« これは凄い! | トップページ | 天下りの綱引き »

2007.03.14

アカウンタビリティー

みなさん、こんばんは。もし私がみなさんの税金を使って自分の事務所を運営し色々な活動をした場合はその税金の使い道はみなさんのための活動でなければなりません。また、私が活動しやすいように、なるべく負担を軽減するために維持費がほとんどかからない事務所も提供されたとします。(これも当然に税金で運営されます)

私は自身の活動の結果といくらお金を使ったのかを税金の提供者であるみなさんに報告して説明しなければなりません。

松岡農水相が水道光熱費が本来かかっていないはずなのに年間500万円計上されているのはおかしいという疑問に対して彼は何も答えません。仮に一本5000円の水を毎日3本ずつ飲んで年間500万円使いました・・・・ということだったとしても政治活動に一本5000円の水が必要なのでしょうか?(笑)

松岡氏はこの説明責任を果たす必要があります。法律のことは知りませんが説明責任はないということはどこにも明記してはいないでしょう。あの報告は例えば申告書を税務署に提出したということと同じで、提出されたものは税務署は受理しますがその内容の適正性までを税務署が認めたわけではありません。

その意味では法律に基づいて報告書を提出しただけで、その内容が適正であったのかどうかはまた別の問題なのは当然ですね。

ここまで松岡氏が拒む理由がわかりません(^_^;)

個人的にはこの問題で国税が動いてくれないかな~と思いますね~

|

« これは凄い! | トップページ | 天下りの綱引き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/14265126

この記事へのトラックバック一覧です: アカウンタビリティー:

« これは凄い! | トップページ | 天下りの綱引き »