« 近未来の実態はタコですた(^_^;) | トップページ | 本籍地 »

2006.12.02

一般社会にも通じることですね

みなさん、こんにちは。自民党の復党問題で「刺客」たちが微妙な立場になっています。その象徴的なものが佐藤議員、片山議員のような気がします。彼らは法案採決を無断欠席したということで経済産業委員会の委員を外される方向です。小泉チルドレンといわれる人たちの主な役割は郵政民営化に反対した議員を落選させるため(だけ)でありその目的が終われば、それほど利用価値があるとは思えません。もちろんチルドレンといわれる人の中で政治家に相応しい資質をもつ人がいれば、それが刺客であろうがなんであろうが自身の才能をしめすきっかけですから、何の問題もありません。

人間の一生の中では、追い風の時と向かい風の時がありますが追い風の時は極論すると何をやってもうまくいきます。ただ向かい風になった時には自分が追い風の時に他人にやったことがそっくりそのまま返ってくることが多いのですね。

追い風の時に誰かの尻馬に乗って他人を排除しようとした人は、向かい風になると同じことをやられます。また、政治は会社と違ってそこに就職するということではなく、有権者が自らの代表を選挙で選んだ結果議員になれるわけですから、その議員が前職を投げ捨てて議員になるというのはその人の決断の結果であり、その「投げ捨てた」結果を誰かが保証するというものではありません。

特に彼女達がどの程度の政治家としての才覚があるのか注目したいと思います。

|

« 近未来の実態はタコですた(^_^;) | トップページ | 本籍地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/12901129

この記事へのトラックバック一覧です: 一般社会にも通じることですね:

« 近未来の実態はタコですた(^_^;) | トップページ | 本籍地 »