« ミカド | トップページ | 今日は地球照が良く見えるかも・・・ »

2006.12.23

15と51

みなさん、こんにちは。仕事で時々(ヘタな(^_^;))英語で外人の社長とディスカッションすることがあります。ところが私は英語は海外で勉強したわけでもないですし、英語大好きで学生の頃から興味があったというわけでもなく、いわば普通の人が英語を使わざるを得ない状況だったので否応もなくという感じです。

そういうベースですから、発音が上手なわけでもなく英語の映画を字幕なくてもわかるわけでもないので、自分の英語のコミュニケーションのレベルの低さから誤解が生じないように配慮しなければなりません。

特に間違いやすいのが数字です。15と51なんかが代表的だと思います。

発音をカタカナで表記すると15はフィフティ~~ン、51はフィフティという感じだと思いますがそれでも誤解される可能性があるので必ず、ワンファイブとかファイブワンとかおまけでいうようにしています。

数字はむずかしいですね。例えば5億はファイブハンドレッドミリオンですが、こういう言い方をすると桁を間違う可能性があるので(私だけかもしれませんが・・・・(^_^;))ポイントファイブビリオン(0.5十億円)というように間違えにくいようにいうようにしています。

以前10万円をとっさにジュウマンエンといって笑いを取ったことがあるので、自分にとって間違えにくいようにしています。

下手は下手なりに(といっても前述の私のバックグラウンドから下手なのは必然なのですが(^_^;))工夫しています。

また、私の経験ですが相手がよほど性格が変な人ではない限り下手でも一生懸命説明してコミュニケーションをしようとすると英語は間違っているけど意味はわかる・・・という感じになりますね。

目指せ!!日本人の英語(笑)

|

« ミカド | トップページ | 今日は地球照が良く見えるかも・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/13169567

この記事へのトラックバック一覧です: 15と51:

« ミカド | トップページ | 今日は地球照が良く見えるかも・・・ »