« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.31

来年もよろしくお願いします

みなさん、こんばんは。今年も色々なことがありましたが来年は基本的には苦しみや(権威)の崩壊の始まりの歳になるかもしれません。国が自信を失い、国の行っている事業に無駄使いが多く事業の基盤が弱くなっているので(社会保険関係が典型的な例ですね)、国を頼りにしている人たちは悲惨な状況に追い込まれるかもしれません。

また、会社でもビックネームが色々な不祥事を起こし決して大会社にいるので安泰ということではないようです。景気は拡大しつつあるといっていますが、こういう統計の一部分だけ切り取って強調された結果を発表して「うそではない・・・」といっても意味がある話ではありません。

じゃあ、(私のような吹けば飛ぶような(^_^;))小規模事業者はダメなのか・・・・・

そんなことはありません。むしろ仕組みが安定している時ほど小規模事業者の出る幕は限られています。こういう権威が失墜した場合には規模が大きいかろうが小さかろうが、有名であろうがなかろうが、知恵を使ってチャレンジしたものに女神は微笑むものです。

来年はもっと大変になると思いますが、それはチャンスが大きく目の前に現れるということを意味するのではないかと思います。

今年はこうい変なブログを読んで頂いてありがとうございました。来年もよろしくお願いします&みなさんにとって来年は(もかな?(^_^;))良い年でありますように・・・

PS

ここにリンクしてある音楽の戯言は私の趣味の音楽やオーディオのことについて戯言を書いています。こちらのほうもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.30

彼女のぼやき(笑)

みなさん、こんにちは。少し以前にフランス人の男性(ちょっとバカ(^_^;))がオーストラリア人の女性(日本語ペラペラ、利口)にパソコンの使い方を習っていました。使用言語は英語でした。

フランス人は物覚えが悪いようで、何度も同じところでつまづきます。これを傍でやりとりを聞いている分には思わず吹き出しそうなことが多いのですがオーストラリア人の女性はうんざりしたみたいです。

そこでおもわずぼやきが・・・・・・

「なんでこんなことわからないのかなぁ~」

なななんとぼやきが日本語でした(笑)

ちなみに日本語も単なる話せるというレベルではなく電話で会話すると日本人と思うくらい正しい発音で日本語を話します。

ぼやきを聞いた直後は何の違和感も持たなかったのですが、あとでよく考えると普通は英語でぼやくよな~と思ったのでそれほど日本語脳になっていたのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.29

思考停止していませんか?

みなさん、こんにちは。最近のニュースを見ているといわゆる権威というかブランドイメージというのがアテにならなくなってきていますね。典型的な例だと

エライ人がいっているから間違いない(中国地方ではエライというと別の意味がありますが(^_^;))

あの会社に入れば大丈夫
大手だから信用できる

などなどですね。幸いにもこのような考えでうまくいっていた時代はあったと思いますがこれはいわば思考停止の典型的な例です。

思考停止で生きていくことができれば楽なのですが、現在は思考停止では生きていけませんね。

大手企業は日興コーディアルのあの損失隠しやカネボウの粉飾決算、表面にでてこない不祥事などとても「大手だから大丈夫」とは思えません。

エライ人というのも先日愛人を官舎に住まわせて辞職せざるをえなくなった税調の会長や政治資金の報告が虚偽だったら行革担当大臣など自分の職務を考えるとちょっと考えられないケースが出ています。(別に愛人が100人いようがいまいがそれは個人の問題なので私ごときがとやかくいうことではないのですが、それを税金で運営されている官舎に住まわせたということが問題なのですね)
或いは究極のインサイダーであった日銀の総裁はまだ居座っています。本来エライ人というのは私達のgood exampleのはずなのですが・・・・(笑)

こういう状態ですから権威のある者というブランドイメージがゆらいできています。

こういう状況で私達がキチンと生きていくためには、思考停止にならないことです。誰の発言であろうとどんな新聞であろうとそのトーン、視点、いっていること、敢えて触れていないこと・・・視覚聴覚皮膚感覚を駆使して違和感があるかどうかを感じる必要があります。

これはお子さんをお持ちの方はお子さんのことも考える必要があります。

いい学校に入ることができる→幸せになれる

思考停止は自分だけではなく他人をも不幸にします。

いい学校に入っても落ちこぼれる人もいるし、いい会社に入っても左遷されたり、吹きだまりのような関連会社に飛ばされる人もいます。

私達を思考停止に導くような情報はそれなりの理由や意図があるがゆえに発せられています。その意図を感じることが大切です。

まず小さいことからはじめましょう。

ランチの時に定食とかセットとか食わないようにするとか・・・・・(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.26

滞納しちゃあきまへん(^_^;)

みなさん、こんにちは。お金がなく家賃を滞納するというは一般的にはよくあるケースですが滞納してはいけない人が滞納するというケースはあまり聞いたことがありません。大阪府大東市の市営住宅に住む死の職員・・・ちゃなく市の職員5人が家賃を滞納しているそうです。

まあ、滞納滞納と大げさにいってもたまたま払い忘れただけかもしれませんよね・・・・

ところがこの5人は

56ヶ月
28ヶ月
25ヶ月
21ヶ月
12ヶ月

とそれぞれ滞納していました(^_^;)(O_o)WAO!!!(*_*)(-_-メ)

滞納金額は全部で500万円弱だそうです。特にこの56ヶ月滞納している職員の滞納額は289万円で分納の誓約書を市と取り交わしましたが約束は守られませんでした。

またこの市営住宅全体では370人の滞納者がおり、滞納総額は1億5000万円で最も強者は103ヶ月(滞納額は283万円)だそうです。

みんな~、滞納してはあかんよ~(国民にツケを回さないでくださいね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.24

クリスマスイブ

みなさん、こんにちは。今日はクリスマスイブですね。我が国ではキリスト教を信仰している人は少ないと思います。聞いた話では他の国では簡単にメリークリスマスとはいえないそうで、他の宗教(例えばイスラム教)の人にメリークリスマスというと愉快な反応が返ってこないこともあるそうです。

我が国ではあまりそうゆうことは気にしません。みんながメリークリスマスをいいあい、良い気分になり、子供達はイエス様が誕生するページェントを演じています。誰がマリア様を演じるかヨゼフさんを演じるかそらの星の役をするか・・・・

単純にイベントとして楽しんでいます。これは良いことだと思います。私も外のイルミネーションを見ていると何か楽しくなります。

クリスマスイブというとやはりケーキですね。

クリスマス=ケーキ

というのはいつからか知りませんがクリスマスの定番になりました。

まさに

バレンタインはチョコレート
節分は恵方巻

というイベントと食べ物を結びつけるというのは業界の陰謀なのでしょうが(^_^;)こういう陰謀は楽しいので大歓迎です。もっと陰謀を作ってください>業界の方々

クリスマスには色々な趣向を凝らしたケーキがあり食べるだけではなく見ているだけで楽しくなります。ケーキは重要なアイテムですね。

これを作り手からみると、このクリスマスケーキは24日に作るわけではありません(^_^;)それよりもず~~~~~~~~~~っと前から制作に励みます。ほとんどのケーキには苺が乗っていますがこれの相場をみながら、かつ、食べ頃の状態を考えながら慎重に量を抑えます。苺の相場はけっこう動くそうでこの仕入のタイミングを間違えると地獄を見るそうです。

このず~~~~~~~~っと前から作り貯めておくケーキは冷凍状態で保管されます。それで出荷の時に一気に解凍します・・・・といいたいのですが一気に解凍すると凍ったクリームが割れてしまうので少しずつ解凍させなければなりません。クリスマスイブの少し前になると大手ではケーキが体育館にずら~~~~~っと解凍→出荷のために並ぶそうでその景色は壮観だそうです。

おそらく一瞬ヘンデルとグレーテルの気分になるのではないでしょうか。この解凍、出荷作業はけっこうキツイようで業界にかかわっているとクリスマスを家族と過ごせるという人はいないようです。(まさに書き入れ時ですからね)

こういう話をすると、クリスマスを楽しむ側で良かったと思います。

こうして、クリスマスが終わる25日が過ぎると我が国ではもはや誰もクリスマスなんていわなくなります。一気に「クリスマス」という言葉は来年の12月までは発音されることはほとんどありません。

そう、終わったら即年末年始です(笑)

スーパーには琴の調べがながれ、鏡餅などの正月の風景を目にすることができます。この26日になったらあれだけクリスマス漬けになっていた私達から突然パラレルワールドに来たようにクリスマスのクの字も出ていません。私でもこの辺りは違和感を持つくらいですから在日外国人の方々はびっくりするでしょう。(^_^;)

でも

This is Japanese way

です。違和感を持っている在日外国人の方は早く慣れるようにしましょう。郷に入ったら郷に従えです。

本国に戻ったらまた切り替えればいいです(^_^;)

とかなんとかいっても今日はクリスマスイブです。

みなさんにとって素敵な日々でありますように・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.23

今日は地球照が良く見えるかも・・・

みなさん、こんばんは。さきほど空を見上げたら非常に細い月が西の空に夕焼けの色をバックに浮かんでいました。こういう細い月の場合は、地球照を見ることができます。

地球照?
どこでそんなものが見ることができるのか?

細い月の場合に、光っていない部分をよく見るとうっすらと或いは何かボーっと何かあるように見えます。これが地球照です。要するに地球からの光を月が反射している様子が見えます。またこの時期は西の空にひときわ明るい星を見ることができますが、これは金星です。金星が非常に明るい時は望遠鏡や双眼鏡で見ると、金星も月のように満ちかけしますが三日月とか欠けている状態になっています。

さらに夜なるとオリオン座やおおいぬ座が見ることができます。肉眼では見えませんがオリオン座全体を赤い煙みたいなものが取り巻いており(バーナードループといいます)この近辺はなかなか魅力的です。

星を見ると赤いものや白いものがありますが、赤いものは壮年や老年の太陽(恒星)で白かったり青かったりするものはまだ若い太陽です。

我が太陽系の太陽はまだ若いようであと100億年もたつと、今の100倍くらい大きくなり水星は飲み込まれてしまい地球は灼熱地獄になるそうです。

どどどどどうしよう・・・・(^_^;)

と思いますがきっとその頃には他の星に移住しているでしょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15と51

みなさん、こんにちは。仕事で時々(ヘタな(^_^;))英語で外人の社長とディスカッションすることがあります。ところが私は英語は海外で勉強したわけでもないですし、英語大好きで学生の頃から興味があったというわけでもなく、いわば普通の人が英語を使わざるを得ない状況だったので否応もなくという感じです。

そういうベースですから、発音が上手なわけでもなく英語の映画を字幕なくてもわかるわけでもないので、自分の英語のコミュニケーションのレベルの低さから誤解が生じないように配慮しなければなりません。

特に間違いやすいのが数字です。15と51なんかが代表的だと思います。

発音をカタカナで表記すると15はフィフティ~~ン、51はフィフティという感じだと思いますがそれでも誤解される可能性があるので必ず、ワンファイブとかファイブワンとかおまけでいうようにしています。

数字はむずかしいですね。例えば5億はファイブハンドレッドミリオンですが、こういう言い方をすると桁を間違う可能性があるので(私だけかもしれませんが・・・・(^_^;))ポイントファイブビリオン(0.5十億円)というように間違えにくいようにいうようにしています。

以前10万円をとっさにジュウマンエンといって笑いを取ったことがあるので、自分にとって間違えにくいようにしています。

下手は下手なりに(といっても前述の私のバックグラウンドから下手なのは必然なのですが(^_^;))工夫しています。

また、私の経験ですが相手がよほど性格が変な人ではない限り下手でも一生懸命説明してコミュニケーションをしようとすると英語は間違っているけど意味はわかる・・・という感じになりますね。

目指せ!!日本人の英語(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.21

ミカド

みなさん、こんにちは。最近はよく日本橋というか三越前に出没します。三越のイルミネーションや北斎の宇宙というイベントなどでちょっと三越前はホットなスポットになっています。以前ミカドという喫茶店のモカソフトが美味しいというお話をしたのですが、実は私の認識が間違っていました・・・・(^_^;)

モカソフトだけではなく基本となるブレンドコーヒーも絶品でありました。ブレンドコーヒーが絶品というのはあまり聞かない話ですが昨日夕方ディスカッションが終わって次のクライアントに移動する際に(働き者でしょう(笑))少しお腹が減ったのでミカドでブレンドとトーストを注文しました。ブレンドは深みがあり、コクがあり適切な苦みがあり、これらが渾然一体となっており絶妙でありました。コーヒー豆そのもののクオリティーもあると思いますが、水やコーヒーを濾す布にも秘密がありそうです。

当然トーストも外はかりかりで中はしっとりで付け合わせのバターとジャムもグッドでした。特にバターは無塩バターをつかっているようでサクッとしたトーストにベストマッチしていました。
今度ここに入ったら注文するのに迷いますね~

モカソフト
ヨーグルトソフト
コーヒー
トースト

きっとサンドウィッチもケーキも美味しいのでしょうね(^_^;)


HPはココです。

http://mikado-coffee.com/html/newpage.html?code=3

今の時期だと黒いコートを着てボーっとしている奴がいたらきっと私かも・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.12.19

虫を引き離そうとすると・・・・・

みなさん、こんにちは。木にとまっている虫を手にもって木から離そうとすると離されまいとして余計に木にしがみつきます。これは虫が弱っているのでなければほとんどの場合に抵抗します。(^_^;)

まあ、虫は木にとまって休んでいるか木の汁を吸ってそこで一生懸命生きているのですから引き離そうとするのは可哀想ですよね。

ところが、ある虫の場合他人が育てた木にとまってただ木を枯らすだけという種類のものがあります。こういう虫は前述の虫よりもなぜか余計に離されまいとして強烈にしがみつきます。無理に引き離そうとすると手足(手足が何本あるか知りませんが(^_^;))がもげてしまうことです。

・・・・といことで手足がもげないうちに早く官舎から出て税調の会長を辞任したほうがいいかもしれませんね(笑) プライベートなことは自分自身の経済的な範囲の中でやりくりできればそれは自由+自己責任でOKですから・・・・

またここまで来た状態でこれを庇うどこかの首相もいるし・・・・・(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.12.18

山口は美味しかったです(笑)

みなさん、こんにちは、先日山口に出張に行ってきました。安倍総理の地元です。山口宇部空港では晋ちゃんラーメンとかクッキーを販売しておりました。またいつの間にか小郡駅が新山口と名前を変えていました。仕事が終わって帰る時に、新山口の回転寿司でお昼を食べました。

回転寿司といっても侮ってはいけません。ネタは地元のものもけっこうあり美味しかったです、特に山口近辺でしか食べることができないものを食べてきました。

まず

くじらベーコンをのせたお寿司、これは絶品ですね
くじらのさえずりのお寿司   、これは絶品ですね。
とらふくのお寿司        、これは絶品ですね。
ふくの白子の天ぷら      、言葉がでません。

また北海道から来たうにも新鮮で、マグロもしっかりした味があり、とても回転寿司とは思えません。(私は新潟出身なのでけっこうこういうものはなんでも食べますが実は非常にうるさいのです(笑))

全部絶品でした。

たまにはこういう目に遭うのもいいです(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.14

日本の食文化の奇跡(^_^;)

みなさん、こんにちは。まあ食文化という大げさなものではありませんが日本の食べ物って凄いですよね。

まず柿ピーが挙げられます(^_^;)

柿の種だけではちょっと飽きるし、ピーナツだけではちょっとな~(個人的にはピーナッツは好きではないんです・・・でもピーナッツバターは好きです)という時での柿の種の中にピーナッツを混ぜるだけでまた新たなおいしさになります。特別な調理を加えることなくたた混ぜるだけなんですね。ピーナッツは苦手な私でも柿ピーは別というのが我ながら一貫性がないです(笑)

次になにげなく食べているアンパンも凄いですね。今でこそパンに中に餡を入れるということには違和感はありませんが、元々は餡というのはパンに入れるものではありませんでした。しかも「こしあん」と「つぶあん」どっちでもありですからね~。それまでは餡を入れるというとお饅頭でしたが、場合によってはパンの方が合うな~と思うときもあります。これを考案した人はすごいですね。日本の偉人に入るでしょう。

次のチーズ鱈ってあるぢゃないですか・・・・←どうして口調が変わるんだ

チーズってなかなか日本では受け入れられないのですが、あのチーズを両側に鱈の身を乾燥したうすい部分を挟むことによって俗にいう「乾きもの」の一品になってしまいした。しかもあれを食べるとお酒がすすみます(私は下戸ですが(^_^;))
まるで100年以上前からあるような食べ物ですよね・・・・チーズ鱈って・・・

でもなんだかんだいってもカレーもすごいですね。同じカレーでも本場のインドのカレーとは全く違いますし、和風カレー(これは反則と思うほどうまい(^_^;))なんかもあるし、なんでもカレー味にしてしまうし、カレーって卑弥呼の時代からあったのではないかと思ってしまいます。

このアレンジの力はものすごいですね。

ちょっと柿ピー食いたくなってきたっす(^_^;)

| | コメント (8) | トラックバック (1)

世の中にこんなおいしいものあるんですね~

みなさん、こんにちは。最近は寒くなってきたのでちょっとソフトクリームから足が遠のいているのですがその代わりにハマっているものがあります。今までに世の中にこんなおいしいものがあるということを知らなかったのはちょっと情けないくらいの衝撃でした。それは何かというと

明星チャルメラー袋タイプです。(^_^;)

この食品は、発売以来40年経過しているそうですが、最後に食べたのがいつか忘れましたが先日久しぶりに醤油味を食べてみました。これはなんというか「中庸」のおいしさなのですね。

メンの食感も中庸で、なかなか上品でそれにからむスープも中庸でメンとのハーモニーが絶妙です。まさにこれこそ日本の文化といっても過言ではありません。おそらく私が最後に食べてから相当の改良が施されたのでしょう。ひょっとしたらチャルメラの改良に関わる開発費は100億円くらいかかったのかもしれません。

これだけですでに完結されていますから、これに私達がオプションで加えることができるのはギリギリで生卵くらいでしょうか・・・・・

おそらく明星の会社規程には生卵以外のものをトッピングした社員は懲戒免職になるくらい微妙なバランスを維持しているのではないかと思います。

まだしょうゆ味以外は試していないのですが、全種類制覇してみたいものです。

これだけの芸術品を提供しているにもかかわらず、会社の業績は芸術的とはいえないみたいです。売上が583億円(全部チャルメラではないと思いますが(^_^;))に対して最終の利益が8億8千万円です。これには手持ちの株式の売却益が14億円入っての結果なので実質赤字といえるでしょうね。

明星は日清製粉と業務提携するようですが、チャルメラについては日清風にして欲しくないと思います。

ということでチャルメラだけは変にいじらないでくださいね>日清製粉の経営陣&技術陣

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.12

ボーナス欲しいじょ~

みなさん、こんばんは。そろそろボーナスのシーズンですね。会社によってはボーナスは2種類あるところもあります。1つは給与部分です。例えば年収を16で割るというような場合に夏と冬でそれぞれ2ヶ月出るという感じです。もう一つは社員の働きに応じて出るものでPerformance bonusといわれるものです。こっちの方は外資系に多いようで、1~12月までの仕事の内容を評価して支給は翌年の1月とか2月になることが多いようです。

私が関わっている会社にもPerformance bonusがある会社があります。今年は実は減税の最後の年になり、同じ金額をもらうのでも今年にもらうのと来年もらうのでは減税の効果あるので今年もらったほうがもらうほうからは有利になります。

ということで今年はこういう会社には社長と交渉して

今年中に払ったほうが社員はHappyになりまっせ~(^_^;)

ということで、年内に支給してもらうことになりました。

今年Performance bonusが支給される社員のみなさんは私に感謝するように(笑)

・・・・で他人のボーナスはこういう形で関与しますが、私はフリーなのでボーナスはありません。もうしばらくもらったことはないので慣れましたが少なくとも年末のボーナスはもらって年末は浮かれたいっす&色んなこと忘れたいっす。

ボーナスありのコンサル契約ってなかなかありませんよね(^_^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

天の声を出す・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは、宮崎県知事の入札妨害でヤマト設計というところからの受注要請を断り切れずに「天の声」を出したそうです。本来は天の声というのは

空から進むべき天からの啓示があり・・・・

という神聖な図を想像してしまいます。少なくてもこんな薄汚いものが「天の声」ということはないでしょう(^_^;)

天の声というのもそのうち改善と同じように英語で「TEN NO KOE」になるのでしょうか?

しかし英訳できない言葉ですね(笑)

少なくても私は天の声って出せませんがどうやったら出せるのでしょうね~ヽ(。_゜)ノヘッ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恋人と愛人と税金(^_^;)

みなさん、こんばんは。恋人というとなんというか初々しいイメージがあります。若い(あくまでも私の想像の範囲です(^_^;))男女がお互いに惹かれ合っており、お互いの表情が輝いているような印象があります。

ところが愛人という言い方になるとどちらかというと・・・・・(^_^;)、男性でいうと奥さんがいる人がさらに別の女性とつき合っているというイメージがありどちらかというと輝いているというよりは、

愛人がいるなんてしょうもない「をやぢ」だにゃ~(^_^;)

という感じになってしまいます。恋人というとネガティブなイメージはありませんが愛人というと我が国では間違いなくネガティブなイメージがあります。

恋人はいます・・・

とは堂々といえますが

愛人がいます・・・

なんて堂々といえませんよね・・・・多分(^_^;)

・・・・でですね・・・・

この愛人を官舎に住まわせていた奴がいた場合はどうなるのでしょうか?官舎の家賃は本来であればそこが一等地にあればかなり高価なのですが、官舎に住んでいる人の職務に鑑みて、安い家賃でもOKでその分仕事に邁進してください・・・ということになります。ここに公務をやっている人に愛人がいて(ということは奥さんもいて)、官舎に愛人と暮らしているというとどうでしょうか?

しかもその公務をやっている人が政府税務調査会の会長だったら・・・・・

脇が甘いというか、アホというか・・・

まあ愛人が何人いようとそれは個人の問題なので周りがどうこういう話ではありませんが家賃の差額を税金で補填している官舎に住まわせておくというのは感覚がちょっと一般に自然人が備えるべき感覚からずれています。

ちょっとまじめなことをいうと安倍政権になってそれまでの会長をやっていた石氏が消費税増税論者ということで石氏の続投に安倍政権が難色を示し政府の考えと同じ路線であるこの人(^_^;)を起用したようです。

まあ、自分の立ち位置が理解できない人みたいです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.09

必ず通知がきます

みなさん、こんばんは。
最近税務署員をかたった振込詐欺があるようです。税金を戻すからということでターゲットに端末を操作させて結局お金を指定の口座に振り込ませるという手口のようです。税務署などが税金を返す時(還付といいます)にはこんな電話で端末の操作などを指示なんてしません。

単に

税金を●●円戻します

という通知書が来てそれに基づいて戻します。年の瀬になると色々なことがありますからみなさん変な詐欺に引っかからないようにしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.08

基本的なものほどわかりにくいですね(^_^;)

みなさん、こんばんは。先日知り合いのパソコンが動かないということで臨時サポートをやりました。色々とためしてみたのですが全然動きません。

まさか電源が入ってないとか・・・(^_^;)

とつぶやいたらまさにその通りでした(笑)

基本的ななことほど、そこに原因があるなんて考えつきませんね。

似たような話で、粉飾決算の話を聞く機会がありました。ある会計士が粉飾決算を調べていたところ、例えば本来は費用であるものを資産にしたり、本来費用を計上しないといけないものをしなかったりというある意味テクニックを使ったものは簡単に発見したそうです。

ところがどうしてもわからないものがあったそうです。そこで会社の粉飾をやった犯人にどのようにやったのか聞いたところ・・・・

借入金を売上にしました・・・・

といわれてびっくりしたようです。

本来では

現金・借入金

なりますが

現金・売上

としたということです。簿記をやったことがある人であればわかりますがまさか借入金を売上にするという発想はありませんから、このような処理がされたということは逆に思いつくことすらありません(笑)

本当に基本的なことを操作するとわかりません。この会計士はたとえ話として

ある男性が娘さんと結婚させてください!!

と訪ねてきたとした場合には当然その男性は未婚(注:我が国では重婚は罪になるそうです(^_^;))という前提があるけど、この前提が崩れるようなものだ・・・

といっていました。たしかに、

既婚者が、娘さんと結婚させてください・・・

というとは思いませんからね~(最近はあり得ないとはいえないような気もしてきたりして・・・(^_^;))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.04

お金は戻ってこないことが多いです

みなさん、こんばんは、近未来通信は詐欺事件に発展しそうな感じです。詐欺というのはどんな案件(^_^;)でも、騙された人がお金を出してしまってそれが目的のために使われなかったような場合が多く既に被害者が出したお金は何らかのことに使ってしまい手元には残っていないことが多いです。

この何らかのためというのは

自分の借金を返した
愛人にお金を上げた(^_^;)
自分のために何か凄いものを買った
ギャンブルにドカンとぶち込んだ(^_^;)

という類のものが多く、詐欺で取ったお金を定期預金にしていたなどというケースは少ないようです。

これはどういうことかというと

騙されたて取られたお金はほとんどが戻ってこない

ということです。もちろん今は近未来通信の経営者を詐欺罪で立件するために捜査をしていると思いますが、それでも刑務所に入れることができても使っちゃったお金を弁償することはできないでしょう。

取られたお金は戻ってこない
全額戻ってくることは宝くじにあたるよりも確率が低い

ということがいえると思います。

繰り返しますが

お金は戻ってきません。

うまい話は必ず落とし穴があります。そうでなければ、主催者が自分で投資をして1人で儲けてしまうでしょう(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.03

本籍地

みなさん、こんにちは。私の本籍地は東京都調布市です・・・・と書くと調布に生まれ育ったような感じがしますが、調布には一年しか住んだことがありません・・・・と書くと生まれが調布で親の転勤で直ぐに調布を出た・・・と思いますが調布には26歳から1年しか住んでいません(^_^;)

どうして本籍地が調布になったのか自分には何の認識もないですね(^_^;)

私は元々は新潟の出身で24歳まで新潟にいましたが、ある事情(笑)で東京に出てきて池袋に住んでいました。その時は本籍は新潟でした。

池袋に住んで2年経った頃にある事情(笑)で調布に引っ越しました。おそらくこの時に私自身何の自覚もなしに本籍を新潟から調布に移したようです(←まるで他人事(^_^;))

その後ある事情(笑)で横浜に越して来て現在に至ります。

本籍は移すのが面倒なので今でも調布市です(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.02

一般社会にも通じることですね

みなさん、こんにちは。自民党の復党問題で「刺客」たちが微妙な立場になっています。その象徴的なものが佐藤議員、片山議員のような気がします。彼らは法案採決を無断欠席したということで経済産業委員会の委員を外される方向です。小泉チルドレンといわれる人たちの主な役割は郵政民営化に反対した議員を落選させるため(だけ)でありその目的が終われば、それほど利用価値があるとは思えません。もちろんチルドレンといわれる人の中で政治家に相応しい資質をもつ人がいれば、それが刺客であろうがなんであろうが自身の才能をしめすきっかけですから、何の問題もありません。

人間の一生の中では、追い風の時と向かい風の時がありますが追い風の時は極論すると何をやってもうまくいきます。ただ向かい風になった時には自分が追い風の時に他人にやったことがそっくりそのまま返ってくることが多いのですね。

追い風の時に誰かの尻馬に乗って他人を排除しようとした人は、向かい風になると同じことをやられます。また、政治は会社と違ってそこに就職するということではなく、有権者が自らの代表を選挙で選んだ結果議員になれるわけですから、その議員が前職を投げ捨てて議員になるというのはその人の決断の結果であり、その「投げ捨てた」結果を誰かが保証するというものではありません。

特に彼女達がどの程度の政治家としての才覚があるのか注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.01

近未来の実態はタコですた(^_^;)

みなさん、こんにちは。近未来通信の状況が段々と明らかになってきました。

投資家が購入した通信用サーバーの2466台のうち稼働したのは7台(^_^;)
売上高181億円のうち電話利用に伴う分は通信料は3億円
集めた資金に対する配当は通信料から行われる

ということで本来は配当するベースが3億円の中から行われるのですが、投資家から出資額400億円集めておいて事実上何も事業をやっていない状況でした。それでも通信以外の売上が181億円あるのでこれはどうなのかと思いますがどうも本当の売上ではなく投資家から集めたお金を売上にしていたようです(^_^;)←会計的にはアホの極致です。

本来売上ではないものを売上にした場合でも申告して税金を納めなければならずその後

あの売上はウソでした・・・

と税務署にいってもなかなかそれは認められるものではありません。

また投資家から集めたお金を配当に回していたので、タコが自分の足を食っているようなものです。

まあ、この会社の社長だけではなく経営陣として名を連ねていた(名を貸した?)人たちの見識は問われるでしょうし、このような状態を見ると人間として必要な知能やスキルを備えていないと思われる人がトップにいたということになりますね。

被害の遭われた方はお気の毒だと思いますが相手がひどすぎたようです。


いまこの記事を書いている時にモーツアルトのピアノ協奏曲23番を聴いているのですが曲の美しさと書いてある内容のひどさと両極端な世界に浸っています(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »