うふるさとの香りも良いものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.17

悪い奴ら

みなさん、こんばんは。先日インターネットのニュースをみたら
消費税の脱税が多いという話題が出ていました。ある人材派遣
会社の例だとお客さんに派遣社員の派遣料を請求する際には
消費税を請求しますが、その派遣会社が派遣社員に給料を払う
場合にはそれは課税仕入にならないので、お客さんに請求した
消費税をそのまま税務署に納めることになるのですが、派遣社
員を他の架空の会社からその問題の派遣会社に派遣してもらっ
たといういうことにして給料の支払いに際して消費税を認識する
そうです。

また、資本金1000万円未満の会社を作って2年以内で潰して
次々と新しい会社に看板を変えるということもやっているそうです。

まさに典型的な消費税の脱税ですが、同じ脱税でも法人税(所得税)
と消費税では全然内容が違います。

法人税や所得税の脱税は自分が納める税金をごまかすので私の個人的な
感覚だと

ずるいな~

という感じなのですが消費税は前の例をいうとお客さんが5だけ
会社に預けた形になり会社はこれを税務署に納めなければなりません。
これをポケットに入れるわけですが消費税の脱税は

ドロボー

ということになります。

もちろん、保険料を納めた人に規定通りの年金を払わずに自分自身の責任
なのにも拘わらず時効というのはドロボーをしたにも拘わらずそれを居直る
ので消費税を脱税する奴よりはさらに質が悪いことになりますね。

国はこういうドロボーよりも質が悪い人を養成していたということに
なりますね。

またさらにこうやって税務署職員が集めた税金を物見遊山にいくのを海外視察といって海外旅行にいったり、コンパニオン付きの宴会につかう議員の人はアメーバーから生物をやりなおして欲しいと思います(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.06.16

やっぱりお金って大切なんですね

みなさん、こんにちは。時々このブログでお金をことに触れることがありますが、私はけっこうお金に興味があります。(^_^;)

・・・・とってもお金を貯めることに興味があるというわけではなく(まあ貯めようがないという話もありますが(^_^;))

お金で人格が変わる
お金に購買力以上のもの(特に権力)を望む
お金のために人生を台無しにする
お金のために命を落とす
お金のために人を殺す

お金を得るために人によっては色々なことをしますね。お金に関するものの考え方はその人の人生経験によるところが多く、例えば子供の頃に親が倒産して住んでいる家を債権者に取られてしまった・・・その時にお金さえあれば・・・ということで異常にお金に執着するようになったとか、お金がないばかりに辛い目に遭ったという体験が大きく影響することが多いです。

以前堀江さんはお金で買えないものはないといいましたが人間の脳の仕組みというのはそれほど簡単なものではなく、いくらお金を積まれても

この人って嫌な奴だな・・・
こいつはカネに汚いな・・・

という感情までは買ってしまうことはできません。

お金は大切ですが使い切れないお金をもちつつさらにお金を求めるというのは否定はしませんが使えないものを集めても意味がないでしょう。

あるいは自分の収入に見合わないものを買ってしまったけど支払が大変なのでとにかくお金が欲しいというのはこれもお金を持っていても幸せになれないパターンです。

そんなお金を集めるために

お金で人格が変わる
お金に購買力以上のもの(特に権力)を望む
お金のために人生を台無しにする
お金のために命を落とす
お金のために人を殺す

ということは避けたいものですね。

お金はそれを持つことによって私達が幸せになるのであれば絶大な効果をもたらしますがそれを追究するために人としての品格なり、感性を失う場合にはお金はどんでもない存在に変わってしまいます。

あたかも谷の断崖の端ギリギリに金貨がおいてあり、それを取ろうとすると断崖に落ちてしまうことが明白な場合にそれを眺めている人と取ろうとして命を落とす人がいるようにです。

眺めている人は自分のものにならないけど綺麗だね~、明日も見られるといいな~

ということで幸せな気分になりますが、欲が突っ張っている人は命を落とします。

お金って不思議ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.06.14

得なのか損なのか・・・(^_^;)

みなさん、こんばんは。私と実際にお会いになった方はわかると思うのですがなんというか

苦労が全く顔に出ません(^_^;)

これは得か損なのかわかりませんが、同性には

こいつは今まで苦労という苦労はしてこなかったんだろうな・・・・こんなおめでたい顔しやがって・・・・

と思われることがけっこうあります。これが同性の同業者だと

こいつ、ぼけ~としやがって・・・・俺の話ちゃんと聞いているのか・・・・

と思われることが結構あります。

またこれが同性の士業の人の場合はさらに

あなたボクのいっていることちゃんと理解している?

と何度も念を押されることが多いっす。

以前ある会社の会計的な調査がありなぜかそこで私がその会社の状況を調査に来た3名に説明しなくてはならない場面がありました。その3名は税理士が2名、会計士が1名でした。その会計士から変な表を出されて、

     取得価額     時価
土地
建物

みたいな表で時価を埋めてください・・・という内容でした。ある程度不動産の実務に関わった方ならご存じだと思いますが土地の時価を教えて欲しいと言われても時価といっても色々な種類があるし、土地を沢山もっている場合には時価なんか簡単に出ませんから

急に言われてもできまへん(^_^;)

とその会計士にいったら

あなた、そんな非協力的な態度だったらレポートに書くよ!!

と意味不明なことをいっていました。その会計士がトイレにいっている時に残りの2名の税理士に

あの会計士の先生ってひょっとしたバカですか?

と確認したことがありますた(^_^;)

まだ社会人になったばかりのころにクライアントの工場見学にいって担当者が工場のことを説明しているのを一生懸命聞いていましたが当時の上司は

君、もっと真剣な顔して聞くように・・・・会社の人は一生懸命説明しているんだからね~

と注意されてことがあります。

まあ、もうこの顔と雰囲気は変えることができませんからこのまま行こうと思いますが、この前も自分の顔を鏡でみて

たしかに、こいつは何も苦労しないで世間を乗り切ってきたんだろうな・・・・

と自分でもそう思うような顔をしていました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.06.10

ブリリアントな午後に・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。
ブリリアントな午後に静かなレストランで優雅にランチを楽しんでいる時のことです。

今日はいい天気だし、この雰囲気、静けさ、優雅な音楽・・・って完璧だにゃ~と思ってしばし色々なことを妄想していました。もちろん年金のことや憲法改正などのことは全く頭にはなく何を考えていたというわけではなくです。こういうとりとめのない一時は宝物です。

ところがある時にこのブリリアントな午後が暗転しました。まるで爆撃機で攻撃されたように大きな轟音がレストランに響きました。私の回りにはこの突然の轟音にびっくりして心臓麻痺を起こして床に倒れてピクピクとけいれんしている人が137人くらいいました。

一瞬どこかの国からの攻撃なのかとあるいは年金問題に立ち上がった市民の暴動なのか思ってしまいました。もちろん私もびっくりして心臓が止まりそうになりましたが気を取り直してその爆音源のほうに視線を移しました。場合によってはこんなレストランで食事なんかしているとブルジョワと思われて攻撃の対象とされるかもしれない・・・・・

という可能性を考えながら・・・

職業柄コンサルタントというのは色々な可能性を瞬時に考えます。

私の目線の先はうざいをやぢの集団でした。その1人が・・・・・

はっっっっっくしょ~~~~~~ん!!!!!

と轟音とともにくしゃみをしていました。

彼はどこかの国の人間武器なのか・・・・

とおもうくらい殺傷能力があるくしゃみでした。




くしゃみするときには場所によってはこんな大声のオプションつけなくてもいいのにな~と思っていると注文したラーメンが来ました。

私のかけがえのないブリリアントな午後はこの轟音とともにすぎさりました。

最近公衆の面前で大声でくしゃみをする「をやぢ」に遭遇することが多くなりました(^_^;)
ラーメン口にいれてくしゃみするの止めて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.07

これって中華なのか和食なのか・・・・(^_^;)

みなさん、こんばんは。最近食生活にほとんどといっていいほど中華が入ります。それもけっこうバラエティーな感じです。この中華を食べている時ってけっこう幸せになります・・・・

とここまで書いてこれを中華といっていいのかどうか疑問があります。それでもけっこうバラエティーなのです。

まず、チキンラーメーン、チャルメラ、ラーメン屋さん函館塩

が常時在庫しています。

中華と書きましたが、ちょっと違和感ありますね(^_^;)

では和食なのかというと、カテゴリー的には和食だと思うのですが、毎日といっていいほど和食を食べます・・・と書くとお刺身とか茶碗蒸しを毎日食べているような錯覚をみなさんに与えてしまいますね。

ちょっと話題が変わりますが、茶碗蒸しという食品は日本が世界に誇る最高の卵料理ですね。

卵、出し、具材

が小さな入れ物のなかで構築される小宇宙という感じで、ごまかしのないものの真剣勝負といういう感じがします・・・・急に茶碗蒸しが食べたくなった・・・(^_^;)

インスタントラーメンはやはり誤解を生む可能性がありますがやはり和食でしょう。

ラーメンというと餃子です。(^_^;)<唐突だぞ!!

私達は餃子を食べるときには圧倒的に焼き餃子が多いですが本場中国では米のとれない北のほうでは餃子が主食になるそうです。しかも焼き餃子はほとんど食べずに水餃子が圧倒的に多いそうです。

めでたい席では餃子の中にコインをいれてそれが自分ところにくると金運に恵まれるそうです。決して中国の方に免れて水餃子を食べたらコインが出てきたら怒ってはいけません。

ということは焼き餃子も中華というよりは和食になるのかもしれませんね、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新種の生物

みなさん、こんにちは。たとえば税務署員が脱税をする、警察官が犯罪をおかす、犯人をでっち上げる、新聞がうその報道をする、テレビがやらせをさも事実のようの報道する・・

ということは本来はありえないことでこれをやると社会構造そのものが存在しえなくなります。というのは人間の社会構造はそれぞれが人間としての信頼がベースになってなりたっています。

ところが最近は人間の形をした得体のしれない生物が多く社会で生きています。これは外見上は全く人間と区別がつかないのが余計世間を混乱させてきます。

昨日は愕然としたのは年金問題で詐欺師の巣窟といわれる社会保険庁ですが、事務所がコンピュータされるに伴い労働組合と管理者側が色々な取り決めをしていたということが明らかになりました。例えば1日の入力ボリュームは1万ストロークを超えないというものがありました。その番組では入力のプロにこの1万ストロークというのは時間的にどのくらいなのかという実験をしたら40分弱にボリュームでした。

まあ、これは入力のプロがやったらという時間なのですがそれでもプロが40分もかからないものを7時間もかけないとできないということはちょっと理解できません。

逆にここまで要望を受け入れた状態で今の5000万件のデータが・・・みたいな感じですからどうなっているのでしょうね。

本当に小さな効率的な政府を目指さないといけませんが、あの名前なんというか忘れましたがほらその今度どこかの国の首相になったなんとか晋三さんっているじゃないですか・・・・・

あの人ってどこの国の首相でしたっけ?(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.06.05

契約書って必要ですか?(^_^;)

みなさん、こんばんは。仕事をする場合に契約書って作っていますか?

もちろん!!!

という人もいれば

え~、契約書って必要なの?

という人もいると思います。まずなんのために契約書を作るか考えてみましょう。

それは仕事の内容とそれに見合う金額とペナルティーの内容を決めておく必要があるから・・

まさにその通りなのですが実は私達と依頼主との関係がうまくいっている時には契約書なんて必要ないんです(^_^;)<暴論だぞ!!

契約書が必要になる場面とはクライアントとの関係がよくない方向に進んだときや、私達やクライアントの都合で最後まで仕事を続けることができなくなった場合どうするか・・・

という場合に必要になります。

その意味では、関係が悪くなった時にハマると嫌だな~という時は契約書は必須になるでしょうね。

え、私はどうかって?

それはアレに決まっているぢゃないですか(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うそのような話

みなさん、こんにちは、以前あった話である意味人間の心理をついた話題がありました。

ある会社に入社したら以下のようなことをいわれました。

もし会社に100万円払ったら課長になれる
もし会社に500万円払ったら部長になれる
もし会社に1000万円払ったら取締役になれる

会社員からみると取締役というのはあこがれるポジションですね(本当は大変なポジションなんですが・・・・(^_^;))

これをみると

そんな馬鹿なことをする人はいないだろう・・・

と思いますが、けっこう会社にお金を払って地位を得た人がいたそうです。

どこでどうなると思考回路がショートするのかわかりませんが、それでも物事の道理が分かっていないとこうなってしまいます。まず社内の地位というのはそれは責任の重さを意味します。ようするに1000万円を払ってさらに重い責任を自ら購入することになってしまいます。

これと同じように仕事を得るためにお金を払うということも少なくないようです。一時在宅ワークで仕事を引き受ける条件として専用のワープロ(死語か・・・・(^_^;))を購入しなければならないというものがあり、購入した人がけっこういたようです。

スキルを得るために授業料を払うということはありますが、お金を得る(仕事を得る)ためにお金を払うということはあり得ませんね。

また以前私自身にアプローチしてきた業者が

情報サービスを月1万円で行います
契約期間中は解約できません。
契約期間は人によってそれぞれですが5年ー8年です
このサービスを申し込むとパソコンが無料でもらえます

というのがありました。幸い私はこういうことには詳しい(笑)ので
それって・・・

パソコンをローンで買って毎月の返済が1万円だから
途中解約できないのでしょう?(笑)
ということはこの(しょうもない)パソコンが60万円っすか・・・・(^_^;)

といったらその通りですた(^_^;)

ものはいいようですね・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.03

ありえない話(笑)

みなさん、こんにちは。どうも私達は

AをやったらBになった

という話が好きなようです。たとえば

朝ご飯を食べたら事業が成功した(笑)
黄色い服をきたらモテるようになった(笑)

という類のものです。

まあ、このようにストレートにいっちゃうと

アホか・・・・・

の一言ですがこれをやや修飾したらどうでしょうか?

●成功の秘訣
 私は数年前までは家賃2万円の風呂なしトイレも共同のところに住んでいました。その日 の生活費も事欠く状態でもちろん彼女なんているはずもありません(一応私は男なので 
 男性の視点で・・・(^_^;))ところがある時この成功の秘訣を手にして半信半疑に実行して
 から私の人生が変わりました・・・・・

みたいな感じですね。

どんなに修飾しても所詮

AをやったらBになった

という論法です。ところが人間の脳というのは非常に複雑な思考パターンをもっておりこんな「AをやったらBになった」などという単純なものはありません。

まあ個人的には朝ご飯を食べたら事業が成功して欲しいですが・・・・(^_^;)

さらにこれに月に100万円稼ぐ方法を教えます・・・・会費は月2万円

みたいなものも時々目にします(笑)

月100万円稼げるんだったら会費の2万円もらってその方法を教えるよりも、自分でその方法を実行して月100万円稼ぎます(笑)

あるいは成功者の証として源泉徴収票を晒している人もいますがたとえば

報酬   30,000,000
源泉税 3,000,000

などというあり得ないもの(一目でうそだとわかる(^_^;))を見ることがあります。こんな源泉徴収票を税務署に提出したらすぐに税務署は飛んでくるでしょう(笑)

まだまだビジネス絡みの勧誘はあり得ないものが多いです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.02

人それぞれだと思いますが・・・(^_^;)

みなさん、こんばんは。先日Aさんという人が後輩に起業の際のアドバイスをしていました。
ポイントは趣味は仕事にするなということでした。その後にAさんから私の意見を求められましたが私は残念ながらAさんの意見とは違う意見をいいました。

たしかに趣味とビジネスの違いは締め切りと値段の交渉がありますから似て非なるものですがそれでも後輩が趣味とビジネスとをキチンと切り分け出来ていれば問題ないのではないかという意見をいいました。ビジネスで他人よりも豊富な知識があるということ自体はアドバンテージに違いありません。

むしろ趣味の分野を敢えて避けるという必要はないのですね。

ただし問題なのは趣味とビジネスの切り分けができない場合、あるいはあまりにも思い入れが強すぎてビジネスがうまくいかない状態にもかかわらずなかなか撤退できずに傷口を大きくしてしまうということは少なくありません。

これはむしろ事業者の考え方の問題で何を事業の元にするかということとはあまり関係ない話だと思います。

なぜこういうことをいうかというと・・・・・・

私自身今の仕事は(趣味を仕事にしているわけではありませんが(^_^;))けっこう思い入れが強いのですね。だたそれとうまくいかなったときに撤退の時期を適切に判断することはできないというのは切り分けて考えています。

いずれにしても

趣味を仕事にするな
趣味を仕事にするとアドバンテージがある

というのは画一的な結論ではなく人それぞれによって違うのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »