« コミュニケーション能力 | トップページ | 爪を隠す場合(^_^;) »

2007.02.11

海が割れる奇跡(^_^;)

みなさん、こんにちは。旧約聖書にモーゼがエジプトで奴隷されたユダヤ人を引き連れて脱出を図るシーンがありました。映画十戒を観るとモーゼ一行は行く手は海で直ぐそこまで近づいていました。まさにモーゼ絶体絶命です。(十戒はモーゼはチャールトンヘストン、エジプト王はユルブリンナー他にピーターオツールも出ていました。よい子はDVDを借りてみましょう(^_^;))

そこで神の祝福を受けたモーゼの前面の海がまっぷたつに割れて道ができその道を渡ってユダヤ人は無事に脱出することができ、彼らが渡りきったあとは海は元にもどり追っていたエジプトの兵士は海のもくずとなりました。

まさに大いなる奇跡です。

最近の企業を見てるとモーゼの奇跡よりも更なる奇跡をやろうとしている会社を見ることができます。例えば日本航空です。

平成18年3月末が事業収益が21993億円で最終赤字が472億円でした。またこの当時発表した平成19年3月期予定は売上が23010億円、最終黒字が30億円でしたが先日発表された第三四半期の数字をベースにした平成19年3月期の見込みは事業収益が23182億円、最終赤字が201億円でした。

当初の利益が30億円でその10ヶ月後はマイナス201億円です。もちろん、経営者は神様ではありませんから予想=現実にはなりませんが、これほど予想がコロコロ変わったら経営どころではありません。赤字の理由は色々あると思いますがここの損益計算書を見ると原価や費用がかかりすぎているというこの会社のDNAに起因することのようです。

日本航空は再生プランを先日発表しました。これによると最終の利益計画は

2007年度(2008年3月以下同じ)70億円
2008年                60億円

以下省略(^_^;)

ベースは大幅な人員削減ですが、赤字が続くということは長年の企業体質がDNA化した結果です。もちろんこの再生プランを作った中には過去の赤字の責任がある役員では再生プランは実行できないでしょう。

立派な企画書や図表だけではだめですね。

経営者にとって大切なことは結果だけです。

モーゼが起こした奇跡よりももっと奇跡的なことでなければ良いと思います。

|

« コミュニケーション能力 | トップページ | 爪を隠す場合(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/13866042

この記事へのトラックバック一覧です: 海が割れる奇跡(^_^;):

« コミュニケーション能力 | トップページ | 爪を隠す場合(^_^;) »