« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.27

色々な学校の先生がいますが・・・(^_^;)

みなさん、こんばんは。ゴルフ場などが一番嫌がる客として挙げられるのが警察官と先生だそうです。最近色々な先生の話題があがりますが、私が聞いた話でも色々な先生がいます。

1)算数を教えられない先生
小学校の先生は算数も教えなければなりませんが、この先生は算数を教えることができずに授業中はクラスで一番できる生徒が先生になって生徒を教えていたそうです。ときどき父兄参観がありますが、その時の授業は音楽の授業であることが圧倒的に多かったそうです。

2)結婚させてくださいという先生
ある40代の先生が自分の担任のクラスの女子(小6)を気にいってしまい、ある日その子の家に行きました。その子の父親は

うちの娘がなにか悪いことをやったんだろうか・・・・

と心配していました。

そこに先生が家にやってきました。父親は緊張して先生が何をいうのか気にしているとその先生は

お父さん、娘さんと結婚を前提としておつき合いしたいです。

この後のお父さんの反応は省略・・・・・(^_^;)

3)小悪魔な先生
私が中2の時に大学卒業したての女性の先生が赴任してきました。私の好みのタイプではなかったのですが(^_^;)、けっこうハマッた仲間がいて(まあ年齢差がそれほどありませんからね(^_^;))大変だったことがあります。まあ私の仲間には「大人の女性」に見えたのでしょう。それから数年たってその先生は他の学校に転勤しました。そこで同じようなオーラを出し続けていたのでしょうね。

父兄(といっても父のほうですが(^_^;))でハマッた人がいました。単にハマッただけならいいのですがそのお父さんは相当思い詰めたらしく、猟銃をもってその先生を連れ去り、しばらくして

ぼくはあなたを愛している・・・

といってその先生の前で猟銃で自殺しました。

勘違いする父兄が悪いのか、そういうオーラを発する教師が悪いのかちょっと考えさせられることでした。

先生といっても人間ですが色々あると思いますが、少なくとも生徒をいじめたり嫌がらせはして欲しくはないですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.10.26

それは違うと思うにゃ~(^_^;)

みなさん、こんにちは。
先日クライアントの人と話した時にダイエットの話題がでました。その人によれば体のために食べる量を減らしたけど、耳鳴りやめまいがしたの食べる量を元に戻したそうです。そうしたら耳鳴りやめまいが治ったそうです。

その話を聞いた時に、よほど急激なダイエットしたんだな・・・・

と思いました。しかしながらよく聞くと

いままで、なんでも大盛りのしていたものを普通盛りにしたんですよ・・・・

まあ個人差がありますが(笑)、大盛りを普通盛りにしただけでめまいや耳鳴りがするということは通常の環境だとないと思いますね~

空腹感がおさまらないということは理解できますが・・・・(^_^;)

大盛りは30歳過ぎたら止めたほうがいいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.23

カラとヤミ・・・・

みなさん、こんにちは。どうもカラとかヤミとかいうのが好きな人たちが多いようです。それが公務員だので始末に負えません。ようするに典型的なかつ正真正銘な税金ドロボーということができます。通常税金ドロボーという言葉は民間人が公務員に対して吐く捨てぜりふであることが多いのですが、本当の税金ドロボーというのはなかなか目の当たりにすることはないです。

厚生労働省の労働局をめぐる不正経理の問題で

カラ残業
カラ出張
ヤミ休暇

などカラとヤミが総動員されたそうです。ただ頭のレベルのせいか記録によれば退社後も残業をしていたことになっていたりと手口は幼稚のようです。労働局は労働行政を担う立場なのですが労働者はこうして自分の身を守れということなのでしょうか?(^_^;)

カラ職員とかヤミ職員はいなかったのでしょうか?(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.10.22

死の職員その2

みなさん、こんばんは。先日飲酒運転で市民に危害を加える死の職員のことに触れました。今度は麻薬です(^_^;)

京都市の職員が4人も覚醒剤所持していたという話がありましたが、今度は千葉(鴨川市)と大田区の職員が覚醒剤や大麻を所持していました。大田区の職員に至っては自給自足(自分で栽培していた)だそうです。市の職員の仕事ってよくは知りませんが彼らは大麻を栽培する時間はあるみたいです。

あるいは(見たことがありませんが(^_^;))職員規程には覚醒剤や大麻を持っていても栽培していてもそれは禁止事項ではないのでしょうか?(^_^;)

一斉に・・・・・

あぶないおくすりはもっていたりつくったりしてはいけませんよ~
こうつうひはかかったものをちゃんとせいきゅうしてください。
おさけをのんでくるまをうんてんしてはいけません。
ばななはおやつにははいりません。

こういうことを教育しなければならない時が来るのかもしれませんね。

取り調べに対して

だってぼくしらなかったんだもん・・・

というのかにゃ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.21

コンサルタントの見分け方(^_^;)

みなさん、こんばんは。先日あるコンサルタントと色々ディスカッションしました。このコンサルタントはその会社のことを積極的に提案しているのですが、通常考えられない(やれといわれてもそう簡単にできない(笑))ことを多く提案してきていました。

そこでコンサルタントの提案が終わったあとで・・・・

色々とご提案頂きましたが、これで会社の収益性の改善の処方箋になるんですか?

と尋ねると

もちろんです。その処方箋を提案したつもりです。

と自信満々のお答えでした。

そこで・・・・・・・

では、これだけ色々な処方箋お持ちですからあなた(コンサルタント)の会社はさぞかし高収益で利益が出ているのでしょうね(笑)

と突っ込んだら一瞬顔が曇りました。

少なくても赤字のコンサルティング会社にコンサル
頼まないほうがいいかもしれませんね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.12

最近の中年は・・・・2(^_^;)

みなさん、こんにちは。私は仕事で外資系の会社と関わっておりフランス人とコミュニケートすることが多いです。もちろんフランス語は話せないので英語でコミュニケートします。

・・・・・とこう書くとクロワッサンは英語がペラペラで外資系でコンサルティングをバリバリやっているのか・・・きっと海外生活が長いんだな・・・

と思う人がいるかもしれません(いないかもしれません(^_^;))

ところが、私は海外で生活した経験はありませんし、英語は正真正銘の英検4級(これは英検3級落ちたということでこれ以上の力はないという意味です(苦笑))です。フリーになる前はそれほど英語でコミュニケートしたことはなかったんですね。

従って英語でコミュニケートするといっても日本語が混じったりとおそらく傍で見ていると苦笑ものだと思いますが、まあとりあえずコミュニケートできていますからいいでしょう。

ところがこのような英語がトホホな私でも日本語はそれなりに話すことができます。(^_^;)

・・・・でですね、ある会社で日本人のスタッフ(中年のをやぢ(^_^;))と日本語を使って話すと全然話が通じません。もちろん私も日本人なのでお互いが最も得意とする共通の言語で何度コミュニケートしても全く意図が伝わりません。また彼の話す日本語を私は理解することができません。どうも話を聞いていると本来は3分ですむような話が30分以上時間を要すことが少なくありません(笑)

で早い話どういう結論なんですか?

ときくとまた30分くらい話して結論が全然わからないことが多いです(^_^;)

ところが英検4級のたどたどしい英語でその「をやぢ」のボスのフランス人と話すと意図が繋がります。大変不思議な現象ですが、このフランス人のボスに

私はこの会社の日本人のOyadiとコミュニケートすることができないみたいです。

というと

What is Oyadi?

これで「をやぢ」を説明してその後「をやぢ」という言葉をフランス人に普及させました(笑)

をやぢって・・・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の中年は・・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。私は仕事的に経理とか財務か絡むことが多いのでこれらの関係者とディスカッションすることが多いのですが、最近感じたことは本来であれば若手を指導する立場のキャリアもあり、経験も豊富でわかった年代である40代、50代がちょっと???な人が多いな~と感じることがあります。私の身の回りだけなのかもしれませんが、このところトホホな「をやぢ」と会うことが多いです。

ケースその1

某社の経理担当の取締役が来年一年間の資金計画表をもって説明にきました。ぱっと見ると来年のその会社の予想は100の赤字でした。その一方で資金計画表を見るとなんと
100だけお金が増える計画になっていました。

赤字が100でお金が100増えるヽ(。_゜)ノヘッ?

もちろん状況によってはこれはあり得ますが、今回はありえる状況ではありません。そこでこれを作った経理担当の取締役に説明をもとめました。彼は50歳代です。ところが

間違いない!

の一点張りなのですね。

あの~赤字が100でお金が100増えるというのは普通誰が見ても変だと思います。それにこの計画で8月の人件費が7月の半分以下になっているのですが工場の人員数が変わるのですか?(笑)

いや~、変わる計画はありません

じゃあ~、給料を半分にするのですか?(笑)

しどろもどろ・・・・

私は内心

(こんなレベルが経理のトップでは会社のレベルは知れている・・・(^_^;))

と思ってこれ以降の出来事の記憶をなくしてしまいました。

その2

40代の営業部長がある商品の売値を決定しました。それが売値100,仕入値150(笑)
でした。この人はどうも小学生の時に算数の引き算をきちんと教わらなかったみたいでこういうケースが散見されました。もちろん明確な回答はありませんでした。

その3

これはあまりひどいのでここでは書けません(^_^;)

その4

これはここに書くと映倫にひっかかりそうなのでここには書けません(^_^;)

その5

これはここに書くとサイヤ人の攻撃を受ける可能性があるのでここでは書けません(^_^;)

いや~、最近の中年は・・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.07

お金に何を望みますか?その2

みなさん、こんばんは。お金はそれを使うことによって幸せになるのであれば間違いなく私達を幸せにします。

欲しいものを買う
一定のハードルを超えて次のステップに進むために使う(例えば入学金や新居)

などですね。これ以外のことをお金に望もうとすると幸せにはなれずに結果的に不幸が待ちかまえているようです。たとえばお金を持っていることが権力の象徴だと思うと、自分が幸せになるためにお金を使うということでなく権力をつかむためにお金を追いかけるということになります。お金を権力の象徴のために利用するというのは例えば異様にデカイ家とか車とかというように異様に高くデカイものを手にいれる(もちろん普通の人が簡単に手に入れることができないものに限ります)ということがあります。

人は一般的に

値段が高いもの
高さが高いもの
デカイもの

をその人の権力の象徴とする傾向があります(笑)

また、お金を権力の象徴とする場合はそのほとんどが今日と明日は同じという考え方の人が多いですね。この意味は例えば今日1日で1000万円儲けることができればこれが未来永劫続くということです。この前提で

値段がたかく
デカく
高さが高い

ものを買うのですが残念ながら栄華は永遠には続きません。お金に権力を望むと一時的には良く(と本人は思っている)ても最終的には破綻する人がけっこう多いですね。

それを上手に使うと幸せになれるのに、方向を間違ったためにお金が元で命を落としたり不幸になったりする人が多いです。

権力は永遠に続かないということはあのローマ帝国はバビロン王国が今はないのをみれば誰にでもわかることだとおもいますけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »